« VS嵐 5/20 | トップページ | ひみつの嵐ちゃん 5/20 »

二宮和也を想う。

私にとっての○○とは…シリーズではありません。
二宮和也解剖でもありません。
なんか、それはねえ、最終的にファンをやめるまで、わからない気がするんですよ。
いや、そんな日が来るとは勿論今は思えないので…
つまりは、一生謎かもしれないんだけど。

ただ、ちょっと、なんだろうなあ、活字にするのは凄く難しいじゃないですか、
誰かを想ってる気持ち、感情って。
ニノ云々ではなく、例えば普通に、個人的に好きな人とか、彼氏とかもそうなんだけど。
普段、そんなに「この人のどこが好きなんだろう」とか
「この人ってどんな人なんだろう」なんていうのは、
いつもいつも考えるようなことでもないし…
だから、敢えてたまにね、活字にしてみると、自分でもびっくりしたりするもんです。


勿論、個人的にニノとお友達、とかではないから
本当のところ、どういう人なのかっていうのはねえ、そりゃあもう、
個人的に知り合うまではわかりません。そりゃそうだ。
でも、目に見えてる部分で思うところは、みんな、いっぱいあると思います。
だから、私のこの記事は、勝手な思い込みだったりするんですけど…
よろしければ、お付き合い下さい。


今回Monsterの件で皆さんもおっしゃってますが
ニノは本当に、なんでしょうね、あの動き。


艶めいて、艶やかで、色気が程よくあって、なめらかで…しなやかで。
(なんか全部同義語です…)
普段は犬なのに、踊ると豹になる。
柔らかさの中に、部分部分でキレがあって…ピンと伸ばした腕や脚、
音にあわせて寸分のブレもなく動きが止まる様は、
猫背とは思えないほど、美しいシルエットになります。
そして私はやっぱり、あの手と指の動きが一番、素敵だなあって思います。
あとは、表情も、ただカッコいいとかじゃなくて
曲の雰囲気にあった表情をふと、することがあって。
ニコっと笑った顔が可愛いなあ、とかだったら別に、翔ちゃんとかでも
全然あるんですけど、眉毛ちょっとあげただけ、顎をちょっとひいただけ、でも
ニノってなんか、そんなところでも役者なんだなあと思ってしまう瞬間が多くて。
不思議ですよね…同じ振り付けでも、皆それぞれちょっとずつ違うっていう。
言葉にするのが凄く難しいんですけど…



役者としてのお芝居ゴトについては、ちょっと思うところがあるので
また別の機会に書きたいと思いますが、それとはまた別の話で、
なんだろうな、人って、誰でも日常普通に演技しているつもりはなくても
『演技』ってしてると思います。
簡単な例をあげれば、例えば、子どものいる女性は、子どもには『母親』であり、
旦那さんの前では『女』であり、旦那さんのお友達から見れば『妻』であり…
っていうね。
アイドルとか芸能人はそれがもっと顕著に表れる存在ですよね、きっと。
アイドルは恋愛しちゃいけない、みたいな雰囲気もそうだし
私が昔思っていた、アイドルとはニコニコしてキラキラしてるもんだ、みたいなのも
そういうことで。
小学生位の時、「アイドルはトイレにいかない」と割と本気で言ってる子がクラスに
いたんですけど、現実には有り得ない事だけどそういう風に思わせる、
夢を与えるのがやっぱりアイドルなんじゃないかと。
ジャニーズに限らずね。


それを考えれば、『素』にみえても、彼らはいつもどこかにちょっとは絶対
『演技』が入っていると思います。
ニノも、当然やっぱり演技してると思うんですよ。
勿論、素で楽しんでいる部分、発言している部分もたくさんあると思います。
だけど、見せてる全てが本物かっていうときっと違う。
目に見えているものだけが全てではない。
目に見えているものだけが真実ではない。
そう、色んなことに思います。

