« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/30 ②


「私はこの間、ハチミツおじさんことCWニコルさんの事を、WCニコルさんだと言っていました。そして、友達に『それトイレじゃん』と突っ込まれました。ホントにすみません。」



ニノ「やっぱこうやって。」


STBY「はい。」


ニノ「どんどん世の中に出て行くんですね。」


STBY「(笑)ですよね?」


ニノ「ニコル先生も。」


STBY「ニコル先生もねぇ。凄いですね。」


ニノ「普段、長野の方で、山の方で、なんか…、長野の山で、森を作ってるらしいんです、あの人。」


STBY「森を作ってる?」


ニノ「…うん。」


STBY「凄いですね。」


ニノ「だっ、植樹とかもしてんじゃないかな?」


STBY「へぇ~…。」


ニノ「そこで獲ったハチミツとかを…、が、凄いおいしいんだ、って、ニコルさん言ってたけど」


STBY「ふぅ~ん。まあ、健康的な方ですよね。」


ニノ「うーん…。」


STBY「自然な空気を吸いながら、こう生活してる訳ですからねぇ?」


ニノ「将来どっちがいいですか?都会と…」


STBY「田舎。」


ニノ「田舎。」


STBY「いやっ、そりゃぁ、もうあれですよ、空気の綺麗な所で」


ニノ「まぁ、あなたそうだなぁ~っ。」


STBY「ゆっくりしたいですねぇ~。」


ニノ「海があればいいんでしょっ?」


STBY「そうです。はい。見てるだけでいいです。」


ニノ「それが凄いよなっ!」


STBY「凄いっすか?」


ニノ「うん。俺、だって、絶対都会の方がいいもん。」


STBY「都会の方がいいっすか?」


ニノ「うん。」


STBY「物、でも、そんなに求め…、なくないっすか?」


ニノ「うん。も、と…」


STBY「それでも、都会の方がいいですか?」


ニノ「都会の、方が、いいんじゃない?求めない人は都会の方がいいよ。そういう、求めてる人はさ、田舎、とか、自然が多いとこに行くけど。」



※多分ここ、2人の会話がかみあってない?
ニノちゃんは「自然を求める人は田舎に行く」ってスタンスで「求める」って言葉を使用してるけど、STBYは、「物とか求めないんだから田舎でもいいんじゃないの?」っていうことですよね?ほらほら、「美味しいもの食べたい」「あれ欲しいコレ欲しい」って人は田舎では住めないけど、ニノはそういう欲もないから、田舎でもいいんじゃない?って意味で会話してたんじゃないのかな??





STBY「あぁ~なるほど。そっか。」


二ノ「だって、求めて行ってんでしょっ?」
 

STBY「まっ、そうですね。」


ニノ「うーん…。何にも求めてないから、なんか、多分、今のままでいいやぁ~と思ってんじゃない?だから、何でもあるってことなんだよ、求めなくてもねっ。きっとね、物がね。」





※そうね、だから、田舎に住みたいって人は空気が綺麗だとか景色が綺麗とかそういうものを求めるし、そこに興味がない人とか、みぃ。みたいに物欲のある人は都会がいいと思う気がする…まあ、ニノちゃんの場合はね、田舎に引っ込んだらホントに全てお買い物はネットになって友達も周りにいなくて飲み屋もなければ、ほんっとのひきこもりになってしまう気がするので、そこは…いいです、都会で嵐でいて下さい。





「私は毎年大晦日の12時に、友達に、あけおめメールを送っているのですがいつも混み合ってて、時間ピッタリには送れません。それで私は、今年こそピッタリ送ろうと思い、送信予約をしました。ですが、私は、その送信予約の時間を間違えてしまったらしく、元旦ではなく、大晦日の日に、メールを送ってしまいました。友達からは『1日早くない?』というメールの嵐でした。みなさん、1日早く送っちゃってごめんね。」




ニノ「誕生日とかも難しいですよね?」


STBY「誕生日。」


ニノ「その、ピッタリに、送ろうと思ったら。」


STBY「あぁ~。カチカチカチッって、12時を回った時に、ピッて送るんですか?」


ニノ「そうそうそうそう。でも、12時回ったら、すぐ送ればいいのか。」


STBY「まぁ~、そうですよね。それで、相手には伝わりますよね。」


ニノ「だから、その、けい…、たいって、どういう仕組みになってんだろうね?例えば、5分早く設定してる携帯を持ってるとするじゃないすか?」


STBY「はい。」


ニノ「そうすると、12時ピッタリに、Aの携帯が、送信するじゃないっすか?」


STBY「はい。」


ニノ「でもその送信履歴は12時になるけど…」


STBY「あぁ~はいはいはい。」


ニノ「受信する側が5分早かったら、その…、どういう表示になるんすかね?」


STBY「はぁーい。」


ニノ「やっぱ、受信した…」


STBY「まっ、受信した時間が出ますよね?」


ニノ「っていう事だよね?」


STBY「ですね。普通は。」


ニノ「多分ね。」


STBY「うん。」


ニノ「そうなると、もお~難しいですよね。」


STBY「うん。」


ニノ「そこにピッタリ送ろうなんて日には。」


STBY「難しいです。」




※そもそも、携帯の時間を5分早くとか遅くとか設定する人っているのだろうか。
携帯の時間ってなんか自動で衛星みたいなので時々更新されてるんじゃないの?(勝手にそう思い込んでいましたよ、みぃ。は…)

ちなみにどうでもいいけどみぃ。は、ある友達には、もう、出逢ってからずーっと、誕生日と、1/1は、一緒に居たら別だけど、居ない時は0時ぴったりにずーっとメールしてますね。失敗したこと1回だけあるんだけど、今年も大みそかに成功して「凄い!」って言われたし去年も「0時にメール来たのみぃ。だけだったよ」って言われました。わたし、すごい。(笑)





ニノ「…そういうメールってします?」


STBY「あ、えっ…、いやっ、あんま…あんまりぃ…しないですねぇ。」


ニノ「あっ、そう。俺も、誕生日ぐらいしかしないな。嵐の人たちの。」


STBY「まあそうですよね?」


ニノ「うん。」


STBY「まあ毎日会ってますからね。」


ニノ「そう。でも、気付いたら12時超えてたり、だよね、もうね。」


STBY「『あっ!』みたいな。」


ニノ「そういうの、凄いあったな。」


STBY「う~ん。」


ニノ「次は?翔さんかなっ。」


STBY「そうです。」


ニノ「うーん。でも…、あっ!もう今の時点で、でも翔さんは…」


STBY「あぁ~そうか、そうか。そうですよ。」


ニノ「誕生日、もう迎えてんすね。」


STBY「はい。」


ニノ「そっかぁ。ちょっと、送ってみようかな、ピッタリに!でも、でも、送れねぇ~んだろうなぁ~、ああいうのってなぁ~。」


STBY「『どうしたんだろ?』って思うんでしょうね。」


ニノ「ピッタリに?」


STBY「ピッタリに。」


ニノ「送ってきたら?」


STBY「はい。『はあ?』みたいな。」


ニノ「まっ、だから、誕生日とかも元旦とかもそうですけど、最後ぉ…、もっ、最初か最後ですよね?ぐふっ(笑)11時59分ぐらいに。」


STBY「(笑)」


ニノ「ヒュッと送るみたいな。」


STBY「ヒュっとみたいな。」


ニノ「そうそう。その方がいいよ。」


『さいごのひ』 / スキマスイッチ

| | トラックバック (0)

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/30 ①


「酔っちゃった。帰れない、帰れない。」





ニノ「はいこんばんは嵐のKAZUNARI NINOMIYAです。今日のオープニングの一言は、ラジオネーム『にのみ』さんからいただきました。えーっと…?」

「新春スペシャル嵐のしやがれ、ネプチューンさんのコントが印象的で、ニノがやったOLが頭から離れないんです。また聞きたかったんでメールしました。」





ニノ「ホンットに1月1日から…」


STBY「(笑)みなさんねぇ。」


ニノ「2、3、フリーターやって、み…、3はまたVS嵐で。」


STBY「そうですね、スペシャルも。」


ニノ「やってましたね。」


STBY「はい。」


ニノ「STBY見ましたぁ?そのネプチューンさんのコントは?」


STBY「コント見ましたよ。現場で見ました。」

 
ニノ「あっ、現場にいたの?」


STBY「はい。」


ニノ「なんで現場にいる時と、いない時があるの?」


STBY「へっ!?いやぁ…行ける時は…、行くという…」


ニノ「あっ、そういうスタンスなんだ!」


STBY「そうです。」


ニノ「他に…」


STBY「ちょっとお仕事が…」


ニノ「やるべきことがある時は…んふっ(笑)」


STBY「やるべきことがある時は、(笑)とにかく…」


ニノ「えっ!?」


STBY「あの…、いやっ…」


ニノ「えっ!?それ…」


STBY「違うなぁ。間違えました。」


ニノ「そうだよねぇ。」


STBY「はい。」


ニノ「それって、だって、暇だったら来てるみたいな…事になって来るもんねぇ。」


STBY「いやぁ~全然…、違います、違います。……どうです?あの…、面白かったですよね」


ニノ「プッ!(笑)」


STBY「(笑)」


ニノ「他にやる事があったら…」


STBY「いやぁ、まぁ…。」


ニノ「行かないけど、何にも別に…、」


STBY「いやぁ。」


ニノ「特にやる事ないから現場にも行こうかなぁみたいな。」


STBY「そんなぁ事はないですよ。」


ニノ「って事は、やっぱ、現場行くのは仕事だと。」


STBY「仕事です。ど、どっちかって言うと、そっちの方が仕事です。」


ニノ「なるほど。」


STBY「はい。」


ニノ「じゃっ、来ない時は何やってるんですか?」


STBY「まあ…遊んでるか…(笑)遊んではいないですけどね?大した事はしてません。」


ニノ「えへっ(笑)」


STBY「(笑)」


ニノ「なんで大した事しないで、現場に来られるの、そしたらおかしいでしょう?」


STBY「ねぇ~。」


ニノ「まあ、まあ、まあ…」


STBY「コント面白かったっすよぉ~。」


ニノ「時間掛かりましたからねぇ~、あれもあれで。」


STBY「ねぇ~。凄いですよね。」


ニノ「うーん。」


STBY「30分?ぐらい…でしたっけ?あれ、あのコント。みんなで。セリフ。こう練習したりとか。」


ニノ「そうだねぇ。」


STBY「ねぇ~。」


ニノ「まあ、準備もあるから、正味なんか、10分…、15分ぐらい。」


STBY「あっ、そう、そう、そうですよ。」


ニノ「だけどねっ?」


STBY「はい。」


ニノ「やりましたねぇ。色々やってるよ、最近、なんか、しやがれ、ホンッ…トに。大変ですよね。ああいうのもね?」


STBY「大変ですけど、面白いです、見てる方は。」


ニノ「ホントですか?」


STBY「ホンット面白い。」


ニノ「よかった。」




『hey和』 /ゆず




どうか穏便に





ニノ「なんか…」


STBY「はい。なんか…」


ニノ「ふざけてた、んすね?」


STBY「いやっ、真剣ですよぉ。」


ニノ「じゃっ、今度やる時録るんで。」


STBY「はい。」


ニノ「色々考えといてもらって。」


STBY「わかりました。」


ニノ「はい。ペンネーム『STBYを見てみたい』さん。」


STBY「おっ。」


ニノ「多いぃですね、最近、ホンッ…トに。」


STBY「多いですねぇ~。」


ニノ「から、えー、来ましたけども。」



「私は、毎日1時間半身浴をするので、お風呂に1時間半使います。家族の中で一番最後に入るつもりなのですが、ある日、早く起きなくてはいけない為、先に入りました。ついいつも通り、1時間半入ってたら、お父さんと妹は、こたつで寝てしまい、お母さんもお風呂諦めて寝てしまったんです。ホントに自分勝手に、みんなのお風呂を使ってゴメンなさい。」




ニノ「ちっ、こぉ~いう~の、あるんだろうなぁ~!」


STBY「う~ん。1時間半!?」


ニノ「でも、そういうの大変ですよね。」


STBY「ねぇ。」


ニノ「いやっ、俺、もう1人じゃないですか?どう考えても。」


STBY「はい。」


ニノ「だからぁ。そんな事…気にしないで入る訳じゃないすか?」


STBY「はい。」


ニノ「つっても、まあ、10分、15分しか入らないですけど、俺は。…そぉ~いうのって大変だよね!」


STBY「大変ですよ。」


ニノ「女子は。」


STBY「女子はね。」


ニノ「半身浴なんて、流行ってしまった日には。1番最後に入んなきゃいけないしぃ。そうじゃない時は、こうなるし。」


STBY「う~ん。ねぇ。色々考えながら…ねぇ、入らなきゃいけないって事ですね。」


ニノ「実家だとね。」


STBY「はい。」


ニノ「STBYどれぐらい入るんですか?お風呂。」


STBY「僕早いですよね、僕も、10分ぐらいです。」


ニノ「それお風呂入ってるんすか?」


STBY「はい。冬はね。冬は入りますけど、あっ、あっ、夏も入りますけどぉ(笑)冬…、(笑)冬はぁ~、お湯を溜めてぇ。」


ニノ「うん。」


STBY「ですね。夏はシャワーが多いっすけどね。」


ニノ「あ、そうなんだ。」


STBY「あんまねぇ~、でも、長く浸かってらんないタイプなんですよ、僕は。」


ニノ「わかる。なんか、浸かってる間に何したらいいかが、全くわかんないんだよね。」





※そっちか~。みぃ。は、あっついお湯が大好きで、すっごい熱くしちゃうので、5分とかしか入ってられないんで(のぼせちゃうから)そっちかと思いました。
でも、夏場は半身浴したりしますけど。そういう時は、防水の携帯持っていた時は携帯でTV見たりとかしてたし、ちょっと前はDSとか持ち込んでました。あとはお友達から、転勤した時に半身浴グッズに枕だとか、本立てとか色々頂いたので、本を読んだりもするんだけど、みぃ。は視力が超悪いので、コンタクトはずすと本なんかその本立てに置いてたら読めないので…。ホントはニノちゃんのインタビューとか読めたらいいんだけど、お風呂に持って行くと本はヨレヨレになっちゃうでしょ?そんなことはできませんので…。
でも、TVにしろゲームにしろ本にしろ、きりのいいところでやめられるまで湯船につかってないといけないから、結局はのぼせちゃうので(笑)今は、なんにもせず、さっと入ってさっと出ます。それでも1時間はかかるけど…。






STBY「そうです。そうです。」


ニノ「なんか、本読みゃぁ~いいじゃんとか言われんだけど、潤くんに。」


STBY「いやぁ~…、無理ですね。」


ニノ「そう。どうやって読んだらいいかが全くわかんないんだよね。風呂場で本って。どうやって読めばいいんだろ。あれ?」


STBY「ねぇ。なんか、そういう専用のあれがあるんですかね?器具?なんだろ?」


ニノ「でも、あったとしてもぉ、なんか…」


STBY「はぁ…い。で、あれば、早く上がって本を読む。」


ニノ「そういう事なんですよ。」


STBY「って、なっちゃいますね。」


ニノ「そう。浸かってる間って、意外に、なんか…だっ、あんまあそこで、なんかやるの好きじゃないんだよ、そもそも俺たちはね。多分。きっと。」


STBY「そうそう。多分そうです。」


ニノ「うーん。」

| | トラックバック (0)

わたくしごと。2011/1/30

 
みぃ。の、嵐ゴト以外の、純粋な純粋な宝物のひとつ。
 
 
 
この靴、約20万です
 
 
 
孫子の代まで受け継ぎたい一品です。
 
 
 
一目惚れして、でも、「靴に20万…」って思いながらもどうしてもどうしても諦められなくて清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入してから3〜4年…
 
大切すぎて、ずっとしまっていたのですが、初めて今日、おろしました
 
 
何故ならば今日は、親友の結婚式。
 
 
 
嵐に興味は0どころか多分マイナスなのにいつもランチの時間にみぃ。の話をニコニコ聞いてくれたTちゃん。3月初旬に退職しちゃうなんて…
 
幸せになってほしいけど、淋しいな〜と思ってしまいます、ついつい…
 
 
 
みぃ。は黄色い髪飾りに、緑のドレス
 
 
…またもにのあい色
 
 
たまたまです、たまたま。
 
でもなんかそれだけで楽しい気分になれちゃう訳です。
 
 
本日東京恐ろしく寒くて死ぬかと思いましたが、結婚式、良かったです。
ホントにホントに淋しいけれどお幸せに
 
 
ボチボチ記事更新していきます

| | トラックバック (0)

ニノちゃん、髪を切る。の巻


皆さん、ひじょーにご無沙汰してます…。


まあ、とりあえず謝罪します。


ホントにここずーっと、ブログの更新が全然出来ていなくて、なんだかずーっとホントに忙しくて、寝坊するってことが1年に1回あるかないかの、寝起きがめちゃくちゃいいみぃ。が、昨日も今日も寝坊して朝ごはん抜きで出社という始末。
あーもう、疲れてるんだなあって自分に凹むみぃ。が居ます…。
(挙句昨日のひみつの嵐ちゃんの録画ができていないという大失態…あ、こちらは相方ちゃんにダビングを頼めたのですが、みぃ。としたことが何をやらかしているんだろうっとほんとに凹む…)

恐らく、今月を乗り越えれば、来月からはまた、普通に戻れるはずなので雑誌ゴトやTVゴトの記事もボチボチUPしていきたいと思います。
ホント、ごめんなさい…

が、しかし。

これだけは言っておこう。



…………髪、切りましたね。


短くしたいって本人が言っていたので、みぃ。としてはBelieveのPV位短くなるかなーってものすっごくものすっごく楽しみにしていたので、(長いのも好き、ゆるくパーマかけるのも好き、でも短いのも好き。まあ、なんでもいい、全部好きってことか、結局。でも、もさもさと七三的なのはやめて欲しい。)はそれに比べたら全然長かったんですけど、横とか後がちょっとすっきりして、また、若返ってしまいましたね。体格もほそくてちっちゃい(おなかはぽんぽこぷよ腹ですが。)ので、お隣の松ケンの方が年上に見えますね、ホントに。いや、ジャニーズの他グループさんの、20歳~25歳位の人々と並んでもニノちゃんの方が若く見えてしまうかもしれないな、コレ。

でも、かっ…かわいい…。


ホントに可愛い…。 ( * Д )


もうこれどうしよーかなー…………





嗚呼、早く生二宮さんに逢いたい…。(みんな、一緒だよねっ)



| | トラックバック (0)

お誕生日おめでとう、翔ちゃん







birthdayHAPPY BIRTHDAY SHO SAKURAIbirthday 





翔ちゃん、お誕生日おめでとう。


…っていうか。


今日、番協申し込んでたんだけどな。
お祝いしてあげたかったのに、はずれましたよ。ええ。


ま、でもワタクシニノ担なので、そこは、当然翔ちゃん担の皆さんが一人でも多く参加できているといいなーってところで、あきらめましょう。うん。
(でもさー…んじゃなんでGANTZも外れるかなー…もう最近全然ニノに逢えてない…ってこの記事で愚痴るのはやめましょう。)




櫻井 翔の魅力を一言で表すのは、これまた結構難しく。



嵐を好きになるうーんとうーんと前の話。


みぃ。にとって翔ちゃんは「胡散臭い(嘘くさい)人」でした(笑)。


家柄もよく、頭も良く、欠点はないんかい!みたいな。


でも嵐を好きになってから、印象はどんどん変化して行き…。




もっと、そつなくなんでもこなす人だと思っていたのに。


意外と…意外と…。(;´▽`A``




まず、こればっかりは仕方のないことだけど、高所恐怖症っていうのもね、なんか翔ちゃんのイメージっぽくないし、カッコいいのにイマイチきちんときまらないことがあったり。

バカにしている訳ではないけれど、でもなんだか色んな所でネタにされたり、笑われてしまうT・A・B・O・Oだったり。

VSで見せてくれるミラクルプレイだったり。

バラエティー番組で見せてくれるショートコントだったり。

トークの部分では、ニノとはまた違った部分での頭の回転の速さを見せて、軽快でコミカルな櫻井語録を惜しげもなく披露してくれたり。

そうかと思うと、誰かがいじられていると若干心配そうな笑顔で見つめてくれたり。

それでもやっぱり司会力というのはダントツで一番だったり。

なのに何年キャスターやってもやっぱり噛んじゃって櫻井ママにご指摘メールを貰ったり。(何なら紅白の噛みっぷりも追加しましょう)

そんなこといいつつも翔ちゃんのラップ詞に感動させられたり。

振りの覚えが悪く相葉ちゃんとよく補習組になってるらしいけど、腰の動きは秀逸だったり。

でもでもやっぱり、生理的にどうしても翔ちゃんの腋毛だけは受け入れられなかったり(笑)


なんでこの人、こんなにいじりたくなるんだろうかっていうくらい、可愛くて仕方のない人。



翔ちゃん担の方の目に見えている翔ちゃんと、他担のみぃ。に見えている翔ちゃんって絶対違うんですよ。そりゃそうです。
だから、担当さんが見ててカッコいいなって思うところがみぃ。にはカッコよく見えなかったり、むしろ、みぃ。は翔ちゃんにカッコよさをそんなに感じなくていいんだろうなって思います。みぃ。にとってカッコよく見えるのはニノちゃんだけなので、そりゃ仕方ないことなんです。
翔ちゃんのことを一番カッコいいって(色んな意味で)思っていたら、ここのブログは『赤いろの王子さま』だったはずなので。

だから、担当さんには怒られちゃいそうですが、やっぱりみぃ。は、他の誰よりも、翔ちゃんにはずっと、どこかちょっぴり残念であって欲しいと思っています。
色んなことをそつなく、スマートに、こなしまくる翔ちゃんよりも、つっこみどころある翔ちゃんが好き…9割完璧なのに、残り1割が、ちょっとではなく、物凄く残念だったりする翔ちゃんが、みぃ。はホントに大好きです。

これからも、嵐のお母さん的存在としてわちゃわちゃの輪の真ん中にいつもいて欲しい人です。
嵐のわちゃわちゃって絶対、翔ちゃんを中心にしてるとみぃ。は思うんですね。

絶対的な存在感、嵐のみんなの精神的支柱であるけれど、決して輪の中心にいて自ら動くという訳ではない口数の少ないお父さんである大ちゃんと、世話好きでみんなのことを見守っていて、いつも中心にいるお母さんの翔ちゃん。年上のこの2人のこのバランスのおかげで風っ子たちはああも自由に、動けるんです。



だから翔ちゃん。

これからも、カッコよくって、でもどこか残念でいてください。


時には風っ子に巻き込まれて大事故を起こしてもいいんです。
むしろたまに起きる大事故に喜びを隠せない、みぃ。みたいな嵐ファンは絶対いるはずなので。


翔ちゃん翔ちゃん、お誕生日おめでとう。

翔ちゃんにとって、今日からの1年も、幸多き1年となりますように。

| | トラックバック (0)

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/23 ④

「新しいDSのCM見ました。二宮くんは、DS買う予定ありますか?それとも既に買いましたか?教えて下さい。」




※3DSって発売まだだったよね?そして、勿論ニノちゃんは頂けるはず。
いーなぁあああ。
車とかのCMやると車もらえるって昔聞いたことあるけど、グループでやっても1台って聞いたんですよね。でもDSくらいは多分1人ずつにくれると思う…だって任天堂、絶対、嵐さんがCMやってから売上伸びてるもん。




ニノ「凄いんだよっ、3DSって。」


STBY「あれって…、どんな…、凄いんですか?裸眼で、3DS?」


ニノ「うん。」


STBY「ですよね。」


ニノ「裸眼で3DSって言うか、裸眼で3Dになる。」


STBY「3Dになる。あっ、3Dって事ですね。」


ニノ「はい。」


STBY「凄いっすか?」


ニノ「いやっ、凄いですよ。単純に。なんか、2Dにもなるんですよ。」


STBY「あっ、自分で設定できるんですか?」


ニノ「うん。」


STBY「へぇ~…!」


ニノ「それが凄いんすよ。」


STBY「あっ、それ凄いですね。」


ニノ「うん。」


STBY「じゃっ、違いがわかるって事ですよね?」


ニノ「そうそうそう。違い分かるし、なんか、その3D、…なんかね、こう……まぁ、なんかカフって言ってもわかんないけど。そういう…のがあって。それ、その…スイッチみたいのを、上に上げると3Dになって、下に下げると2Dになるんすよね。」


STBY「はい。」


ニノ「だって、3Dの映画って。」


STBY「はい。」


ニノ「やっぱり、ずっとメガネ掛けてなきゃ…」


STBY「そうです。そうです。ええ。」


ニノ「いけなかったり、言うたら、ずーっと3D…だったりする訳じゃない?」


STBY「はい。」


ニノ「でも、そうじゃないの。」


STBY「ですよね。メガネも必要ない。」


ニノ「そう。」


STBY「ボタン1つで…」


ニノ「だっ、あれが、なんか、凄いなと思っちゃって。」


STBY「凄いっすねぇ~。」


ニノ「うーん。でもなんか出て来るって言うよりかは、凄い奥行きが出る感じなんすけどね。」


STBY「へぇ~!」


ニノ「だから。俺が見たのはマリオカート、とかだったんですけど、」


STBY「はい。」


ニノ「でも、なんか…、物凄い奥行きが出る感じっつぅ~のは…」


STBY「はい。」


ニノ「あったな。」


STBY「へぇ~。」


ニノ「ついに、マリオも3Dの時代ですよ。」


STBY「凄いですね。」


ニノ「凄いよねっ。」


STBY「ホント凄い。」


ニノ「マジで。」


STBY「ねぇ。」


ニノ「うーん。あれは凄いなって思ったよ。」




「先日、大野くんのラジオで、大野くんは、ソファーで寝ていて、布団では寝ないと言ってました。風邪引かないか心配です。二宮くんとSTBYさんは、布団で寝ていますか?」


STBY「(笑)布団で寝ない?ソファーで寝てる。まあ~疲れきって、ソファーで…、ボーッとしてる内に、寝てしまうって事ですかね?」


ニノ「大野さん?」


STBY「はい。」


ニノ「大野さん、そもそも。ソファーがベッドなんじゃないの?これって。」


STBY「あっ、ソファーベッドって事ですか?」


ニノ「うん。」


STBY「っていう事ですかね?」


ニノ「って、いうか、ベッドに座ってんじゃない? 単純に。」


STBY「(笑)成程。」


ニノ「物の捉えようですよ。」


STBY「あぁ~成程ね。」


ニノ「うん。だって。ソファーで寝ていてって、そこで毎日寝てるとしたら、それはもうベッドですよ。」


STBY「そうですね。」


ニノ「うん。」


STBY「そうですそうです。確かにそうです。」


ニノ「ねっ?だって。ちゃんと、掛けふとんとかは、んふっ(笑)そこに…、存在しちゃってる訳でしょっ?これ、だって?」


STBY「って言う事ですよね。」


ニノ「わざわざ、ベッド、もしくは布団から、掛け布団を持って来て、わざわざソファーで寝てるっていう訳ではなく。……STBYはベッドですよね?」


STBY「ベッドです。なんでわかるんですか?」


ニノ「ん?」 ←もうこの言い方が、妄想したくなるくらい好き。「ねぇ和くん?」「ん?」みたいな!みたいな!みたいなーっ!!!(最近ブログ書いてなかったので変態度がむしろUPしているな、こりゃ…)


STBY「なんでわかるんすか?」


ニノ「なんか…、多分そうだろうなって。」


STBY「あぁ。」


ニノ「なんか、変なとこにこだわりあるじゃないですか?」


STBY「えへぇっ?(笑)変なとこにこだわりありますぅ?」


ニノ「STBYって。」


STBY「あっ、ホントですか?」


ニノ「うん。なんか、ネルシャツしか着ないみたいな。」


STBY「(笑)こだわりではないですけどね。」


ニノ「あっ、そっ、こだわりじゃないっすか?」


STBY「こだわりではないです。」


ニノ「もお~、ずーっとネルシャツ着てるけど。」


STBY「ただ好きだ…、好きだって言う…」


ニノ「あっ、好きだって言う…」


STBY「はい。まっ好きだと言うか、選ぶのが下手なんすよね。何を着ていいかわかんないです、自分で。」


ニノ「あっ!ごめんなさいっ!今、ソファーで寝てるって言う…」


STBY「あっ、ソファーで寝てる…」


ニノ「はい。」


STBY「その話ですね。ええ。」


ニノ「STBYって何やって…、何でベッドなんすか?」


STBY「まあベッド、楽じゃないですか。」


ニノ「楽?楽?あっ、楽?」


STBY「はい。えっ!?布団ですか?」


ニノ「僕ですか?」


STBY「はい。」


ニノ「いやいや、ベッドです。」


STBY「ベッドですよね?」
 

ニノ「はい。」


STBY「なんとなくぅ、ベッドだと、寝るぞっていう感じになりません?」


ニノ「感じがするんだ。」


STBY「しませんかね?」


ニノ「なんか、俺、ずーっとベッドだったから……そういう事でいうと。」


STBY「はい。」


ニノ「なんかだから、布団…って…、だっ、そうだよね、布団って言う文化が、あんま、な…、ないかもしんないよね。」


STBY「う~ん、布団ねぇ~。畳まなきゃいけないですもんね。」


ニノ「まぁ、そうですね。」


STBY「うん。」


ニノ「だっ、修学旅行とか、そういう、林間学校とかで。初めて、寝る人とかも居るかもしれないね。」


STBY「あぁ~そうそう。そうかもしれないですね。」



※最近の子どもは和式トイレの使い方を知らないってニュースでやってたけど…
確かに布団で寝る文化もどんどんなくなっていってるかもしれないですね~まぁ、自分もベッドですけども。




ニノ「変わって来たなぁ~、そうなんだよねっ。」




Monster





~ペンネーム大賞、お便りの宛先などと、新コーナーを実験的にメール募集しますとの告知。ちなみに、あの時に戻りたいというエピソードを募集するコーナーと、「ごめんなさい」と言って欲しいエピソードを、募集するコーナーになりました~

