« 怪物くん第6話 | トップページ | わたくしごと。5/27 »

Cの嵐! 不動産会社問題①

 
 
ニノ「さぁ皆さん、喜んで下さい。今日はですね〜番組を見た企業からですね、初の依頼が舞い込んできました!」
 
 
「素晴らしい!どんな企業ですか?」
 
 
ニノ「今回はですね、不動産屋です。トータルコミュニケーション。」
 
 
「どんなクレームあるんだろう!」
 
 
「いや、ワクワクするところじゃないから」
 
 
ニノ「ちなみにみんなは実家ですね?」
 
 
「そうだね…みんな実家だもんね」
 
 
ニノ「だからまぁ実際ここで一人暮らししてるのは部長位だと。」
 
 
「部長いっつもいないよねぇ。…部長の部屋、どんな感じ?…っすかね?」
 
 
ニノ「鏡あるべ。鏡部屋みたいなの。ガーン!て。」
 
 
「どこ見てもヒガシみたいな」
 
 
 
※部長とは東山紀之さんのこと。机があるだけです
 
 
 
今回はまず、不動産会社、『トータルコミュニケーションサービス』さん。
 
 
なーんと、今回は我らがニノちゃんが、1人で乗り込みますよ。若干削ってるセリフはありますがなるべく記載してます
 
 
苦情は、駅から7分と聞いていたのに実際は12分かかるというもの。…それぐらい有りだろう…という私の心の叫びはさておき、今回の対処ポイントは、駅までの距離を1分80mで計算(公正取引委員会)すること、信号待ちなど道路状況は含まれないこと。
私も知らなかったな〜。
 
 
 
据え置き用のカメラを渡されたニノちゃんは小声で
 
「1人か…」
 
ついて行ってあげたい!背中が悲しいよ〜ドキドキ…。
カメラのセッティングを確認したあと、ピンポーン
 
 
「意外に緊張するな…」
 
名刺を渡してご挨拶…
 
「あれ?いつもの…おっちゃんじゃねぇんだ」
 
「そうなんです、今日はちょっと…お仕事入ってまして、それで僕にちょっと…行ってきてくれという…そういうこと言われたんで、ちょっとこれあの、つまらない物なんですが菓子の方…でちょっとあのお話をお伺いしたくてですね、ちょっと今日、クレームを聞きにきたんですけども、今お時間っていうのは大丈夫…」
 
「うんまぁ、ちょっとだったら」
 
「ちょっとだったら大丈夫ですか?じゃあちょっとあの、クレームの…」
 
「クレーム!?」
 
「なんかあの…ちょっとなんか…言われてるって言うのを聞いたんで…」
 
「ここを借りたんだけど」
 
「はい」
 
「あの〜駅から7分って言われて」
 
「7分…」
 
「うん、借りたのね。」
 
「はいはい。」
 
「で、実際歩くとさ、どうやっても10分以上かかんのよ」
 
「ウン」
 
「絶対おかしいじゃんあれ」
 
「ウン」
 
 
 
 
ニノっ!?(笑)お客様に「ウン」はないでしょっ(笑)
「ハイハイ」とかもね…クレームつけたでしょ?みたいな言い方も、いつもの人は別の仕事でってのも、「俺には構ってられないって事か」って逆ギレする人も居たりするし…しかも自分の身内に「お仕事」って「お」つけてる(笑)
でも真剣なんだよね…
 
 
 
 
「嘘でしょ、あれ。」
 
あ!れはですねぇ、あのー図面にそう出てたって事ですよね?」
 
「そうそうそうそう」
 
「7分って、徒歩7分って書いてあったやつですね、あれはですね、一応決まりがあっ…てですね、あのー…法律…で決められたものなんですけども、あの、1分80メーターっていう決まりがありまして、駅から…。で、その80メーター…1分?そう、分速80メーターっていう計算が出てまして、決まりが。あのーそういう決まりが出来たんですよ。出来たっていうか出来てたんですよ」
 
「何それは…その、決まってるって事?」
 
「そうです」
 
「誰が決めたの?」
 
「それはきっと国…だと思うんですけども」
 
 
 
出ました「きっと」(笑)
弱っ!!もっと強気でいかないとこれは…負けちゃうよ〜?
 
 
 
→続く
 

|

« 怪物くん第6話 | トップページ | わたくしごと。5/27 »

嵐:TV Cの嵐!」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296456/34894494

この記事へのトラックバック一覧です: Cの嵐! 不動産会社問題①:

« 怪物くん第6話 | トップページ | わたくしごと。5/27 »