« わたくしごと。 5/11 | トップページ | 大野智 子ども応援便り »

バンビ〜ノ 再放送中


関東では再放送中の(毎日ではない)バンビーノ。


このドラマはリアルタイムに観てました


前述した通りごくせん→花男→バンビーノという流れが私の中では松潤にあったので、今のニノに対する気持ちとは全然違うしファン…とかではないけど、嵐に興味を持つ前からちょこちょこ視界に入ってましたね、松潤は。

松潤はね、作品に恵まれてる気がする。あ、違うな、たまたま私が、ドラマとしてテレビ見て面白かったものにたまたま出てたのか。だから、割と好印象だったんだな、多分。

ごくせんはシリーズ化されてつい最近まで割とずーっと続いてたけど松潤の時が一番面白かったし(まあお目当ては完璧成宮くんだったんだけど。)、花男は、何度も言ってるけど道明寺が大好きなので。…もしかしたら他の人が道明寺やってたらそれはそれでその人好きだったかも(笑)松潤は当たり役だったけどね。

で、次がこれ。
始まる前から「面白そうだから見よう」と思ってて、「あ、主役この子なんだ」位な印象で。
俺様キャラからいきなり、下っ端行きか〜なんて


バンビーノ。
田舎から上京してきた見習い料理人の成長を描いた青春ストーリーですね、簡単に言うならば。

前半。
もう、これでもか、これでもか、と打ちのめされるんですよ。鼻っ柱折られてボロボロの伴ちゃん(松潤)…これはこれで悪くない(笑)花男の道明寺好きなドM女なんですが、こういう松潤も悪くないんだな(^^)


どんな職業でも『極める』って大変なことですよね。普通のサラリーマンやOLもちゃんと頑張ってますけど、やっぱりこういう職人芸の仕事って終わりがないのかな?って思います。
ある程度まで技能が身に付くとそこから先はもう、完全に自分との戦いだから、どこで満足するか…という意味で終わりがないというか。


私の周りには、音楽でご飯を食べてる人や、漫画家さん、メイクが大好きでヘアメイクさんになった子など好きなことを仕事にしている人が数人います
彼らと話をしててよく「好きなことが仕事になるって素晴らしいことだけど、だからこそ大変なんだよね」って私は言ってます。

趣味や、単純に好きなことを続けていたらそれでお金がもらえるようになった。…そんな人は絶対的に少数だし、素晴らしいし羨ましいことだと思う。
でも、趣味は趣味のままにしておいた方が良いこともある訳で。
それでお金を貰うということは、例えば自分の思いに反した作品を時には作らねばならなかったり、趣味ならば許されたレベルではとうてい商売にはならなかったり。自分の好きなことを仕事にしたはずなのに、好きなことをできなくなったり好きなことが嫌いになったり…そんな本末転倒なことがおきたりもする。

『売れなくても、頑張ったんだからいいじゃん』と昔ある人に言ったら、『自分が作った作品にみんなはお金を払う訳だから、売れたらそれだけ沢山の人が自分の作品を気に入ってくれたということだし、売れなければその逆。人気が欲しいとかお金が欲しいとかじゃなく、売れたいって思うのはそういう理由』と言われました

今までは、上手だねって誉められてきた絵や歌が、井の中の蛙だったことにある日突然気付いて…挫折と苦悩の日々が始まったり。
好きで始めたことなのにいつのまにかそれが苦痛になってしまっていたり。そんな悲しいこともあったりする訳です。


好きなものをつきつめた結果が吉と出るか凶と出るかは神のみぞ知る話で。
でもだからこそ人生は楽しいんだろうな。

好きなことを仕事にできたら、凄く楽しいけど、反面苦しいこともたくさんでしょう。趣味だったら、スランプ来たら「や〜めた」って投げ出しても誰にも迷惑かけないけど仕事はそうはいかないからね

話を戻してバンビーノ。
地元ではちょっとした腕前だった伴ちゃんが上京してきて修行して、自分位のレベルの料理人は他にもたくさんいると気付く。自分がどう動いたらいいかもわからず何一つろくにできない。こんなはずじゃない、俺はもっと出来るんだともがけばもがくほど空回りする。何日も前菜一つ作らせてもらえず、心から料理を作りたいと思う。自分の思い上がりに気付く。気づいてちゃんと向き合えたなら、人は成長するもんで、そこから彼は這い上がる。…と、ストーリーは昔のスポ根マンガ並ですがいつの間にか「伴ちゃん頑張れ」と呟いてしまうバンビーノ。
なかなか良いドラマです。


これから就職する学生さんとかには本当によく考えてほしいなって思います
現実はドラマみたいに甘くないし、逆に、ドラマよりも甘い部分もあります。

私もやっぱりやり直したいって思うことはいっぱいあるし、興味のある仕事もたくさんあるんだけど勇気がなくて…もう正直現実を見すぎてしまって。仕事には夢を持てなくなってしまってます。でもそれはそれで、本望でなくても、今の仕事を、一生懸命やってたらそれで良いと今は思うのです。
まあ、そこは、嵐のコンサートに行くためのお金を稼ぐ場所って割りきってもいいかなと。
どんな仕事も、世の中に、なくてもいい仕事なんかないし、与えられた仕事をいかに楽しんでやれるかが大事なんだろうなと。でももし高校生位に戻れたら確実に今とは違う道を進むだろうな〜…
人生、やり直すのに遅いってことはない、とよくいいますが…正直実際やり直しできないこともやっぱりあるんだよな〜と、大人になると感じることも多いのが悲しいかな現実ですね。


だから伴ちゃんは羨ましく、眩しい存在です。

料理人になりたくて何もかも捨ててきたのにいきなりホール係やらされてふてくされちゃったりとか…うちの会社にもこういうわかりやすい新人くんが居たな〜と思いながら昨日、見てました。迷いながら成長していく伴ちゃん。あと、もうひとつ見所は、博多の彼女。同棲してる設定だったんだと思うけど、花男とかきみはペットとか、数々のドラマには出てますがなんか普通の恋愛してないよね?バンビーノでも、夢のために序盤、別れてしまうんですが、一瞬普通の大学生カップルしてます。新鮮だわ。

私、ニノが道明寺の花男を是非、一話でいいから見てみたいんだけど、伴ちゃんは翔ちゃんで見てみたいな。スッゴい可愛いんだろうなあ(笑)なんか母性本能くすぐられそう。
ニノの道明寺を見たら、キュン死にするんだろうなあ…(笑)


ということで木曜日、土曜日、日曜日…と、テレビにラジオが続きますので、来週から、過去のバラエティー番組見直して感想書こうかな?とちょっと考えてます。あんまり期待しないでお待ち下さい☆

|

« わたくしごと。 5/11 | トップページ | 大野智 子ども応援便り »

嵐:松本潤」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296456/34661879

この記事へのトラックバック一覧です: バンビ〜ノ 再放送中:

« わたくしごと。 5/11 | トップページ | 大野智 子ども応援便り »