ニノ「ベイストーム、そろそろお別れの時間なのですが。」


STBY「はい。」


ニノ「なんか…。STBYから一言頂いて。」


STBY「一言。」


ニノ「ありがとぉ~ございます。っという事で、お相手は嵐の二宮和也でしたぁ。また来週!」




※今回ちょっと雑音が多くて所々正確じゃないかもしれません(ごめんなさい)。
恐らく、この回が新年初録音だったのかなーって思いますけども、今年に入ってからのON AIR分、全部ニノちゃんがとっても元気で、凄く幸せです。うふ。

| | トラックバック (0)

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/23 ③

ニノ「ペンネーム『私の笑いのツボはST』…出た!」


STBY「あっ!ありがとぉ~ざいます。」


ニノ「『私の笑いのツボはSTBY』さんから頂きましたよ。」


STBY「はい。」



キーワードは「赤ちゃん」



「私は去年、11月に、産みたい…(ニノ「ん?」産まれたいトコがあります。(ニノ「と。」私は…私には去年の11月に…、産まれたいトコがあります。(ニノ 「ん?あっ!『産まれた従兄弟』か!ごめんなさい。」11月に、産まれた従兄弟が居ます。(ニノ 「と。従兄弟が産まれたの?あぁ~そうか、そりゃそうだよね。」お正月に初めて会ったのですが、そこで初めて赤ちゃんのおむつを換えたり、ミルクを飲ませたりしました。赤ちゃんってホントに可愛いなと思いました。ニノや、STBYは、赤ちゃん好きですか?この体験で、早く子供が欲しいなと思っちゃいました。」




STBY「…う~ん。いやっ、そりゃ、子供は…、ね、可愛いじゃないですか。」


ニノ「うん。」


STBY「ねっ。嫌いな人は、多分いないと思いますよ?」




※そんなことはないです…20代前半の頃、みぃ。、赤ちゃんってとっても苦手でした。
赤ちゃんだけじゃなく子ども全般(笑)っていうか多分、電車とかで非常識な親と子供いっぱい見ちゃったからこう…ね。なんか拒絶反応でしょうか。

友達も子ども嫌いっていうか苦手な人多くて威嚇して歩いている子もいました(笑)その子も、みぃ。も、今は大好きですよ。みぃ。の場合は、ちょっと大きな病気をしてから、考え方が変わったんだけど…人って変わるもんだなあ。

何しろ二宮さんとの間に双子が産まれる予定なんで(今年の初夢より。)。





ニノ「まぁ特に、親戚であったりね、血縁関係であれば好きでしょうけど。」


STBY「ねっ。」


ニノ「赤ちゃん好きですか?」


STBY「まっ、好きと言うか、好きですね。好きと言うか…まあ可愛いっすよね。」


ニノ「まっ、だからぁ、何がもん…、何が問題って訳じゃないんだけどぉ、やっぱいちんち(1日)じゃない?」


STBY「はい。」


ニノ「知り合いの、赤ちゃんと一緒に居るのって。」


STBY「あぁあぁ~…。」


ニノ「だから、可愛いってのもあるんでしょうねっ。」


STBY「(笑)まあ~、毎日居ると…、育てるのが大変…。」


ニノ「毎日いると大変だって!」


STBY「いやぁ~大変ですよ。」


ニノ「ぜったい。…だって……少なくとも20年間ぐらいは、一緒に居なきゃいけないんですよ。うわぁ。」


STBY「そうですね。はい。」


ニノ「……大変だよね。」


STBY「面倒見なきゃいけないですから。」


ニノ「だっ、そこで、やっぱ、お母さんの有難味とかが、わかったりとかもする瞬間とか、あるんですよね。お父さんの有難味とかがわかる瞬間とか。」


STBY「はい。」


ニノ「いやぁ~…、大変だと思うなぁ~。」


STBY「ねぇ。」


ニノ「ねぇ。そりゃ出来たら出来たで、育てなきゃいけないけどさぁ。まあ~、そういう事を…、こんな事を言ってる、モチベーションだったら、まあっ!だっ、ホンットに大変なんだろうなって思いますよね。」


STBY「大変ですよ。」

※うん、ニノちゃん。大丈夫、みぃ。の初夢では、ニノちゃんは立派にお父さんしてました(爆笑)しかも双子だから一気に2人の子の父親ですよ。

いやー、あの、あの、可愛らしいおててで、ぎこちなく、でもしっかりと娘をだっこするニノちゃんのお姿は、夢の中とはいえ相当可愛らしく、目が覚めて反芻してみて、なお、「ぎゃーっ!!」って感じでした。ちなみに、娘は多少夜泣きするけど息子は全然泣かず、くりくりのまんまるおめめでいつもじーっと和パパを見つめていて、和パパもそれをじーっと見つめているという…

はい、みなさん、想像&妄想してみてください。


………ええ、もう、


ジーザスっ!!
 (  Д*)

って感じでした。

ああ、ホント我ながらいい初夢見たな。

そういえば、夢の中で左手に娘、右手に息子を持っている時に「ニノ、コーヒー」って翔ちゃんがコーヒー買ってきてくれたんだけど、ニノちゃんは手が2本しかないので(いや、普通みんなそうなんだけど)すっごく困った顔してて、でもアイスじゃないからストローで飲むわけにもいかないし、ホットを他人に飲ませてもらうって相当チャレンジャーじゃないですか。で、そのニノの困った顔を見て翔ちゃんも凄い困った顔をしていたのをニノ母とみぃ。母とみぃ。はちょっとはなれたところからニヤニヤして見つめていました。あのあとどうなったんだろう…(笑)でもね、ここね、空港のロビーな訳ですよ。椅子に座ってさ、椅子に子供を置く、とかしないんですよ、このオトコ(笑)みぃ。が、「トイレ行くから和也も抱っこしてて」って息子を渡したらちゃんと言いつけどおりみぃ。が戻るまで抱っこしてるんですよ。なんっていい男なんだ!!!

くぅ~っ!!!

やっぱりニノと結婚したい…。

いやあくまでもみぃ。の夢の中の妄想のニノちゃんなんだけどさ(笑)
にしてもホントいい旦那さんだったなあ。


『NAMI no YUKUSAKI』 THE RICECOOKERS


裏嵐




「先日、GANTZの星人式がありましたが、二宮さんは、その日が新年初仕事だったそうですね。10日ぐらい休みがありましたが、何をして過ごしてましたか?ちなみに、今年もお年玉貰っちゃいましたか?」




ニノ「今年何やってたかなぁ?」


STBY「今年?」


ニノ「お正月ね。」


STBY「お正月ね。」


ニノ「家の掃除したりぃ~。」


STBY「あっ、家の掃除したんすね?」


ニノ「した。」 ←なんか口とんがってそうな言い方でした。どした?(笑)


STBY「ほお~…。珍しいじゃないすか。」


ニノ「まっ、正月…だからね。だっ、正月から、次いつやるのか?ってのが、多分、最大に…、重要な事なんだと思うけどぉ~。でもぉ!お正月、掃除して。」

※普通は年末に大掃除して綺麗さっぱりで新年を迎えるんでしょうけど、年末の嵐さんはめちゃくちゃ忙しかったのでゆっくりお掃除するのはそりゃ年明けですよね。…ってことは旅行に行ってしまった翔ちゃんはどうなる?翔ちゃんのお部屋は…(松潤はなんとなく普段から綺麗にしていそうな…)



STBY「ゲームしてぇ。」


ニノ「テレビみてぇ。」


STBY「はい。」


ニノ「だから、年末年始…、年始…、ん?年末のテレビとかも、全く見てなかったですね。
だからずーっと家に…居て。何するでもなくぅ。なんか、ボーっとしてましたけどね。ね、まっ、なんか、そういう時期って…、」



STBY「まあ~、必要ですよ。そういうのも。」


ニノ「必要かもしんないし、なんか、そういう時しかできない事かもしれないしね。」


STBY「そうです。そうです。


ニノ「意外とね?」

| | トラックバック (1)

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/23 ②

ニノ「なんかでも、勝っちゃう方って、基本的には、まっ、子供に関して言うと、…なんか…、お父さん…、も、年取ったんだなぁ~って思うけど、こういう逆の考えもあったんすね。」


STBY「う~ん。」


ニノ「でも、ホントに、なんか、こうやって一緒に、ずーっと居る訳じゃないすか?もう何…、何回っすか?」


STBY「はい?あっ、ラジオですか?」


ニノ「429回居るけど…」


STBY「ええ。」


ニノ「の、内の、3分の…、少なくとも3分の1は出てる訳じゃないすか?」


STBY「はい。」


ニノ「あんま、なんか…、なんすね?」


STBY「(笑)なんか。成長が、(笑)成長が、感じられないって事ですね?」


ニノ「あ、う、う、う、うん、ま、あ…」


STBY「まあ~、そう~、ですね。」


ニノ「ざっくり…」


STBY「ざっくり言うと。」


ニノ「ざっくり言うと。他のラジオとかも出てんすか?」


STBY「いやいや。」


ニノ「他の人のラジオ?」


STBY「出てないです。」

ニノ「あっ、そうなの?」


STBY「はい。出てないです。こちらだけですね。まっ、たまに、ちょこっと。」


ニノ「あっ、出てるじゃない?」


STBY「まっ、1回、1回とか。」


ニノ「へぇ~。」


STBY「はい。」


ニノ「それは、じゃっ、普通の人んとこのラジオって何やってんの?あなた?」


STBY「いやっ、なんか、もう~、ちょこっ…」 ←振っておいて無視して次のメールへ。




キーワードは『大福』



「正月の、嵐にしやがれスペシャルの、所ジョージさんの時に、大福を焼いて食べていましたよね?家でやってみようと思って、大福を買って、トースターで焼いたら、お餅のように、ネトネトになってしまいました。多分、買ったその日に焼いてしまったからだと思います。それは、それでおいしかったんですが、これからやってみようと思ってる人が居たら、買っても次の日まで待って下さいね。」

※なんて優しいお便りなんでしょう…ほっこり。






STBY「ほお~。」


ニノ「ありましたね。正月から。元旦ですか?1月のぉ…、1日。」


STBY「1日。」


ニノ「から…やってましたね、嵐の皆さん、頑張って。」



※いや、収録だよね?(笑)
君たち、今年は結構ガッツリお正月休みだったんでは…?

STBY「やってましたねぇ~。」


ニノ「単純に考えると、お正月って、凄くいっぱいやってるよね?テレビ。」


STBY「テレビは、もお~てんこ盛りですよ。」


ニノ「いろんなのやってましたよね?」


STBY「もお~、いろんなのやってますからね。お笑いから、何から何まで。」


ニノ「…お笑いから何から何までって言うのは、お笑いと?」


STBY「お笑いと…」


ニノ「はい。」


STBY「(笑)そこ、ツッコミますか?(笑)」


ニノ「いやっ、何から何までって、何?」


STBY「いや、その、なんか…、(笑)見ましたぁ?いっぱい、テレビ?お正月…、お正月、ど、どうでした?」


ニノ「お正月?」


STBY「はい。ゆっくり出来ました?」


ニノ「出来た。出来た。何やってたかなぁ~?でも、ずっと家に居ましたよ。」


STBY「ほぉ~…、ゆっくりと。」
 

ニノ「うん。もっ、ゆっくり過ぎるほど、ゆっくり、してましたねぇ~。」


STBY「うん。」


ニノ「ほらっ、俺、どこも行かないじゃん。」


STBY「そうですね。」


ニノ「なんか、みんな、海外行ってんだろうなって思ったら、相葉さんドラマやってたり…」


STBY「はい。」


ニノ「ねぇ。」


STBY「そうですね。」


ニノ「リーダー、映画やってたりで。」


STBY「はい。」


ニノ「なんか。翔ちゃんと潤くんだけだったのかなぁ?海外行ったの。」





※翔ちゃんといえば…オトノハ読んでホント、泣けたんですよねえ。ご両親と一体どこに行ったのか、どんな感じだったのかも是非教えてほしいなあ。衣装の殆どに袖がないことに今頃気付いたのかとか、そういうオトノハもいいんだけどお正月休みの旅行中の翔ママ語録が気になる。




STBY「そうですね。」


ニノ「なんかね。、その、お土産もらったりとかして。」


STBY「はい。」


ニノ「なんか、まっ、通年のお正月明けもして…僕は、あの、GANTZの星人式からだったので。」


STBY「そうですよね。」


ニノ「うん。」


STBY「あの日寒かったですねぇ~。」




※ニノも寒そうだったけど、本郷くんが死にそうだったのがもう、気になって気になって…sweat02あのあと風邪ひいてないか心配です、ホント。3人とも色白さんだけど、本郷くん、『顔面蒼白』って感じの色になってたもん…



ニノ「あっ、居た?」


STBY「はい、居ました。(笑)」


ニノ「あっ、居たっけ?」


STBY「ああ、まあ~、居ましたね。」


ニノ「あっそぉ!」


STBY「はい。ちょっと、あの、拝見さして頂きましたけども。」


ニノ「まっ、なんか、バタバタしてましたね。」


STBY「バタバタしてましたね。」


ニノ「うん。でも…。」


STBY「そう~ですねぇ~。」


ニノ「なんか…、今、トレーラーみたいのが周ってるらしいですよ。」


STBY「ね、全国を。」
 

ニノ「うん。」


STBY「GANTZトレーラーって言うんですか?」


ニノ「うん。ねっ。あれ、なんか情報出てんのかね?今、ここら辺に、居ますよ、みたいのね。」

| | トラックバック (0)

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/23 ①


『いよいよ、GANTZ公開!』





ニノ「はい、こんばんは。そして!あけまして…、あっ。(←この『あっ』はテンション低い。)もう…明けてるんだよね?もう23日だもん。嵐のKAZUNARI NINOMIYAです。なぁ~んで『明けましておめでとうございます』なんでしょうね? 」


STBY「(笑)」


ニノ「今日のオープニングの一言は、ラジオネーム『4月から総武線仲間』さんから頂きました。ご紹介しましょう~。えーっと」




「年末に取ったアンケートを書いてある学級通信をもらいました。そこに『2011年大予想』っていう項目があり、『いよいよ、GANTZ公開』と回答してる人が居ました。私の回答ではないんですが、みんなは、私が二宮くんを大好きだっていう事を知っているので、私が書いた物だと思っているらしいです。楽しみにしてる人がたくさん居るんだなぁと思うと、自分の事じゃないのに、嬉しくなっちゃいました」





ニノ「おはよぉ~ざいます。」


STBY「おはよぉ~ざいます。」


ニノ「GANTZ見ましたぁ~?あなた。」


STBY「GANTZ見ましたよ。」


ニノ「あなた見たの?」


STBY「はい。」


ニノ「ほぉ~……。」


STBY「見ました。見ました。」


ニノ「どうでした?こういうGANTZを楽しみにしてるって言う人も居る訳ですけども。」


STBY「いやっ、もうこれはもぉ~あれですね。是非!劇場で…」


ニノ「くっ(笑)」


STBY「観た方がいいと思います、これは。」


ニノ「そう…ですね。…まあ~…その…」


STBY「迫力感が伝わりますよ。」


ニノ「まっ、1月29日…。って事は、あと、もう、ちょうど1週間近くかな?」


STBY「そうですね。」


ニノ「ですけども。」


STBY「はい。」


ニノ「まっ、劇場でしか観れないですからね、今ん所は。」


STBY「ん、そうですね。」


ニノ「んんーっ。」


STBY「そうですね。是非っ!凄い迫力ですよ。」


ニノ「まあ、そりゃそうですよねぇ~。」


STBY「はい。」


ニノ「凄いなぁ~って、僕も思いましたけども。まっ、舞台挨拶の劇場は……どこになるのかって言う事を今、やってるんですよ。」


STBY「あぁ~成程。どこになるんでしょうねぇ~?」


ニノ「どこぉ…、かねぇ?」


STBY「ねぇ~。」


ニノ「でも、結構…な、数でやるじゃない?」


STBY「はい。」


ニノ「そこに関して言うと。だから、いろいろ、どこにも、可能性がってあるっていう…」


STBY「そうですね。」


ニノ「うん。事はありますよね。あっ!楽しみにしてる人も多いんですね!その舞台挨拶の、劇場どこでやるかっていう事も。」


STBY「成程。」


ニノ「まっ、是非、それも、含めね、1月29日から、の、えー…、GANTZでございますけども、楽しみにして頂きたいな、と、いう風に思っておりますけども。」




『君とつくる未来』  ケツメイシ



シャッフルファイト・キーワード




ニノ「やぁっ。」 ←超絶低いテンション


STBY「久しぶりに出ましたね。」


ニノ「ぐふふふっ(笑)」


STBY「(笑)」


キーワードは「成長」



「最近、2歳下の弟が、キャッチボールをしに行きたいと言うので、キャッチボールをしに行ったのですが、つい1、2年前まで、キャッチボールなんてろくに出来なかった弟が、ちゃんと、私の方にボールが返って来て、遠くに投げられるようになっていました。その時、『あぁ~弟もちゃんと成長しているんだなぁ~』と思いました。嬉しいような、寂しいような、そんな気持ちになりました。同時に、お姉ちゃんだから感じられる感情かなぁとも思いました。二宮くんは、何か成長を感じた事はありますか?」





ニノ「でもぉ~、STBYの成長はちょっと…感…」


STBY「えっ!?感じますぅ?」



※なんてポジティブシンキングなの…。
今のニノちゃんの言いよどんだ感じでわかるじゃん!(笑)



ニノ「あっ!いやっ!感じられないって話を。」


STBY「あぁ、感じられないって話を。しようかなぁ~っと。」


ニノ「あっ、今、思ったんですけど。」


STBY「はい。」


ニノ「でも、なんか、自分で、成長したなぁって思うとこあるんですか?そう言うって事は。」


STBY「いやっ、いやっ、ないです、ないです。ないですよ。」


ニノ「キャッチボールとかはねっ。」


STBY「まあね。」


ニノ「単純に思っ…ちゃいますよねっ。」


STBY「まぁそうですよね。」


ニノ「だから、これが。どんどん球が速くなって来て、3、4年経つと、もう捕れなくなっちゃうんですよ。」


STBY「う~ん。」


ニノ「ボール。」


STBY「ボールがね。」


ニノ「俺もそうだったもんなぁ~。2つ下って事は、中二…、14でしょっ?6年…、う~ん、そうだよね。もう~ボール…。俺、だって、小5、6…、ん時、は、もう一緒にキャッチボールやってた…、時…もう捕れなくなっちゃったもんね。あと、だから、お父さんにぃ、かけっこで勝っちゃう時とか来るじゃないすか?」


STBY「来ますね。」


ニノ「ああいうのとかも思いますよね?」


STBY「うん。」

| | トラックバック (0)

GANTZ試写会 in アメリカ ~とぽさんバージョン~

アメリカ在住の、とぽさんからなんと、GANTZのアメリカ試写イベントのレポを頂きましたので、遠慮なく、UPさせて頂きます。

とぽさん、本当にありがとうございましたhappy02


色々と、番協レポだったり、コンレポだったり、皆さんに沢山の協力を頂いていて、本当に助かっていますし、みぃ。自身も、自分が体験できなかったことを、皆さんのレポを通して物凄く身近に感じることができていつもとっても嬉しく思っています。

本当にどうもありがとうございます。

(しかし、みぃ。のブログも随分とワールドワイドになってきたもんだ…。)




ではどーぞ。(映画の内容のネタばれは無しなのでご安心を)



ガンツ見てきました。おー、これは、絶対、パート2、見ますよみんな。終わった瞬間、観客が“NO!!!!”ここで終わらないでー!みたいになったもの。ニノちゃん半端でなくかっこいい!!

幕前の挨拶の時、アメリカ人の若い女の子のKawaii!” とかうるさくて、黙れーってかんじで、映画もトレーラー見た限りではあんまり期待してなかったのですが、結構、思ったよりよかった。吹き替えはやっぱりひどかったけど。というかニノの声は再生不可能でしょ。ニノは目で演技してるのでダメージは少なかったけど、ニノの声じゃないから見に行かないという人も多数いました。

映画の内容には絶対、触れないように(みぃさんが萌えバージョン後で書いてくれるだろーから)上映後のインタビューのかわいいカズくんをできるだけリポートします。

ニノの所は正確ですが、他はかなり、はしょりました。文字おこしってこんなにたいへんなの?もう、みぃさんの事、すごーく尊敬してしまった。

以下、I:インタビューアー、N:にの M:マツケン です。

I:写真撮らないでね。国際問題になるから。二宮さん、松山さん、こちらにどうぞ。

客席の後ろからステージにむかう二人。客席にはうちわを持っている子もいる。二人の後ろにはそれぞれに男の人の通訳がついて、耳元で日本語訳を囁やくかんじですが、あんまり通訳は優秀じゃなかった。

I:さて、日本とアメリカと同日のプレミアの感想はいかがですか?

(答えない二人に)

I:にのさん?

(客席、見ただけなのに、その笑顔で観客、きゃー)

N:いや、今、僕たちも見せてもらったんですけど、あのー、多分お気づきの方もいらっしゃると思うんですけど、卒業写真は私です。

(ここ、きっぱりとイケメて。また、きゃー。だけど、答えになってないっしょ)

M:みーつー、Me too

客席(爆笑)

I:あの写真は何歳?

N:あの頃、何歳?

M:12歳。

N:俺もたぶん、12歳だと思う。

(客席から、かわいーと言う感じのOh、、、)

N:なんか、いろいろ、あの、皆さんのリアクションも見せていただいてすごく新鮮に思えましたね。

I:松山さんはどうですか?ス-パ-ヒーローとしては。

M:あのーこっちにこらせてもらったこと、僕らにとっては光栄なんですけど、その中に皆さんとこうしてお会い出来る事も光栄です。

拍手

I:定義的には今日、ここハリウッドで上映されたということで、アカデミー賞への可能性が成立するんですが。どうですか?すぐそこにコダックシアターのレッド・カーペットがあるんですけど。

N:ノミネートされたら、すごく、ラッキーだったと思います。でも、なんか日本映画っていうものの可能性がここで見てもらった事で、このハリウッドでもっと、違う日本映画を見てもらえる可能性が広がったんじゃないのかなと思います。

I:松山さん、受賞した時のオスカースピーチはできてますか?

M:ま、今日皆さんの反応を見て、賞取れるのは間違いないなと確信しました。

あと、二宮さんがさっき言ったように日本映画の新しい形を――

以下、ラスト・サムライこととか省略

日本人としても本当に誇りに思うし、日本の映画界も元気になってくれると思います。

I:同感です。

拍手

I:ここからファンの質問です。

I:OK、最初の質問はカリフォルニアからです。

映画の中で一番好きなシーンはどこですか?

N:一番好きだったのは、、

(ここで、ちょっと半回転して考えているので、ここまでだけ通訳が言って待っている。めちゃ、可愛い)

でも、アクションはやっぱり楽しかったな。アクションシーン(通訳もそのままなので失笑)そーゆーのやってるのも楽しかったし、見たときにあー、俺、すげぇー強いんだなーって。

I:松山さんは?

この後マツケンがぐちゃぐちゃ長くまじめにいうのですが、映画の内容なので省略。

通訳が長すぎてついていけない。ちょっと、短くお願いしますとクレームをつけられる。

松っちゃんはニノみたいに通訳の人を思いやって、ちゃんと通訳できる範囲で区切ることができません。

I:次はニューヨークからの質問です。

スタントをたくさんしましたか? 一番、怖かったのはどの場面ですか?

N:どっすか? (と松本を見る)

M:スタントはほとんど使っていないですね。

怖かったシーンもいくつかあるんですけど、、、

N:寒かったよネ (畳み掛けるように松ケンのコメの方向修正?)

M:ガンツスーツもとってもかっこいいんですけど、ただ、薄いのが難点で、今頃の

日本の神戸の街はですね、とても寒くて。

N:それ、そんなかんじ。それ、アクションに関しては―むずかしーってことなかったよね。(これも、松ケン見て、おー、釘さしてる)

M:パート1はね。そっそう。(ちょっと、たじたじ、、)

N:1はね

M:パート2はアクションの種類が違うんで。ま、説明はできないんですけど。

I:トップ・シークレットだものね。

I:次の質問です。お二人が、映画のようにミッションに行ったら何点取れますか?

また、生き残れると思いますか?

N:あのぉー、僕はですね、あの、いろんな作品、日本で出させてもらっているんですけど、、、よく、死ぬんですね。だから、たぶん、その、なんだろーな。死にぐせみたいのついてるから、ちょっと生き残れない気がします。生き残れないと思います。だから最悪、まっちゃんの後ろにこー回って、

きゃーきゃー!!(松ケンの後ろに隠れるニノちゃんは客席から全然姿が見えなくなる。で、ちょっと松っちゃんの肩越しに顔を出す。めちゃくちゃ可愛くて

客席、悲鳴状態。KAWAII!!英語ですよ、これ)

こーやってるのが唯一の生き残れる方法だと思います。

M:もちろん、百点はとりたいですけど、できれば戦いたくないですよね。やっぱり、だから僕も、、(と言って、自分より大きな通訳の後ろに隠れる)

通訳が最後の所を“通訳の後ろに隠れる”と訳したので、

I:ガンツ3は通訳の後ろに隠れるやつですね。こう御期待。

I:次はフィラデルフィアから。撮影中、おもしろかったことは?

N:えーと、ま、おかしいこととか、笑えることではないんですけど、今、見ていた最後の方のシーンで、あんときに松ちゃんが誕生日を迎えて、だから、あのシーンを見て、ずっと、松ちゃんが一歳年取ってたかなーって

(ここで、通訳が訳す前に吹き出してしまう。英語にしたらニュアンスがちょっとちがってしまって、観客には受けなかった)

そんな、みんなで祝ったりして、現場はすごく楽しかったですね。

(ニノって誘導尋問うまいよね)

M:ま、その誕生日を迎えてですね、二宮さんが手作りでケーキを作ってきてくれたんですね。

(このエピソードを知らない観客から、きゃー)

N:僕、だから一番初めに、人生ではじめて作ったケーキが松ちゃんの誕生日ケーキなんです。

I:最後に僕からの質問です。なつなさんってどんな人?

背の高さとか、、

N:身長は、、(松ケン見て、) 俺と同じくらい?、同じ、同じ。

(なぜか、松ケンも2)

M:おなじ、同じ。

N:でもね、こっち側に、撮影する側にも、気を使わせないようにしてくれて、非常に関心した記憶はあります

(ニノは自分のこと、主演というより、作る側の目線になってる)

M:なつなさんは映画出演、初めてなんですね。

(ここも省略。なつなのオールヌードの話)

今の若い女性は痩せている方が多いのですが、

なつなさんはすごくバランスがとれてる

N:そりゃ、ス-ツ着てると、よくわかるよね

I:時間がきてしまいました。360の上映館の観客にサヨナラ言ってください。

N:えーと、まずは本当にネ、代表して来ていただいてそして、この全米に中継していただけることに感謝してます。あとは、ぜひ、パート2の方も、また、皆さんに見ていただきたいなっと。

(少し間があって)

やはり、その、できればね、がんばってね、(松ケンを見て)英語喋ろうね。

M:でも、やっぱり(吹き替えの)クォリティーも良くて

N:そう、吹き替えの人の声すごく似てた。

M:僕より良かった。

N:ははは。

N:だからそーゆーところもね。僕らの声を聞いてほしいと(観客、Kya-)

がんばるっ。がんばるっ。がんばってはみるけど、、

(めちゃかわいい言い方だけど、悔しかったんだと思う。自分の声じゃなくて。これ、パート
2は自分で吹き替えしたいって言ってる事でしょう?あんなに、社長命令で英語習えって言われてごねてたのに、やる気満々になちゃっって。)

(少し考えて、)

あの、がんばる。あの、けど、できなかったらごめんね。

言い方がもう、ほんとうに可愛くて、日本語通じなくても、みんな、この人の声でやってくれーみたいになってます客席は。

でも、また、そ-ゆー新たなことを考えさせられて、それは、ほおんとに感謝してます。

M:どうも、ありがとうございます。本当に光栄に思ってます。パート2、ぜひ、楽しみにしてください。

| | トラックバック (0)

ARASHI 10-11 TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~ ◆12/5 名古屋ドームレポ◆ なこさんバージョン ②


先週今週と、なんだかバタバタしておりまして、みぃ。にしては珍しく、ブログの更新が滞り気味…

折角頂いたレポもUPできていなかったのですが、長らくお待たせいたしました。なこさんのレポ②になります。

っていうかもう、ここからがメインなんですよね…皆さんホントにごめんなさい、ではどーぞ。

さらにはベイストより先に、UPしたい記事ができてしまったので、夜、家に帰ったらUpしまーす。お楽しみに。いや、これはお楽しみにしていただいていいと思います。
乞うご期待。

では名古屋コンレポです。



★オレのジュニアだよ事件

怪物君の後に、告知・宣伝。今日は珍しく、『ガツントーク』がなくて、少し残念。ここで、ちょっと面白かったのが、相葉ちゃんが『バーテンダー』の話をしてる時のこと。

「究極の一杯をあなたに」

って、結構キメキメで、言ったりしたから、

「それ、決め台詞みたいな感じですか?」

メンバーも、会場も、みんなそう思って、相葉ちゃんに期待のまなざし★


「いや、今考えました」

もう、さすが相葉ちゃん。バーテンダーの相葉ちゃんを見るたびに、このセリフを思い出しちゃって。

どうせなら、使ってよ、このセリフ(笑)案外ハマりそうなんだけど。

で、後半戦行きますか、みたいなMC終了の流れの中、

「あ、オレ、喋りたいことがあったんだけど、もう後半戦行く流れだからいいです」

会場「え~~~~~~~~!!(大ブーイング)」

ニノちゃんは「こういう時の相葉ちゃんの話はやめた方がいい」

みたいなこと言ってたんだけど、大ブーイングに負けた相葉ちゃん。

「ごめんね、オレの言い方が悪かったよね!じゃ、30秒だけ話します!」

ってことで、はじまったのが語り継がれるであろう下ネタ話(笑)

「オレ、もうメンバーとシャワー入るの止めます」

から始まったこの話。コンサート前に、ニノちゃんとシャワーに入っていた相葉ちゃん。半畳くらいの狭いシャワールーム。相葉ちゃんもニノちゃんもシャンプーしてて、

「シャワーとって」

って、頼まれた相葉ちゃん。でも、相葉ちゃんもシャンプーの泡まみれで、シャワーヘッドがよく見えず、探してる間に、ニノちゃんが相葉ちゃんのジュニアを掴んでしまったと。

「それ、オレのジュニアだよって」

って、言った瞬間、ニノお得意の「終了~!!」で、終了。もう、会場中、大爆笑。ニノちゃんは、相葉ちゃんが30秒って言った時から、この話をするんじゃないかと思ってたみたいで、上手く聞き取れなかったんだけど、言わせるんじゃなかった~、っぽいこと話してました。

「親子席の皆さんに謝れ!!」

「親子席の皆さん、会場のみなさん、そして地球上の全人類のみなさん、すみませんでした!!」

って、大げさに謝るもんだから、ニノに「ふざけてるだろ~!」ってまた叱られて。

まさかの下ネタでMCを締めることになったわけですが。このネタ、まだ続きがあります。

Dear snow

今日のニノちゃんのソロ部分、ものすご~く素敵★ソロ曲より、こっちのソロ部分の方がヤラレタ感がありました。私的に鳥肌モノ。

★あの日のメリークリスマス

出た!トナカイの帽子をかぶった相葉ちゃん!!メインステからセンターステージまでの花道を、トナカイっぽく手を前足風に動かせて走る相葉ちゃんと、その相葉ちゃんのリードを引っ張るような仕草のニノちゃん。にのあい最高~★二人ともめっちゃ可愛い❤そのままセンターステージ付近まで進むと、相葉ちゃんがトナカイを抜いで、今度はニノちゃんに「被れよ!」みたいに渡そうとして。でも、ニノちゃんが逃げまくり・・・ここでもまた追いかけっこ(笑)最終的に、諦めたにのちゃん、トナカイ被って・・・

超プリティ~~~~~!!!!!!!ナイス振り相葉ちゃん!!!!

