« 青の炎 | トップページ | Cの嵐! 不動産会社問題③ »

Cの嵐! 不動産会社問題②

 
「国?だってさ、あのー実際さ、この部屋に来るのに、駅から、もうどうやっても10分以上かかんのよ」
 
 
「はい」
 
「だからあれ図面に載せたのが嘘じゃん」
 
「あのー、こちらのいけない点っていうのは、あのー、踏切だったりとか信号だったりとか歩道橋だったりとかそういうのは含まれてなく、地図上での、あのー道路…設計を、しかしてないんですよ」
 
 
 
※文字で道路設定と出ましたがどう聞いても設計と聞こえたので設計にしてみました
 
 
 
「それはでもおかしくない?だってさどんな家でも踏切とかまたぐじゃん」
 
「はい」
 
「信号渡んない家なんて無いじゃん」
 
「はい」
 
「そこを図面に…借りる前に説明が無いじゃん」
 
「はい」
 
「図面に書いて無いじゃんそういう事は」
 
「信号があったりとか踏切がありますよって事ですよね」
 
「だから君らは不動産屋だったらしっかり本当の事を言うべきじゃない?借りる前に」
 
「はい」
 
「言わないじゃん?俺ら借りる人に」
 
「はい」
 
「7分て書いてるんですけど本当は12〜3分かかるんですよって言わないじゃん。だって信号に引っ掛からない事なんて無いでしょ?」
 
「無いですね…ま、」
 
「普通に歩いて」
 
「そうなんですよ」
 
「詐欺じゃんだから」
 
「…そういう事になっちゃうんですけどもただあのー私らの方としても…その…分速80メーター、信号、踏切、歩道橋そういうのは一切含まれず、地図上道路上…地図上の上で計った計算で」
 
「だからさそれでさ、紙、紙上でさ、こうなりますって言ってもそれって理由になんないでしょ?地図上ではこうなんですけど実際は違いますよってさ、いう事じゃん」
 
「はい」
 
「そんなのだって理由になんないじゃんそれが」
 
「理由にならない…」
 
「うん」
 
 
「んー…まぁ、なんて言ったらいいんですかね、その…けっきょ、く、の所…そのー…地図…その、それしか…法律で決まってるんでそれで私らも動いてたと思うんですよ、それで…まぁこういうケースっていうのが…」
 
「法律で決められた事だけしてればいいの?」
 
「その…決めた事…をやってたり…やっ…まぁなん…って言ったらいいんですかね、その…うーん…なんて言うんだろ…ちょっとごめんなさい…」
 
 
 
なんかもう、(i_i)\(^_^)ヨシヨシしてあげたくなる位ニノ頑張ってるんですよ〜
 
 
 
「だからさあ、そうじゃんもうだから最低限度の事しかしてない訳じゃん」
 
「そう…ですね…はい」
 
「おかしいでしょ?だってそれ。その7分て言われて買って借りた初日とかそれで会社に遅れたりする訳よ。7分だなと思って」
 
「うん」
 
「歩くじゃん。で、実際に12、3分とかかかんのよ」
 
「はい」
 
「それで会社に遅れたりするじゃんそれでもうその時点で間違ってるでしょそれが」
 
 
…あの…たかが5分違って遅刻するようなギリギリの行動を社会人になってしている方がどうなんだろう…と私は思いますが…うちの部にもまあ、いるんですけど、そういう女子…
 
 
 
「あっ、こちらがって事ですか?」
 
「そう。だから責任を取ってほしいなって思ってる」
「具体的にど、ういう感じになったら宜しいんですかね?」
 
「うん?」
 
「その責任っていうのは…」
 
「もうだから…家賃は下げれないの?」
 
「あーそれはオーナーさん、との話になっちゃうんです今度。」
 
「うん」
 
「今は、あの…住んでもらって、いる人と、あの不動産屋でのお話になるんですけど」
 
「はい」
 
「家賃を含むとなると今度こっちのオーナーさんが入ってきて、っていう話になってしまうんで」
 
「うん」
 
「それはあの家賃の方は、あのどしても、これ…でないといけないんですけども」
 
「敷金返してよじゃあ」
 
 
 
→続く

|

« 青の炎 | トップページ | Cの嵐! 不動産会社問題③ »

嵐:TV Cの嵐!」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296456/35175875

この記事へのトラックバック一覧です: Cの嵐! 不動産会社問題②:

« 青の炎 | トップページ | Cの嵐! 不動産会社問題③ »