« わたくしごと。12/8 ~50万Hit記念企画~ | トップページ | 嵐ライブDVD 「ARASHI 10-11TOUR "Scene"~君と僕の見ている風景~【stadium】 (仮) 」 発売決定 »

嵐と私と二宮和也。

初めましての皆さん。 ( ・∀・)ノィョ-ゥ

いつもどうも、の皆さん。 ドモヽ(´Д` ) ( ´Д`)ノドモ

改めまして、みぃ。です。




最近一気に読者様が増えまして、しかも今年は二宮さんが精力的に動き回りすぎていて、とっても嬉しいけれど、色んな事がなかなか追いつかず、若干カラまわってるみぃ。です。 
   
              アタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタ




最近たまたまこのブログに辿り着いた方の為と言いますか、有難いことにブログを初めて1年経たずしてまさかの50万Hitという快挙(みぃ。の中では始めた時は1年で1万Hitいけば御の字位の感覚でした…実際、たまにネットサーフィンしてても、50万Hit、なんてなかなか、1年経たずして辿り着く数字ではないようです…sweat01)を達成しましたので、改めてではありますが、みぃ。の嵐の応援スタイルというか、どうありたいか、心意気みたいなものを少しだけ書かせて頂きたいと思います。

まず、当ブログはほんとーに、
みぃ。が、自由気ままにニノちゃんへの愛と、嵐さんのあれこれへの感想を述べているだけのブログです。
ホントに、ただ、それだけで、できています。

…他になんかあるかなー?と思っても、残念ですが、ありません。
ホントにそれだけです。ハイ。 (´・ω・`)



常連様からは「変態ワールド」と呼ばれるほど、upテンション高めなup


heart02二宮さんLOVEheart02のみぃ。のブログ
です。



※当ブログ内では、『変態』は褒め言葉です。"Welcome To 変態 wolrd"(翔ちゃん風に読んで下さいhappy02)と、思って頂ければ。
しかも、我らの二宮さんも『変態』って言われているご様子なので、お仲間です。


ニノが嵐のメンバーをいじっているのと同じように、みぃ。もいじります。

時折敢えて口調を強くしたりもするし、例えばマネキンファイブの感想とかで、「あの服はムリ!」とか、歌番組で「オーイ!」とかも言ったりするので、初めて読まれた方や、他担さんはもしかしたらちょっと、気分を悪くするかもしれません。 (´・ω・`)ショボーン
 
いや、ニノ担さんもか…。


でも、それは、違うんです。

悪口でも批判でも、ないんです。 (*´・ω・)(・ω・`*)ネー





私は嵐が大好きです。




ええ、もう、そりゃあ、大好きです。 (*´Д`*)heart


嵐に出会ってからというもの、大げさではなく毎日、嵐ゴトが中心のスケジュール。
TVを観る為、ブログを書くため、すっかりヒッキーです。


なので、みぃ。がメンバーをいじるのは、相葉ちゃんが松潤に「顔の濃い方」とか言っちゃったりニノが相葉ちゃんに「相葉さんバカだから」って言っちゃったりするのとおんなじだと思って、読んで頂ければと思います。(まあ、「同じじゃねーだろっ」って声が聞こえてきますが…まあ、気持ちとしては、そうなんです。)
それに、やっぱり、人には好みってものがあったり、どれだけ好きなヒトに対しても、「え、今の発言はちょっと…」って思うこともあったりするので、その辺は相手が嵐って言うより、単純に、みぃ。の意見や感想として語っておりますので、そこに敏感に反応されちゃうと、何も言えなくなってしまい非常に困ってしまうんで…^ω^)

もし、本当に一人でも、5人の中に嫌いな人が居たら、みぃ。はきっと、「嵐が大好き」とは言わないと思います、「ニノが好き」とだけ言うと思う。
でも、みぃ。は、嵐が好きなんです。


(……でも、やっぱりニノのことは、shineトクベツshineだと、思っています。)

基本、その辺りの本気と冗談の境目をご理解頂けていると思い、話は進めてまいります。




基本的に、5人がわちゃわちゃやっているバラエティー番組のあの空気も、
びしっとキメてくれる踊りや歌も、全部が、宝物。

そこに存在してくれているだけでもう、ワクワクしちゃう存在が、みぃ。にとっての嵐です。

ココロ、オドル。

どうですか?このキャッチコピー(笑)



元々ジャニーズには全く興味がなくて。
むしろバカにしてたと思います、正直。

でも今では
本当に、毎日、嵐漬けで。
毎日毎日、ホントーに、起きている時間の殆どを嵐のことを考えてすごしています。
(いや、寝ている時もよく夢に出てくるので、ほぼ24時間全て、かもしれない。)
そんな毎日はとっても忙しいけれど、楽しくて。