正面スクリーンに映し出されるニノちゃん★もう、連れて帰ってもいいですか?っていうくらい可愛いくて(≧▽≦)曲の最後に、そのままゆっくり一礼して。その姿がまたちんまりしてて可愛いし。こんな姿見たら、みんなニノちゃんが好きになっちゃうよ~って思わずにいられなかったです。

★挨拶

翔ちゃんの内容、よく覚えてません。でも、いつも上手く、綺麗にまとめる翔ちゃんが、最後の最後に、

「来年も、よろしくピース!」

って、
Wピースやっちゃった時には、もう、ちょっとびっくりで。DVD見ても、大阪でも、こんな翔ちゃんの挨拶知らないよ~。やっぱり、今日はテンション高い。何かいいことがあったに違いない。って、お友達とコソコソ話してました。

大ちゃんの内容も、ざっくりしか覚えてなくて。

「笑顔が見れるのは人間だけだから、人間で良かった」

みたいな、感じだったかな。

「名古屋で始まり、名古屋で終わる、名古屋の年でしたね」

、って言って、またあのポーズ(笑)気に入ってんのかなぁ(笑)

相葉ちゃんの内容はMC懺悔(笑)

「言っちゃいけないこと言っちゃったし、後で、怒られると思いますけど」

、みたいなことを言ってた気がします。そりゃ、内容が内容だから(笑)

でも、相葉ちゃんのMCを引き継ぐのが、決まってニノちゃん。

ニノちゃんの内容は、

「言うタイミングって大事なんだなって。さっき相葉さんが言ってたことで、僕が悪いみたいになってるんで、どうしても言っときたいんですけど、先にシャワーしてたのは僕で、相葉さんが後から入ってきたんです」

相葉ちゃんが入ってきたために、仕方なくニノちゃんがしゃがんで洗うことに。



「洗ってるんだけど、上から相葉さんのシャンプーがボタボタ落ちてきて、もうダラッダラになって全然洗えないわけですよ。」

もう挨拶なこと忘れてやしませんか?二宮さん(笑)とりあえず1回流そうと、相葉ちゃんにシャワーを取ってもら

ってたんだけど、相葉ちゃんも泡だらけで見えてないもんだから、これまた探してて。で、相葉ちゃんに渡されたと

思ったのが、相葉ちゃんのジュニアだったと。相葉ちゃんのMCとつなげるとそういう流れになるのかな。

「相葉さんが、『それ、オレのじゃじゃ丸だよ、オレのじゃじゃ丸だよ(棒読み)』って、なぜか2回言ったんです。このじゃじゃ丸っていうのは、親子席を考慮して言ってるんですけど。一つ言いたかったのは、オレが先に入っていたと!!後で入ってきたのはアイツですからね。もやもやしてたので、一歩踏み出して言いました。来年は皆さんも新しい一歩を踏み出して頂ければと思います」

途中から、自分のまとめ方があまりにも強引だと思ったのか、いつもの「んふっ」って笑いを入れてました。これを生で聞けただけでも、ラッキー★それにしても、この歳で一緒にシャワー浴びるって、普通ならドン引きだけど、どうしてにのあいなら許されちゃうんだろう。むしろ、これからも入って頂きたい!!

潤君の第一声

「どんな挨拶だよ!!」

これもまた、ごもっともでございます。ここまで感動を巻き起こす挨拶は一人もしておりません。さすが潤君。ちゃんとしっかりまとめてましたが、全然覚えてません。あぁ、ごめんなさい。

★サクラ咲ケ

翔ちゃん、テンションMAX。バスタオル振りまわしてて、そのタオルをカンフーの修行のように、よけ続ける大ちゃ

ん(笑)『果てない空』から続けてこの曲に入った時、潤君だったか、翔君だったか、あれ??みたいな顔をしてた

ような。え、こういう段取りなんじゃなかったの~?でも、トリプルアンコの曲まで聞けて、幸せでした~♪

 追記 アンコールのどのタイミングか忘れちゃったんだけど、ニノちゃん、じゃじゃ丸ネタのとどめを。

「言っときますけど、先にシャワーに入ってたのは僕なんで」


さすがに、翔ちゃんに「そんなに気にしてたの?」みたいなことツッコまれてました。
この話、されたくなかったのかなぁ、なんて。

| | トラックバック (0)

嵐にしやがれ 2011/1/15 ③

・笑いながら避けて主役を翔ちゃんに譲る仕掛け人松本&隣の相葉ちゃん。



・そこに助け船が…

山コンビ愛です。もう、なんか、「エイドリアーン」って感じ(笑) ・:*:・感(*ノ∀`*)動・:*:・



・コンサートの大ちゃんのソロとは勿論全然曲調もダンスも違うんだけど、まるで、そんな感じ。もしくは劇団四季でも宝塚でも◎


・どう見ても男役が大ちゃんで女役が翔ちゃん。

…だから、似合うんだってば。なんだろうこのタイタニック的な…



・「新しいものが産まれた」と東山さんに言われ、


「我ながら超くだらねえ」


と仰る櫻井さんですが全然くだらなくないです。

大ちゃんをぽんぽんする二宮さん。

…ちょっと、ほんのちょっとだけ、哀しかったに違いない。
「俺と大宮SKやってるより楽しかったのかなあ…?」と心の日記に記されたはず。



・早押し、東山さんに勝ってガッツポーズの松潤。
その腕を力強く握り、次の瞬間には

「落ち着いて!」


と、戦いに出て行くヤクザな夫を止める妻が、懇願するかのようなスタイルの二宮さん。

でもね、答える直前もう、勝ったかのような微笑をカメラ目線でくれているんです、ニノちゃん。だって、信頼してるもん。こと、マイケルジャクソンに関しては恐らく、松潤ははずさないだろうと思ってる、ニノちゃん。



・正解してめっちゃ喜ぶ嵐さん。中でもやっぱりニノちゃんの喜びが半端なくて(笑)
最近ニノちゃん、おめめが見開くよね、良く。



・東山さんのダンスを、誰よりも、楽しそうに見ていたのは、実は、大野さん。



・東山さんのダンスがどうしても見たい曲があるので押したいという松本さん。


「OK!」


「OK、押すよー」



うん、相葉ちゃん、ダメでしょ、それじゃさっきの翔ちゃんになっちゃうよ?(笑)


「ただ、ただ、頼むから聴かせて」


「わかった、一瞬聴かすから」


なんで主導権を握っているのがここで、相葉さんなんだろうか(笑)
そして最早、全員が松潤に頼りきっているのはなんでだろうか。



・見たかった曲、早押しできて大興奮の松本さん。

ちなみに、大ちゃんも松潤にボディータッチしておりました。アー…


いい。たまらなく、いいぜ。   .+゚*。:゚+(人*´д`).+゚*。:゚+



「コレが観たかった!」


を絶叫し続ける松本さん。

ちょっと、マイクの声が割れかかってるくらい結構デカイ声です(笑)そうかぁ、そんなに観たかったのか。

だってね、あまりにも興奮しすぎて、ニノに


「落ち着いて、落ち着いて!」


って言われてるんですよ、日本のMJは。

縄跳びの時の翔ちゃんのリピートに続き、リピートの嵐。


・やっぱり少年隊って言ったらダンスだよねっ。

負けて悔しそうだけども、でもまあ、東山さんの場合は負けても華麗なダンスができるから…いいじゃん?こっちの5人組なんて、結局さ、マイケルジャクソンの曲って多分、そんなに知らないんだよね、きっと。なので怪しげな(でも最高な)ミュージカル仕立てのものしかできないんだから(笑)


・お次は嵐さんの負けで、再び山コンビが大活躍。

「ないよマジで…」な翔ちゃん。

が、しかし。

曲が流れてすぐ大ちゃんを真ん中に向かわせようとするニノ。そして

「しっとりしてるんですいませんお願いします!」


アイコンタクトをとる山コンビが(笑)

「我ながらくだらねぇ」とか言ってた割に結果構ノリノリ。



・「ありがとうございました」と言う松本アナに逆に「ありがとうございました」なペコリのニノちゃん。


・そして翔ちゃんの背中と腰の中間位にそっと手を添えてねぎらう松本さん。

オイ、アンタ、ホントに翔ちゃん好きだな(笑) (o´∪`o)



・最終問題の早押しに、「!!!」な顔をして「!!!」なポーズのニノちゃんが、


ほんとーに可愛くて、泣けてくる。しかも「!!!」ポーズのあと、「!!!」な感じで松本さんを見る…。


可愛いよぉおおお (´Д`)sweat01



・みぃ。も絶対スリラーだと思ったのに東山さんの「今のわかった?」とか「それ多分違うと思う」とか」「わかんなかった」に騙されちゃう人の良い嵐さん。
もしかしたら他の4人は、「スリラーだよね」って思ってたかもしれないけど松潤が動揺したことによって「潤君に任せてるから~」な空気が漂う嵐さん。

まあ、マイケルジャクソンに関しては、確実に松潤がダントツだもんね。



・でもでもやっぱりスリラーだったもんで、

「あってんじゃん!」

な松本さんと、わかんなかった二宮さん。大ちゃんへ

「うそ!」

と言って大ちゃんから顔を正面に戻す途中のお顔、これまたちょーちょーイケめてます。

ほんとにカッコいい… (ノω`)ダィスキダョ*:゚・☆




・東山さんって意外と………。


……………子供?



「びびったなぁ、俺達。びびった!」


と敗因を語る二宮さん。


「これってスリラーでしょ?」


って踊りを確認するニノちゃんにイントロのところを教えてくれる松本さん。もーいーじゃん、YOU達、踊っちゃいなよ!! (ゝω・)b



・イントロでリズムを妙な動きでとっているニノちゃん。


・うん、なんか、Monsterみたいになってますけど(笑)


・櫻井さんの踊りが妙にぎこちないのはなんだろう。

・ニノちゃんにとってのマイケルって結局あれなのね。


・おいしいご飯。


・我が家のお鍋と同じお鍋です…。(笑)


・今週、火曜日に開催されたニノミヤ会でも豚しゃぶを食べ、更には昨日も豚しゃぶ食べてきたみぃ。です。この回を習ってどばっといれることを学んだニノ担達。もう、どばどばっと入れました(笑)


「お米のいるヤツ Put your hands up!」


「Yeah!Yeah!Yeah!」


これ、マジで、嵐さんの中で流行っているらしいですね(笑)


ホントどんだけ可愛いんだ、この人たち。


・でもね「今ね、出すから待っててね~」

やっぱり嵐のお母さんなんだよ、この人。



「おかあさーん」



((*´∇`ノシ゚:+。サイコォォ゚。+:゚





・でも、あのお母さんが突然ラッパーになるの、おかしいなあ(笑)


「美味しい、このご飯。」

の松本さんがなんだかやっぱりほっこりなの。
最近の松本さんは空気が、雰囲気が、やーらかい。


というわけで結局1週間遅れになってしまった…

VSも嵐ちゃんも見どころ満載で、ああ、もう、なんか、レポが追いつきません。

うーむ。(笑)

| | トラックバック (0)

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/16 ④

「フリ家の番宣の生放送で、二宮くんの髪型が変わってない事にびっくりしました。いつもドラマが終わると髪型が変わっていた印象があったので、出来れば明るめの髪型が見てみたいです。でも、何か、髪型を変えられない事情があるんでしょうか。」




※「フリいえ」って読む時、ちょっと、ほんのちょっとだけなんだけど、つまるような、不思議そうな「…?」感が出てました。こういうふうに略されるの嫌がる人もいるし、あと、自分たちは違う略し方してたりすることありますもんね、しっくりこなかったのかな?って思いました。みぃ。は普通に「フリーター」と略しておりました。




ニノ「んふふふふふふ(笑)」


STBY「(笑)」


ニノ「優しい。」


STBY「ねぇ~。優しい…。」


ニノ「うん。」


STBY「面白い。」


ニノ「まっ、事情はいくらでもあるでしょうね。」


STBY「う~ん。」


ニノ「うん。」


STBY「まっ、事情ね。色々とね。」


ニノ「だあっ、例えば時間がないとか、単純に。」


STBY「そうそうそうそう。」


ニノ「お金がないとかね。」


STBY「ね。(笑)」


ニノ「んふっ(笑)そういう…事情はいくらでもあるでしょうけど。」


STBY「事情ね。」


ニノ「でも、僕は、ホントに。まっ、次。GANTZなんで。」


STBY「あぁ~…。」


ニノ「その、まあ、GANTZまで、どぉ~しよぉかなぁ~?とは思ってるんですけど。」


STBY「まっ、プロモーションとかも色々ありますしね。」


ニノ「でもね、これは、変えた方がいいんですよ。」


STBY「う~ん…。」


ニノ「ちょっとね、あの~、まっ、いやらしい話にはなって来るんですけど。」


STBY「はい。」


ニノ「変えた方はね、いいんですよ、基本的には。終わったら。」


STBY「終わったら。そのイメージは、そこで終わりと。」


ニノ「そうそうそうそう。なんでもそうだけど。だからねぇ、戦争、物の、ばん…ぐみとか、作品やった時の、宣伝が凄く難しい…、と思いますよ。その、すぐね?もう、撮って出し、とかになってくると、大変だなぁ~っと思いますね、見てていつも。」


STBY「ああぁ~。」


ニノ「なんか、宣伝してる人も、スーツ着て坊主だし、みたいな。」


STBY「(笑)」


ニノ「なんか。そうそうそう。変えた方が、まっ、ゆうたら役者感は出ますよね。」


STBY「うん。そうですね。」


ニノ「うーん。その…キャラクター感というよりかは、役者感つぅの?は出ますよね。それは、『僕がぁ、演じた作品見て下さい』(ここ、声作ってます。なんだろう、低い声なんだけどお相撲さん的なハスキーっていうか、かっこついてなかったなあ…なんかそんな喋り方でした(笑))って言う方が、まあ、なんか、役者っぽいよね。その、キャラクターの、服でぇ、宣伝とかしちゃうと、まっ、見る方はこんがらがるよね、単純に。なんか、テレビ…、例えば、なんか、怪物くん、の格好して、宣伝とか、するのも、ありだけど、そこでなんか嵐の、話とかされちゃうとぉ、なんか、もう訳わかんねぇなぁっ、みたいな風になっちゃうじゃん。まっ、それと一緒で、ああいうのは切り離した方が、ホントはね?そう、そう、なんか…、作品の、感じも、なんか、ちょっと上がるじゃん。『いやっ、あん時が…』(ここも、かっこつけて…イメージ的にはGACKTの喋りみたいな?息を吐いて喋るような?わかるかな~??) 


STBY「(笑)」


ニノ「まあ~、大変だったけどぉ~(かっこつけてます)


STBY「(笑)」


ニノ「『いいの出来たと思いますね』(かっこよく)みたいな、方が、『ぽい』じゃん、なんか。『ぽさ』、よ、全て。そうそうそうそう。そういうもんよ、うん。」




※久々に結構な短い髪も見たいなぁあああ

でも今松潤がああだからなあ。Believeの頃みたいになると若干かぶるもんね?
うーん。金髪はちょっともう年齢的にやめて頂きたいし、うーん、去年の茶髪メッシュもかわいかったけど、でもみぃ。の中ではニノちゃんは黒い髪の毛の方が好きなのよね。
ああ、ヘブンズドアの時みたいのもいいなぁあああああああああheart04
いや、まあ、なんでもいいけど。

でもやっぱり5×10のコングッズの髪型は唯一苦手なの…。





「『お願い!新コーナー』で、ニノちゃんが関西弁を使っていて、とても可愛かったです。是非このコーナーだけでも関西弁で話して下さい。」





ニノ「STBY、そういえば、関西弁、そんなに出ないんですね。」


STBY「っていうか、まあ。僕は、あの~、あれですよ。育ちは東京なんで。そんな、関西弁ってなんかこう言えるほどの…、こう~関西弁はないですね。」


ニノ「でも、『なんでやねんっ』、とか言わないの?」


STBY「言わないですね。」


ニノ「あっ、言わないの?」


STBY「言わないですよ、僕は。『なんで!?』みたいな。」


ニノ「へぇ~……。」


STBY「はい。」


ニノ「そうなんだ。」


STBY「そうです。基本、標準語ですから。標準語?まあ東京弁?って言うやつですか?」


ニノ「東京弁ってやつですか?」


STBY「はい。」


ニノ「へぇ~………。俺は、時々使いますけどね。」




※うん、知ってます(笑)っていうか、そもそもアナタこそ、関西の人ではないんですけどね。




STBY「なんでやねんって感じですか?」


ニノ「なんでやねんって感じですね。んふふふふ(笑)」


STBY「(笑)大阪…、大阪弁。関西弁。」


ニノ「うん。関西弁って言うんすか?なんか、その方が、あの、場を切りやすい時ありますよね?」


STBY「あぁ~、成程ね。」


ニノ「うん。」


STBY「はいはいはい。」


ニノ「はいっ、このくだり、ここで1回終わりって言う…の、の、一個の性のキャラクターはありますよねぇ~?そういう時はあるけど、あとは殆ど、使わないですよねぇ~。あんまりねぇ、滅多なこと…」


STBY「まぁそうですよねぇ~。」


ニノ「が、ない限り。」


STBY「まあ、相手が、ねぇ、関西弁で喋ってたら、うつるんじゃないですか?ちょっと。」


ニノ「あっ、それはうつると思いますねぇ。でもそれぐらいじゃないの?やっぱり。」


STBY「ですよねぇ。」


ニノ「うーん。なんか、東京弁って、ホントに喋るのが難しい~なって思う時、ちょっと、なんか冷たく聞こえたりするとホントに…」


STBY「そうそうそうそう。」


ニノ「なんか…、ねっ。そっけない感じとかさ。」


STBY「はい。」


ニノ「聞こえますよね。抑揚があんまないのかな?…ね?」

maboroshi



~ペンネーム大賞、お便りの宛先~



ニノ「さっ、ということで。」


STBY「はい。」


ニノ「一言頂いて終わりましょう。」


STBY「さようならぁ~。」


ニノ「っていう事で、お相手は、嵐の二宮和也でしたぁ~。また来週。」

| | トラックバック (0)

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/16 ③

裏嵐


「以前、『Mステ国民投票』で『ちょっと冷えただけで風邪を引きそうなアーティストは?』と、『すぐにバイトを辞めてしまいそうなアーティストは?』というランキングで、和くんが両方とも1位でした。バイトはわからないと思いますが、風邪は(ニノ「んふっ(笑)」ホントに引きやすいですか?」




STBY「(笑)」


ニノ「まあなっ、ホント…。」


STBY「いやっ、これはね、多分、ドラマの影響ですね。」

 
ニノ「ああ、まあまあまあ~。」


STBY「まあねっ。」


ニノ「そうですね。」


STBY「そうですね。」


ニノ「そうですよ。ドラマの影響ですよ。」


STBY「か…、風邪引きませんよね?そう言われてみれば。」


ニノ「そうですね。僕は引かないです。」



※ええええっ??
いや。ラジオでもTVでも、時々鼻ぐしゅぐしゅしてたりするけど…あれは、何だとおっしゃるのでしょうか?つい先日放送された番組でも「風邪?」って思ったんだけど…。





STBY「ですよねぇ?」


ニノ「はい。」


STBY「多分、5人の中で最もひかないんじゃないかなと思うぐらい…。」


ニノ「そうなんですよ。」


STBY「ひかないですよ。」


ニノ「僕の、健康状態っていうのが、多分、普通の人の…、すげぇ~不健康状態、の、とこに、基準があるんで。」


STBY「(笑)」


ニノ「普通の人が結構な風邪をひいてるぐらい、じゃないと。僕、ホントにみんなが思ってる、あっ風邪引いたかなって言う所まで辿りつかないです。」


STBY「そうですよね。」


ニノ「はい。」



※あ~っ!!そっちか(笑)
つまり、あの鼻水とかは…もう、風邪とかじゃなく『常』ってこと…

ええっ(笑)!?

んーでも、あるよね、風邪引いたとまではいわないけどなんかちょっと鼻ぐしゅぐしゅするなあとか、喉痛いなーとか…でも、熱もないし、「うわー風邪ひいちゃったなあ」ってとこまでいかないんだよなあ、みたいな…油断すると風邪本格的になるから早く寝よう、みたいな。
みぃ。、今年結構ずーっとそんな感じです。同じ部の人で、もう、熱出ても会社来る人とかがいて、ホントはあはあ言って仕事してる人とかがいて、近くに居るから、なんとなーく、喉痛いような…とか思うけど、その人みたいじゃないし。(あと、みぃ。は極端に喉が弱い、ので、友達と遊んだ次の日は大抵喉が痛いです(笑))


そういう状態が24時間365日ってことか???

…乾布摩擦とかしてほしいわ。

あ、あと縄跳びと腹筋…(笑)





STBY「それぐらい言ってもおかしくないぐらい、ひかないですよね。」


ニノ「そう…ですね。」


STBY「ひいてる感じがしないです。」


ニノ「ひかないですよ。風邪とか、ホントに。」


STBY「ねぇ~。」


ニノ「なんででしょうね?」


STBY「なんででしょうね?」


ニノ「だっ、多分、ホントにそうなんですよ。ふっ、普段の生活が、すげぇ~不健康だから…。」


STBY「う~ん…。」


ニノ「みんながスゲェ~風邪ひいたっつっても、おー、1回もうつった事ないんですよ。」


STBY「確かに!」


ニノ「みんなから貰った事ないんす、風邪。」


STBY「ないですね。」


ニノ「ただ、傷とか治んの、めっちゃ遅いんですよ。」


STBY「(笑)」


ニノ「昔っから。」


STBY「傷とか。」


ニノ「この間も、踊ってたらぁ…。」


STBY「はい。」


ニノ「ここ…に、傷が…、の、腕んとこに、こう~傷があったんですよ。」


STBY「あらまっ。」


ニノ「で、これ、何の傷だっけかなぁ?と思って考えてたら、リーダーが、『あれ?それ、まだあんの?』みたいな事言って来て。俺、3、4ヶ…月ぐらい前に、登ったクリフクライムで傷付いたらしいんですよ、これ。」


STBY「うん。」


ニノ「それとかも全然治んなくて。」


STBY「うんうんうん。」


ニノ「もう~、ドラマ終わっちゃったんすよ。」


STBY「(笑)」


ニノ「なんか、ドラマ…、やったか、やり始めたぐらいん時の傷なのに、全然治んないんすよねぇ…。」


STBY「そうか。」


ニノ「なんでしょうねぇ~?」


STBY「ねぇ?なんでしょうねぇ。まあまあ健康だって事ですよ。」


ニノ「そう。だから、健康って。その…、定義ってないんですよ。」


STBY「ないんですね。」


ニノ「そう。」


STBY「う~ん。人それぞれ。」


ニノ「そう、そう、人それぞれなのよ。」


STBY「う~ん。」


ニノ「でも、ホントかぁ。1…位か。」


STBY「(笑)」


ニノ「まっまっ、1位はいいことだよね。」


STBY「まっいいことです。」


ニノ「うん。」


STBY「はい。」


ニノ「ホントにそう思います。」



「元日に放送されたTOKIOと嵐のスペシャル番組の宣伝CMを撮った時のTOKIOの皆さんとのエピソードがあったら教えて下さい。」



 
STBY「はい。なんかありますか?」


ニノ「なんかあるか?」


STBY「はい、エピソード。」


ニノ「あっ、でもぉ、なんか、2人組みになるんですよ。まぁ、10人いるから。」


STBY「はいはい。」


ニノ「で、その2人組とかも、普段見た事ない2人組にしよう、って言ってて。あんな…、あんま関係性?が、ない人たちが。対になって。その、番組の宣伝をしてみよう、みたいなのがあって。で、長瀬くんと、翔くん?」


STBY「ほお~。はいはいはい。」


ニノ「えーっと、山口くんと、相葉くん?でー、太一くんと大野くん?で、俺と茂くん?」


STBY「うんうん。」


ニノ「で、松岡くんと潤くん?で、やったんですよ。」



※名前の後が語尾上げなんですよぉおお可愛い…。





STBY「どうでしたか?」


ニノ「えぇっ…?……まあ、それなりに、ぎこちないんじゃないすか。」


STBY「(笑)」


ニノ「あはははは(笑)そりゃぁそうでしょう。」


STBY「まあ~そうでしょうね。それが狙いで…」


ニノ「うーん。それが狙いでやってるはずですから。」


STBY「うん。そうですよね。」


ニノ「だからぁ、問題なのは、新鮮ですね、みたいな切り口だったらいいんですけどぉ。なん、2人の想い出ありますか?みたいな。の、聞かれちゃうと、まあ、そんなないっすよね。」


STBY「ですよねぇ。」


ニノ「う~ん。」


STBY「そりゃそうですよ。」


ニノ
「そう。だからぁ。あぁ、でも、そんなのは聞かれなかったなぁ~。」


STBY「う~ん。」


ニノ「聞かれたら、何ゆえばいいのかなぁって思ってたけど。(か、かわいい…)あんまなかった気がするな。なんか、新鮮ですねみたいな、切り口はあったけど。でも、まあ、それ以外は普通に、話…して、ましたよね、みんなとねぇ。まあ、なんか、完全に、初めて逢ったグループではないので。グループとグループが、こう…、逢うってのが。歌番組とかでも、特番とかでも逢ってるしね。」


STBY「そうです。」


ニノ「そうそう。だから、まっ、普通に楽しかったですけどね?CM撮ってる、時は。うん。一緒に、なんか、番組やるって訳じゃなかったから、それはそれで、また面白かったろうけどー、やってみたいなと思ったけど、まあでも。宣伝だけでも一緒に出来たのがね。楽しかったですけどね、あれ。」

| | トラックバック (0)

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/16 ②

「僕は、あらし…(ニノ「んふふっ(笑)」STBY「(笑)」)さんが、表紙の雑誌を買って、その年の終わりの12月にまとめて整理するのが、習慣になっています。嵐さんの載っているページを切り抜きます。その時、いつも注意しているのは、その裏のページをきちんと確認してから切り抜く事です。裏に嵐がいたら、切ってしまう事なので。そして、いつものように整理をしていると、ニノが載っていたので、いつものように切り抜いたら、なんと、翔くんが裏に載っていて、顔が半分になってしまいました。翔くん、ホントにごめんなさい。」




STBY「う~ん…。」


ニノ「難しいですよねっ!」


STBY「ねっ。まあ、そうですねぇ、難しい。」


ニノ「うーん。二宮さんが好きだったら、二宮さん…が切り抜けばいいし。翔さんが好きだったら、翔さんを切り抜けばいいけど。嵐さんが好きだったらってなると、また、それはそれで難しい。最近、雑誌に凄く出てますからねっ。」



※ニノちゃん、「二宮さんが好きだったら二宮さん『を』」ではなく『が』って言ってました。ニノちゃんを好きな人の為にニノちゃんが切り抜きしてくれるの・それって超幸せじゃん!と、単なる言い間違いなのに凄い妄想が膨らむみぃ。なのでした。ウッキャー。
メール読んでなんで笑ってたのかわからないんだけど、もしかして小学生とかの男の子なのかなあ?で、ひらがなで書いてきたとか?なんだろう?

それと、最近雑誌に凄く出てる、って、別に最近でもなくもう、ずーっとです。お金が足りません。

更には、「二宮さんが好きだったら~翔さんが好きだったら~嵐さんが好きだったら~」のくだりがなんだか猛烈に可愛くないですか???