ニノは、よく、周りの状況を見て動いてると思うんです、行動も、発言も。
みんなが黙っちゃったら喋らなきゃって思ったり、
誰かの発言にうまいこと突っ込んだり。バランス良く皆が発言できるように。
勿論頭の回転が速くなきゃできないことだけど、
そういうことだけではなくて、本当に敏感にいろんなものを
察知してるんですよね。アンテナ立てまくって空気を読んでるんだなと。

思ったことを、パっとすぐ、上手く言葉に出来ない人が…いるじゃないですか(笑)
そういう時のね、フォローの早さも半端ないし…
「こうやって言おうとしたんだよね」みたいな。「こういうことでしょ」みたいな。
普通に聞いたらそんなに面白くない発言も、ニノのツッコミのおかげで
面白くなったりとか。そういうこと、よくあるじゃないですか。
自分がどう思われる、どう見られるかよりどう動けば、どう発言すれば番組が
面白くなるかを考えてて。『拾う。投げる。守る。』を他のメンバーともやるし、
1人でもできてしまう器用さ。
常にニノは自分の立ち位置を把握していて、左右前後は勿論、
斜めでも、斜め後ろでも、変幻自在に反応できるんですよ。
でね、一見前に出ているように見えて、実は一歩ひいてる。

だから他の4人は、みんな表だと思うけど、ニノは裏だなあって思うことが
よくあります。大ちゃんとは違う意味で、嵐を裏から支えてる。
一番冷静に嵐をみつめて、でも一番の嵐ファンで。
(…そういうのってなんか、大変だなって思うけど…)



例えば、ニノってツッコミ役の毒舌家として言われてますけど、
それもね、他にそれができる人、いないじゃないですか。
例えば最年長の大ちゃんが年下の相葉ちゃんに毒を吐いたら?
…なんか、普通に感じ悪いグループになっちゃうじゃないですかそういのって。
先輩だから偉い、みたいな。
だから、そこまで深く考えてないかもしれないけど、ニノは自分が汚れ役に敢えてまわる事で嵐っていうグループを支えているというか。


自分はいくら悪くいわれても傷ついても平気。
だけど自分の大切な人が悪く言われたり傷つくことには耐えられない。



時々ね、バラエティーとか歌番組とかで、よその人とかと絡んだりしたときとかも、
なんていうのかなあ、自分は平気で大ちゃんに「バカ」とか言えちゃうのに、
外から言われるとね、時折、ムッとしたりするんですよ、ホントに一瞬なんだけど。

しどろもどろになりながら何か話そうとしてる嵐のメンバーがいるのに、
さえぎられたりすると「今話してんだから聞けよ!」みたいな目になったり。
相手が、先輩だろうが年上だろうが関係なくて。

私もそういうところあるんだけど、自分では「うちの母親こんなことするんだよ」って
文句をね、友達とかに言っても、その友達が「みぃ。ちゃんのお母さんバカだね」
なんて言って来たら、「お前が言うなよ!」って思うもん。

だから、大ちゃんが色んなところで、ニノがいてよかったみたいな、
助けられてるみたいな発言をするのも、こういうエピがたくさんあるからなんですよね。

傍から見てたら絶対気がつかないと思うけれど、
ニノはこうして、嵐のいろんなものを守っていると思います。
陰では泣いてても、表では絶対にそれを見せないタイプというか。
自分が痛くても人には痛いって言わないタイプ。

でも他人の痛みには人一倍敏感で、自分の痛みとして感じてしまうような

…世間では誤解されてるけど、
ニノは実は神経質で繊細な人だと思うんですよね。
繊細だからこそのあのキャラクターなんじゃないのかなって。


某アイドル雑誌で

「負けず嫌いではないよ。小学生のころ、あまりにテトリスがうますぎて、いじめられた経験があるから、それからはうまくやらないようにしている」

って言ってたことがありましたけど、それもある種の演技ですよね、上手く生きていく為の。
ホントは上手いのに上手くやらないようにしている。
なんかそれって悲しいけれど、ニノには必要な事だった訳で。
まあ、小学生のときから空気を読んで生きてきたのか…って思うと
本当に悲しくなるけどでも、それが必要な人っているから。
擬態…というか。