皆さん、それぞれお気に入りのメンバーがいたり、求める嵐像があったり、観たい嵐さんは人それぞれ、違うでしょうし、感じ方も、違うと思います。
でもやっぱり、みぃ。は5人が作るあの空気が大好きで、いとおしくてたまりません。




でも(なんか今日「でも」が多いな)、やっぱりどこかに、あるんです。

他の4人は『ゴブンノイチ』なのに、二宮さんだけは、『ゴブンノイチ』の時でも常に、『二宮和也』なんです、みぃ。にとって。 ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・




何故なのか、どうしてなのかは過去記事で言えば、



これとか→二宮和也を想う。


これとか→ またひとつ。好きになったよ、二宮さん。


これなんか→青の炎


とかこれ→二宮和也というイキモノ。


とかこの辺り→大奥



なんかを読んで頂けるとちょっとわかって頂けるかな?と思うのですが、あくまでも、記事を書いた日に思っていたことなので、ちょっとずつ違ってきてることもあるかもしれないです。基本の軸はブレませんが。

…ニノのことは、語り出すとすごーく深く、重くなっちゃうんですけどね。



アイドルって、『偶像』って意味ですよね。


ニノも、以前「アイドルはファンの気持ち無視して自分の好きなことやっちゃいけない」みたいなことを何かで話していたかと思うのですが、


だからみぃ。が見ているあの人は、偶像、虚像なんだとわかっていても。

それでもどうしてこんなにも、心が惹かれてしまうんだろう。と言う想いが前提に、有り。




ニノ担さんの多くの方が多分、同じようなことを思っていると思うのですが、
ニノってね、知れば知るほど、ハマっちゃうんですよ。好きになればなるほど、知れば知るほど、……面白い。
普通、知れば知るほど理解できるものなんですけど、この人はもう、複雑すぎて。
単純に見えて本当は物凄く深いから、わからなくなってきちゃう。
理解出来たって思った瞬間に横からすり抜けて行ってしまう。
結んだてのひらから、気付かないうちにこぼれおちてしまう砂のような人。

でも、凄く矛盾しているけれど、凄く、ホントに痛いほど、理解できてしまって、泣けてくるようなこともあったりする。

そんなときに、

「私はこの人を、理解できたのだろうか。
それともそう思わせることすらニノの作戦なんだろうか。」

とか考えて。

いつもいつも、気持ちを、ココロを、弄ばれて。
ニノの手のひらの上であっちへこっちへと、転がされているような気もしたり。

とってもわかりやすくて、でもとってもわかりにくい人。

多才、ならぬ多彩。

ニノにはそんな言葉が似合うかな。

才能にあふれている。そして色んな色に彩られている。
演技然り、音楽センス然り、バラエティーでの発言然り…

色んな色に彩られていて、それでいてもう、真逆で、嫌になるくらいの透明感を持っている。透明故に、どんな色にもなれる。
そしてその、多くの色どりが、心を捉えて離さない。
人柄が、外見が、ううん、その、存在そのものが。
常にワクワク、ドキドキさせてくれる。角度によって、見え方が変わる万華鏡みたいな。

全部がホントで全部が嘘。
その謎は誰にも、解き明かせない…そんな、人。

なんじゃないのかなあってみぃ。は勝手に思っていて。


だけど時折、その想いが、ココロが、手に取るようにわかってしまう瞬間も、確かに、あって。

そんなとき、ひとなつっこくて、オープンに見えて実はある一線からは容易に他人を介入させない二宮和也に、一瞬だけ、触れることができた、ような、気がする。


…そうすると、またね、もっと。




痛いくらいに、好きになる。



みぃ。の目に映っている二宮和也という人物に、とっても似た人が身近にいるので、なんとなーく理解できているような気がするのですが、それでも勿論、その人とニノは別の人間な訳だし、まだ、知れば知るほど好きになるし、面白いと思うし、今でもまだまだ新たな発見がある。それがみぃ。にとっての二宮さん。



あ、でもね、そうそう、誰かのことを、「知ろう」としちゃいけないんですよね。
「感じる」くらいで。ね。( ^ω^)


みぃ。も少しは、二宮和也を「感じることができて」きたような気がちょっとだけする今日この頃。


でもきっと、まだまだ全然なんだろうなあ。


だから、勿体つけて自分なりのニノちゃん分析をすることもありますが、まあ、それはあくまでみぃ。の目に映った二宮さんでしかないので。
「ニノのことは誰よりもみぃ。が一番理解してるの」なーんてことはこれっぽっちも思ってないし…ただもう、みぃ。の目に映るニノちゃんは、みぃ。がブログに書いているような人。
そして、みぃ。が好きなのはそんなニノちゃん。
それで、いいのかなと思ってます。