STBY「なぁ~んかね、出てますね。」


ニノ「うん。大変ですよね。こういうのもね。」


STBY「そうですね。」


ニノ「うん。」


STBY「切り抜きが…」


ニノ「そっか、翔さんの顔が半分になってしまったんだなっ。」


STBY「(笑)」


ニノそれは、ホントに、申し訳ないって話だなっ!うーん。ペンネーム『STBYに声優やってもらいたい』あっ、この人も声がいいと思ってるのかなぁ?」




「電車の中からメールしてます。今、隣りに座ってる人をチラッと見たら胸の辺りに、XLというサイズのシールが貼ってあり、思わず2度見してしまいました。家に帰ったら気づいて欲しいです。教えてあげられなくてごめんなさい。」




STBY「成程ね。これは…、わかり、わかりますね。」


ニノ「わかる!」


STBY「はい。いやっ、そのXLっていうシールって、なかなか、あれじゃないですか。あの、…結構見落とし、がちじゃないですか。」


ニノ「どこに貼ってあるんすか?胸の辺りって。」


STBY「やっ、とにかくこういうシャツだったら、ここに貼ってあるんですよ。」


ニノ「くふふふふふっ(笑)いやいや、だから…」


STBY「えっ!?」


ニノ「この人、胸の辺りに貼ってあるっつってんのに…」


STBY「えっ?胸の辺り…」


ニノ「なんで、そんなに、ぎゃ…首の方、指したりしたんすか?」


STBY「(笑)そうですね。」


ニノ「それは、わからないと思いますよ。この人も、ぐふっ(笑)この人も、わかんないと思いますよ。」


STBY「そっか。胸の辺りねぇ~?」


ニノ「に、あるんだ。」


STBY「う~ん。見落としがちじゃないですか?まっ、よくクリーニング出して…。」


ニノ「うん。」


STBY「戻って来た時に、なんて言うんですか?クリーニングの、なんて言うんですか?」


ニノ「タグ?」


STBY「タグ?あれもね、結構、忘れて…、る、人が…」


ニノ「まあねぇ。」


STBY「ねっ。」


ニノ「多いですよね。そういうのはね。」


STBY「多いです、多いです。」


ニノ「でも◎×からなぁ~。」 ←なんか「女子がなぁ…」?って聞こえるんだけど文脈おかしいですよね…なんて言ってるのか、わかりませんでした、ごめんなさい。


STBY「いつか気付づきますよ。」


ニノ「うーん。そりゃ絶対気付くと思うよ。」


STBY「気付きます。」


ニノ「だって。他人が見て気付くとこに貼ってあんだもん。」


STBY「そうです。」


ニノ「うん。でも、自分で胸の辺りって見ないよね?」


STBY「見ないですねぇ。」


ニノ「うーん。鏡に映ったり、服脱ぐ時ぐらいしか…わかんないや…、かもね。意外とね。うーん。」




「洗濯物を畳んでる時お兄ちゃんのパンツを、ガン見してしまいました。ごめんなさい」




ニノ「どっちだと思います?お兄ちゃんの、パンツがぁ。」


STBY「はい。」


ニノ「すげぇ~、パンツだったのか。」


STBY「あぁ~……。か。」


ニノ「あと何がある?選択肢として。」


STBY「その、あまり…」


ニノ全然洗えてなかったか、ですよね?」


※ギャハハハハハ!!これっ、放送してOKっすか?(笑)



 

STBY「(笑)」 ←乾いた笑い。


ニノ「んふっふふふ(笑)」


STBY「いやっ、多分もう、凄く…、凄いデザインだったんでしょうねっ。」


ニノ「あっ、もぉ?」


STBY「う~ん。」


ニノ「フォルムがすごかったっていう事?」


STBY「そう~、凄い…、『お兄ちゃんがこんなの履いてるのぉっ!?』みたいな。」


ニノ「いくつかにもよりますよね、お兄ちゃんが。」


STBY「まあ、そうですねぇ。まあ20代なのかなぁ?」


ニノ「まあに…んふっ(笑)まあ20代なのかなぁー、んふっ(笑)」


STBY「(笑)」


ニノ「でも20代…、まっまっ、お兄ちゃんってそういう存在かぁ、でも。」


STBY「そうです。そうです。そうです。」


ニノ「結果ね。そういう存在かもしれないね。でも、そういう時期があるんだねぇ?うーん。お母さん…、みたいな、時期やなっ?」


STBY「はい。」


ニノ「STBYは、いつまでブリーフだったんですか?」


STBY「えっ?…いやぁ~いつだったかなぁ~?」


ニノ「小学生…」


STBY「小学校…、ぐらいじゃないですか?」


ニノ「俺も小学校…何年ぐらいまで履いてたんだろうなぁ~?」



※っていうかむしろ、いつからニノちゃんのおパンツが派手になったのか、が気になります。いつから色気づいちゃったんだ、と(笑)、みぃ。が小学校の頃とか、派手なパンツはいてる男子なんて記憶にないしな~
まあ、今はみんなオシャレなんだろうね、女子も男子も。

STBY「何年かはちょっと、覚えてないすけどね。」


ニノ「うーん…。でも、そういう事でしょうねっ。」


STBY「そういう事です。」


ニノ「変わって来たんだなって言う。」


STBY「はい。」


ニノ「でも、あるでしょうねっ。」



over

| | トラックバック (0)

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/16 ①



「ちょう共感!!」





ニノ「はいこんばんは。嵐のKAZUNARI NINOMIYAです。えー、今日のオープニングの一言は、ラジオネーム『サクラ咲ケ&ファイトソングをヘビロテする受験生』さんから頂きました。紹介しましょう。」



※みぃ。的には最初のところ、「超共感」ではなく「ちょう共感」だったんです…ちょっとほんわかした言い方でした。



「前にニノが『いいとも』で、名前をストレートに呼ばれた時テンションが上がると言ってましたが、私もそんな名前なんです。私の苗字は『ナカシマ』なのですが、絶対初めて逢った人には『ナカジマ』と呼ばれてしまいます。最近では、訂正するのも面倒臭いので、そのままにしてます。」





ニノ「そう。これはねぇー、もうしょうがないんだよ。うーん。おじさんもぉ、そうだもん!」


STBY「そうですねぇ。」


ニノ「うーん。これはねぇ、もう、しょうがないっ。」


STBY「しょうがない。」


ニノ「まあー…、そうだよねぇ。もう、なん…、15?15歳だったら、そうだねぇ。もう、めんどくさいよねぇ。俺も、当時、めんどくさかったもん。俺、もう小4ぐらいでめんどくさかったもん。」


STBY「かず…なり…、かずや…、とか。」


ニノ「うん。もう~、だから、いいかなって。」


STBY「まあねっ。」


ニノ「うーん。思うんですよね。そんなに…、まっ、間違えた所で。たいして、そんなに…。被害が出る訳でもないですから。だっ、呼んでる方と、呼ばれてる方が…」


STBY「納得してれば。」


ニノ「わかってれば。…いい…、の、かなって。最近。いやっ、だいぶ前から…」


STBY「思ってましたか?」


ニノ「思ってますよ。」


STBY「うん。」


ニノ「まっ、でもね、もうこれはしょうがないんだよねっ。」


STBY「しょうがないっ。」


ニノ「まっ、ほん…むしろよく届いたなって、思ったね、なんかね、そこらへんね。まあ、まあ、そういう事もありますけどもね。」




※実はみぃ。も、下の名前の漢字、良く読み間違えられる&書き間違えられます。
みぃ。は結構自分の名前が好きなので、間違われるとイラッとします(笑)
だからもうめんどくさいから、いつもひらがなで書いてます、最近…




Love Rainbow



どうか穏便に




ニノ「2011年もねっ。」


STBY「そうです。」


ニノ「あの、いつか録りましょうね、またね。」


STBY「録りましょう。」


ニノ「ええ。」


STBY「またね。」




「12月19日の放送で、STBYが、『す』に点々か、『つ』に点々かわからないと言っていたのを聞いて、『えーっ!?』と思ったのですが二宮さんが、『片づける』を例に出した時、私もどっちだかわかりませんでした。STBYごめんなさい。」




STBY「いやいやっ、そんな、謝るなんて事は…、とんでもございません。」


ニノ「あぁっ。相変わらず。」


STBY「はい。」


ニノ「あはっ(笑)おベタな日本語で。」


STBY「すいません。(笑)そぉなんですよね。これねぇ~?」


ニノ「まあっまあっ、しょうがないですよねぇ~。」


STBY「う~ん。」


ニノ「あと、漢字が単純に読めないとかもありますもんね。」


STBY「そうです。漢字が読めないとかね。」


ニノ「うーん。STBYねぇ~?しょうがないですもんね。」


STBY「しょうがない。むつかしぃですねぇ~。」


ニノ「最近は、わかるようになったんですか?」


STBY「いやっ、あのぉ~あんまり『つ』と『す』に出逢ってないですねぇ。」


ニノ「んふふっ(笑)『つ』と『す』に出逢ってない…。ホントですか?」


STBY「はい。」


ニノ「出逢いそうなもんですけどねっ。」


STBY「あの~、あんまり、その~、か…書くという事はないですね。」


ニノ「ああ、なるほどね。」


STBY「喋ってはいますけど。」


ニノ「まっ、でも、『D』の存在って、おっきいなって話ですもんね。」


STBY「おっきい、おっきい。物凄くおっきいですね。」


ニノ「そうですよね。よかっ…そりゃよかったです。」


STBY「はい。」

| | トラックバック (0)

嵐にしやがれ 2011/1/15 ②



「縄跳びできねぇんだよなっ、俺」



「縄跳びって超疲れんだよなぁ」



なんだろうこの、後ろ向きなやまたろコンビは(笑) (-ω-`)


…ドラマではあんなに爽やか王子だったのに(笑)



・東山さんの縄跳びするお姿に思わず


「あー可愛い」


と『素』で言ってしまった相葉ちゃんにつっこむ二宮さんに萌え。

でも、相葉ちゃんのこういう素直な感想、みぃ。、好きです。



「え、だって、みんなわかんないかもしれないけど、コイツ、めっちゃ重たいからね!!」

の二宮さんのイケめてること。


縄跳びが二人称。 ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。



「出来ない、出来ない。え、出来ない。なんでなんでなんでなんで、出来ない。あれ、なんで出来ない、あれなんで、なんで出来ない。出来ない、出来ない出来ない」



翔ちゃん、何回『出来ない』と『なんで』って言いました?(爆笑)

みぃ。の脳内にある櫻井語録辞書に上書き完了。





・翔ちゃんと縄跳び。


「ゴルゴ、ゴルゴ?」


嬉しそうだなぁ、おいっ(笑)

もー、ホント、松潤って翔ちゃん大好きだよね。 ヽ(゚v゚)ノ




「これ何、3分もやんの?」

声が完全に裏返ってますが多分こう言ってたと思います、大野智30歳。




・そうなんです。TV的に、画的に、やったのか、ニノちゃんのあの縄跳びは、結構凄い…。あれ、逆に結構難しいんだよ!結構ね、リズムがね。タイミングがね。普通に飛ぶ方が楽なのに…(笑)


・うん、ニノちゃんよりも、相葉ちゃんの縄跳びの方が…おかしくない?! Σ(ノ´Д`ノ)




「お前が目に入ってくんだよ!先生!コイツふざけてんスけど。俺の隣でふざけるんだもん!」


「閉じろや!」


…無視ですか、そうですか。 Σ(・Д・`驚ノ)ノぇ・・・。



凄いです、両サイドからの末’Sのダブル攻撃を無視出来る人はあなたしかいません、相葉さん。(尊敬)



・わちゃわちゃの風っ子を気にもせず黙々と飛び続ける山のお兄ちゃん達。
こういうの、一番器用にこなす大野さんと、肉体改造には興味のある櫻井さん。




・担当だから、ではなく、どう考えても、ふつーに跳んでいても、二宮さんがめちゃめちゃ可愛い。 ★.:゚+。☆幸(uωu人)福★.:゚+。☆

  
なんだ、あの小さなイキモノは。という気分になる。
これは隣の人との並びが更にそうさせるのだろうか…それにしても、相葉ちゃん、あの跳び方、マジですか?狙ってるにしても………あーばさん……



・綺麗に跳んでる大野さん。


「あーそれやりたい!それやりたい!」


最早ただの駄々っ子みたいになってます、翔ちゃん。




「えーっ、出来ない!あれ?どうやんだ?それどーやんの?!それどーやんだ!…それやりたい。それやりたい。」


なんだろう、もう、ホントに今日の櫻井語録ハンパないな。



・松本アナに「相葉さんと二宮さんに問題がある」と言われ、躓くニノちゃん。うふ。ここ、ニノ担にとっての



( *'∇'*)*+:。.。:+*小さな幸せ*+:。.。:+*(*'∇'* )





「コレ!…コレ!…コレ!3分やる意味ありますか?」



若干逆切れ気味の松本さんが愛おしい。

でもでも、お相手が東山さんゆえの敬語。




・まさかの


「1回CM行って下さい!」



・終了。

小声で

「乳首透けてる?」

とニノに確認する相葉さん。

うん、もう、君たちは散々乳首を我々に披露してきているじゃないか。
今更、気にするこたぁないよ!と肩を叩いてあげたい。
さぁ、唄おう。

d|´ω`|b ♪きっと大丈夫~♪



「え?いや、お前、問題は、乳首透けてるかどうかじゃなくてお前の汗の量だと思うぞ」


にのあい万歳。

ホントに相葉さん、汗、凄いよねえ、いつもいつも。どっか身体おかしくないかドキドキしちゃう。

それからニノちゃんの「お前」呼びってもう、キューンってなっちゃうんです、毎回。


・松本アナが「嵐のみなさんにもマイケルを極めて…」と言われ、眉毛がぴくっとなる翔ちゃん。身体はしんどいし、マイケル極めるってなに?って思ってるんでしょうか。ああいう「???」顔な翔ちゃん好き。


・セットの回転と共に一緒にまわっちゃった松潤。
手を振って見送る兄ちゃん達。

新しい、新しいぞ、コレ。 ≧◇≦)



・まさかのマイケルジャクソンイントロクイズ。

負けたらマイケルのモノマネをすることになった東山さん。「(お前らは)負けたらどうするの?」の中で大野さんを差し出す二宮さん。


「…じゃあ、マイケルのモノマネします」


決して「僕が」やりますではなく、「お前が」やれよな二宮さんを、笑顔で突き飛ばす大野さん。


「何だよソレ!」


「はい?」



 

・VS嵐で、ボタン押すの上手いと豪語していた櫻井さんの手を取り、ボタンに添えさせようと頑張る二宮さん。

…なのに、思いっきり無視してボタンから若干はずしてますよね。でもニノちゃんはまだあきらめずに翔ちゃんの手をとっているまま。

この場面でニノちゃんが翔ちゃんの手をとるのは、みぃ。の辞書にはない光景でした。
ああ、かわゆい。 ヽ(´∀`)ノ



・東山さんのあまりの早押しっぷりに思わず


「嘘でしょ?」


でも、なんで大ちゃんの肩にめっちゃ自然にそこで腕を回すの?(笑)やっぱり確実につきあってるな、この2人。


「ぜぇーったい嘘だよ。」


あのね、ここね、「絶対」ではなく「ぜぇーったい」だったとおもーの。 (´Д`)


ニノちゃんの時折出る「ひらがな喋り」が大好きです。

…このニュアンス、伝わるかなぁ…?



・ニノちゃんの言葉に


「んはっ!!」


と結構なでかい声で笑った大ちゃん。のけぞったよ、この人。
でもニノちゃんは何を言ったのかちょっとよくわかりませんでした。
なんだろう。なんだろう。



・何故だろう。当たり前のように相葉ちゃんの背中を押した松本さん。

「お前、行って来い」的なものを感じたのですが、ちゃんと、一緒に前に出る大宮。

ん?ここは1人ずつ踊るのが松本さん的には良かったんでしょうか?(笑)



・間違っては…ないんだけど…ニノちゃんのマイケルチョイス、それなのっ???


・本日は、わからなくても、とにかく押すってスタイルです。


「逆にさ、押し…て、ょ。すぐ。」


「マジ言ってんの?じゃぁ…ちょっ、俺やるわ」


ニノちゃんに手を導かれた時は拒否ったくせに何故に松潤には従順なんだなこの人。
こういう時の翔ちゃんの、プライヴェートの友達とこういう喋り方して普段喋ってるんだろうなぁっていうのが時折見える口調が好き。


「行けるぞ!OK!OK」 ←元祖にぎやかし。



「押すのは勝とうよ、押すのは勝とう」


最早趣旨がいまいちわからなくなっています。
勝利への目標設定は、クイズに正解することではなくボタンを先に押す事まで下がりました。

ま、いっか…

「イントロドン!」
「ポーン」

…イントロ全く音出てないのに押しました、櫻井さん。お約束にも程がある。




「早ぇ!出てねぇし!」


な松本さん、結構ふつーに本気で翔ちゃんをどんって。どんって。(笑)
いや、違うな。ここ、相葉ちゃんだったら多分『どん』だっただろうけど翔ちゃんには『ぽん』でしたね。

…贔屓だー贔屓だー(笑)


もぉいいよ、キミが翔ちゃんLOVEなのはわかっているさっ。 (´Д`σ
今更どうこう咎めはしないよ。

半泣半笑の翔ちゃんの顔が情けなくて◎




・全く音が出ていなかったのでわかるはずもないのに


「行け行けぇ!行け行けぇ!」


な二宮さん。


…た、楽しそうです。 (人*´Д`)


そんな貴方のそういうお姿がワタクシたちの元気の源です。




「マジでぇ?いーや、今のはなぁ…」


と、音が一切出ていなかったにもかかわらず当てようと悩んでくれる松本さんと、


「コレ当たったら当たったって事でしょ?」


ときっちりルール確認する二宮さん。
後ろでちょっと情けなさそうに困惑している翔ちゃんをきっちりフォローしている末’Sのお姿を、ここに、観ました。惚れてしまう。


・「これ踊りようがないだろう」と東山さんにいわしめた曲。
悩む皆さん。確かにスローな感じの曲です。


「これわかんないよ…」


と小声で松本さんに救いを求めた櫻井さん。

そんな翔ちゃんを完璧に誘導して自分は場所を譲った松本さん。

でもね、バレリーナ的な踊りは多分翔ちゃんが一番上手&しっくりくると思うのでありがとう松本さん(笑)

→多分③くらいまで続きます。


本日、ニノ担さんとご飯食べに行くので、ベイストUPは恐らく明日になると思います。

毎週楽しみにしてくださってる方には申し訳ないのですが、昨年末位からちょっと、記事のUPに追われてしんどい日がたまにあったりもして…。

長く、クオリティー(そんなもん初めからないかもしれないけど)保ってこのブログを続ける為にも、無理せず、仕事したり遊びに行ったりという嵐ゴト以外の自分の時間も楽しみつつの中で、地道に自分のペースで記事をUPして行こうと勝手に決意したので、もう、ホントに申し訳ないんですがお許し下さい。(また、今回もいっぱい喋ってたんだよねぇー。)

| | トラックバック (0)

嵐にしやがれ 2011/1/15 ①



遂に今日で、コンサート、終了ですね…。

今更、やっぱりあのグッズ買っておけばよかったなあとか思うものがあり、今年は後悔しないようにしようと心に決めたみぃ。でございます。


さて。

SP除きの一発目。



…お願いします、スタッフさん。

KinkiKidsをゲストに呼んで下さい。
やっぱり、リアルアニキがゲストだと、超、楽しいです。

TOKIOなんかは、リアルアニキではあるけど、結構なんだろう、もうちょっとノリがお友達に近い感じがなんかするからちょっと違うよね、また。明らかに「先輩!!ははーっ(時代劇的な)」みたいな感じじゃないので…

だからやっぱりリアルアニキを、また是非、お願いします。 m(_ _)m


オープニング。

大宮の、革ジャンの色合いが、物凄く、いい対になってますね。
可愛さ倍増。
別に、みぃ。はどのコンビに対しても、ものすごーい思い入れとかはないんだけど、でもやっぱりこの2人って、TVで並んでいる姿がとにかく、可愛い。と、思ってしまいます。


ゲスト予想の時の


「アーティストだとおもう」


と言った時のニノちゃんがイケめすぎてていきなりクラクラ。

そしてみぃ。の耳には「思う」ではなく「おもう」と聞こえました(わかります?この、漢字に聞こえるかひらがなに聞こえるかの差…。)
相変わらずの、観察眼にニヤニヤしてしまいます。

そして


「ミラーボールでウェ~イ」


のニノちゃんのダンスがっ!!!


オープニングから、なんてことを… (ノ Д *)


可愛いじゃねーかっ!!!! Σ( p`'д'))q



そのあと、大ちゃんにこそっと話しかけるニノちゃん。これもまた可愛い…
ナニ言ってるのかなと思ってTVのボリューム上げたら親にうるさいって怒られそうだったので断念…結局聞きとれず(笑)。

あーもう、これ、今日も絶叫の予感……。
皆さん、このブログを電車の中とか、街の中で読んでいる場合には、顔に気をつけて下さい。たまに電車の中とかでニヤニヤしながら携帯見ている人、結構、怖いです。


登場したのは、SPでもなんでもないのに嵐的には超ド級のSPゲスト、本日は東山さん。


「ウソでしょ?!あれ!!」


あはははは。
なんか、心なしかファンキーガールズもいつもより楽しそうに見える(笑)


「これはスペシャルゲストでしょ!これは…」 ←珍しく言葉につまるニノちゃん。


「えっ?」



「ええ~っ?」



言葉が出ない嵐さん達に、「どうしたの?」な東山さん。


「とりあえず…すいません、挨拶行けなくて。」


好きだ。好きだよ二宮さん。アナタのこういうところがもう、めちゃめちゃ好きです。



「丁度キャバクラに居たんだっけ?」


「僕は行ってないです!」


な大ちゃんの真顔が(笑)

そして大ちゃんのほうに顔近付けるニノちゃんが。

っていうか、行ってたらそれはそれでおもしろすぎたのに…(笑)ちっ。

「みんな喋りも上手くなって…デビュー当時から見ていると親心…大野なんかホント大丈夫かなって…」という流れの中で。

うん、東山さん、でもね、大ちゃんは、『喋り』という枠に限定して言えば、昔の方が喋ってたような気がします!(笑)

「違う才能も持ち始めました」と東山さんに褒められて、思わず「良かったね」的に大ちゃんに手を伸ばしたニノちゃんとドヤ顔する大ちゃん。

東山さんにプールに落とされた件を、なんか威勢よく言いだした相葉ちゃん。
最後は尻すぼみになって「お茶目」とまとめる始末…よわっ!


「おい!先輩に向かって『お茶目』とか言うなよ!」


というニノちゃんに対して


「なんか今『一言申したい』みたいな事だったんじゃないの?」


と最後弱気になった相葉ちゃんにツッこむ松潤。
相葉さんに対するコメントの両極端さが末’Sらしいわ。
にのあいと、泣き虫さんの、コンビの違いがここに、出たなと。




「ちょっと…目ぇ見たらそんなん言えなくなった…」


いいぞいいぞ。うーん、もう、今日、絶対面白い…。




噂話、後輩にお年玉を50万円あげるらしいのところで、なんか、ものすっごくフツーに


「これホントですね」


「これホントだわ」


な嵐ちゃんたち。

これって一人に50万じゃなくて総額でこのくらいいくよって話ですよね?
うちの両親は一人に50万だと思って尊敬したらしいけど…え、いくらなんでもそれはおかしいよね?


「みぃ。さんのブログって、ブログって言うよりちょっとした小説ですよね」と最近言われ、ああ、いつもいつも記事が長すぎるよね…と反省したにも関わらず、ひみつの嵐ちゃんで、別に文字起こしした訳でもないのに長い記事を書いてしまったので、それ以上に萌えポイントが多かったこのしやがれが長くならないために、ここから箇条書き的な戦法に出ます。多分それでも長いけど(笑)


・お年玉のくだり。
嵐もあげたら?な流れで、「1月のコンサートでJr.にあげたら?ついてるでしょ?」と言われ


「いや、付いてなかった…」


この発言を最初にしたのがニノじゃなく翔ちゃんだったことに感動(笑)
でも言いながらニノをチラッと見て同意を求める翔ちゃん。


・それに

「付いてますよ」

と言った相葉ちゃんに対し、ぼそっと小声で


「あれJr.だったんだな…?」


なニノちゃん。(あそこ、文字では「だったのかな?」になってたけどみぃ。にはこう聞こえたので違うかもしれないけど一応こう書いておく。)
そしてそれが面白くて仕方ない大ちゃん、思わずニノちゃんの可愛い可愛いお膝をぴしゃり。



・「あげたほうが絶対いいよ」な東山さんに

「いや、でもね…」

とニノをチラ見する翔ちゃん。
「ニノがケチらしい。なんで?フリーターだから?」ありがとう東山さん!!

でもね、ハロウィンに5万あげたからもう、ケチじゃないと思うの。それに、もう、就職もできました。イェイ。



「う~ん。ちょっと食いすぎたな」ニノちゃん、それは東山さんの真似なのかしら…?(笑)
2円が足らないよ!を思い出してしまったのはみぃ。だけなんだろうか。



・東山さんのストイックさを語る話が山のように出てくる中、エベレストの空気のくだり、一生懸命に、カメラではなく客席に向かって語りかけるニノちゃん。
客席のドン引きさに対してちゃんと、客席に説明してくれるニノちゃん。

くぅ~!!番協組、羨ましい!!!!



・1日1000回の腹筋にドン引きの客席。「こう言われる」と言う東山さんに、手を叩いてはしゃぐ泣き虫さんコンビ。
手の叩き方が、神社のお参りの時の、テンポなのは何故?「パン、パン」っていう…。
しかも超揃ってるよ。可愛いじゃないか。



・「世間ではバカみたいに筋トレやってるイメージあるかもしれないけど」という東山さんに


「そんなん無いです!」


なニノちゃん。表情がすっごいステキ。言い方もなんだか男らしいの。




「…ということは…プロとしての意識が(僕たちは)希薄ということですか?」


と固まる翔ちゃんを


「まだまだ…(これからだよっ!)」


となだめに入るニノちゃん、気が緩んでましたね、ふつーに東山さんにTシャツをまくられ…


うっきゃー!!!!!! ヤタ─────v(-∀-)v─────★

  
お・な・か。 シァワセヽ(´∀`圉)ノ.+゚*。:゚+


ぽんぽこのプヨ腹ですよ。ワタクシ達の大好物。

東山さんありがとーざいやすっ!!!


一時停止すること、数回。



・そのあと、ちょっぴり恥ずかしがって、でもきらっきらのおめめshineで大ちゃんのほうを見るニノちゃんに激しく、萌えまくる。さすがのニノちゃんも、東山さんに見られちゃったのは恥ずかしかったのでしょうか…。



・着替えて戻ってきた後の姿勢。猫背なのに、こういう時、一番頑張ってぴしっとしているニノちゃんが猛烈に、可愛くて好きです。



・しかもしかも、そのパンツの丈!!!!

あーもう!!すっごい可愛い ☆;:*:;☆;:*チア(´Д`)ワセ;:*☆;:*:;☆;




・でも表情はすっげー険しい。




・月に100キロ走る東山さんの「3日に1回走りゃいい」発言に

「そのリボ払い無理です」

な翔ちゃん。



「5キロ持つ、理由はなんですか?」


「重たいんです」


「わか、わかります…」


「んはははははは!」


そんな質問をしたばかりにダンベルを持たされ…あ、あれ?


「な、なんで俺持ってるの?」

の松本さん。



「フゥ~…頑張れ、俺!」

な松本さんを棒立ちで見降ろす二宮さん。




・黙々と頑張る松本さんに


「ヨイショ!」


「ウェ~!」


と、ここで、「あれ、なんかおかしくない?」と気付いてしまった松本さん、周りへ


「…やんねえの?gawk


これを無視して


「行けるぞ行けるぞ!」


「きてるよきてるよ!」


な嵐さんたち。心の叫びは恐らく、

「…潤君、ありがとー。できればこのまま、このコーナー、終わってくんねぇかな…」に違いない。



・「ニノやったほうがいいよね!」


東山さん。


…鬼。いや、嘘です、ごめんなさい、神。



・でも、マシーンに座ったニノちゃんが可愛すぎる。



・なんだ、あのあんよは。



・腕を後ろに組んだ時、松本さん、アナタに、今ほんの一瞬殺意が芽生えました。


「これ持たなくていいですか?」


うん、持ってやれる訳がないの、アナタ、知ってるよね?(笑)

でも、東山さんがニノに腕を組ませてる間、一生懸命ニノが持てそうなダンベルを探している松本さん(いや、逆にあの人10キロとか探してたかもしれない…笑)



・腕を後ろに組まされただけでなんかもう。



・顎を引いたニノちゃんって大好き。



「ふっ…ちょっと、ヤバい感じ…」


まだ、始まってないのにこう思わせてしまうニノちゃんってやっぱり凄い。




・ゆっくり後ろに倒れて行く二宮さん。


「…ぇっえっ…」



リピートリピートリピート…∞

Σキャ━━。゚+.(*>∀<艸).+゚。━━ァア!!!


なんですかこの声。どっから出てるの、この声。



ぎゃあああああああああ!!!



かわいいかわいいかわいいぃいいいいいいいいいいいいい!!!


コリャァヽ(ΦωΦ*)☆+。タマリマセンノォ。+☆(*ΦωΦ)ノゥシシッ







・爆笑の大ちゃんが可愛い。




・そしておなかのチラリズム。



・顔真っ赤にして


「ほっ!!」


なニノちゃん。



「…くっ!」



・普通の腹筋ならできるけど、腕組むだけで凄いんだよ!って言うニノちゃん。


「出来ない自分が情けなくて笑ってたんじゃないよ。」


…ホント?(笑)



・運動神経はめちゃくちゃいい…恐らく一番いいよね?なのに、筋トレ、ホント苦手だよねえ、この人。


・音楽に合わせて腹筋をする。最初の2秒リズムを聴いただけで「えっ?」な顔の大ちゃん。さすが、反応早い。



「くぅ~!」な二宮さん、もう、始まって数秒で既に……(笑)



・「大丈夫ニノ?」に


「頑張ってます、今!」


なニノちゃん。 (ノ´□`)ノ ガンバレェェェェ.+゚*。:゚+



・終了…。マシンにつっぷしているニノちゃんが可愛すぎる。



・そして耳まで真っ赤。



・東山さんに「見ててかわいそう」と言われたニノちゃんの表情が…。



| | トラックバック (1)

ひみつの嵐ちゃん 2011/1/14 ④

もう大分長くなってきたのでランキングダービーについてはざっくりと。


毎回思うのは、入場時と、お馬さんが揃った時の翔ちゃんの踊りが、可愛い。
あの人、めちゃくちゃ汗かきなのに、なんであんなに動いてくれるんだろうって毎回思います(笑)他のお馬さんも似合ってるけど、ニノちゃんの黒い馬と翔ちゃんの白い馬っていうのは、本当に似合いすぎてスタッフのセンスを褒めたくなります。

最初からやる気なさそうな黒馬さんが。

可愛い…。

そして、みぃ。の大好きな木村多江さんがゲストに来てる…。ユースケさんのツッコミとかボケって、お笑い芸人さんのともちょっと違って好きです。

沖縄のヤンキーに聞いた一番カッケーのは?

