« 嵐にしやがれ 5/22 | トップページ | 嵐 二宮和也 BAY STORM 5/23 ① »

Cの嵐! 板橋区役所ごみ問題②

 
「そうです」
 
「君何もわかってないじゃない?その為の曜日があるんでしょ?」
 
「はい、そうです」
 
「だから各地域によって曜日が変わってるじゃない?」
 
「変わってますね」
 
「ね?」
 
「はい」
 
「それですんなりとしたルートを」
 
「はい」
 
「決めている訳でしょ?」
 
「そうです」
 
「そうすると時間帯も自ずから出てくるでしょ?」
 
「はい、そうです」
 
「じゃあ何故その時間帯を守れないの?君自身がわかってないからいくらクレームを聞きたいと言っても、君自身の勉強不足じゃない?君が勉強して」
 
「はい」
 
「きちんとしたあれを正確に答えられなくちゃ困るじゃない?」
 
「はい」
 
「クレーム言ったって、聞きたいっつったって」
 
「はい」
 
「全然自分の事がわかってないじゃない、自分が何をしようかじゃあどうすればいいのか」
 
「いや、改善したいんです、僕は。」
 
「ただ改善じゃわかんないでしょ?」
 
 
怒りが収まらない苦情主は、松潤を連れて集積所へ
 
 
「今日は何曜日かな?」
 
「今日は水曜日です」
 
「ていうことは」
 
「はい」
 
「ゴミを出しちゃいけないよね」
 
「はい」
 
「でも、見た通りほら。これどういう意味?」
 
「…これは今日出したゴミじゃなくて…」
 
「今日出したら確かにこれ不法投棄かもしんないよ。あ、丁度いいやお姉さん。区役所のあれなんだって…」
 
偶然通りかかった女性が参戦
 
「区役所から来ました…」
 
「言ってやれよ少し」
 
「へ?」
 
「全然ゴミ持ってってないよな?」
 
「そうなんですよ、あの…」
 
昨日もゴミを持っていかなかったとクレームを。目の前に築かれたゴミの山。その現状に言葉を失う松潤…
 
 
「このバケツ区役所がお金出してやってくれたか?」
 
「違いますね…」
 
「やったのはさっき説明したよね?ネットだけじゃん」
 
「はい」
 
「バケツっつったら住民が」
 
「はい」
 
「住民のごく一部」
 
「はい」
 
「が、ホントの人間らしい心ある人がまあ額はね、大したことないけど」
 
「はい」
 
「集めてバケツまで用意してるんだよ」
 
「はい」
 
「区はやる?清掃局はやってくれるの?」
 
「…少しお時間頂いていいですか?」
 
「時間ほしい?じゃあいいですよ」
 
「いいですか?そしたらまた…お家の方にお伺いします」
 
 
 
カメラの方に戻って来る松潤、微妙な表情です、ちょっとふくれてるかな。でもそれは苦情主にではなくて…
 
「正直あれはヒデ〜よ。電話…」
 
区役所に電話して、ゴミの中身を確認。
アイドルがゴミ箱を漁る姿…これホント当時のファンは嫌だったろうな〜
しかし残された中身を確認しながら
 
「何かおかしいな…」
 
考えをまとめた結果、集積所に残っているのは、この日出してはいけない『燃やすゴミ』と『分別していないゴミ』とわかった。
 
「このゴミはい、いつ…出されたものなんだろう?」
 
区役所に確認したところ、燃やすゴミは曜日が違うから回収出来ず、分別していないゴミは警告を促し後日回収するとのこと
今回は松潤の提言により回収してもらえることになりました。しかし苦情主が強く言っていた時間の問題には区役所は、やはり収集車の台数等の問題から現状は改善できないと。
 
イマイチ納得のいかない松潤…。
 
「…どうなんだろうなあ…んー…まあ難しい問題だとは思うんですが…結局8時にゴミを出しておいて8時に来ないのは…ちょっと僕としてもどうかと…正直思いまして。…それに結局匂いだとかそういう問題もあるだろうし、ま、区民の人が100%ま、しっかりゴミの分別とかをやってるかどうかっていうのは別としてその…区民、区役所側としてはもうひとつ何か…いい案はないのかなぁと…思いますね」
 
 
→続く

|

« 嵐にしやがれ 5/22 | トップページ | 嵐 二宮和也 BAY STORM 5/23 ① »

嵐:TV Cの嵐!」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296456/34842482

この記事へのトラックバック一覧です: Cの嵐! 板橋区役所ごみ問題②:

« 嵐にしやがれ 5/22 | トップページ | 嵐 二宮和也 BAY STORM 5/23 ① »