何かひとつ抜きん出たものがあると、本当はすばらしい個性なのに
逆に、出る杭は打たれてしまう感があるじゃないですか、どうも日本って。
いじめられてる側にも、問題があるケースも勿論0ではないでしょう。
でも、何も問題がなくてもいじめられるケースもあると思います。
だから、個性を殺し、得意なことも隠し、全てに平均点な普通の人に擬態して生きていく。
それが必要な時期も人生にはある、と。

なんか、ニノ自身がそう感じて居なさそうなのが救いではあるけど、
結構ニノが背負っているものって深いんじゃないのかな。
周りをみて行動するのも、人の輪みたいなものを大事にするのも、
自分を信頼してくれた人には、自分が貰ったもの以上の物を返すのも、
いじめられたこととか…

そういう経験があって、今の、ニノが居るのかな。

ニノって、「何か欠落している部分が欲しいと思って生きてる」そうですが
欠落っていうとちょっとあんまりいいイメージじゃないけど、
いつも乾いてるような気はする。何故かいつも、こう、何かを足りないって思ってるんじゃ
ないかなあっていうのは凄く感じる。
で、敢えて何かを足りなくしてある気もする。
その気になれば、簡単に満たされてしまうかもしれない。
そのくらい才能あるし、頭もいいから…でも、そこは敢えて、満たさず。

でもそれって、こういう仕事をしている人には絶対必要なことだと思うんです。
満足しちゃったらそれ以上、上へはいけないし、上へいくどころか、下から
追い越されます。ま、追い越されたらそれはそれでいいやって気持ちに
なるかもしれないけど、やっぱり「前進あるのみ」って唄ってる方々
なんでね、そこはこう…前進してもらわないとだし。


なんだろう。
考えれば考えるほど深いなあって。
一途とかも読むと、ホントにそう思う。
深すぎて、もう、どうしていいのかわからなくなる。
知れば知るほどわからなくなる。
でも、知れば知るほど…好きになる。
なんと魅力的な人間なんだろう…

でも、悲しいなあって。思う部分もちょっとあります。
私も昔、そういうことがあって悲しいときに泣けなくなったことがあって。
楽しくないのに笑えるようになって。そんなことがあったから、
ニノのことも時折、大丈夫かなって思ったりするけど…
でもそういうニノも含めて大好きで。


恋って、その人を知るまでなんじゃないかって思う。
知った先からは恋じゃなくて愛なんじゃないのかなと。
だから私は今、ニノに恋をしているんだなあって。(←バカな女と笑って下さい)





って…めちゃめちゃ語ってしまいましたが
これは全部私の憶測です。うん。
そうなんじゃないかなって思うだけなので
異論反論いっぱいあると思いますけど。
それに、他のメンバーが嵐を支えていないっていうことではないです。勿論。

それと、ニノはね、嵐といるの楽しんでると思うし。
だから別に常に気を遣っているっていうのでもないとは思うんだけど。
少なくともあの4人はニノを理解してくれて、理解しようとしてくれて、
側にいてくれていると思うし。仕事仲間かもしれないけど、それ以上のものも
あると…信じたいし。

…なんか、何が言いたいのかまとまりなさすぎてよくわからなくなってきましたが…
私がニノを好きな理由を、ほんの一部ですが(こんだけ長く書いて一部かよ!って
ツッコミもあるかとは思いますが…)書いてみました。
ホントに人に読ませるものじゃないな…ただの日記だ…
でも、きっとね、内容はともかく、こう、思わず語りたくなってしまう気持ちは
わかってくれると思うので、書いてみました。


また、1年位したら変わってるのかもしれないんですけどね、ニノに対しての
感じているものとか。
今日の気持ちということで書いてみました

|

« VS嵐 5/20 | トップページ | ひみつの嵐ちゃん 5/20 »

嵐:二宮和也」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296456/34801157

この記事へのトラックバック一覧です: 二宮和也を想う。:

« VS嵐 5/20 | トップページ | ひみつの嵐ちゃん 5/20 »