またヤンキーか…と思ったんだけどニノちゃん4位でした。
5位じゃなかった!びっくり。
そしてもうひとつびっくりだったのは、ヤンキーの皆さんってフリーター、家を買う。見てくれてたんだ!みたいな。

更にマツコデラックスさんに聞いたデートするならランキング。


「俺ねぇ、オシャベリだと思う。」


「なんか、マツモトテイオーが『俺はお喋りだと思う』って言って…それはそれで、『あー、そうなんだー、そんな喋るんだー』みたいな感じに聞こえるけど…」


松潤の言い方が、なんか、めっちゃ眠そうなたるたるの喋り方で可愛かった。


マツコデラックスさんって、なんかやっぱり物凄く頭がいい人だなって思うし、今回も、スタッフにダメ出ししたり、選んだ理由とか聞いていても、物凄く共感できて、幸せでした。
凄い嬉しかったのは、何故その順位なのかの理由とかも、ファンが聞いても嫌な思いをしない言い方をしてくれたというか。
みぃ。自身、別にこういうランキング自体は、否定する気持ちはないし、(質問を考えて欲しいとは思うけど。)マネキンにしても、ダービーにしても、個人の趣味が入ってくるから、「みぃ。はそうは思わないけどこの人にはああそうなんだ」、って感じで。そんな中で、マツコさんの、この順位の決め方に関しては物凄く、なるほどねって思える部分がみぃ。的に多く、観ていて楽しかったです。だって、これ、5位になっても嫌じゃない(むしろ1位の方が微妙?)しね、理由を聞くと尚更そう思います。


まず「理想のデートは?」と質問されて、

「あのね、普段女優さんに聞いていることをそのまま私に聞いても無駄だって言ってるでしょ?私と、その、あのー、健全な男子が、2人きりになったとして、綺麗な女と健全な男がこう行く感じ?にはならんだろ!だっ、そういうのを、言って欲しいなって思ってる時点でお前才能ない!」

いきなりこれですよ、これ。

あ、もうねえ、なんだろう、好きだなあこの人って凄く思っちゃいました。

結構色んなテレビを見てて思うけど、「こういう答えが欲しくてこの質問をするんだろうな」って言うのが垣間見えてげんなりしちゃうことってないですか?
「あーもう、どうせこうやって答えるんでしょ?ほらやっぱり」みたいな。
みぃ。はそういうなんていうのかなあ、バラエティーにおいては台本通りとか好きじゃない人なので、だからお笑い芸人さんとかの一発ギャグみたいなのも、1回目はよくても、流行ると延々とずーっとやるでしょ、ああいうの疲れちゃうんですよ。だから、マツコさんがこういう斬り方してくれたのはちょっとスッとしたなあ。




さて、ランキング。


これ、みぃ。が予想したランニングと完全一致でした。
絶対マツコさんならこうだろうなあって思いました。


まずは4位は翔ちゃん。



マツコさんは、「健全な感じの人ってドキドキしない」

「どっか欠落してる感じみたいなものがもう少し感じられるといい」と言ってました。

翔ちゃんって色々と、若干残念なところはあっても、精神的なところとか思考の部分では物凄く健全だなってみぃ。も思います。欠落している部分はあまりないと。だから物凄く同感。
みぃ。も翔ちゃん、好きだけど、ニノちゃんみたいな意味では惹かれないのは確実にそういう部分なんだろうなーって思うから、すっごい「わかるわかるー!!」って聞いてしまいました。




3位は松潤。



「もうちょっと悪ぶって欲しい」

「もっと嫌な感じとかがしてくると土下座してでもお願いしたい」

これもね、前の記事に書きましたがみぃ。も常々、思うことで。まあ、松潤は昔から俺様キャラだった訳ではないし、一番メンタル弱い気がするので、難しいんだけど、もっと悪いといいなあと思います(笑)。松潤のMっぷりって、まだまだ、「可愛いねえ」ってレベルなんだもん。もっと極悪な松本さんが欲しい!(笑)でも、そうなったらなったで「松潤感じ悪い…」ってなっちゃうかもしれないから、ならなくていいんだけど(笑)、なんかね、中学生が頑張って不良ぶってるみたいで可愛いなあっていつも最近、特に、思ってます。

昔、ジャニーズアイドルをカッコいいではなく、可愛いと思うようになったら歳をとったってことだよって言われたことがありましたが、あーもう、みぃ。は歳なんだな…(笑)




2位は大ちゃん




「何考えてるかわかんない感じをはがして行きたい」

一度しか会ってないけどホントにわかんなかったし最後ホントに怖がってて、マツコさんの心に傷を残したそうで。凄いなあ、マツコさんに傷をつけるとはさすがリーダー。

大ちゃんってみんなにそう言われるけど、それはやっぱり極端に発言が少ないからなんでしょうね。例えば歌が上手いとか、踊りが上手いとか、カッコいいなと思える瞬間瞬間はあるけれど、確かに、どういう人?って聞かれると答えられない…
TVとかで見ている範囲では、自分の考えとか思いを語ることってホントにないですからね。
嵐ファンで、いっぱいTVとか観ているみぃ。でも、大ちゃんって謎だなあって思うし、だから、じっくりつきあわないとやっぱり謎な人だろうなあって思います。みぃ。の周囲の大ちゃん担の人に聞くと、やっぱり、ぼーっとしてるところが可愛いとか、その、歌とか踊りとか、そのへんがいいって声は良く聞くけど、考え方が好きッて意見はあまり聞いたことがなく…
大ちゃんの考え方とかそのへんをじっくり聞いてみたいです。だからマツコさんの言ってる事も凄くよくわかる!

でも、みぃ。ってどっちかというと物凄く理屈っぽかったり、物事を俯瞰的に見るタイプなので、おっとりした友達が多いんですよね、逆に。それで、いつも、「みぃ。ちゃんっていつもそんなこと考えて疲れない?」とか言われちゃうんだけど、それでもそういう人といるのって凄く楽だから、ニノと大ちゃんみたいなものなのかなーと最近良く思います。



1位はニノ。




「(自分に)一番近いところにいる気がする。それは別に彼に女装癖があるとかじゃなくて感性の部分で合う話とかが一番多そう」

「そんなに生きててもいいことないよね、とかいう感じ」


ね。ちょっと欠落している考えの人が好きとか、マツコさんの普段の発言とか聞いていると絶対ニノだろうって思うけど、ホントにそうなのそうなの!って感じ。
欠落って言うのは決して悪い意味じゃないんだけど、みぃ。も自分をそう思うコト、よくあるんですよね。凄く似てるとは思わなくても、一番近いところにいるなっていうのはみぃ。もニノちゃんに対して良く思うことなので、ああ、もう、いいたいことわかるよー、マツコさん!って思っちゃいました。



5位 相葉ちゃん




「(自分に)5位に選ばれたって事は最も健全」

「人生を歩んでいるとかかわらない人っていうのが出てくる。それは健全に生きている人たち。そういうのを一番(相葉ちゃんに)強く感じてしまう」


これもわかる…
みぃ。もね、相葉ちゃんは好きだけど、ホントに、自分とかかわらないタイプの人だあって思うから(笑)。もう、みぃ。には相葉ちゃんはまぶしすぎる。
プライヴェートの友達に、相葉ちゃんタイプって昔から全くいないなあって。
まあ、相葉ちゃんがド健全なのかというと、本当はそんなこともないんだろうけど、一般的な意味での健全といえば、相葉ちゃんが一番絶対健全というか。
勿論悩んだり傷ついたりすることもいっぱいあるけれど、やっぱり相葉ちゃんは太陽みたいな明るい元気なヒト、って感じがするので、そう言った意味ではマツコさんやみぃ。にはまぶしすぎて普段避けて通ってしまうタイプだなって思います。
あ、好き嫌いの話ではないですよ?これね。




マツコさん、アナタは私ですか?(笑)って位、うんうん、と頷けるランキングでした。
綺麗な若手の女優さんとかよりもこういう人のランキングがいいな。男の人とかもいいよね。まあ、出てくれないかもしれないけど、監督とかさ、番組プロデューサーとかでもいいよ、なんなら。ああ、もう、この際、STBYとか出しちゃえば?って(笑)


にしても、こうやってひも解いて行くと、本当に、嵐の5人って全員バラバラの個性なんだなって良く分かりますよね。だから、個人一人でも、5人全員でも、物凄く魅力あるなあって思えるのかな~。

ちなみに、敢えてこの、デートというくくりでいくなら、松潤とか翔ちゃんは映画とかショッピングとかした後にきっとオシャレなレストランとか連れて行ってくれるだろうから2位、3位かなあ、みぃ。的には。
相葉ちゃんと大ちゃんはきっと朝から集合してアウトドアデートなのでみぃ。はダメだな、疲れちゃうから(笑)そしてやっぱりおうちデートであろうニノちゃんが、一番いいなっと思ってしまうみぃ。なのでした。

| | トラックバック (1)

ひみつの嵐ちゃん 2011/1/14 ③


マネキンにて。

カーディガン対決って言われたら、もう、ニノちゃんが勝つに決まってるじゃんって思ったのに、やってくれましたね。


翔ちゃん、好きなところを聞かれて言葉に詰まった挙句、

「ボタンが6つもついてる」

ってもう、幼稚園児のようで可愛すぎるじゃないですかっ!!!
でもまあ、ぶっちゃけ、とりたてていうところはなかった…んですよね?櫻井さん?(笑)
でも、そこから発展させて素敵なポイントをみつけました。


「ダブルには決してならない、重なり合うことはなく寄り添うタイプです」


「いい!彼氏としては最高!」


なんだろう、このくだり。
彼氏だったら重なりあっても…(以下、自重)

それにしてもやっぱり、この2人のトーク力っていうのは、半端ないな~。
違うの、5人全員それぞれ個性が最高で、ステキなんだけどね?でも、この2人のこういうぽんぽん言葉が出てくるところがやっぱりみぃ。は好きだから、やまたろコンビが一番好きなんだろうなあと思う訳です。

ロデオドライブに買い物に行くと言う翔ちゃんに、ロデオドライブに行くにしてはカジュアルだというつっこみが。すると


「そうなんだよね…その、ギャップ王子だよね」


この発言に対して風っこの「ギャップ王子ってリーダーじゃなかった?」の一斉のツッコミと、最早苦笑するしかない智っぴ。
やっぱり今年も櫻井語録は健在ですね。

ニノがマントを取った時のマントの投げ方がもう、半端なくかっこよくて「イヤーんheart02」ってなってひとり悶えていたみぃ。ですが、マントを脱いで、最初、ニノの格好見て客席「ぉおーっ!!」って感嘆の声をあげてました、よね?
そうですよ、最初、「カッコいい~」って感じの流れでしたよ、ね?
みぃ。ね、あれベストにカーデなのかなって思って、「やっぱりニノちゃんがカーデは最高!!!」って思ったんです、最初。



…そしたらまさかのWカーデで。

ま、このコーナーばっかりはホントに個人の好みなので、担当さんでも、「あれはちょっと」という人もいると思うんだけどみぃ。はニノの格好はいつも毎回、大好きで。今回のWカーデも実は、全然有。(みぃ。、自宅でしょっちゅうWニットとかしてるから、Wに抵抗はないのよねっ…だって寒がりなんだもんっ。でもパーカーは、フードがあるからね、Wにしたら重たいと、思った(笑))
色もね、どうなの?って言う人もいたけど、みぃ。はニノちゃんのは2枚とも好きな感じでした。同系色重ねても別に、いいと思うんだよね。例えば、黄色に緑をONすると可愛いとか、違う色をもってくるのも可愛いけど、だって赤とピンクとかでも可愛いんだから、同系色でも別にいいかなーって。

でも宮里さんに言われて一瞬


「OK、OKいらない、これいらない」


って脱ぐところが、本日最強のニノ担へのサービスショット。




う…うなじ…。

あの、ちょっと、刈り上げてるところが。

ギャー!!! (≧∀≦)ノノキャァァァァァァァァァ☆・゚:*


って感じで。もう、すっごくすっごく…可愛い。 (*´Д`*)




「Wやる!俺Wで来たんだもん!着替えるから、次の人やってください!」


智っぴさんに移ってもまだんしょんしょとお着替えするお姿…。

くぅ~…た、たまらん…。 ゚+o。モジ(´ω`)ゞモジ。o+゚

そしてこのぶれない男。


はい、もう、大好きです。 。.:*・゚キャ(*ノω〃)ノキャ゚・*:.。




まさかまさかで、お客さんに地味じゃない?と言われた大ちゃん。
アイドルなのにぃ~!(笑)
インナーのチェックシャツは可愛いんだけど、松潤の言うとおり、ニノのチェックの方が、目立つよね。あのニノのチェックシャツ可愛い。

松潤の時は客席からため息みたいな歓声が。
スタイリッシュすぎだけどステキ。
大ちゃんとのカーデの材質の差が明るみに出た時のニノちゃんのフォローが素敵でした。
大ちゃんも可愛いよね、ニノのところにちょこんと行くんだもん。


「ゴワゴワで勝負してんねんこっちは!」

…あれ?ちっともフォローじゃない、か?(笑)

4位だった大ちゃん。

「なんか1位みたいな雰囲気出してるけど。ガッツリ4位だからね、アナタ」


と指さされて頷く大ちゃんが可愛くて、絶対30歳じゃないよって思った瞬間。

みぃ。的にはきっと、1位はこの人だと思っていた松潤がまさかの3位で、みぃ。も思わずえーっってなったけど、残る3人の驚きも半端なかったようで…


「だから、あまりにも翔ちゃんびっくりしすぎてここに座る時相葉くんの手握ってました。」


あははは。

それをちゃんとチェックしているニノちゃん。
翔ちゃんが気になったのか相葉ちゃんが気になったのか(笑)、さてどっち?

翔ちゃんも最高に可愛いんだけど、やっぱりニノちゃんがかっこよすぎて、笑顔も可愛いし、ああ、今日もやっぱりキラキラすぎるよぉおおおおとTVに抱きつきそうになるみぃ。でございます。



「♪ててててんっ♪の時点で『はい、5位~』ってなってた訳だ…」


あの。

あのあの。

嵐にしやがれでね、11月の放送だったと思うんだけど、翔ちゃんがオープニングの、アニキゲストが出てくる時の音楽あるでしょ?Lady Marmalade。
♪Hey Sisuter,Go sister~♪っていうの。あれを、翔ちゃんがオープニングトークの時に歌ってたことがあって、その時の翔ちゃんが、若干音痴…っていうか(キャー翔担さんごめんなさい)なんなのか、とにかく、一瞬、「何の歌?」って思ったことがあって。で、その翌週か、翌々週にもまた歌って、その時はちょっと上手くなってて相方ちゃんと「今回はなんだかわかったね」って笑っちゃったことがあったんだけど、それを物凄く思い出しました。


1位になった翔ちゃん。

もう、ほんとーに最高級のスマイルです。
可愛いです。
嬉しそうです。はじけすぎです。

5位になったニノちゃん。

はじっこでちいさくなる姿が可愛すぎる。
それと、宮里さんがシール貼りにくるときの顔も可愛いし、選ばれなくて倒れこむ前のおてての開き具合。
お気に入り嵐にも選ばれないしと凹むニノちゃんを慰めるみんなも可愛かった~heart02


でも、今回のマネキン、みぃ。はやっぱりニノちゃんか、松潤です!
相葉ちゃんは

「でもあの♪ちろりろりんっ♪で俺『あ、5位だな』と思いました」


って言ってたけど、みぃ。は好き。
他の3名は、自分の父親とかだったらいいなと思うけど、彼氏にはちょっと…。
まあ、ニノちゃんのWカーデは、もう、翔ちゃんの為に勝利を譲るためのサービスなんじゃないかと思うくらい、びっくりしたけど(笑)うん、でも、Wカーデであの細さ。
あー、ホント細いなあ。

ウチの母親も、ニノがダントツでよかったって言ってたので「でもWカーデだよ」って言ったら「あれカーデだったの?うーん、それじゃちょっとおかしいよねぇ…でもやっぱりニノじゃない?」って。

う、嬉しい…。

羽織りものといえばニノちゃんのはずなのに惨敗したのはやはりWのせいかしら。

今まで数回あった一抜けは、


「不慮の事故みたいなもん」

だと言う翔ちゃん、正真正銘の一抜け、おめでとう。

…今年の頂点では、ありません。これからです(笑)

| | トラックバック (0)

ひみつの嵐ちゃん 2011/1/14 ②

ゴルフ好きな相葉ちゃんの企画。


興奮して立った相葉ちゃんに


「座って座って。大丈夫大丈夫。」


な翔ちゃん。

相葉ちゃんが用意した質問を、相葉ちゃんの代わりに言うことになった嵐さん達。


「えっ?俺らなんなの?」


「俺ら聞きたいこと聞けないの?」


と、企画内容に「ええっ!」な嵐さん達。

そして相葉ちゃんが説明している時もやっぱり鼻…ニノちゃんやっぱり風邪かなあ?
正装してくると立った相葉ちゃんを指さしながらニノちゃんが何かいいかけたところでカメラが翔ちゃんへ。多分ここ、切られたな…ナニ言ったのかなあ…

相葉ちゃんの正装はキャディーさん。
めちゃめちゃ似合いすぎていて、バーテンダーよりキャディーさんのドラマでもやるんじゃないかと思うくらい…可愛い。


「あまりにも宮里さんがこう…なんだろうな、『辛いな』って時には…」


「『答えづらいな』でしょ?」


相葉ちゃんの通訳をする翔ちゃん。宮里さんの若干困った笑顔が可愛い。


「まず挙手制で行きますか?」

と手を挙げるよう促す相葉ちゃんの手がheart04

…でもさぁ、挙手制って言っても、相葉ちゃんの考えた質問を読むだけだからね(笑)皆さんの微妙なテンションがステキ。

自宅のソファーかと見間違うほどリラックスした体勢で足なんかクロスしちゃってるニノちゃん、元気良く挙手する末っ子松本さん。なんだか、あーもう、やっぱりみんながキラキラしてます(笑)

最初に指名されてなんだかもう、おかしくって仕方ないご様子の大ちゃん。

そしてここで打ち合わせって言う(笑)


質問がばれないように隠して歩く大ちゃん。
やっぱりみぃ。にとっての大ちゃんは、こういう感じ(笑)。
こういう大ちゃんが、とても、好きです。



そして、もうひとつ。

末っ子モード全開の、松本さんも、割と、好きです。


「ナイスショット!ナイスショット!」

「何平米?何平米?」



こういうのが。

そしてこんなふうに末っ子全開で可愛かったと思うと…

お次の指名は松潤へ。(ここでもニノちゃんは鼻を…あー、風邪だね。こりゃ。)


泣き虫さんコンビが。


「み、見ない方がいいんだよね?」


「見ない方がいいよ。…ただね…見ない方がいいけど」 ←といいつつ松潤に読ませる質問を選ぶ相葉ちゃん。


「また俺を操ろうとしてる!」 ←「また」っていうのはりるぷりっの時の翔ちゃんのことを言ってるのかな?後ろむいて嫌がる松潤を…


「ちょっ、ちょっ」 ←と言って引きとめる相葉ちゃんでもしっかり質問は選ぶ。


「だから、だから操ってんじゃねぇかよっ!!!」


そして質問を見て…


「お前なんでこれ選ばせた?!なぁ?」



な松本さんが。


…キュートだ。 ヾ(*´∀`)ノ。゚+.



これも後々、マツコデラックスさんが仰ってましたけど、みぃ。もねえ、もう、松潤には、もうちょっと、うん、もうちょっとだけでいいから『ワル』になって欲しいの(笑)
この人って、いや、松潤に限らずだけど、もう、嵐さんって意外とみんなメンタル面弱いっていうか繊細だから、『ワルぶって』も『ワル』にはなれない人たちなのよねえ…まあ、それが嵐さんの魅力なんだけど。
だからここの相葉ちゃんとのやりとりも、可愛すぎてなんかニヤニヤしちゃうんだよね。
どうせなら、もっと、本気で相葉ちゃんを怯えさせてやって下さい(笑)

今年は、泣き虫さんコンビにもうちょっと注目してみようかな。
去年、コンビとしては一番スルーしていたコンビかもしれない…。
でも相葉ちゃんってやっぱり松潤の扱い方が、他の3人以上に特に上手な気がするんですよね。さすが相葉ちゃん。

そして質問の内容とは裏腹にやけに爽やかに質問を読みあげながらスィングする松潤。



「グリーンにマークする時パンツは気になりますか?」


その質問を言い終わった後の松潤のやりきれない表情がいいですね。ここからTVつけた人は松潤の質問かと思うよ(笑)


パンツは見えないと言われ、


「夢がなくなった…」


と翔珍…いや、(だから、もうっ、みぃ。のパソコンが最近言葉を全く思い通りに変換してくれません(笑))消沈する相葉ちゃん。


「お前ゴルフの夢、どこ見てたんだよ!」

なニノちゃん。

女子プロゴルファーさんってもう、みぃ。、誰が誰だか失礼ながら全く分からないんですけど、以前、誰かにおんなじこと聞いてなかったっけ…。聞いたのが相葉ちゃんだったのかも覚えてないけど、真後ろに立つ人とかいるって話をしていたような…
そもそも、横峯さくらさんだったかなあ?あれ、それ去年の新年一発目のゲストとかじゃなかったっけ?


そして最早、挙手をしていないニノちゃん。
やっぱり鼻が…鼻が気になるのですかっ!
みぃ。がお鼻をチーンしてさしあげます。
いつでも呼んで下さい。電話番号は、090の…あれっ?いらない…?そうですか…

相葉ちゃんワールド炸裂だなと思ったのはまだ翔ちゃんもニノも質問してないのに、中島さんにあてたところ。なんて人なんだ(笑)当てられた中島さんも「嵐でまわると思ってた」と言ってましたが、びっくりです。

貯金って、でも、みぃ。も気にしてないけどな(笑)いや、全然持ってないけど、多分そういうところ無頓着なのかも。いや、毎日ちゃんとお小遣い帳的なものはつけてますけど、銀行のお金の残高ってあんまり気にしてないかも。お財布の中にいくら入っているかは気にしても、銀行にいくらあるかって、なんか、大きな買い物しようとして貯金中とかだったら別だけど、あんまり気にしてないな~…それこそ嵐のみんななんかも、気にしてないんじゃないの?って思うけど。車を買おうとか家を買おうとか思った時に「オレ、いくらあったっけ?」って思う位じゃないのかな~?違うのかな?まあ、Mr.マネーニノミヤは貯金箱に正の字書く人だからこまめにチェックしてるのかな?

ゴルフの服翔の(もういいって…しかも、翔ちゃん+服っていうのがナイスチョイスだな、このPC)いや、副賞の、車が換金できるというのはみぃ。も知らなかったけど聞いた時のニノちゃんの顔がアイドルとは思えません。なんだ、あんなにおっきな口開くんだ。おめめも開きすぎだよ。怖いよ(笑)


フィッシングボートと言われて即座に大ちゃんを見つめるニノちゃんがイケめてるheart02そしてスイッチがようやくONになったような大野さん。


親戚のおじさんにあげたといわれ

「なんでぇ~?」 とむくれる大野智30歳。

可愛い…。可愛いよ。大ちゃん ((*´∀`*))


でも…
なんでって、アナタ、宮里さんの親戚でも彼氏でも…ないですよね。
宮里さんがアナタにボートあげたらそれ、おかしいでしょ(笑)

もう、親戚のおじさんに、なっちゃえばいいのに!(笑)



そしてニノちゃんの番がようやく来たheart01


「あーいいえぐりだなっこれ。」


「えぐれえぐれ!」 ←おかしいだろこの掛け声。


にのあいが…やっぱり可愛い。 (*´∀`*)

質問のファーストキスには答えてもらえなかったけど、初恋の話をちょっぴり。
地元に帰った時にはたまに逢うけど、相手は結婚して子供もいる、と聞いてやんややんやしている(いつもの「オィ~っup」ってやつね)中、ニノちゃんがこれまたステキ。


「オィ~っupなかなか大人の恋愛っup


語尾あげたよ、この人。
どんだけ、可愛いの…。 (*´ω`)
しかもね、この言葉が翔ちゃんと松潤にとってもうけていて、そのことにちょっぴり照れている様子のニノちゃんがこれまた、可愛い。ああ、ホント可愛いなあ、この人…。



それにしても。

ファーストキスの、場所と季節。
場所だけでなく、季節も大事なんだ、ニノちゃん(笑)

翔ちゃんがまだ質問していないにもかかわらず、何故、大ちゃんが2回目を指名されたのか、これまた相葉ちゃんワールドな気がするのですが


「おっきな声ではっきりとねheart01

というニノちゃんの言葉が、みぃ。の初夢にクロスオーバーします。
パパになったらこうやって授業参観の前に子供に声をかけてくれるのだろうか…
な・ん・てっ (((w照´Å`れw)))



結婚したら引退するかもという話の中で、相葉ちゃんが素敵な言葉でまとめます。


「藍ちゃんが幸せならいいと思うよ」


「キャディーさんは人生まで支えてくれるんですね!」


「生涯サポートだ!」



実は、金曜日、会社に行ったら相方ちゃんが「相変わらず翔ちゃん面白いこといっぱい言ってた」みたいなことを言ってきたんですけど、うん、まあ、そうだよね、そう思うけど、ニノちゃんも相変わらずキレのあること言ってたのに、な…。なんか、うちの相方ちゃんの中では結構ニノちゃんはスルーされていることが多いような気がする……(涙)




→続く。

| | トラックバック (0)

ひみつの嵐ちゃん 2011/1/14 ①

新年一発目のひみつの嵐ちゃん、V・I・Pルームゲストは宮里藍さんでした。
ゴルフ好きの相葉ちゃんのテンションが、◎でしたね。

たまたま、昨日は早く帰宅して、Gの嵐の相葉すごろくを見てたんです。それで、その相葉ちゃんのテンションを、部屋でちびまるこちゃんに出てくる野口さんのような「クックックッ…」って笑いをしながら1人で楽しんでいたので、(怖いヤツ…)そのままのテンションのままひみつの嵐ちゃんになだれ込みました。

さて、まず、みぃ。は、どうしても言いたい。

今から、多分、非常に珍しいことを言うので皆さん、覚悟して下さい(笑)。







…松本さんが、可愛い。 * Д )



ほらーみんな、びっくりした?したよねっ?

いや、自分が一番驚いてるからさっ、この発言(笑)。


最初に出てきた時の、松本さんの、珍しくなんだかほわぁっとしているお姿がやけに美人さんで。
松潤に柔らかい空気を感じることって、みぃ。的にはほっとんどないんだけど、大ちゃんバリのほんわかさを感じたのはみぃ。だけでしょうか。うーん、美人さん。
なんか、手をたたくのやめてピタッと止まってる時の手も可愛い。

そしてっ。その横の二宮さん。…風邪気味でしょうかね。
お鼻が痒いのでしょうか…TVに、ガッツリ映ってますよ?

次の瞬間には顎をちょっぴりあげて翔ちゃんのお話を聴く体勢へ。



…ヤバい。



…ああもう。



こんななんでもないオープニングからして、愛おしいぞ、二宮さん。 |壁|´Д`)。o○




もうさあ、年明け、VSとしやがれのSPはあったし、みぃ。はGANTZにしやがれも観れたし、GANTZ星人式のワイドショーとかでも…観てるよ、いっぱい。
でもでも、やっぱり、自分たちの庭に立つ嵐さんを観るのが久々すぎて、なんかもう本当に何もかも、愛おしいんですけど…。これ1時間翔気…いや、違うぞ。正気を保てるのだろうか。


翔ちゃんのご挨拶に続いて繰り返す他の4名。


うん、なんか、若干、いつもと違って付いて行くのが遅い松本さん。
おめめぱちぱち。shine (*ΦωΦ*)shine

…あれ。なんか、やっぱり今日の松本さん、えらく可愛いなあ。

一時停止すると、なんか、夫婦のようです、翔ちゃんと松潤。



そして新年の抱負なんぞを。

みんなのを聞きたいって振りだったので、実際は全員に聞いたんでしょうか?
ON AIRは大ちゃんだけでしたけど。

そして突然のこの言葉。


「智っぴは?」


智っぴさん(なんでだろう、誰もつっこまずスルーなのは…。それともカットされただけで、VSの『松っちゃん』呼びみたいなわちゃわちゃはあったのだろうか。)
なんの前触れもなく、そしてその後のやりとりもなかったのならば、物凄いことです、櫻井さん。


「5人でミュージカルやりたいです」


ホントに、昨日は、個人的なタイミングの問題ではあるんだけど、Dの嵐とかGの嵐とかを見ていた直後なだけに、笑いもひとしおです。


NYで、ミュージカルとか観たんでしょうか?(大野さんにアンテナ張ってないもんで、ワタクシ、大ちゃんがNYに言った事は知っているのですが、何して来たかは知りません…ごめんなさいsweat01
子どもの絵が描きたいとか、ミュージカルやりたいとか、あーなんかもう、今年の大野さんは芸術祭りの一年になるのだろうか。楽しみなんだけど。物凄く。
…あ、でも怪物くんの撮影で2週間位海外行くんでしたっけ??カレーに関連するアジアの国って、インドかタイしか浮かばないんだけどなんか、どっちも大ちゃんとの画が想像しにくいな(笑)しかも、怪物くん3Dは楽しみだけど、海外ロケっていうのがどうも。そもそも怪物ランドとかの戦いなので海外に行く意味はあるのだろうか。どんなストーリーになるんだろうか。20億…。謎すぎる。まあ3Dだからお金かかるよねっとは思うけど…。まあでも、怪物太郎には相当萌えたので楽しみ。
…話が脱線しましたが、このところの大ちゃんは何に感化されちゃってるのかしら。

松潤が何か言ってましたね。
よく聞き取れませんでした。あれはニノに言ってたのかな?大ちゃんにかな?

