« 嵐 二宮和也 BAY STORM 11/28 ① | トップページ | わたくしごと。11/29 »

嵐 二宮和也 BAY STORM 11/28 ②

「下校中の事です。前から虫が飛んで来て、私の頭を通過しました。通過した瞬間、無意識で、頭を手で払ったら偶然、私の人指し指と親指の間に。まさか、キャッチしたとは思ってなくて、ビックリしました。なかなか仕留められないハエをキャッチ出来て、これは神が来たなと思いました。」





ニノ「音速で生きてる、虫達ですからね。ハエねっ。」

STBY「あっそうなんすか?」

ニノ「えっ?って言いません?」

STBY「音速…。短足じゃなくて?」

ニノ「……」

STBY「(笑)」

ニノ「さあぁ~、と言うことで今日はここまででございますけどねっ。まだまだ、皆さんが、神が来たと思ったことだったら、どんなことでもOKなので、えー、是非とも送って来て頂きたいと思います。」




『べイビー・アイラブユー』 TEE




STBY「これでも、いい曲ですよ。僕、好きですよ、この曲。」

ニノ「あっ、こういうの好きそうだろうなって思ってましたよ、俺。」




※ガーン。
実は、みぃ。も、「これ、STBY絶対『いい曲ですね』って言うだろうなあ」って思ってたの。
ほらぁ~もう、なんか、どんどんSTBYに詳しくなっていってるよぉおおお(号泣)
もう、ホントそういう情報、いらないから。
二子玉川に住んでいて部屋は1階で、とかさーもう、どんどんSTBYに詳しくなっていくのよ。
もう、嫌…wobbly



STBY「はい。好きですよ。」

ニノ「じゃっ、ちょっと、紹介お願いします。」

STBY「TEEさんで、ベイビー・アイラブユーです。」

ニノ「そうです。」

STBY「はい。いい曲じゃないすか。」

ニノ「いやっいい曲だと思いますよ、ホントに。こういうの好きですよね?STBYね?」

STBY「だい…大好きです。」

ニノ「えー、じゃぁー、続いて、こちらのコーナーに、行ってみますか?」

裏嵐




ニノ「やぁ。」←いつもみたいに「やあーっ!!」じゃなくてなんかテンションが普通でした。

STBY「はい。」

ニノ「ペンネーム『紅白司会おめでとう』」

STBY「あっ、おめでとうございます。」

ニノ「おめでとうごさいます。」







「紅白司会おめでとうございます。今から12月31日の夜が楽しみでしょうがありません。会見の時に、潤くんは『前日夜、興奮して眠れなかった』などと話してましたが、ニノちゃんは、その話を聞いた時、どんな風に思いましたか?家族の人に報告したりしましたか?良かったら教えて下さい。」






ニノ「ということで。」

STBY「はい。」

ニノ「わたしはぁ~、水曜日…ですか?」

STBY「うん。」

ニノ「あの会見の、前の週の。」

STBY「はいはいはい。」

ニノ「水曜日だったかな?に、聞いたような気がするんですが。」

STBY「うん。」

ニノ「まあ、単純に言えば、驚き…ますよね?」

STBY「まぁ~そうですよねぇ~。」

ニノ「ねぇ~。2回目ですから、紅白。う~ん。でやっぱり…、司会…って、まあ総合司会ではない…、ですよね、わたしたちね。」

STBY「はい。」

ニノ「白組の司会ですよね?」

STBY「そうです。」

ニノ「ねっ。」

STBY「白組の司会です。紅組が松下奈緒さん。」

ニノ「ですよね。」

STBY「はい。」

ニノ「だから、総合ではないのでぇ。まあ~、総合ではないのでって話でもないのかもしんないけどぉ。」

STBY「まっ、司会ですよ。」

ニノ「歌う…、ことよりも先にやっぱり当たり前に決まる、訳じゃないですか。」

STBY「楽しみですねっ。白組、紅組、どっち勝つでしょう?ねぇ~?」






「最近、バンドの曲を作ってるんですけど、入れたい要素がいっぱいあって、行き詰ってしまって、なかなか曲作りが進みません。ニノくんは、曲作り…、曲を作る時は、どこから作りますか?また、行き詰ってしまった曲は(ニノ「あっ」)時は、どうしてますか?曲作りのアドバイスなどあったら教えて下さい。お願いします。」






