« 嵐 二宮和也 BAY STORM 9/26 ③ | トップページ | 二宮 和也というイキモノ。 »

MAQUIA 10月号 『男と女と、美について』 ②

リクエストを頂いたので、書かせて頂きます。

・まぜるな危険


『世界レベルの芸術品とか、美の最高峰みたいなものに近寄るのは怖いです。美しすぎるものを前にすると壊したいような衝動に駆られることあるでしょ?』


ああ、なんか男の子だなあ。



『美しいものは危ないね。』


これ、個人的に、名言だと思います。


『「まぜるな危険!」とか「関係者以外立ち入り禁止」とか、ダメと言われると、男って余計知りたくなる。それと似てる感じだよね。だけど、その衝動を抑制できるのもまた、人間の美しさなんだよなぁ……。』




・アンバランス



お友達と飲んで、そのあとその友達のおうちで飲みなおすことになったニノちゃん。
そこでそのお友達は、おつまみをキッチンで炒めものかなんかをシュッと作り始めた。黒が基調のオシャレなキッチン。でも、彼は短パンにTシャツ姿。


『シュッとした服を着てたらなんのおもしろみもないんだけど(笑)、スタイリッシュな空間で、思いきりダサいかっこうでジャーって炒めものを作ってる。そのアンバランスさが美しかった。』




この文章を読んでいて、なんとなく松潤が浮かびました。
いや、彼はきっとシュッとした服を着て炒めものをするんだろうから、ニノちゃんの言う「おもしろみない」感じになっちゃうのか?じゃあ大ちゃんとかかな、イメージ的に。




・雨と雪



『僕、雨と雪が好きなんです。ふだん目に映るものって、8、9割”横スクロール”じゃないですか。車も人も、横に動いていく。縦の動きってそんなに出会わなくて、だから、スケスケのエレベーターなんかに出くわすと、ついじっと見てしまう。ところが自然の中にはみごとな縦の動きがあって、それが雨や雪。あれは美しいです。』

そしてニノちゃんはこう続けます。


『雨粒のひとつひとつや雪のひとひらって、降ってるときはバラバラなのに、つかもうとしたら「一個」っていう単位はもうどこにもない。一個のゆくえを見届けるのは間にあわない。』


個人的に私、雨が大好きなんです。
勿論、外出する日に雨が降っているのは嫌なんですけど、一日おうちに居られる日に、温かい紅茶を飲みながらクラシックを聴いてぼーっと窓の外の雨を眺めているのが、好きなんですね。雨の匂いも音も大好きなのでほんの1ミリくらい、窓を開けて。(土砂降りだったら無理だけど)
そして、雪を「ひとひら」って私もよく使うので、なんか凄く嬉しかったな~。

それにしても『横スクロール』って。
やっぱりこの人のこの表現力。なのに『スケスケのエレベーター』とかね。
この語彙力はなんなんだろうなあ。

ああ、敵わないなあ。


やっぱり、美しいものって儚い。儚いから美しいんだなあってニノちゃんの言葉を読んでいて思いました。

ニノちゃんの言葉って「紡ぐ」って感じでね、大好きです。
思考にはがっつり哲学入ってるし。
深すぎる。
まあ、言葉なんて、回りくどきゃいいってもんでもないんだけど、ニノって凄くストレートにぶつけてくるのに深いから、大好き。そしてそれこそニノの言葉のひとつひとつが美しいなあっていつも、思います。
(バラエティーでの「バカ」発言とかは置いておいてね。)


そうそう。
ちなみにニノちゃんいわく、色気と美しさの違いとは、胸が出てるか出てないか。らしいですよ。(想像力=色気より)


『見る→想像が広がる→もっと見たくなるのが、男にとっての色気のある女性だと思う。』

|

« 嵐 二宮和也 BAY STORM 9/26 ③ | トップページ | 二宮 和也というイキモノ。 »

嵐:二宮和也」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296456/36996691

この記事へのトラックバック一覧です: MAQUIA 10月号 『男と女と、美について』 ②:

« 嵐 二宮和也 BAY STORM 9/26 ③ | トップページ | 二宮 和也というイキモノ。 »