嵐さんの番組観ていて、凄く好きなシーンのひとつは、こういう、メインで喋ってる人とか、カメラに抜かれている人の後ろで、マイクにも拾われずに普通に会話しているお姿。
これって、例えば会社の朝礼中とかに、部長の話とかを聞きながら隣の人と「バカなこと言ってるねえ」みたいにぼそっと話す、ものすごーく自然なリアルな会話なわけで。
なんか、芸能人なのに、カメラまわってるのに、こういうことをついサラッとやっちゃうところがたまらなく好き。


でもね、智っぴさん。



「行くぜ!みたいになって、それが自然と踊りになる」


ってどんなミュージカルなんでしょうか。

ええ、めっちゃ気になります。 (+`・ω・´)


翔ちゃんの目標を聞いているところ、画が明らかにおかしいです。
「今までないの?」と聞く松潤が完全に3人に背中を向けていることもあり、ニノ・相葉ちゃん・大ちゃんが同じ態勢で、ちょっと離れた位置で取り残されてます。まあ、この番組は並び順的にいつもこんな感じなんだけど一時停止すると、ちょっと、あまりのこう…おいてけぼり感に、若干うけてしまいます。ニノちゃん、どこ観てるの?大ちゃん、そんな真剣に翔ちゃん見つめなくても(笑)みたいな。そして、3人とも同じポーズなんだけど、ニノちゃんだけやけに左足がくねってなってて可愛いの。



番協に行かれた方がもしいらっしゃったら是非教えていただきたいところが結構この回はみぃ。的には沢山ありました。智っぴさんのくだりもそうなんだけど、最初の印象。


ニノちゃんの『美人好き』

アップで抜かれても、ニノちゃん、一言も、発してなかったじゃないですか。
否定も、肯定も、しないっていう(笑)。

しかも、宮里さんが出てきてからも、ニノの印象には触れていなかったので、あれ実際の収録時は何か言ったのかな~。っていうのがちょっと気になってまして。
言葉を失っているニノちゃんっていうのも、可愛いのでいいんだけど。



美人好き……………。



…………みぃ。ではダメですか…? (-ω-`)
 (違うだろっ!オイ!)
 

『ギャップ王子』と言われた大野さんの、失笑はなんなんだろう。
喜んでも悲しんでもいない…あの表情。
やっぱりこの人、良くわからん人です…まあ、それゆえの『ギャップ王子』なんだろうけど。
でもね、確かに大ちゃんって、歌ったり踊ったりしている時やっぱり、上手いしカッコいいんだけど、嵐さんが歌ったり踊ったりしてる時って…ほぼずーっとニノちゃん観てるじゃないですか、みぃ。は。だからやっぱり、みぃ。の知ってる大ちゃんは、歌ったり踊ったりしている大ちゃんじゃなくてニノと一緒にフレームインしているお姿なので、あんまり『ギャップ王子』って思わないと言うか…(笑)みぃ。の中では大ちゃんは、どこまで行っても大宮だったり山だったりの大野智さんなんですね。ふふ。 (*´∀`*)


それと、翔ちゃんの『言うほどなで肩ではない』にはもう、ホント、爆笑。
みぃ。もなで肩なので、凄い…翔ちゃんの悲しみはよくわかるんですけど(肩にかけたバッグとか良くズルズル落ちてくるし…なんか洋服がキまらないっていう…)この時は、肩パッド入ったスーツだからあれなんだけど、このあとのマネキンファイブの時のカーディガンの時。あっはっは。やっぱり結構な、なで肩だなあって思います、ああやって並んで映像出すとね。
もう、それが可愛い。

しかし思わず「ほら!」なんて嬉しそうな翔ちゃんに対し、どこまでも冷静なニノちゃん。


「『言うほどなで肩ではない』ってことは、『なで肩』なんでしょ?」


ええ、そうですね(笑)


「そっか。…ほんとだ。『なで肩ではあるが』『言うほどなで肩ではない』」


最後は仲良く嵐さんみんなでハモってました。




BIGゲストが来てくれたことに対して…


「言ってみるもんだな、TBS。言ってみるもんだよ、言うだけタダなんだから」


ニノちゃんのこの言葉、では遠慮なくみぃ。も実践させて頂きます。


「ニノちゃん。みぃ。をお嫁にして下さいheart01初夢叶えて下さいheart04


…言ってみるもんだよ、言うだけタダなんだからsmile



…あれ?こういうことでしょ?違う? A´Д`;)ゝ・゚・





今日は長いです…

なぜならば。

ニノちゃんだけでなく、珍しく色々なところを見ているから。
新年一発目だからね(なんだそれ)。

→多分③か④まで続く。

| | トラックバック (0)

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/9 ④



「タイトルは『リスナー親書(?)』です。和くんとSTBYが、予想して外れたら罰ゲームと言うコーナーです。例えば、『何月生まれのリスナーが多いか?』がテーマだったら、リスナーに、何月生まれか投稿してもらって、2人が予想します。結果から遠かった方が、罰ゲームです。ちなみに、タイトルコールは、T.A.B.O.O.に合わせて、STBYにお願いします。」




STBY「へぇ~。なかなか、ねっ。面白いかもしんないですね。」


ニノ「そうですね。」


STBY「今までやってた、クイズ…、コーナーの逆バージョンですね。」


ニノ「そうですね。どっちが当てるかって事でしょうね?」


STBY「そうですね。うん。成程。」


ニノ「成程ね。」




「私が考えたのは、去年、断捨離と言う言葉をよく見たので、リスナーが、捨てられない物と、なぜ捨てられないのかを、書いて、ニノに、捨てた方がいいと思うのかを判定して頂きたい。」




ニノ「ふぅ~~ん。(←めちゃめちゃ興味なさそう。「ふーん」とも思ってなさそうな声のトーンがやけに可愛い。(笑))断捨離っていう言葉が、よく見たんですって。俺、1回も見なかったなぁっ。雑誌?テレビ?テレビも全部。」


STBY「へぇ~。」


ニノ「全部!?ホントに全部?んふっあっそ。」


STBY「初めて、僕も聞きましたけど。」


ニノ「でも、捨てた方がいいと思うのか、それを判定して頂きたいんだって。捨てられない女、捨てられない男、みたいなの、テレビでやってましたもんね。」


STBY「あぁ~。」


ニノ「スーパーニュースとかで。ねっ。」


STBY「(笑)」


ニノ「俺、結構捨てる派なんで。」


STBY「僕はもう、完全に捨てる派ですね。」


ニノ「あぁ~、じゃあ~、もう~、これ、多分、何でも捨てるっていう結果になると思いますね。」


STBY「あぁ~、もう~、結果になると思います。」


ニノ「って、ほとんど捨てますよ。」


STBY「あの、僕、全部捨てます。」


ニノ「あはっ(笑)いやいやいや、じゃっ、なんで買うんだ。」 ←なんだか今日は、ひとつひとつの言い方が可愛いところが物凄く多くて、萌えまくりheart04


STBY「(笑)」


ニノ「んっふふふ(笑)全部捨てるんだったら、いよいよ。」


STBY「全部…、全部…、まあ~、捨ててはいけない物も捨ててしまいます。」


ニノ「あぁ~、そう。俺もね、あの~、あげちゃいます。」


STBY「はい。ああ~。それ…、それの方がいいかもしれないですね。」


ニノ「うん。だって、嫌なんだもん。でも、それは俺にとって、だけなのかもしれない、…って思うと、あげます。…後輩とかに。なんか、なぁ~んもない…家…、を、目指してます。」



※…ねえ、大丈夫?メンバーからのお土産とかも捨てたりしてんじゃないの、この人coldsweats01ドキドキ…。



STBY「わかる。」


ニノ「わかる!?」


STBY「わかる、それ。」


ニノ「なぁ~んもないのよ。」


STBY「なんにもない、わかる。」


ニノ「そう。『俺んちぃ~』、なんか飲んでて、ね?みんなで飲んでて、じゃあ、ちょっと…『ニノんちで飲もうぜっ』つって、『いや、いいけど、俺んちなんもないよ、マジで』つって。」


STBY「(笑)」


ニノ「ホントになんもないって言う家を、今、目指してんです、僕計画中なんです。」



※ホントに、この人って全力で遊んでくれるよ。もう、ホント、可愛いなあ…heart04


STBY「(笑)わかる、それ。(笑)」


ニノ「『うえっ!ホント何もねぇ~んだな』って、いう家を…。」


STBY「(笑)何もない家…。」


ニノ「目指してるんです、今僕。」


STBY「あぁ~いいかもしんない、それ。」


ニノ「だから、もう捨てられるもん、結構捨ててますね。……ホントに。」


STBY「なぁ~んにもないですね、ホントに。」


ニノ「うん。」


STBY「シンプル。」


ニノ「ホンットに何もないんだなっつう~。」


STBY「(笑)」


ニノ「って、いう、のを、やっぱり、ちょっと、目指してる最中なんで、僕、結構、今、何でも捨てちゃう…、ってますね。」


STBY「是非。」


ニノ「けっ…結構…。だから、いい…、有りかもしんないよ、意外に。」


STBY「ねっ。はい。」



※なんかこれ新コーナーになったら、メール読んでる途中でバッサバッサと、「はぁーい、捨てちゃってくださぁーい。」って言われそうなんだけど(笑)、全部。




ニノ「それでも、多分、捨てちゃダメだってのはわかってるから俺。これ、捨てちゃダメだろうなってのは、わかってますよ。」


STBY「あぁ~、そこの線引きだぁ!」


ニノ「そうそう。金メダルとかね。」


STBY「(笑)」


ニノ「ああいうメダル系は捨てちゃダメだって。」


STBY「メダル系は捨てないですね。」


ニノ「その…、お母さんが言ってたよ。」


※か、可愛い… (/ー\*)



STBY「獲った証ですから。」


ニノ「そう。野球の金メダル…、なんか、少年野球ん時に獲ったやつとかねっ。賞状とかも捨てちゃダメだって。」


STBY「そうですね。」


ニノ「名前書いてあるから、あれダメだっつってた。」

※ええええええっ!!理由は、名前書いてあるからなんですかっ?(笑)いや、別にシュレッダーすりゃいいから。多分理由は違うと思うんだけど…それも獲った証ってことじゃないの?(笑)



STBY「(笑)」


ニノ「んふっ(笑)ダメだつってた。」



「私がやって欲しい新コーナーは、『凄そうで凄くない、でもちょっと凄い私の自慢』です。普段心に秘めてるけど、友達や家族に言うほどでもないちょっとした自慢を皆さんと共有しようという企画です。ホントに些細な自慢を、打ち明けて、ちょっとした優越感を得られると思います。」


ニノ「いいんじゃないんすかぁ~?」


STBY「うん。」


ニノ「どうですかぁ~?あります?例えばあります?STBYは? まっ、でも、ないかぁ~。」


STBY「いやぁ~、僕ねぇ~、あんまり、自慢…、しないと思いますよぉ~。自慢できるものないですしぃ~。」


ニノ「うん。」


STBY「まっ、こう~自分から、言いませんよね?言いますぅ~?」


ニノ「いやっ、言わないっすねぇ~。2日寝てないよ。とか、そういう事ですか?」


STBY「ああ~、そういう自慢ですかぁ~。」


ニノ「えっ!?」


STBY「えっ!?あっ!と、まっ、自慢というか…、」


ニノ「凄そう~で、凄くない、でも、ちょっと凄いっていう…」


STBY「ああぁ~、まあ~、そういう…、そういうレベルなんですね。」


ニノ「昔、でも、何時間寝てない、みたいの流行りましたよねぇ~?」


STBY「ありましたね。」


ニノ「ねっ。」


STBY「流行りました。流行りました。」


ニノ「そういう事じゃないんすか?」


STBY「まあ、そういう事ですよねっ。」


ニノ「多分。」


STBY「ちょっとした自慢…。」


ニノ「うん。3分ぐらい息止めれるとか。」



※…なんかいちいち可愛いなあ、この人。


STBY「(笑)」


ニノ「そういう事でしょう?」


STBY「そういう事ですね。」


ニノ「あぁ~…。あります?ないんだよなっ、STBY。」


STBY「ないです。ないですね。」


ニノ「うーん。」


STBY「ないですねぇ~。」

 
ニノ「なんででしょうねっ。じゃっ、スゲェ~自慢はあるんすか?」


STBY「これもないんですよ、凄い自慢も。」


ニノ「それもないんだ。」


STBY「ないです。」


ニノ「さぁっ。今日はここまででございますけども。えー…、まあ~、今までのありましたけども。」


STBY「はい。色々ねぇ~。」


ニノ「ちなみに前回の候補は、ペンネーム『まゆ』さんの、嵐以外のお薦め曲を紹介するっていうものとね…、はいはいはい。ペンネーム『嵐の、ね、歌をみんな…歌は、みんなを温める』さんが考えた、イラっとした事やあり得ない事を、ごめんなさいって言って欲しい事を募集する『ニノの小部屋』ペンネーム『ニノちゃんと相葉くん結婚して下さい』さんの、『戻りTime』あの時に戻りたいなといったエピソードを募集、する、と、いう。考えよっ!みんなで。」


STBY「そうです。考えましょう。」


ニノ「ねっ。」


STBY「なかなか面白いですよね、色々ね、話が。」


ニノ「もうSTBYが、もし、やって欲しいって言うコーナーがあれば、随時、あの、メールフォームありますんで。」


STBY「あっ、わかりました。」


ニノ「送って頂ければねっ。」


STBY「はい。」


ニノ「僕ら、あの、見つけて、んふっ(笑)」


STBY「見つけて。」


ニノ「はい。」


STBY「読むか、読まないかは別としても。」


ニノ「うん。その変わり『本物のSTBY』って書いといて下さいね。」


STBY「(笑)わかりました。」


ニノ「ペンネーム。」


STBY「わかりました。それいっぱい来ますよ。(笑)」


ニノ「えっ!?」


STBY「今それ放送で言ったら、いっぱい『本物のSTBY』っていっぱい来ますよ。」


ニノ「いやっ、でも、んふっ(笑)文字の…、あの…。」


STBY「あっ!」


ニノ「クオリティー…。」


STBY「クオリティー?」


ニノ「文面のクオリティー見れば、たぶん、これが、ホントの本物なんだなぁ~って、いう…。」


STBY「あっ、そうですね。それわかりますね。」


ニノ「わかるんで。」


STBY「ええ。」


ニノ「大丈夫。」


STBY「わかりました。」


ニノ「でも『本物のSTBY』って、ペンネームで、送って来てくれれば。」


STBY「かしこまりました。」


ニノ「ちょっ、考えますんで。」


STBY「はい。」


ニノ「是非ともね、えー、ちょっと楽しみに、待ってて頂きたいなっという風に思います。」


STBY「はい。」


to be free



ニノ「さてっ、えー、今週の大賞は、『コーナー化されたらうれしいなぁっ』さんに、おん… (温泉って言おうとしたんだと思います) あっ、銭湯に行くって言うさん、に…、を、あげたいと思います。もう、なんか…、わかんなくなっってきちゃった。」



※超絶可愛い~!!!!



STBY「(笑)」

~ペンネーム大賞、お便りの宛先など~



ニノ「という事で。ああ、じゃあ、STBYから一言もらって。」


STBY「はい。」


ニノ「終わりましょう。」


STBY「2011年スタートしましたけど、どうですかぁ~?お餅食べましたぁ~?おせち料理食べましたぁ~?」


ニノ「はい。ありがとぉ~ざいます。という事で、んひっひひひひ(笑)今週の、お相手は、二宮和也でした。また来週。」



※いやあ、もう、ホント。、今週はいろんな意味で衝撃でした。
お宝音源が聞けるような新コーナーを何か考えなくては…。
そして大爆笑のニノちゃんだったり、喋り方も、発言も、全て今週は可愛さ倍増で。
なんだーもう、この可愛さは…。って感じでございました。
ニノちゃんも非常によく笑ってましたしねheart01なんか、珍しく結構、メール読んだりしてるときグダグダになってたけどそれもホントに可愛かった。

| | トラックバック (1)

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/9 ③

クイズ!ラジオなのに



前回のクイズ

「STBYは、誰のモノマネをしたんでしょう?」

1番:渡辺陽一さん
2番:マツコデラックスさん
3番:AKB48さん



~それぞれに投票した人の理由紹介~

正解→2番マツコデラックスさん



ニノ「さあっ。」


STBY「さあっ。」


ニノ「それではですね、正解した方の中から、1名様に当たる、僕が描いたイラス…トの、ステッカーセットは、えー、ペンネーム『ぽいぽい、ぽい、ぽぽい、ぽいぽぴーな嵐ファン』さん……。んふっ(笑)何笑ってんの?」


STBY「(笑)」


ニノ「何で笑ったの?今?理由は、『AKBだと思ったので、敢えてマツコにしました。』」


STBY「ほぉっ。」


ニノ「…さんに。ぜーんぶあげたいと思います。」


STBY「はぁい、どうも、ありがとーございます。」


ニノ「さあーっ。気になる正解率は、なんとっ!19%と。」


STBY「ほお~…。」


ニノ「これはですね、圧倒的にAKB48さんだと思った人が多かったのが原因らしいですよ?」


STBY「へぇ~。成程成程。」


ニノ「まっ、正解率も残念なのですが、この『クイズ!ラジオなのに』も、今回で、最終回です」




※え~っ!!!!お宝音源はぁ~????




STBY「(笑)なるほ…。」


ニノ「んふっ(笑)ぐあっはっはははは(大爆笑)!!!!」



※ものすっごい大爆笑です。みぃ。がニノを好きになってから一番の大爆笑かもしれないってくらいの大爆笑を聞いてしまった気がします…



STBY「(笑)最終回ですかっ!?」


ニノ「んふっ(笑)」


STBY「また、なんとも、ね。」


ニノ「そうですね。」


STBY「はい。」


ニノ「もっと、重々しい空気でやればいいかな?っと思ったんですけども、まっ、でも、僕も、今、初めて知ったんで。」


STBY「はい。そうですね。」


ニノ「最終回って事を。」


STBY「最終回。」


ニノ「読んでったら、最後って書いてあったんで。ぐふっ(笑)」


STBY「そうですね。」


ニノ「でもぉ。これは新たな始まりなんだよ、みんな。」


STBY「そうです。終わりがあれば始まりもある。」


ニノ「そう。始まるから終わるんだよ。」



※ん?逆にしただけ?これ、STBYが言ってたら「あの、それ、今僕いいましたけど。なんで2回言うんですか?逆にしただけですよね?」とかってニノちゃん絶対つっこんでるような…(笑)



STBY「そうです。」


ニノ「だからさぁ。」


STBY「はい。」


ニノ「別にいいじゃないか。」


STBY「そうです。」


ニノ「終わりが悲しいわけじゃない。」



※うん、別にコーナーが終わるのが悲しいんじゃないんだ。
お宝音源が聞きたかっただけなのさっ…

STBY「そうです。」


ニノ「フリーターだって終わるから、次の新しいドラマが始まるわけで。」

※単純に、フリーターの後の、次のクールのドラマのことを言ってるんだろうけど、「お、お宝音源…」って思って凹んでいたので、一瞬もうニノちゃんに次のドラマ決まってるのかと思っちゃったよ。ちっ。



STBY「そうですねぇ~。」


ニノ「そういう事なんだよっ。世の中ってのはね。」


STBY「はい。」


ニノ「だから…。あっ、なぜなら『お願い!新コーナー』のメールの中から、んふっ(笑)新たにコーナー作ろうと思ってるから終わるんだよっ。」


STBY「おお~。」


ニノ「だから、大筋間違ってない、俺が今言ってた事は。」


STBY「そういう事ですよね。」


ニノ「うん。誰のコーナー案が採用となるのか、みなさんから届いたメールを紹介して行こう、と。」


STBY「はいはいはいはい。」


ニノ「ね。ペンネーム『クラスの流行語はSTBYです』だって。」



※切り替えはやっ!!




STBY「うぇーっい。ありがとうございます。」


ニノ「くふふふふ(笑)」


STBY「(笑)」

| | トラックバック (0)

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/9 ②

「新コーナーは、【STBY七変化】(STBY「おっ!」)このコーナーは、STBYが二宮君になりきって、リスナーの皆さんからの質問に答えると言うコーナーです。(STBY「はい。」)多分、ツッコミどころ満載になって凄い面白いと思います。多分ですけど。」




STBY「いやっ、多分じゃないです。事実ですね。」


ニノ「あっ、面白くなるって事ですか?じゃあ。」


STBY「まっ、面白くなるかどうかは別として、ツッコミどころ満載ですね。」


ニノ「でも。どうですか?この…。」


STBY「はい。」


ニノ「STBYがなりきって…。」


STBY「二宮和也になりきると。」


ニノ「そうですね。なりきって、リスナーからの皆さんからの質問に答えると。」


STBY「答えると。…いやぁ…、ちょっと放送…、出来るない、事も発生してしまうかもしれません。」


ニノ「出来るないって、どっちですか?」


STBY「(笑)出来ない。(笑)」



※ニノちゃんってこういうの喜びますよねえ。ホント小学生みたいだな。





ニノ「出来るんですか?」


STBY「いやっ、出来、出来ますけど。」


ニノ「うん。」


STBY「ちょっと、これは…、死神ディレクターが、編集が大変だと思います。」


ニノ「でも、まっ、そこは頑張ってもらう価値が、もしかしたらあるかもしれなかったら、それは死神だって頑張りますよ。」


STBY「成程」


ニノ「死神だって、いちお立派な大人ですから、めんどくさいからやりたくないっていう考えはないですよ。」




※うん、でも、ニノちゃん、アナタには…あるよね?めんどくさいからやらないって、ニノちゃんの辞書には…ガッツリ、あるよね?結構最近のベイストでも言ってたよね?(笑)




STBY「あぁ~そうですね。」


ニノ「面白く、ぐふっ(笑)なるんだったら、別に、んふっ(笑)そこは編集しますよ、っていうだけで。」


STBY「成程。」


ニノ「あの、くふっ(笑)いつも編集しないのは、多分、めんどくさいからしないんじゃないですよ。」


STBY「あっ、違うんすね。」


ニノ「そうそうそう。」


STBY「結構しますね。」


ニノ「そう。だから、それは。ね?死神だって、それは、これ、やる価値があるって言ったら、それは死神だってやりますよ。」


STBY「成程」


ニノ「どうです?ちょっと…、前向きに。」


STBY「いやっ、ちょっと、前向きにね…。」


ニノ「検討してね。」


STBY「検討しましょっか。ね。」



ニノ「うん。」 ←子供みたいで可愛すぎる「うん」でした。





「私が考えたコーナーは、その名も『嵐ベスト3』です。嵐のメンバーが出演してる映画や、ドラマや、楽曲などで、自分の中のベスト3をエピソード付きで発表するコーナーです。
ちなみに、わたしさぁーん…
(ニノ「わたしさんじゃねえやっ。んふっ(笑)」私は、 (ニノ 「んふっ」 嵐さんの曲はどれも好きなのですが、ちなみに、『風』の前向きな歌詞が好きです。他にも色々ベスト3を発表したいので、このコーナーを採用して下さい。」





STBY「ほ~。」


ニノ「成程。」


STBY「成程成程成程。ベスト3。」


ニノ「ベスト3。」


STBY「う~ん。」


ニノ「どうですか?」


STBY「はいっ?」


ニノ「ベスト3。」


STBY「ベスト3。」


ニノ「じゃっ、STBYの、嵐ベスト3は何ですか?ドラマ、映画、楽曲、など、など。」


STBY「はい。まっ、いろんな分野ありますけど。」
 

ニノ「ええ。…もう、ジャンル問わずって事でいいんだよね?」


STBY「嵐のベスト3ですか?」


ニノ「えぇっ?『嵐ベスト3』ですから、なんてったって。」


STBY「成程ね。」


ニノ「うん。まあ、こぁ、コンサートとかでも、いいんじゃないですか。多分。」


STBY「あ~、そういうおっきなと言うか…。」


ニノ「そう、もう~、ざっ…、ざっくりでいいんじゃないですかね?」


STBY「いやぁ、そりゃぁ~、1番はコンサートですよ。」


ニノ「はい。」


STBY「はい。2番はバラエティー。」


ニノ「…はい。」


STBY「3番は…、何でしょう?楽屋?」


ニノ「楽屋?」


STBY「はい。」


ニノ「んっ…ふふふ(笑)」


STBY「(笑)楽屋の雰囲気…、みたいな。」


ニノ「あぁ~成程ね。んぐふっ(笑)STBYらしい…。特に、なんか…、面白そうなエピソードが転がってる雰囲気も、まっ…たくなく…」


STBY「全くないですね。」


ニノ「ざっくりした、答えでしたね。」


STBY「そうですね。」


ニノ「まあまあ~、こういうのがね、ファンの人が、見たい…」


STBY「聞きたいって事ですね。」


ニノ「まっ、いいんじゃないすかぁーっ。そういうのは。」


STBY「はい。」


ニノ「別にねぇ~。」


STBY「そうですねぇ~。」


ニノ「いいと思いますよ。」






『ありがとう~世界のどこにいても~』 Hey!Say!JUMP

| | トラックバック (0)

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/9 ①

『規模がデカイ!!』



ニノ「はい、こんばんは。嵐のKAZUNARI NINOMIYAです。えー、今日のオープニングの一言は、ラジオネーム『ニノの輝く目が大好きです』さんから頂きましたよ。えーと…」



「私は、会話で、『デカイ』『超スゲェ~』など、今どきの言葉を使ったがありません。けれど、この前、友達が駅に飾ってあった美術作品を見て、『あれ、うちが小学校の時に図工で作ったんだよ』と冗談で言ったので思わず、『規模がデカイ』と言ってしまいました。折角16年間言わなかったのだから一生言わないようにしようと決めていたのですが、『デカイ』と言ってしまい、とても悔しかったです。」




ニノ「でも、デカいって今どきの言葉なの?」


STBY「う~ん…。ど~ですかねぇ?」


ニノ「デカイって別に…、あるんじゃないの?」


STBY「まあ~、そうですね。」


ニノ「だって…。」 


STBY「なんでデカイって言うんですか?」


ニノ「なっ…、ごめんなさいっ。」


STBY「あっ、すいません。」


ニノ「何?」


STBY「何でデカイ?デカイって何で?おっきいコト、何でデカイって言うんですか?」


ニノ「あぁ~、何でですかねぇ?それは自分で調べて下さい。」


STBY「わかりました。」


ニノ「んふっ(笑)疑問解決する」



STBY「そうですよねえ~?」


ニノ「番組じゃないんですよ、うち。」


STBY「あぁ~、ごめんなさい、間違えました。」


ニノ「そう。」


STBY「はい。」


ニノ「何でデカイって言うと思いますか、じゃあ。」


STBY「えっ!?」


ニノ「なんでおっきいモノを、デカイって言うんだと思いますか?」


STBY「う~ん。イメージですね、これは。言葉のイメージ。」


ニノ「言葉のイメージ。」


STBY「はい。」


ニノ「ほお。というのは?」


STBY「こう~、パッと見た瞬間に、おっきい…モノを…、デ・カ・イ、みたいな。」


ニノ「さあ。このようにですね、まだまだオープニングで僕が叫ぶ一言を、皆さんから募集していますので、詳しいエピソード付きで送って来て頂きたいと思います。そして、今夜は、クイズ!ラジオなのにの正解発表をします、が、またまたお願い!新コーナーに、えー、メー…、届いたメールを出来る限り紹介していきますので、楽しみにして頂きたいと思います。」



『HAPPY』 / BUMP OF CHICKEN



お願い新コーナー



「私が考えたコーナーは、その名も『コンサートメモリー』です。嵐のコンサートで印象に残った演出や、凄く好きな曲など、コンサートの思い出を語るコーナーです。ちなみに、私は、去年のコンサートでニノがギターを弾いてくれたのに胸キュンしちゃいました。あと、PIKA☆NCHIを、相葉さんが歌ってくれたおかげで、好きに…(ニノ「んふっ(笑)」)凄く好きになりました。」



STBY「(笑)ありがとーざいます。」


ニノ「あはははははっ(笑)」


STBY「(笑)」


ニノ「超上。…す、ごい上。」


STBY「いやっ、そんな事ないです。」


ニノ「ありがとーざいますっ。」


STBY「ありがとーざいますっ。」


ニノ「どうですか?『コンサートメモリー』」


STBY「とんでもない…、まあ…、まあ…。」


ニノ「まっ、でも、STBYには不向きなコーナーですね。」 


STBY「そうですねぇ~~。ちょっと…。照れくさいですねぇ~。」


ニノ「いやっ、照れくさいって言うか、(笑)全然、覚えてないですよね?」


STBY「いやっ、覚えてますよ。」


ニノ「ホントですか?」


STBY「はい。」


ニノ「じゃっ、2004年のコンサートで、一番好きな、演出って何ですか?」


STBY「えっ!?タイトルは何でしたっけ?」


ニノ「ほらっ。もう~覚えてないじゃないっすか。」


STBY「あっ、そうですね。」


ニノ「覚えてないんすから。苦手ですよ、絶対、ホント。」


STBY「苦手です、確かに。」


ニノ「僕も覚えてないですもん。」


STBY「(笑)コンサートなのにねぇ~?」


ニノ「うん。言われりゃぁ~、ね、あ~ーっ!」


STBY「あぁ~っ、そうそうそう。」


ニノ「それかな、みたいな。」


STBY「そうですねぇ~。」


ニノ「うん。」


STBY「そういうのありますけども、…なかなか…、細かくは思い出せない…ですよねぇ~。」


ニノ「Timeぐらいまでですか?Dream'A'liveって、あれ、DVDになってんすか?」


STBY「なってますね。」


ニノ「Dream'A'live?」


STBY「なってなかったでしたっけ?」


ニノ「いや、知らないっす。」


STBY「(笑)あれっ!?ほらっ、すぐ忘れちゃう。(笑)」


ニノ「全然…、もう何年前だ?あれ、2年前ぐらいじゃないですか?」


STBY「まっ、2008年ですよね?」


ニノ「3年前か。あれ、DVD化なってんですか?」


STBY「どうでしたっけねぇ~?」


ニノ「でも、なんか、なってるイメージはないですねぇ。」


STBY「う~ん。」


ニノ「パッケージ、を、貰ったら見て、それで、覚えてるハズなんで。…なってないと思うんだよなぁ~。だから、そういうのとかも、わかんなくなっちゃうよねぇ~。良く、みんな覚えてるよなぁ~。凄いよなっ。」


STBY「そうですね~。」


ニノ「うん。」

※なんでDVD化されないのでしょうか…。
Gimmick Gameをどうして残さないのでしょうか…。
虹なんか何回も入ってるのに(いや、大好きだけどさ。)

| | トラックバック (0)

ARASHI 10-11 TOUR “Scene”~君と僕の見ている風景~ ◆12/5 名古屋ドームレポ◆ なこさんバージョン ①

12/5、名古屋のコンサートレポをなこさんから頂きました。
ありがとうございました。
全日程網羅とはいきませんが、なんだかんだで、国立、大阪、札幌、東京、名古屋…と順調に、全会場分はレポが揃っており…皆さんのご協力に感謝してます。

そして毎回同じようなことを言ってるような気もしますが、本当に、毎回、当たり前だけどMCは違うし、席によって目にするものも全然違うし、三者三様、十人十色、みんな違うなあって思うと、お金はかかるけど、もうノーカットで全会場のMCをDVDに収録してほしいなあって思いますね(笑)

特に今回、この12/5は、周りから色々聴いてはいたのですが…絶対映像化されないと思うけど、MC完全収録を心より希望します!!(笑)


では、どうぞ~

Troublemaker

大阪でも入れてもらえなかったラスト。今日はどうなの??って、やっぱりこれが気になって・・・で、今日は、いや今日も、大ちゃんは入れてはもらえませんでした。入れてあげなかったのに、ダンスしながら大ちゃんのことチラチラ振りかえるニノちゃんが可愛い~❤

Attack it!