古くからずっと嵐を応援してきた方々に対しては、敬意を払っています。
その人たちがずっと応援してきてくれたから、今の嵐があって、私も嵐に出会えたわけだし。

でもね、「想い」の「重さ」なんて、計らなくていい。むしろ、計るべきじゃない。と、みぃ。は思っています。
好きになってからの時間が長くても、短くても、好きだっていう、応援したいっていう、気持ちそのものは同じな訳だし、(思い入れが違うって言われちゃうと、反論はできないというか、そんなのだって、どう頑張っても、年月は叶わない訳で。)
もうね、時間はどれだけ頑張っても戻せないから。戻れるものならそりゃあ嵐のデビュー前に戻ってずっと、Jr.の時から一緒に時を刻んでいきたいけど、でも、そんなの大金つもうが、逆立ちしようが不可能だから。
だから好きになってからはずっと、全力疾走で嵐ゴト、見つめてます。それでもそう、昔から応援している人には時間は絶対に追いつかない。でも、これからももっともっと彼らを知ろうとしたいし、好きでいたいと思う。だから、昔から応援している人がこのブログを見て、不快に思うことも色々あるとは思うのですが、それでも、やっぱりみぃ。は嵐さんが大好きなので、好きだから色々知ろうとしてるし、考えるし、っていうね、うん、だから、みぃ。のことが気に入らなくても、せめてそういう気持ちだけはわかってくれたらいいなと思います。


みぃ。は、ニノちゃんがくれる色々なヒントを元に、「こうかな」「ああかな」って考えつつ、「やっぱりこういうところが好き」ってこれからもここでずーっと語れたらいいなあと思います。

全部みぃ。が勝手に、一方的に、感じたことだったり、考えたことだったり、想像だったりです。
そこらへんをご理解頂けた方が、遊びに来てくれて、一緒にわちゃわちゃして戯れてくれたらそれがみぃ。の幸せです。



なかなか見ず知らずの人のブログにコメントしたりするのって勇気が居ることだと思います。なので、コッソリ読んでいるのも良し、または周りに嵐友達がいなくて語る相手がいないからと、このブログを使用してコメント欄でぶちまけるも良し、です。
みぃ。の『きいろの王子さま』にコメントしに来てくれてる方同士、コメント欄で会話してくださっても全然構いません。(あ、そんな人いないと思いますが売買だけは、NGとさせて頂きます。)
みぃ。の書いていることに、全部同意してほしいとも、思いませんし、もう、自由に好きなこと書いてくれたらいいなと。みぃ。自身もそうですからね。
ほんのちょっとでも、みぃ。のブログに共感できるところがあるとか、単純に楽しいなって思ってくれてここに遊びに来てくれていたら嬉しいなあと思います。

前向きに、前向きに。

そして日々に感謝を。

…嵐に出逢えて良かった。本当に良かった。


毎日、そう、感じながら生きている、最近の私。

心臓が動いているっていう意味ではなく、ココロがね、嵐に出会ってから、本当に生きだしたような気がする、今日この頃なのです。



最近、少し気になっていることがありまして。

皆さんへのコメントのお返事だったり、メールのお返事だったりができなくて…。
基本的に初めましての方へはご挨拶の意味も含め、なるべき早めにコメント返しているつもりです。
あと、質問とかにも答えているつもり…ですが、どちらも漏れがあるかもしれません。
常連さんへのコメントも随時返していきたいのですが、こちらは時折おろそかに(時折って言うか最近はいつもか…)なっていますが、そこはもう、ご理解頂けていると勝手に思っています。ただ、全てコメントは読んでますし、そのコメントに励まされたり笑わされてまた、新しく記事を書く元気にもなっているので、是非お寄せ頂けたら嬉しいなと。

頑張りすぎて息切れしないよう、適度に更新していきたいので、末永く、見守って下さい、とっても自分勝手ではありますが…


ホントにホントにこれまで、ありがとう。

そしてこれからもどうか、よろしくお願いします。



嵐ちゃんと共に、ニノと共に、みんなと共に。
歩んでいきたいと思います。



次は目指せ100万Hitですね。


ホントにホントに、このブログを読んでくださっている全ての方へ、言葉にならない感謝の想いをこめて。



……大好きです。














………………………………ニノちゃんの次に( ´_ゝ`)プッ

|

« わたくしごと。12/8 ~50万Hit記念企画~ | トップページ | 嵐ライブDVD 「ARASHI 10-11TOUR "Scene"~君と僕の見ている風景~【stadium】 (仮) 」 発売決定 »

嵐:必ずお読みください。」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296456/36472263

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐と私と二宮和也。:

» ピカ☆☆ンチA to Z―嵐のピカンチダブルな日々 | [見つけます]
ピカ☆☆ンチA to Z―嵐のピカンチダブルな日々M.Co. 刊発売日 2004... [続きを読む]

受信: 2010年12月10日 (金) 20時06分

« わたくしごと。12/8 ~50万Hit記念企画~ | トップページ | 嵐ライブDVD 「ARASHI 10-11TOUR "Scene"~君と僕の見ている風景~【stadium】 (仮) 」 発売決定 »