« 嵐 二宮和也 BAY STORM 7/25 ⑦ | トップページ | VS嵐 7/29 »

わたくしごと。〜トルコ旅行編①〜

さて。
遅くなりましたがトルコ編です。
トルコといえば、皆さんは何を思い浮かべますか?
カッパドキア
ブルーモスクやアヤソフィアなどの寺院
でもですね、私の中ではこれにつきます、きいろの王子様(笑)
超可愛くないですか?
街中に、やたらとうじゃうじゃ走るきいろのタクシー。これがホントに可愛くって
なーんか黄色、好きみたいですよ。いろんなとこで出会った色でした。
トルコ。
トルコは、日本に似た気候で、湿気がないぶん逆に過ごしやすい感じ。
家の中では靴を脱ぐし、文法がですね、日本語に似てる。英語は順番が違うから単語を直訳しても意味不明なことがあるけどトルコ語は、日本語と並びが同じ。しかも、例えばtaxiはtaxsiだったり、そのまま読めば読めちゃったりもする。実際、トルコ人で日本人のお嫁さんがいる人、かなりの数いるそうです。
トルコの男性は、なんとなーく黒い髪の毛の印象でしたが37ヶ国の混ざった人種のるつぼ。金髪碧眼も沢山いましたよー。
私がお友達になった彼も北欧系…スウェーデンとかの感じです、外見。
写真一枚目は、よく言うカッパドキア地方ですね、奇岩に囲まれた町、ユルギュップ、世界遺産に登録されているギョレメ野外博物館、巨大な地下都市カイマクルなどのある場所です。
このカイマクルの地下都市っていうのがまた凄くて、キリスト教徒がイスラム教徒の迫害から逃れて生活していたそうで、地下8階まであって約1万5千人が生活できたと推定されてます。中に入ったんですけど、中に教会があったり、家畜が餌を食べるための桶がわりの穴があったり、家族の部屋があったりと、ただの洞窟ではなく本当に地下都市でした。
トルコには、ボスポラス海峡という31キロに渡る世界で唯一、東洋と西洋にまたがる海峡があります。
このボスポラス海峡クルーズに参加したんですが、城塞や宮殿などが右に左に立ち並び、東京湾クルーズとは違いました(笑)
トルコは街中に普通にいまだに城塞跡が至るところに残っていて、ドライブしていても楽しい〜
モスク(寺院)や、色鮮やかな果物、活気あるバザール、先述の黄色いタクシーも含め何もかも可愛い街だなあと。
そうそう、トルコで、現地の男の子と友達になりました。
バザールでトイレを探していた時に連れて行ってくれたんだけど、何歩ごとかに振り返って私がついてきてるか確認して。1TL払わないとトイレに入れないので、「持ってる?」って聞いてくれたり、「もう場所わかったから帰りは大丈夫」と言ったのに待っていてくれたり、いや〜異国で優しくされると感動します。
だってその2日前に集団スリっぽい人に囲まれたんで(笑)
で、行き帰り無口だから、日本語も英語もダメなんだろうなと思っていたらどっちも少しできるし。
照れ屋で可愛いんだなあこれが(笑)
で、そのあとチャイ(トルコといえばこれ。紅茶。)ご馳走してくれようとしたんだけど、15分位前に飲んだばかりだったからそう言ったら凹むし…日本の男子と違ってやっぱり喜怒哀楽激しいというかわかりやすい人が外国って多いですよね〜。
で、そんなこんなしてるうちに、そういえばトルコ来て人の写真撮ってないなあと思い、「写真撮らない?」って言ったら今度は肩に手を回す大胆さ。
…この、照れ屋で可愛い男の子は実は女慣れしてる!と気付いた時に浮かんだのは…なんか、ニノ。(笑)やはりこういう羊の皮を被った狼、飴と鞭の男、みたいのはときめきます(笑)
彼とは今もメールしてます。今日はローマ字でカタコトの日本語でメールが来たけど、「あなたは」と打とうとしたんだろうけど「あんたは」になってて大爆笑。フフ…でも向こうにしたら私の英語やトルコ語もそうなんだろうなー…と。
よし、頑張ろう

|

« 嵐 二宮和也 BAY STORM 7/25 ⑦ | トップページ | VS嵐 7/29 »

みぃ。のつぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296456/35937218

この記事へのトラックバック一覧です: わたくしごと。〜トルコ旅行編①〜:

« 嵐 二宮和也 BAY STORM 7/25 ⑦ | トップページ | VS嵐 7/29 »