相葉ちゃんの挨拶、第一声が『盛り上がってんの~?!』じゃなかった気が・・・。 

こんなこともあるんだ。 

Let me down

この曲の前半かな、ニノちゃんと潤君、二人で肩を近づけて歌ってました。スクリーンに映った二人が嬉しそうに歌ってて。5×10の雨の中の『Beautiful days』(だったかな)を思い出させる感じでした。ニノちゃんと一緒だと、どのメンバーを見ても、微笑みながら見てしまう。ニノちゃんって、偉大★ 

1992*4#111

『ヒントはそうだなぁ』のところのニノちゃんが、超可愛い~❤考える時のポーズ(片手をアゴの下で、反対の手をひじの下にするポーズ)をしながら、歩いてて。この曲、ダンスするわけじゃないから、余計に可愛く見えちゃう。それに、この『そうだなぁ』のとこが大好きだから、余計に記憶に残ってるのかも。タララララ~のところは、フェイク?をたくさん入れて歌ってた気がします。やっぱり、ソロ曲は神曲★

★ハダシの未来

メンバーが順番に腕をあげてくところで、ニノちゃんがほぼ正面にとまって、テンションMAX!!ニノちゃんに合わせて腕をあげましたぁ~★

★ファイトソング


掛け声は『ソイヤ』(笑)今日もセリフ調。ニノちゃんに続き、潤君、相葉ちゃんもスクリーンでキメ顔★翔君に至っては、高田純次ダンス(笑)。何だか、翔ちゃん、テンション高い!!曲の後半、3塁側花道からセンステに向かって、大ちゃんがニノちゃんを追っかけだして、それから必死で逃げるニノちゃん。もう大宮、可愛すぎ❤何やってんの~?何で逃げてんの~?って、みんながきっと思ったはず。捕まえられたのか、逃げ切ったのかも分からないまま曲は終了。あの全速力じゃない、ちょっと女の子っぽいニノの走り方が、めっちゃ可愛くて。しかもナマだし(≧▽≦)追いかけられてるのに、後ろをチラ見しながら走るニノちゃん。まるで、昔の青春映画。海辺を走るカップルみたいだった(笑)『ほら、つかまえてごらんなさ~い』って声が聞こえそう(笑)

MC

ここからが今日のメインと言っても過言じゃないMC。まずは

【イリュージョン★】

翔 「リーダーはニノに何を渡そうとしてたの?」



大ちゃんが渡そうとしたのは、『let me down』の時に見つけた、大きめの透明な飾り。それがニノのじゃないかと思って、渡そうとしたみたい。さっき走ってたのは、そのせいらしく。透明だし、そんなに大きくないその飾り、「よく見つけたね~」とメンバーに言われてたけど、ほんと、実際、よく見えたなぁってくらい小さくて。でも、大ちゃんはこれがずっと気になってたらしい。ねぇ、ニノちゃん、これ、別に渡されてあげてもよかったんじゃ・・・。



「でもさ、これ、潤君のじゃない?」

って言いだして。潤君の最初の衣装についてるものじゃないか、こんなのがつくのは潤君のに違いない、ってことになり、いぶかしげにそれを受け取った潤君。じーっと見てると思ったら、パクッと口に!!会場中に『え~~~~っっ?!』って声が響いたら、「ここに持ってま~す」みたいなどや顔の潤君(笑)。入れてないだろうとは思ったけど、他のメンバーが「イリュージョンだぁ!!」って、騒ぎはじめて、全然イリュージョンってほどのことでもないんだけど、メンバーも会場もやけに盛り上がってました。何より潤君が嬉しそうだし(笑)ま、よしとしよう。 

【サンタとトナカイとプレゼント】

翔 「ちょっと確認したいんですけど~」


と、また翔ちゃん発信ネタ。

前日のコンサートの後のお話。ご飯を食べに行って、すごく眠かったから、持参した寝巻(って言ってからパジャマって言いなおしてました(笑)わざわざ言いなおすところが翔ちゃんらしい。っていうか、パジャマ持参してることに、ちょっとビックリ。でもそれも、翔ちゃんらしい(笑))に着替えて、電気を消して、寝ようとしていたら、誰か来たらしく、ドアを開けると、そこには、サンタとトナカイと、キャップをかぶったおじさんが立っていたと。



翔 
「そのトナカイは相葉ちゃん似で~」

この辺りから、会場もだんだん先が読めてきて、「おじさんはいくつくらいですか?」の質問に、


「ちょうど30歳」

翔ちゃんのこの回答で、会場も『おじさん=リーダー』って分かるんだけど、リーダーは知らん顔、相葉ちゃんもまだこの時点では、はっきり認めず(笑)そこで、翔ちゃんがハロウィンからの流れを説明。(Jrから)ハロウィンという名の『おやじ狩り』にあったので、そのお返しに、(Jr)サンタがプレゼントを持ってやってきたらしいと。で、そのサンタから貰った翔ちゃんのプレゼントは『付箋(ポストイット)』。・・・正直、え、ポストイット~?って、ビックリ。もっとほかになかったの~?Jrの皆さん。それより何より、そんなサンタとトナカイの横で、ちょうど30歳のおじさんが、(両手を眉毛の辺りに置いて、指を付け根から直角に折り、そのまま前に出す(←分かりづらいよね))ポーズをとって、「おやすみ!おやすみ!」って言っていたらしく、その意味が分からなかったと。(←そりゃ、そうだ)で、最初の質問に戻って、「みんなの部屋にもサンタとトナカイが来ましたか」、と。



潤 
「オレの所にも、サンタと相葉君そっくりのトナカイとおじさんが来ましたよ」

翔ちゃんの次にサンタ一行が訪れたのは潤君のお部屋。



「でもね、おじさんはすげー眠そうに酔っ払って立ってて、一言も喋んないの!一言もだよ?」

マッサージ中だったという潤君。そんな潤君の貰ったプレゼントは、『CD』。

気になるのは、ニノちゃん。


「オレだけ何も貰ってない!ハロウィンの時、5万もあげたのに!」

って、言い出して。え、ご、5万?!これまたビックリ。最近のニノちゃんに、ケチって言葉は似合わなくなってきたなぁなんて。


「いや、ニノの部屋に行って、30回くらいノックしたのに、出てこないの!何やってたの?」


「何か、廊下の方がざわざわしてたから、イヤホンしてDSしてました」

・・・ほんと、らしいというか。出てあげればいいのに~。 

面白かったのが、その後、リーダーの部屋で相葉ちゃんとジュニアの3人で飲んでいた時のこと。相葉ちゃんの介抱が必要なくらい酔っぱらったリーダーが、自分の荷物まとめて

『じゃ!』

ってどこかに行こうとしはじめて。相葉ちゃん、慌てて、

「リーダーの部屋はここだよ!!」

ってひきとめたらしいんだけど、その話を聞いた潤君。すかさず、


「そこまでリーダーにさせるなら、お前ら部屋帰れよ!」


と相葉ちゃんにツッコミ。ごもっともでございます(笑)少しも悪びれず話す相葉ちゃん、そんな時は、リーダーを寝させてあげて~(笑) 

ちょっと記憶が薄れて、順番が前後してるかもしれないんだけど、このあたりで、Jrサンタ登場。プレゼント貰ってないニノちゃんに、じゃぁ、今渡そうみたいな流れになって。 

白い大きな袋を、Jrサンタにそのまま渡されたニノちゃん。さすがに、嬉しそう★でも、中をのぞいてから、


「・・・これ、全部出していいの?」


って、ちょっと戸惑う。戸惑うようなプレゼントって、一体・・・。ステージにしゃがんで、一つずつ取り出して、並べていくその姿。子供みたいなんだけど、もう何やっても愛くるしい(笑)で、出てきたものが・・・、 

まず、マリオカートのハンドル、もひとつハンドル、そしてまたまたハンドル・・・。 

え、どんだけ、ハンドルあげるの??ニノちゃんも喜ぶっていうより、何で3つもハンドル?みたいな顔してて。 

Jr「一つは持ってると思ったんで、みんなでできるようにと思って」 

で、3つらしいんだけど、説明を聞いても、「う、うん」みたいなちょっと困り顔のニノ。

「他のメンバーは何だったの?」

の質問に、相葉ちゃんがワイン、潤君は大阪でイントロクイズをした時に、ミスチルの曲が分からなかったということで、ミスチルのCD、翔君はポストイットと答えていって。そういえば、大ちゃんは不明。(怪物くんの準備でいなかったのかな?)これを聞いたニノちゃん。

「だから、全部出していいのか?って聞いたんだよ、オレは」

確かに、お返しに差がありすぎる(笑)こういうところ、ほんと気を使う人だなぁ、って改めて思ったりして。でも、それを聞いた翔君が


「ポストイットっていっても、ブランドのいいやつです!」

って、一生懸命フォローしてたけど。さすが翔君。 

最終的に、ぶっちゃけ誰に貰ったプレゼントが一番高かったのか?って話になって。 

Jrの子、すごく言いづらそうだったけど、1番高かったのが、ニノちゃんで、一番安かったのが、潤君だったと。潤君、笑ってはいたけど、内心、こういうとこガラスのハートなんじゃないのかなぁ。 

「(潤君に)やられるぞ~!!逃げろ、逃げろ!!」と他のメンバーがJrをはけさせて、「嵐がJrの頃はこんなことしてなかったよなぁ」、みたいなところでこの話も終了。相葉ちゃんがJrに貰ったトナカイの帽子、

「持って来てるから後でかぶります!」



と宣言★

ここで、怪物くん。怪物くんトークもいろいろあった気がするけど、この日は他のMCのインパクトが強くて、あんまり覚えてません。 

→続く

なこさんありがとうございます。イリュージョンだあってわちゃわちゃする嵐のみんな、凄く想像つきます~!!可愛い可愛い~heart04
補足ですが翔ちゃんがジュニアから貰ったポストイットは確かブランド物で、エルメスだったかなあ、なんかそんなことどこかで耳にしました。個人的には、相葉ちゃんに「部屋帰れ」という松潤に萌えました(笑)
プレゼントに価格の差があって、「だから聞いたんだよ」ってニノちゃんが言ったことも、当日、耳にしてはいたのですが、本当にニノちゃんらしいなあって思って、凄く嬉しかったです。ニノちゃんのこういった気の使い方とか、本当に大好きです。
でも、ニノちゃんは5万出してるんだから、いいんです、高いもの貰っても!(笑)そしてちゃんとフォローする翔ちゃんもやっぱり翔ちゃんだなあと思う訳で。
やっぱり嵐さんっていいなあ。

爆笑のMCネタはまだ続きます。っていうかどっちかっていうとこのあとがメイン?(笑)

| | トラックバック (0)

嵐 松本潤 JUN STYLE 2011.1.8

久々にJUN STYLEですが、全文起こしはしてません。


すっかり投票を忘れていたのですが、実は、JUN STYLEで、嵐さんのカップリング曲の投票をやっていたんです。1/8はその結果発表の日だったので、そこの部分をちょろっと。



1位 Still...

2位 ファイトソング

3位 僕が僕のすべて



ということでした。

3曲に絞るなんて難しすぎる…。





ではまず3位のお話。


「この曲はですねぇ、僕も凄く…初めて聴いた時から好きで、歌入れする…時も、凄い気持ち良かったぁ…のを覚えてますね。
なんか、その時の自分たち…に、凄く合った曲と言うか、その年、2年前?2008年ですか?そう、『Beautiful days』『truth』とか出したり『One Love』とか…出した年なんすけど。
なんかねぇ、こうカップリングが、あぁなんか、こういう曲も、歌えると、凄くいいなぁ、って言う風に、この曲を歌った時に思った、記憶がありますね。
うーん。あの、auのCMもすごい印象的でしたよね。はい。」






ファイトソングについては…




「『ファイトソング』はねぇ、やっぱ、根強いですねぇ~。
最近は、やっぱ、なん…かこう、ライブの曲って言うイメージ(笑)がありますねぇ。
ライブの曲なんだけど、ライブであんまりちゃんと歌ったことがない、曲でもある、唯一の(笑)。ふざけまくってるって言う…感じですけども。
でもなんかこう、なんて言うんすかねぇ、勿論歌詞がいいの…かも知れないんだけど。なんかライブ、になると…う…たうことよりもこう、会場…が一つになるとか、みんなで、こう、ハイハイ言う、ゆっている所とか、が、凄くなんかこう、好きですねぇ。
何故か、そう言う方向にだから、テンション的に行ってしまうと言う。ちゃんと聴きたい人もいるとは思うんで、申し訳ないなと思うんですけど。
全体のなんかこう、全部で30曲近い曲を歌ってる中で、まぁ1曲ぐらいこう、テンションでやりたい曲って言うと、やっぱりこの曲になったりするんですねぇ。えぇ。」



うんうん、いいよいいよーそれでいいよーって思っちゃいました。

更に。

「1位の発表の前に。僕が、選ぶ…すげぇ難しいんだけど、やっぱりBEST3って。ん~…それこそ、『ファイトソング』とか、『五里霧中』とかって言うのは、凄くやっぱ、ライブで、歌ってる印象あるし。
あんねぇ、『五里霧中』が何故アンコールであんなにいいかって言うと、歌詞が凄く、俺は好きで、あの…最後、その、『さようなら』って、言う歌詞があるんだけど、そことかが、ホントに最後の最後にやるには、凄くなんか、自分が、合うなぁ~って言う風に思ったりしてて。
あとは、それこそ、国立とかでやってる時に、その、雨が降ってようが、降ってまいが、『本日は晴天なり』って言う所…とかが、僕は凄い好きで。1回目かな?一番最初にやった…時の、国立で…2008年か。8年の、確か、オーラスが…そうだったんだと思うんすよね。
で、俺らが、馬鹿みたいに、スライディングしたりとかしてたんだけど、丁度、それぐらいの時間帯に、雨が降ってきたんすよ。パラパラと。んで、それは、なんかこう、『雨降ってないよ』って言いたい、と思って、裏で『じゃぁ、どうしようか』つって、で、『五里やりたい』って、言って五里をやったんだと思いますけどね。
う~ん…なんか、結構思い出が。ありますね、この曲は。そう言う意味で、五里とかは。なんで、五里の話してんだ?ふふ(笑)
そうですねぇ~だから、ベスト3…って言うと…『僕僕』とかも捨てがたいんですよねぇ~。あっ、『僕僕』って、『僕が僕のすべて』ね。コレ、俺らの中で『僕僕』って呼んでるんで(笑)
え~とねぇ…、まぁ、1位は、その曲はあるじゃないですか?あとねぇ~、『スーパーフレッシュ』は、外せないすねぇ、僕。アレもねぇ、ホントは、アンコールとかでねぇ、やりたいんですよねぇ~。
そう。ただ、いろんなやっぱこう、メジャーな曲とか、明るい曲がある中で、アンコールでやるには、あまりにも、ちょっとこう、静かになっちゃうかなっ…て言うのがあって、今回の、ツアーとかでも
結構後半の、その本番ギリギリまで、『スーパーフレッシュ』ず~っと残してたんですけど。ちょっと、やっぱり…静かすぎんじゃねぇか、と言う、他の人の意見を尊重して(笑)、敢え無く落選した曲だったりするんで。でも、俺は凄い好きですねぇ。
だから、まぁ~『スーパーフレッシュ』と、『僕僕』と…かなぁ~。う~ん…。なんかねぇ、『僕僕』と『season』ってやっぱ、auのイメージがあるって言うのも、あるんだけど、ちょっとそれってなんかこう…Part1、Part2って言うか…。
なんか、二つで一つになってる、なんかイメージが僕はあって、勝手に。で、1位の曲も、ある曲とそう言う風に繋がってるな、って思うんですよ、僕は。」

実は、みぃ。的1位も、Still...ですが、2位は松潤と一緒でスーパーフレッシュなんです。
今回のコンサートで、聴けるかなあ、無理かなあってずーっと思っていたので、裏でまさかこんな攻防があったとは…誰だ…落選させた『他の人』は…ってちょっと思っちゃった。そしてコンサート番長が引き下がったなんて凄い(笑)とか思ったり。
スーパーフレッシュって静かなのか…





そしてStill...について

これは、3位の発表の後、こんなことも言ってました。

「良かったなぁ~っと思ったのが…1位が、僕と、一緒、でした。えぇ、後で、自分なりのベスト3を話したいと思いますが。
う~ん、ダントツですねぇ、僕ん中でその1位は。はい。
なる程…って言う、風にも思いましたし、結構、あ~、この曲、こういう風に響いてんだ~って言うのが、嬉しかったりもしましたね。えぇ。」





「『Still...』はねぇ僕ん中でもダン…トツですねぇ。
あのねぇ、コレ、さっき、言ったように…僕ん中で、『いつまでも』と『Still...』って言うのが、なんかこう…二つで一つみたいな、感覚があって。
も、勿論違うんですけど、明る…さ、とかさ、そう言うこと含めて、違うんだけど…ダンっトツに、こんないい曲があるんだっ!…って言う風に思っ…たんすよ。
そんで、しかも、なんか、その詞の世界観に、その、レコーディングする当時、凄く、思うコトがあったって言うか、凄く、なんて言うんすかねぇ…
その詞の世界観の言ってることを凄く自分が、上手く咀嚼出来たんだと思うんですけど。
歌う時に、すげぇなんかこう…丁寧に気持ち込めて歌っ…た印象がありますねぇ。他の曲がそうじゃないって言うワケじゃないんだけど、なんかね、グッと来ながら自分も歌ってた。
ちょっと、感動しながら、ふふ(笑)自分の歌にじゃないよ?その、歌の、歌詞の世界観とか、曲の世界観に感動しながらレコーディングしてた印象がありますねぇ。
う~ん。

そうなんかこう、卒業とか出逢いとか別れとか、なんかそういうものが『いつまでも』と、この『Still...』って曲には、詰まっていて、
それが、こう、前編、後編じゃないんだけど、俺ん中では、二つで一つ…なんか、2曲連チャンで聴いたりとか、したい曲の一つなんすよねぇ。
う~ん…。ただねぇ、こないだの国立で、それこそ、あの、26?に発売されるDVDで…アンコールで歌ってんすよ。1曲目なのね、アンコールの。
曲としては凄くいいんだけど、改めて観た時に、『アレ?この曲、ココじゃねぇなっ。』みたいな?はは(笑)
なんか…卒業とか、さようなら、みたいな曲、アンコールで歌っ…『えっ?このタイミング?』みたいなことが、後で見返してあったんすけど。
…と言うより、なんで、そこで、アンコール1曲目に選んだかって言うと…凄く、いい曲を、アンコール1曲目に持って来たかったのね。で、そのイントロがかかった時に、『わぁ~!』って……来てくれてる人達が思える曲かけたいなぁっと思ってて、選んだんすよ。
だから、その…曲の持ってる世界観って言うか、こう…出会いとか、別れ…とかって言うこと、を、その、曲の持ってる世界観を、みんなに楽しんでもらいたかったって言う、意味なんすけど…う~ん。」







3曲に選ぶのは本当に難しすぎるのですが、敢えて、本当に敢えて言うならば、みぃ。としては、



1位 Still...

2位 スーパーフレッシュ

3位 トビラ


かなあ………。


春風スニーカーと冬のニオイ、スパイラルやSTORY…と、もう、ホントに嵐さんって、カップリング曲に名曲が多すぎるので、正直、ホントに、絞れない…。
最近の再生回数ではダントツでSTORYなんですけどね。

そう、その瞬間瞬間で、色々とはまってる曲とかあるので、結構ベスト3とかって変動もあると思うんですけど…でも、Still...は、歌詞もいいし、メロディーも大好きです。
ホントに、「こんないい曲あるんだ」と思ったという松潤と同じような気持ちです。でもこの曲は多分、嵐ファンで嫌いなヒトはいないんじゃないのか?って思うなぁ。
翔ちゃんのラップ部分の詞は本当に、何度聴いても泣きそうになるし…。
それぞれ、なんか、辛い時にはげまされた曲だとか、思い入れのある曲とかはあると思うけど、この曲は結構ダントツなんじゃないのかなあって思う部分があったりします。
あと、コンサートで聴きたい曲とか、CDで聴きたい曲とか、寝る前に聴きたい曲とか…色々シチュエーションでもちょっと違ってくるかもなあ。

じつは。

カップリングじゃないけど。

みぃ。はねえ、もどり雨とかも大好きなんで(笑)
ニノちゃんが物凄く上手いなあって何度聴いても思うんですよね、あれ。
だから、実は、再生回数が多い順番をつけると、もどり雨は相当上位です。
ちなみにパソコンでの再生回数を今確認したところ、1位は100回以上の差をつけて(笑)リフレイン、2位は空高くでした。へえ。自分でも2位にはびっくりした。空高くをそんなに聴いてたイメージなかったな…みたいな。
ブログを書いている時は大抵パソコンで聴いているので…
通勤中のipodとか、CDデッキとかだと、また違うランキングになると思うんですけどね。
あと、a Dayとか、T・A・B・O・Oとか、Fire Flyなんかも割と上位でした。そんなつもりは全然なかったので不思議だ…しかも、Truthよりも、MAGICAL SONGの方が再生回数が多かった!!うーん、不思議だなあ、全然自覚ないなあ(笑)

| | トラックバック (0)

GANTZにしやがれ 1/8

 
 
超即興PR GANTZにしやがれ
 
 
嵐にしやがれのセットの真ん中にGANTZ球、そしてそこに転送されてきたニノちゃん。衣装はしやがれの時の白タキシード。
 
 
 
「……えっ?…エヘヘヘへ…(笑)」
 
 
 
二宮には何をやるかシークレット、と文字が下に出ます。
 
 
 
 
「何も聞いていないんですけど」
 
 
 
 
と周囲を見渡すニノちゃん。
 
 
本日のお題は黒豆を1分間で左のお皿から右のお皿へ移すというもの
 
 
 
 
「…これやるけどホントに宣伝なるのかな?やるよ?やるけど。」
 
 
 
 
スタートして1個目か2個目で
 
 
「あっ、めっちゃうまくなってるやん。」
 
 
 
 
そのあとは黙々と…会話もなく移していくのみ。
35秒位のところから早送りになります。
 
何個あるかわかりませんが結構な数。途中一粒落としたけどかなりのスピードです。
 
が、残り5〜6個のところで時間切れ。
 
 
 
 
「や、だから、これぜっっったい宣伝ならないと思うんだ、俺これ。」
 
 
 
 
二宮0点と文字が…
 
 
 
 
 
「0点?や、結構いったでしょ、だって、そんな。…なかなかだって、いったけどな。…………すいませんでした。」
 
 
 
 
謝る時にいつものちょっと照れたような笑いをこらえる、鼻の下ちょっと伸ばして唇噛むようなお顔みぃ。あの表情好きなので嬉しい〜
 
 
 
という超シュールな番組でした。実質ニノちゃんは1分くらいしか出てませんでした。あとはGANTZのCMね。地下鉄のとことか。
 
実にシュール…。
 
でも好きだなあこういうの。

| | トラックバック (0)

お願い!ランキング 元旦スペシャル 嵐の全PV38曲からランク付け

バーテンダーの番宣で相葉ちゃんが1人で出演したお願いランキング。
まさかの、PVランキングですが、以下のような感じになっておりました。
相葉ちゃんのコメントと合わせてお楽しみ下さい。

3位 

「To be freeです!こ…れはよく憶えてますね。これの間奏開けの入りが。スゲェ難しいんっすよ。オケが、ドゥーン……って薄くなって、『渇いたまま』って入るんだけど、それが入りが全然入れなくて。これね。何回も失敗しましたんで。PV撮影の時にぃ、ダンスとかがないのに、なん…何回か失敗するっていうのは……珍しいです。んはははは(笑)だってリハーサルの時俺、こうやって(手拍子でカウント取って)数えてたもん。それでも入れねぇみたいな。」


このへんはずっとトークしつつPVを観ているのですが、あそこです、例の…。



「来るよ、来るよ、来るよー!!(相葉ちゃんアップ)薄くなる、薄くなる…(窓からの空のシーン)ここ!(ニノちゃん眉間にしわ寄せで歩いているシーン)………俺、映ってねぇーや。………あれ?」



(もしかして、カットされちゃったの?と言われ)



「…あのー……。傷付くんでそういうの言わないでください(苦笑)」

2位

「アオゾラペダルです。自由に、じゃあこのスペースで何かしてください。が、各々にそれぞれやりたいことをやってたんですけど、リーダーと、キスしそうになったんですよね。…来ますよ。リーダーとキスしそうになる、シーンまで。来る来る来る。ここで思い出す。おも…ここでやろうと。リーダーここで一緒に飛ぼうぜっつって。(あの跳び箱のシーンです)おおー!あぶねー。危ない、危ない。放送事故になるよね。危ねぇ、危ねぇ。」

1位



「時代です。こ・れもすっごいよく憶えてて。
いや、僕の、体感ですけど、嵐至上で、一番最長時間こう撮影をしていたPVなんじゃないかなと思いまして。最長踊り始めてから、終わるまで6時間、その多分休憩なしっていうのがあって。6時間ですよ。
あ~来た来た来た。『ロッ…ク!』 あー覚えてるわ~。………
(しばらく観て)久々観たな、このPV。当時。僕、18歳ですか。…18歳か~…。若っ。10年前だ。(笑)ただね、嵐になったばっかだっ…、もう何も知らないから何も言えないし、もう多分何回か足つりながらとかあったと思うんですよね。」





なんか、ものすっごい意外なランキングでした(笑)
なんか、去年の曲1曲しかないんだ(笑)なんてマニアックな。
でも、相葉ちゃんはどうも、ダンスの振り覚えるの苦手みたいだし、(人のパート歌っちゃったりもあるしな)PV撮影って結構…昨年もMonsterとかもあったし、色々いじられてますので、なんか、みぃ。としてはMonsterも入るかなって思ってたんだけど、To be freeでしたか…
ちなみに、みぃ。的ランキングをつけるとしたら、1位は確実にCrazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~です。
あれはもう、ダンスがすっごい好きで、ニノちゃんも相当メインっぽく映ってるので大満足、表情良し、ダンス良し、曲も良し、で最高です。ああいう踊るPV大好きです。
しかも5×10で、メイキングも入っててあれは、最高ですよ~☆
でもあとは悩むなあ…BelieveとかTruthも好きなのよね…でもWe can~とか、勿論Happinessも好きだし、きっと大丈夫のあの帽子のシーンも好きだしなあ。ピカダブの空からのアングルも好きだし…Troublemakerとかも…って決められないけど、あ、でもアオゾラペダルは松本さんと翔ちゃんの髪型がダメなんです…そしてまあ、ぶっちゃっけ、ニノちゃんは非常に印象の薄いPVなので…。5×10の CLIP集、1枚目って何回かしか観てなくて、どうしても2枚目いっぱい観てるなあ(笑)
今、親友に貸し出し中なので見れないのが辛い…なんか見たくなって来ちゃいますよね、こういうの観ると。

| | トラックバック (0)

ニノちゃん雑誌祭り開催中 2011.1

以前から再三言っていますがみぃ。は、雑誌に関してはさすがに全部は購入してません。
例えば、今回みたいに、映画の宣伝、となってくると、基本的には、インタビューは映画のことについてであって、内容が被っているモノも多いので、数冊出揃ってから本屋さんで選んだり、パラッと中身を見て、こういっては失礼だけど、普通の事しか答えていないと、購入しないで置いて来たりします。

昨年で言うと大奥やフリーターの時も、そうでした。

が。

映画誌などでは少し前から既にプチGANTZ祭りが始まってましたが、昨日から本格的に色んな雑誌で祭りが始まり…

うう…

抵抗に抗えず購入してしまった…

昨日と今日の発売分は多分全部…。




■Cinema★Cinema NO.29■



映画誌は高い。
これからいっぱい出るしなあと思っていたのに、12Pのニノちゃんと目が合い、抗えませんでした…。
ホントはおでこ出すよりも、前髪あった方が好きなんだけど、時折はっとするくらいステキなのよね。あとおでこ出してるとおめめのキラキラ度がUPするし。
表紙よりも12Pの写真の方が好きだなあ。

