« 『フリーター、家を買う。』 火曜21時 二宮和也 | トップページ | 嵐 二宮和也 BAY STORM 8/15 ① »

Cinema★Cinema  No.26

発売日の日に、大好きなお友達からメールを貰って、会社帰りに本屋さんへ行きました。

…残り3冊。

恋愛映画特集ってこともあり、表紙はピンク。
桜の季節みたいになってる。そのニノちゃんの視線が。

可愛い、だけじゃなくて。最近醸し出してる色気がプラスされていて。
そこに背景ピンク、なんかハート書いてあるし…みたいな。



「早くこっちおいでよheart01


とでもおっしゃっているようなそのまなざし…eye



そんな目で見ないでくれぇええええええ~!!!と、
書店でのたうちまわった私。
隣で立ち読みしていたオジサマが、一歩奥へ移動したの、私は見逃しませんでした。


写真もいいんですが、テキストもいいんです、物凄く。


中でも、以前『流星の絆』でもタッグを組んだ金子監督とニノのやりとり。
『流星の絆』の時にニノの案を見なかったことがずっと心残りだった金子監督。今回はニノのアイデアを見てみたいと、スタッフさんも総動員で。
こういうのを聞く(読む)と、やっぱり色々と思うところがあります。


更には、『生命力のあるキャラクターになってほしい』と言われたニノちゃんが具体的に考えたことは『死について考えること』

『死をとらえて演じないと生命力の強弱が出ない気がした』

こういう逆転の発想は、私もよくするので凄く、共感できる部分でもあります。
友達にはしょっちゅう「ひねくれ者だなあ」って言われますけど、昼間は、月が出ていない訳じゃなくて、日の光が強すぎて見えないだけで、ずっと、そこにある、っていうのを知った子供の時から陰と陽のバランスをよく考えちゃって。だから、生を考えた時に死を思う、っていうのなんかよくわかるんですよ~。
ニノのそういう、表と裏をしっかり見ているところ、大好きです。


で、テキストがいいのは他の共演者の方も。
阿部サダヲさんが「二宮さんは前から好きな役者さんだったんですけど、今回ご一緒してますます好きになりました。一番最初にいいなと思ったのは声なんです」とおっしゃってました。


以前、ニノが「自分は俳優ではなくアイドルです」と公言していたことは有名だし、今もそうだろうと思いますが、私は、アイドルの、嵐の中の5ブンノ1であるニノも大好きですが、役者としてのニノも大好きなので、ニノの演技が、役者1本で勝負している方に褒められることは本当に嬉しい。しかも声がいいって言われた~ヽ(´▽`)/
私もニノの声が大好きなので嬉しい。私、今まで、プライヴェートでもそうなんですが、声が嫌いな男の人を好きになったことがなく、声から好きになる人多いんです。声フェチってことなのかな?バラエティーだったり歌だったりと、また違った、俳優の時のニノの声。
青の炎であの声に堕ちた方も少なくないはず…。


大奥、原作に忠実なんですよね?基本。
と、なると…
内容は、結構苦しいですよ。
ボーイズラブ物は興味ないんですけど、大奥は発売当初に、読んでて。
オトコ×オトコのラブシーン的なものは苦手なのであれなんですけど、ストーリーの根底にあるものが…なんて苦しい…と、思ったので。ストーリーは全く違いますが青の炎、江戸時代版といってもいいくらい、せつなくて、苦しくて、傷(いた)くて、途中で息ができなくなったり号泣するんだろうなあって今から若干嫌な緊張もしているのですが…



昨日、『魔法使いの弟子』っていう映画を観てきました、ニコラス・ケイジのなんですけど。若干、ハリーポッター以来ハリウッドで次々に製作され続けているファンタジー魔法物か…とバカにしてましたがこれがなかなかどうして、面白かったですhappy01

で、なんと。


そこでまさかの、大奥の予告見ちゃいました。


邦画の予告は大奥だけだったんじゃないかな?
TVやネットではさんざん見ていたけど、映画館のスクリーンで見る、吉宗を見上げる水野のあのうるうるおめめ、大奥に入ったばかりのキョドったお顔、そして凛々しいお顔…

そして、ニノ担にはご理解いただけるかと思いますが、あの声。

「お信、ここは暗い。皆の心は暗いのだ。」


み~ず~の~。゜゜(´□`。)°゜。


最早、あの曲を聴いただけで泣ける。

あの声は反則です。胸がきゅーっと締め付けられます。



さて今回のシネマシネマ、ラッキーなことに愛するジョニー・デップまで特集になってました。
シザーハンズをリアルタイムに観て以来、20年、ずーっと世界で一番大好きな役者さんです(ニノちゃん、ごめんね)。映画は全部観てるしDVDも勿論制覇してます。演技も大好きだし、考え方や生き方全てをリスペクトしてますね、私。掲載されている作品ではなく、もっといいのあるんですけど…って思いながらも、ちょっとテンションUP

|

« 『フリーター、家を買う。』 火曜21時 二宮和也 | トップページ | 嵐 二宮和也 BAY STORM 8/15 ① »

嵐:二宮和也」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296456/36176028

この記事へのトラックバック一覧です: Cinema★Cinema  No.26:

« 『フリーター、家を買う。』 火曜21時 二宮和也 | トップページ | 嵐 二宮和也 BAY STORM 8/15 ① »