« Monster発売…そしてスパイラルのニノが… | トップページ | Cの嵐! 板橋区役所ごみ問題① »

真夜中の嵐 枕崎〜 翔ちゃん③

 
 
AM 4:30
 
「おっ!標識が出てきた。あれっ!?池田湖。でっかいうなぎのマークがある」
 
一番最初に電車でおばちゃんに聞いた湖?
しかし、標識には14キロと。この距離、タイムアップの日の出迄にたどり着けるかなあ…
 
目指す湖は山の上。
頑張って坂を登っていく翔ちゃん。
 
「はぁ…足いってぇー!」
 
まだ2キロしか進んでない…
 
「やっべー、これ夜が明けて来たじゃん…」
 
カメラに写る翔ちゃんの表情は、本当にしんどそうです。
空が白みがかってきた。
するとようやく湖が見えて来た!
 
「あ!これか!?あ、超嬉しい!」
 
AM 5:45、湖到着。
水槽の隙間から噂の大うなぎとご対面
 
「おぅおっ!」
おめめまんまるの翔ちゃん。
「いやこれ、マジデカイよ?デブうなぎだよ、これ。初めて見た、凄い」
 
ちなみにこのうなぎ、体調180cm胴回り50cmだそうで。
 
朝日を見ようと、空を見ると雲が広がっていた。
 
「こんな悔しい思いをするとは思わなかった…」
 
AM 6:30 日の出は諦めようと思ったその瞬間、
 
「あー!出た!!」
 
雲の隙間から朝日が昇ってきました。
 
「こんな日の出見るの嬉しいとは思わなかった」
 
 
移動距離、なんと35キロ。翔ちゃん、頑張りました。
 
 
 
スタジオに戻り…
 
 
羽「おー、凄い、ちょっと感動だねぇ」
 
「そう、なんていうんですか、夜中なのに、わざわざでてきてくれたり、時間外にやっても許してくれたりとかやっぱりその…」
 
羽「あったかかったよね。」
 
嵐「うん。」
 
「僕最後が良かった。『日の出が翔くんを認めた』みたいにでてきたみたいだった。」
 
うわー!(笑)大ちゃんがいいこと言ってる(笑)
 
 
 
 
今回の旅は 鹿児島県枕崎駅→薩摩今和泉駅
 
エンディングでタスキが相葉ちゃんに受け継がれました。
 
 
次回は相葉ちゃんです。
 
 
 
Cの嵐!を見たあとにほっこりしたくなり、真夜中の嵐を選びました。
真夜中の嵐は、先月ズームインでも取り上げられていましたので、なんとなく画が浮かぶと良いのですが…。ニノの登場はまだちょっと先なのですが、どの番組にしてもあの時にしかやれなかった番組…。どれも無茶苦茶ではありますが、若い時から芸能界に入った子は、本来学校で、先生や同級生と共に学び、生活する中で身につけていくべき、当たり前のスキル?みたいなものをなかなか身につけられなかったりすると思うので、そういうことを学んだ番組なんじゃないのかなと。クレームだって旅だってそりゃ本気で危なくなったら助けは出てくるだろうけど、その時に感じた暖かさだったり、悔しさだったりっていう経験はお金じゃ買えないものだから。理不尽な思いをしたり、「なんで俺がこんなことしなきゃいけないの」って顔したり…思いがけないものに感動したり。見てて辛いこともありますが、この経験が彼らの今に繋がっているといいなと思います。
 
…でもリアルタイムに見てたファンはきつかっただろうな〜真夜中の嵐も、Cの嵐とは違う意味で結構辛いよ〜(笑)
精神と肉体、それぞれ鍛えられた番組かと思います
 
 

|

« Monster発売…そしてスパイラルのニノが… | トップページ | Cの嵐! 板橋区役所ごみ問題① »

嵐:TV 真夜中の嵐」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296456/34773008

この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中の嵐 枕崎〜 翔ちゃん③:

« Monster発売…そしてスパイラルのニノが… | トップページ | Cの嵐! 板橋区役所ごみ問題① »