ニノ「青春やなぁ~。17から作ってるって凄くない?」


STBY「すぅ~ごいと思う。」

ニノ「ねぇ~?」

STBY「うぅ~ん。」

ニノ「かあぁ~っ。どうしたらいいのぉ~?んふっ(笑)教えて!STBY!」

STBY「まっ、入れたい曲がいっぱいあるんですよね?」

ニノ「要素がね?」

STBY「要素が。」

ニノ「あ~ん。」

STBY「じゃっ、その要素を!よう…、じゃ…、あの、なんて言うんですか?要素だけでもいいから入れて行く。あのう~。」

ニノ「入れたい要素がいっぱいあって進まないから、こう、要素、要素…、要素だけを入れて…」

STBY「う~ん。」

ニノ「ぐふっ(笑)繋がってく?はいっ?」

STBY「なるほど。そういう時は、入れたくない要素の曲を作る。」

ニノ「ほおっ!入れたくない要素の曲を作る。それなにゆえ?入れたい要素がいっぱいあるのに。」

STBY「いやっ、もしかしたら、その入れたくない要素の曲が、凄いいい出来になるかもしれない。難しいですかぁ?」

ニノ「いやっ、難しくはないんですけどぉ。」

STBY「はい。」

ニノ「やっぱり、ほら、STBYみたいに、オジサンではないので。」

STBY「そうですねぇ~。」

ニノ「そういう、何て言うのかなぁ~?」

STBY「う~ん。」

ニノ「17歳の時って…」

STBY「はい。まっ、青春…」

ニノ「いやいや、(笑)俺って、そんな感じじゃねぇしっ、みたいな。」

STBY「あぁ~。」

ニノ「尖りたいじゃないですか。」

STBY「尖りたいですか。」

ニノ「入れたい要素が、だからいっぱいあるのに、何で、入れたくねぇ。要素の、曲を作んなきゃいけねぇ~んだって、なりません?」


※うん、もう、なんか、尖ってるとか尖ってないとかじゃなくってさ。
入れたい要素がいっぱいあんのになんで入れたくない要素をいれるって発想になるのかが、も、全然わかんないんですけど。STBYってホント…ねえ…なんか、いらっと来ないのかしら、嵐さんたち(笑)




STBY「なりますね。じゃあ、もう~…」

ニノ「パクッてみる!どお?」

STBY「おお~。カバー?」


※いや、パクリとカバーは違うだろ。gawk



ニノ「う~ん。」

STBY「う~ん。」

ニノ「嵐の曲とか。」

STBY「はいはいはいはい。」

ニノ「そこに、入れたい要素を全部入れてみる。」

STBY「なるほど。」

ニノ「どうですか?曲なんてね、分数なんて決まりなんかないんですよ。」

STBY「そうですね。」

ニノ「う~ん。だから。長くなってもいいと思いますし。」

STBY「う~ん。いろんな要素を?」

ニノ「いろんな要素を。メジャーな曲に入れてみる。」

STBY「う~ん。」 

ニノ「AKBの新曲に入れてみる。とかね。」

STBY「嵐さんの曲に入れてみる。」

ニノ「それで、ハマる物ってのは、だいたい何でもハマりますから。」

STBY「はぁ~、なるほど。」

ニノ「…た、多分。」

STBY「ふぅ~ん。」

ニノ「要素って、だから、嵐の、例えばじゃあ、さっき言ってた♪Troublemaker♪の。Dメロを、新たに作ってみる、とかね。」

STBY「あぁ~、自分流のアレンジで。」

ニノ「う~ん。それ楽しいですよ。」

STBY「うんうん。」

ニノ「終わりとケツが見えてる訳ですから。あっ、ふっ(笑)始まりとケツが見えてる訳ですから。そっからの入り口と出口を。ちゃんとキレイに作れるのかっ?て、ことですよね。」




※ここで、ちょっと言葉を間違えたニノちゃんが「あっ」っていった時がもう、超『素』でめちゃめちゃ可愛かったです!!



STBY「なるほど。なるほど。」

ニノ「う~ん。Dメロ…作るの、凄く楽しいですよ。」

STBY「ふぅ~ん。」

ニノ「僕、曲ん中で、1番作って楽しいの、Dメロです。」





※うわー。うわー。
すっごいわかる。大抵の曲ってAメロとBメロとサビで構成されてるんだけど、(嵐さんはDメロまである曲が凄く多いと思う。っていうかほとんどあるか?Rap部分がDメロ的な扱いになってる曲もあるしそれもいれたらほぼ全てか?)Dメロのある曲ってみぃ。、もう、Dメロで全てが決まると言うか、Dメロでガクッとなる曲は他の、サビとかがよくてもそんな好きにならないんですね。最近で言うとDear Snowとか、Dメロ大好きです。他のところも好きだけどあのDメロのおかげで更にあの曲好きになったと言うか。だから嵐さんってDメロいい曲多いから曲もかなり好きなのかもしれない…。





STBY「へぇ~。」

ニノ「デーメロですね。」

STBY「デーメロで。」

ニノ「ダーメロです。」

STBY「ダーメロで。」

ニノ「あそこ作ってんのが1番楽しいですね。」

STBY「楽しいですか。」

ニノ「あそこ、1番最後なんで、僕は。その、間奏から、の、入口と、サビに繋げる出口。」

STBY「ふんふん。」

ニノ「を、作るのが、やっぱり、1番、僕は、好きかな。」

STBY「うん。」

ニノ「そこを作りたいが為に。曲を作ってる。そう言っても過言ではない。」

STBY「カッコいいっすね。」

ニノ「うん。」

STBY「是非。」

ニノ「Dメロですね。」

STBY「ダーメロ。真似てみて下さい。」

ニノ「う~ん。んふっ(笑)真似るんじゃないよっ。作ってるんだよ。」

STBY「あぁ~作ってるね。はい。」

ニノ「うん。要素いっぱい入れて。まあまあまあまあ、嵐のね、個人的なね、うん、質問、大募集していますので、是非とも裏嵐のコーナーまで送って来て頂きたいと思います。」





果てない空





ニノ「STBYはこの曲好きですか?」

STBY「大好きですね。」

ニノ「へぇ~。どこが?」

STBY「あのね…」

ニノ「どこで、じゃっ、マックスになるのかって。」

STBY「♪はてないそらぁ~♪」

ニノ「………お送りした曲は、嵐さんの新曲でございますね。」

STBY「はい。」

ニノ「えー、果てない空でした。」





~ペンネーム大賞~




ニノ「そろそろお別れの時間なんですよ。」

STBY「ねぇ~。」

ニノ「だっ、そろそろもうホントにゆって欲しい!」

STBY「何をですか?」

ニノ「どこが好きなのか。」

STBY「♪はてないそらぁ~♪の!サビ前です。」

ニノ「の、サビ前?」

STBY「はい。」

ニノ「すいません…、サビ前って、ど、こ、でしたっけ?ちょっと歌ってもらっていいですか?」

STBY「いやっ、ちょっと…。あの…、聴きながら、じゃないと、ちょっと…。」

ニノ「ぐふっふふふふふ(笑)」

STBY「(笑)」

ニノ「ということで、お相手は嵐の二宮和也でしたぁ~、また来週!」

|

« 嵐 二宮和也 BAY STORM 11/28 ① | トップページ | わたくしごと。11/29 »

嵐:ラジオ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296456/37888301

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐 二宮和也 BAY STORM 11/28 ②:

« 嵐 二宮和也 BAY STORM 11/28 ① | トップページ | わたくしごと。11/29 »