あと、映画誌ならではの、プロデューサーとの対談。ああいうのがいいよねえ、映画誌って。



仕事を決めるのはあくまでも事務所。っていうのも、ニノちゃん、ハッキリ言っちゃってるんですよ、このインタビュー。
仕事のオファーがあった時に、GANTZの内容がSFっぽいから嵐のファンの人たちには理解できないんじゃないかな?みたいなことを事務所の人に言われたニノちゃんは


「その仕事をやるかやらないかを決めるのは事務所だけれど、俺はやったほうがいいと思う」


と、伝えたと言います。


そうですよぉ、硫黄島だって嵐のファン層向けの映画じゃないじゃないですか、全く。
GANTZは、原作も読んでないので、こんなこと言いきっちゃいけないけど、みぃ。にとっては、ニノがかかわっていなければ絶対観なかっただろうなという映画。
ニノに限らずだけど…どんなアイドルや役者さんのお仕事でも、同じようなことってありますよね。ニノちゃんも、そんなようなこと言ってましたけど。
みぃ。はね、だから、楽しみでもあります。
ニノのおかげで、今までの自分なら絶対観ない作品を観れる訳で。
意外と、はまっちゃったりするかもしれないし。(まあ、ないだろうけどさ)
映画に限らずですけど、ニノや嵐を好きにならなければ、紅白最初から最後まで観るなんて一生なかっただろうとか、色々な新しい扉を開くきっかけをくれているので、素敵なことだと思います。だから事務所の方、もしこれを読んでいたなら、いっそ、殺人者役とか、ほんっともうどうしようもないくらい性格ひんまがったホストとか、そういうニノちゃんも是非観たいのでお願いします!(笑)


そして、他のページもめくっていたら、「翔ちゃんに似てるな~」って人を発見。
っていうか翔ちゃんだったんですが(笑)。
翔ちゃん演じる神様のカルテの一止さんのビジュアルが、天パで、寝ぐせで、もさいのは、他でも写真観てたので重々承知していたのですが、やっぱりもさい…。
でも、テキスト良かったですよ、翔ちゃんの。
撮影時にファンの子に暴言吐いたとかなんだとかちょっと前にどっかで話題になってましたが、一止さんに入り込みすぎて、普段のコミュニケーションにも壁ができてしまった時期が合ったと。

でもそれ、すごーく思い当たることがあって。

丁度撮影終わるか終わらないかくらいの時期に、VS嵐の番協に行ってるんですね、みぃ。は。
その2ヶ月前にも、番協で間近で翔ちゃんを観てるんだけど、9月に生で見た翔ちゃんはキラキラオーラが半減してたんですよね。不思議なくらい。(いや、それでもかっこいいんですけど、勿論)
その時も、「ああ、一止さんになってるんだなあ、抜けられてないんだなあ」って密かに思っていたのですが、今回は翔ちゃんは辛かったって言ってましたしね。一止さんに入り込んだら、そりゃあ、辛かったと思います、ホントに。
でも、それだけにこう、一止さんがハルにしか心を許せないように、翔ちゃんにも、こう、一止さんに感情移入しすぎていた時に、周囲で救ってくれる人がいたのならばいいんですが…(あ、別に彼女、とかじゃなくて、友達とか肉親とかでもね。)いなかったらほんとーにきつかっただろうなあ。
それと、一止さんの世界に入り込みすぎたのは、あおいちゃんの影響も少なからずあるかもしれませんね。あの方は本当に、演技に対する思い入れとか、ポリシーとか…みぃ。はねえ、かなり尊敬してます。大好きな女優さんです。上手いし。
ニノとも是非とも共演してほしいんですよ。ニノは、フリーターでも証明されたけど、やっぱり芸達者な役者さんと共演することで、さらにさらに高いところに登れる。元々上手いけど、竹中さんっていう素晴らしい役者さんと絡むことで更にパワーアップしてたなあって思うし、竹中さんだけじゃなく、井川さんとか浅野さんも素晴らしかったし…。
だから、揉まれて欲しいので、あおいちゃんとは是非共演してほしいなあ…

翔ちゃん担ではないし、多分ね、みぃ。は嵐全員好きでも、もし、それぞれが単独で映画をやったとして、絶対100%映画館に見に行くかって聞かれたらうんとはいえない。面白そうだったら行くかも知れないけど…正直、GANTZも、他のメンバーだったら行ってないと思います。(原作を読んでいないので、食わず嫌いは良くないけど、でも、どう考えても普段は絶対見ないジャンルなので、あとからDVDになったら観るかもしれないけど…)
でも、神様のカルテは原作好きなので、楽しみにしてます。でも、キラキラの翔ちゃんが好きな人はあのビジュアルからしてちょっと抵抗あるかもしれないけど。街を歩いても気付かれなかったそうです(笑)髪の毛が黒いっていうだけでなく、ホントにいつもあんなにキラキラの翔ちゃんが気配を消していたのを目の当たりにしたので、インタビュー読んで、ああ、うんうん、と物凄く納得でした。




■女性自身■


いつもは嵐さんが出てても買わない週刊誌。
紅白の記事、写真は結構色んな雑誌で掲載されてるし、立ち読みしようと開いた瞬間、ニノちゃんの凛々しいお顔が…

負けた…。

■TVぴあ■



こちらは大ちゃん→ニノ、 ニノ→相葉ちゃん、とかのメッセージに惹かれて購入。
ニノ→相葉ちゃんの、


「相葉雅紀らしいドラマを、僕は一視聴者として楽しみに待ってます。」


というメッセージにキュン。
更にはいつでもどこでもいちゃこいてる大宮にもほっこり。

そして、先日からびっくりさせられっぱなしの大ちゃんの発言にまたもびっくり(笑)

「30歳になったからね、今年は仕事もプライベートも全部、ストイックにいきます!」

大ちゃん…。

ストイックとは…「自分の欲望を抑制し、情念に動かされることなく、賢者としての幸福を得ようとするさま」
って辞書に載ってますけど。ええ。


ストイックな大ちゃんって全く想像できないけど…。

この前から大ちゃんの発言がちょっと変化していて、何か、あったんでしょうか、人生観とか価値観が変わるようなこと。それが大ちゃんの作品にも表れてきたらまた、面白いですよね。


更には面白エピソード。

どうも、札幌コンで、うちわに「俺もなで肩です」っていうのがあったらしく(笑)…




「仲間だ!それってやっぱ仲間意識芽生えちゃった?」


「芽生えたし、もはや…なんか代表としての責任があるから!」


「えっ、それはどっちが(なで肩として)勝ってたの?」


「う~ん。まあ、確かに、『なで』てはいたんだけど、まだまだだったよね。やっぱり。うんうん。」


「『なでる』って表現するんですね……なで肩界では。」


このやりとり、想像するだけでニヤニヤしちゃうなあ。
やっぱりこういうトークの翔ちゃんは冴えすぎてるなあ。

それと、松潤がようやく「GANTZ」って言ってくれてました、ガツンではなく(笑)






■FLIX plus Vol.5■



表紙が~!!表紙が~!!!!
反則すぎる… |壁|´Д`)。o○(マジボレ) 
中を開くと…

な・ん・で?

アイドルにエスカレーター。


この画は…みぃ。の辞書にはなかったわぁ。(笑)

そしてテキストも良かったです、コレ。


「演じるキャラクターに共感はしないし、自分自身の感情は渡さない」


翔ちゃんの一止さんとはこれがまた真逆で。


しょっちゅうニノちゃんは使い勝手のいい駒でありたい、みたいなことを色んなインタビューで言ってるけど、ここでもそう、駒の一つ、もしくはパズルの1ピースでありたい、と話していました。ただ、普通の1ピースではなく、必ず次に置きたくなる、違うかもしれないけど置いてみるか、という、そんなヤツになりたいといいます。


「はめたくなる感のある1ピースでいたい。はまんないんだけど、とりあえずはめてみて、『お前はまた違うのか!お前はいったいどこにはまるんだ?』って。そんな感じかなあ…ふふ」


硫黄島からの手紙の話では

「アメリカ人に新しい10を提示するんじゃなくて、彼らが思うものを8くらいやって、新しいものを2くらいやるのが丁寧なことだと思った」



と話し、今回の玄野くんについては、


「自分の当時にあった『ああしなきゃよかったのにな』『こうすればよかったのにな』を、玄野くんを通して思い切ってやれた感覚もある。そこには物凄い後悔も有るし、『自分にできるものは何か?』を考え始めたきっかけもある」


と語ってました。

なにもかも、うんうん、と頷くばかり。二宮語録はやっぱり、みぃ。の心を鷲掴みにしちゃうんですよ、ホントに。




■ダヴィンチ■




見開き2Pのみなので、これは捨てようと思っていたにも拘らず購入してしまいました…

まず表紙。おでこにっ!!!!指が!!!くいこんで!!!

ぷにゅっ。


なのに気だるい感じで。

もう、これ、どーしろと。

テキストの中で個人的に気にいってるのはニノがGANTZの原作が好きで読んでたって話のところで


「ちょっとエロさがあったりするし。キャラクターに愛着が沸く前に全裸とか出てくるし」



と語っていて。

以前ね、男と女の生態の違いを学んだ時に、男は視覚から、女は聴覚から、刺激を感じるって学んだんですよ。
だから男は何歳になっても、Hビデオだとかいわゆるエロ本だとか見たがるし、観て興奮する。だから女性の水着写真集、ヌード写真集は売れるけど、女は視覚は男ほど敏感じゃないから、興味本位だったり、話題にのるために、そういった写真集を観ることはあるけど、あとあとなんども見返したりしないし、それから直接刺激を受ける人は少ないって。

で、なんか、中学生でもあるまいし、漫画の中の全裸だとかちょっとしたエロに、まあ、興奮まではいかなくても、興味をそそられるんだなあ、ニノちゃんも…って思ったらなんか妙におかしくなっちゃって(笑)非常にツボでした。しかも、エロさに続けて全裸って同じようなことを反復して話してるから、よっぽど気に入ったのかしらとか思ってしまいました。あは。

「いい漫画はずっと読んでいたいし、終わって欲しくないのが本音です。でも、終わんないと、どんだけすごいのかがわからないのも、芸術なんだろうな。正直、ピカソがまだ生きてたら、その絵の凄さに気付かずにただの落書きだと思っていたかも。ほんとの評価は終わってから始まると思います」


「二宮が演じることで正義に見えるかもしれないけど、人としてやってはいけないことは絶対やってはいけないんだってことを、観ている人にわかってもらわなきゃいけない。」


やっぱりニノちゃんって哲学的。

でもそういうところが大好き。

でも、嵐の凄さというか、素晴らしさは、終わらなくてもちゃんとわかるから、終わらないでね、ホント。(切実)





■CINEMA SQUARE VOL.35■

肩を組み合う主演の2人が表紙です。

昨年から、ニノちゃんは大奥もあり、松ケンはノルウェイの森とかもあったし、結構、この2人の映画雑誌の掲載率半端なかったんではないでしょうか…。

額縁の中の二宮さん。

なんか。

ヴィジュアル系バンドの写真みたいですけど、コンセプトが。

でも以前も書いたけど、普段、基本、背景が白だとか、ポップな色でキラキラに彩られたアイドル誌がほとんどなので、黒って萌えます。

この2人ってずーっと前から似てる似てると言われてますが、やっぱり、今時男子にしては珍しく、ほとんど整えてない眉毛だとか、目の幅とか、涙袋とか、きゅっと結んだ唇だとか、ああ、鼻も2人とも高いし、確かに、パーツパーツがおんなじ系統ではあるのよね。
でもあんまり似てるとは思わないんだけど…あ、けど一度、ドコモのCMか、ポスターで、一瞬「え?」って思ったことあったなあ、auやめてドコモに行ったのかと(笑)


「前日に血ノリだらけになっても嵐のメンバーと会えば、自然とそのモードになれる」


「紅白の司会に決まった時もみんなで、『まだ2回目なのに』ってちょっと笑ってしまったんですよね。本当に思いも掛けないことが起こると自体を把握しきれないので、とりあえず笑って、そこから落ち着いてみるという感じです。僕はそういうグループで育ったと思います」



みぃ。は、ジェットコースター系に乗り、怖さが頂点に達すると笑いだします。

人間、限界を超えると多分、そうなる(笑)

GANTZのインタビューで、こうして嵐の話が出て、それがまた、こんな素敵な話だと、凄くあったかい気分になります。


ということで超駆け足でのピックアップ記事です。
みぃ。的にはFLIX plusが一番、読みごたえはあったかな~???


もうね、会社の近所の本屋さんに絶対、ニノ担だってばれてる気がする…(笑)

| | トラックバック (0)

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/2 ⑤

「大野くんが誕生日にニューヨークに行ってたそうですね。二宮さんは、2010年、忙しくて、ずっと忙しくて、どこにも行けなかったと思いますが、もし休みが出来たら、どこ行きたいですか?ちなみに私は、もうすぐトルコへ10日間行って来ます。」



※トルコ~!!!つ、ついて行きたい(笑)

でも、超わたくしごとですが、トルコのお友達のお友達(遠いな)が、近々来日することになりまして、みぃ。は色々と案内することになりました。
みぃ。のお友達のトルコ人はトルコ語、日本語、英語ができるのですが、来る人はトルコ語と英語しかできないので、みぃ。はちゃんと案内できるのでしょうか…sweat01トルコ語は本当に日常会話くらいしかみぃ。もできないので、単語つなげて喋るしかないんですけど…ちょっと会話するんじゃなくてしっかり案内するとなると、キャー、大丈夫かしら…って話ですよね。お友達がみぃ。へプレゼントを持たせてくれるそうで、みぃ。もなにかお返しをしたいのですが、外国の人にプレゼントして喜ばれる日本独特のモノでそんなに値がはらないもので、さらには男の子向け、でなにかいいものがありましたら是非アドバイスお願いします。







STBY「おっ。」


ニノ「かあーっ。凄いなぁ~。」


STBY「凄いっすねぇ~。家に居ますよね?」 ←うん、確実にそうだろうけど、なんか失礼な奴だなSTBY(笑)


ニノ「ああ、僕ですか?」


STBY「はい。」


ニノ「休みがあったら。」


STBY「休みがあったら。」


ニノ「そうですね。でも、どこへ行きたいですか?って聞かれてんですもんね。」


STBY「どこ行きたいですか?」


ニノ「行きたいとこですか?」


STBY「はい。」


ニノ「どこかなっ?あったかい所がいいかなっ。今、お休みを頂けるんだったら。」


STBY「まあ~、そうですね。」


ニノ「う~ん。」


STBY「寒い所よりは。」


ニノ「あったかい所がいいかなっ。」


STBY「あったかい所にしておきましょう。」


ニノ「んふっ…ふふ(笑)」


STBY「(笑)」


ニノ「えっ!?」


STBY「ごめんなさい。なんか、ちょっと、テンションおかしくなりました。あったかい所。」


ニノ「はぁ~い。」


STBY「まっ、ハワイとかぁ~。」


ニノ「うん。」


STBY「ねぇ~、色々ありますけどもぉ~、代表的とこではねっ。」


ニノ「じゃっ、代表、じゃ、3つあげて下さい。ハワイ、」


STBY「ハワイ。台湾。」


ニノ「んふふふふ(笑)」


STBY「それから?どこだ?」


ニノ「台湾は…、寒いんじゃないかな?」


STBY「寒かったすけ?」


ニノ「寒かったすけ?って何ですか?」


STBY「(笑)噛み噛みですね。タイ。タイとかね。」


ニノ「あっ。タイね。はいはいはい。台湾ではなくてね。」


STBY「いや、まあ、そうです。はい。」


ニノ「台湾…って、だって、なんか、俺、寒かった印象、んふっ(笑)ありますけどね。コンサートやらしてもらいに、行った時。」


STBY「そうでしたっけ?」


ニノ「う~ん。」


STBY「ちょっと、まあ…。まあ~、ちょっと、ちょっと、寒いかもしんないですね。真夏ではない。」


ニノ「ハワイ。タイ。台湾。の、3…、択だったら、やっぱ、ハワイが、1番、んふっ(笑)あったかいのかなぁ?」


STBY「まっ、そうですね。はい。ハワイ。いいんじゃないですか。」


ニノ「お正月にハワイ行く、人、多いもんね。」


STBY「多いっす。多いっす。多いっす。」


ニノ「それは、それで、また、なんかなぁ~。挨拶回りが大変そうだなぁ~。」 ←ものすっごいけだるそうに言ってます。心底めんどくさそうです。


STBY「(笑)」


ニノ「行ったら行ったで。」


STBY「ま、色々とねっ。」


ニノ「うーん。お正月ってやっぱ、家に居るもんだよね。」


STBY「まっ、家に居て、落ち着いてる方が、落ち着いて、その年を迎えられそうですね。」


ニノ「ん…、迎えれそう…、うん、そう、そうですね。まぁ、夏休みとかはね。卒業…旅行とかね。(ぐしゅっ、と鼻をすすった感じ?)そういうのではいいけどね。」


STBY「はい。」


ニノ「でも、10日間も行くんだトルコへ。…大野さんとニューヨークは一緒に行ったんですか?」



※そうなんだよね、大ちゃんがNYに行ったんだよね…
まあ、NYって色々アーティストの街って感じだし、大ちゃんの描く絵ってNYっぽい感じだからいつかは行くだろうなって思ってたんだけど、去年、あの時期にまさか行ってたとは思いませんでした。




STBY「いやっ、僕は行ってないですね。」



※松潤のNYには同行したのにぃ……




ニノ「あっ、それは行ってないんだ。」


STBY「はい。」


ニノ「へぇ~…。」


STBY「ねぇ、なんかすっかりねぇ、ニューヨーク…、いい所、楽しん…、でたみたいですけどね。」


ニノ「ねぇ。大野さんが、あんな、海外に、興味を示す事って、産まれて初めてですよね。



STBY「初めてだと思います。」


ニノ「ニューヨークは、凄い楽しかったって言ってましたね、大野さんねぇ。」


STBY「ね。」


ニノ「そっかぁ。なんか、ホント、大野さん。なんか、住んでしまえって、言うぐらいの勢いで、すっ、興奮してましたね。」


※やっぱりね、合う街ってあるんだよねえ。
みぃ。はトルコはホントーに住んでしまいたい位、肌があう街でした。エジプトも良かったんだけど、トルコかなあ、住むなら。
でもでもでも。

また改めてきちんと発表しますが、またも、みぃ。は、近々、海外へ行ってきます~。
すみませんね、しょっちゅうここを留守にして…。
今、最終段階で悩んでいるんです。5ヶ国周ってくるか、3ヶ国にしておくか…。
会社の休み…いわゆる有給休暇は山ほどあるんですが、みぃ。の会社はあんまりみんな有休使わないので、こう、取りにくいというか…なので、まあ、部長に凄い、去年の秋口から「行きたいんです…」とアピールしまくってようやく許可を取り付けたんですけど、まあ、土日あわせて9日位なので、6泊8日とかですよねえ、行けるの。それで5ヶ国だと結構なんか、ハードスケジュールになりそうなので3ヶ国位にしとくかなあとか…
またご報告させて頂きます。

しかしニノちゃん。

あったかい国に行ったら…日焼けは、するんでしょうか。
黒くは、なるんでしょうか。

…イメージじゃないのよね、どーも。
海パンとかで海辺にいる姿ってドラマとか、嵐のイベントとしてなら想像できるけどリアルプライヴェートの想像がつきにくいわぁ~。





STBY「興奮してました。」


ニノ「うん。まあ、いいんじゃない?」


STBY「(笑)」


ニノ「住んじゃえば…んふっ(笑)住んでも、別にね、んふふ(笑)大野さんね。」


STBY「まあねぇ。」


ニノ「通ってくれりゃぁ~いいんだから。」


STBY「そうですね。」


ニノ「うん。」


STBY「ニューヨークから。」


ニノ「そうそうそうそう。んふふっ(笑)」


STBY「カッコいい。(笑)」


ニノ「カッコいいねぇ~!!」


STBY「カッコいいっすよぉ~。」


ニノ「ねぇ。服装とかも変わってくるんだろうねぇ。」


STBY「ねぇ?ニューヨーカーっぽい感じの…。」


ニノ「あぁ~、いいなぁ~。住んで欲しいなぁ~。髪型とかも変わるかなぁ~、そしたら。」


STBY「変わりそうですねぇ。」


ニノねぇ?…なんか楽しんでるなぁ。」



※大野さんで、君たちが、ね。(笑)



STBY「なんか釣りも出来るって言ってましたけど?」


ニノ「へぇぇっ~!!!」


STBY「なんか出来るって言ってましたよ。」


ニノ「じゃあ、もうそこまで、もうじゃあ視野に入れてるんですね。んはははははっ(笑)」


STBY「(笑)」


ニノ「んふふっ(笑)釣りが出来るって事を聞いてるって事はね。」


STBY「そうですね。」


ニノ「なるほどね。」



果てない空




~ペンネーム大賞、宛先等~




ニノ「という事でお別れの時間なんですが。もう見た方も居るかと思いますが。」


STBY「はい。」


ニノ「フリーターの再放送が。」


STBY「えっ!?はい。」


ニノ「やってるはずです。いちがつ。ふつか、みっつか。」


STBY「2日間で。」


ニノ「2日間で。やってるんですよ、お正月。」


STBY「正月。」


ニノ「早いでしょっ?」


STBY「はい。」


ニノ「そうなんです。もっ、俺も、聞いただけで、1回も宣伝やってるとこ見た事がないんですけど。んふふふ(笑)」


STBY「(笑)」


ニノ「まっ、1月の2日、3日、フジテレビ。まあ~、多分、夕方とか、の…、」



※夕方じゃなかったですけどねっ(笑)




STBY「感じですね。」


ニノ「ところじゃないかなぁ~っと思うんですけども。」


STBY「成程成程。」


ニノ「そこでやってるので。」


STBY「一気に観れると言う。」


ニノ「一気観ですね。もし、家に居るんでね。」


STBY「そうですね。」


ニノ「やる事がないなぁ~なんて人、観て頂けたらなと。」


STBY「是非に。ねっ。」


ニノ「いう風に思います。という事で、お相手は嵐の二宮和也でした。また来週~。」




※今週は、結構、久々に、ちゃんと中身があって濃いなあと思える放送で、楽しかったです。内容がね、今回結構身があるよね。お芝居の話だとか…ああいうのいいなっ。
たまになら、無駄に川柳してるだけの放送もいいんだけど、去年は結構グダグダな回が多かったようにみぃ。的には感じていたので…
こういう話が聞きたかったなって感じのことが聞けて楽しかったです。うふ。

あとは大野さんの移住話(笑)住んじゃえばいいじゃん、通えばいいんだからっていうのは画期的(笑)私たち嵐ファンは大ちゃんの旅費の為にCDをせっせと購入するって構図かな(笑)???

| | トラックバック (0)

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/2 ④

裏嵐

「Mステスペシャル、とてもおもしろかったです。相葉ちゃんの誕生日ケーキ、すごい大きかったですね。あの後、ケーキは、みんな食べたんですか?教えて下さい。」





ニノ「僕は食べてないです。おめでとう~つって。」


STBY「そうですね。」


ニノ「いや、も、食べたかったよ?食べたかったけど、」 ←えっ、ホント?!


STBY「(笑)」


ニノ「あのぉ~……、俺が帰ろうと思った時に、ケーキが来たんで。」


STBY「そうです。」


ニノ「やっぱね。」


STBY「はい。」


ニノ「12月24日じゃない?うぅ~ん。だから、やっぱ…、幕張メッセでやってたから。」



※「12/24だから」って……。




STBY「そうです。そうです。」


ニノ「で、僕は、東京に帰らなきゃいけないわけでぇ~。」


※「東京に帰らなきゃ」って……。


STBY「はい。」


ニノ「間に、やっぱねぇ~、夢の国があるから。」


STBY「はい。」


ニノ「渋滞したら大変だなぁ~っと思ったんで。」



※一瞬、デートでもするのかと思って心の臓が止まったじゃないのさっ。(;ω;)


STBY「(笑)すぐ…。」


ニノ「ケーキ食べたかったよ。食べたかったけど、すぐ出ました。さっと帰ったからね。」


STBY「さっと帰りましたね。」


ニノ「う~ん。」


STBY「でもですね。あの後。」


ニノ「はい。」


STBY「みんな、さっと帰りました。」


ニノ「んははははは(笑)」


STBY「(笑)」


ニノ「失礼やないかぁっ!!Mステさんにぃ~っ!ケーキ食べたんかいなっ。」


STBY「違います。で、相葉くんだけ、残って、あれっ?この楽屋、なんか、閑散としてる?」


ニノ「んへへへっ(笑)」


STBY「なんか、マネージャーさんに、この雰囲気を、携帯で撮っといてくれとゆって、ケーキを、バーンと置いて、(笑)1人で食べてました。相葉くん。(笑)」


※か、かわいそうすぎるよ相葉ちゃん……。




ニノ「僕ら、やっぱ、もう祝っちゃったから、前日に。」


STBY「そうです。そうです。そうです。」


ニノ「前日のリハやってる時に、もう迎えちゃったんですよ。誕生日ね?」


STBY「はい、そうですね。」


ニノ「あれ、ちょうど、じゅう…いちじはんぐらいに、リハーサル始めて。」


STBY「あぁ~、そうです。そうです。」


ニノ「そうだよね?」


STBY「そうです。」


ニノ「で、♪WISH♪とかも歌ったんで、ちょっとリハが長かったの、いつもより。」


STBY「そう、長かったですね。」


ニノ「で、12時半、1時ぐらいまでやってたっけね?」


STBY「1時ぐらいまでやってました。」


ニノ「だからぁ。もう、そこでね、祝っちゃったんだよね。」


※でも、相葉ちゃんは12/24にクリスマスをではなく自分の誕生日をお祝いして欲しいって…言ってたのに…(笑)そんな。あっさりみんなで帰っちゃうなんてちょっとかわいそう


STBY「そうです。」


ニノ「なかば。」


STBY「なかばね。」


※「なかば」祝うって何さっ(笑)半ば…ならば、あとの半分はどこなのさっ(笑)相葉担ではございませんが、なんかちょっと悲しいじゃないのさっ




ニノ「だから、まあ~、ちょっと、当日は、Mステさんに。祝ってもらって。」


STBY「祝ってもらって。」


ニノ「それは、やっぱ、俺たちがね、2度祝うって、それはやっぱおかしな話だから。」


STBY「(笑)」


ニノ「う~ん。と、思うんだよね。う~ん。祝えばいいってもんじゃないの。」


STBY「(笑)」


ニノ「1度に、こう気持ちを込めるっていう方がね。」



※まあ、そうなんだけどさ、楽屋戻ってきて閑散としてて、それを写メるってことはきっとホントに閑散としていた訳で…なんか、シュンとなるよねって事さ。




STBY「はい。」


ニノ「本人も嬉しいだろうし。あっ、STBY、おめでとうございます。」


STBY「あっ、ありがとうございます。」


ニノ「STBYもね。」


STBY「そうですね。その次の日にねっ。」


ニノ「う~ん。やっぱ、こんだけやってても、あんま、ないんすね、STBY、おめでとうございますっていうのは。」


STBY「ですね。なんか、1年…。」


ニノ「やっぱ、どうしても、影に隠れるんですね。」


STBY「まあまあまあまあ~。」


ニノ「相葉さんが居る限り。」



※いやいや、アーティストより事務所の人間が目立ってお祝いされるってどーよって話なので当たり前なんだけど(笑)



STBY「そうですね、そりゃぁ~、いい…。」


ニノ「ねっ。」


STBY「大丈夫です。全然。」


ニノ「しょうがないですもんね。」


STBY「しょうがないです。はい。」



「『フリーター、家を買う。』の最終回見ました。最高に良かったです。千葉ちゃんに、なかなか告白出来ない誠治くんが、最後告白出来て良かったです。ドラマを見たメンバーは、何か言ってましたか?そして、相葉ちゃんとの現場はどうでしたか?」




STBY「どうでしたか?」


ニノ「あっ、相葉さんとの現場ですか?」


STBY「はい、そうですね。」


ニノ「まっ、可もなく不可もなくって感じですかね。」


STBY「(笑)」


ニノ「あの、普通な。」


STBY「普通な。」


ニノ「感じ…。」


STBY「成程。」


ニノ「でしたかね。やっぱりね。まっ、あのシーンは、大友さんと、わたしと、山賀さんと。」


STBY「はい。」


ニノ「っていうぐらいだったんで。まっ、なんか、相葉さんも、VS嵐で…」


STBY「あぁ~…。」


ニノ「1回、一緒に。やってたので。」


STBY「はい。」


ニノ「その後に撮ったんで。まっ、なんか、わいわい話してはいましたけどね。」


STBY「うんうんうん。」


ニノ「でも、まあ~、なんか、僕も?決まって?そこでなんかワーワー言う?事もなく。」


STBY「そうですよね。」


ニノ「そうですね。なんか…、現場も、凄い、お…、なんか、ピリピリしてたんですよ。その…、あのシーンだけ。」




※えっ?そんなシーンじゃなかったけどなんでだろう?そっちの方が気になるわ。


STBY「(笑)成程。」


ニノ「なんか、相葉くんが来た時だけ。」


STBY「たまたまですね。たまたま。」


ニノ「そう。んふっ(笑)凄いピリピリしてて。なんか、相葉さんが、凄い、あっ、なんか気まずいな、みたいな。」


STBY「あぁ~。」


ニノ「集合写真、は、相葉さん入ってましたけどね。」


STBY「(笑)」


ニノ「真ん中に。」


STBY「真ん中に。」


ニノ「でも、まあ……ワンシーンだからね。」


STBY「まぁ、そうですね。」


ニノ「でも、良かったよね。最終回放送できて。」


STBY「ねっ。おもしろかったですね。」


ニノ「どこがおもしろかったですか?」


STBY「(笑)いやぁ、もう~、全部ですよ。」



※メンバーの感想、気になりますね。
みんなちゃんと見てくれたかな~。
昔、松潤がニノの青の炎の演技を見て「敵わない」と思ったなんて話を聞いたことがありますが…今回のフリーター見たらきっとみんなそう思うよね~と、ニノ担としては自身を持ってお勧めします。(いや、全作品そうなんだけど)何しろ、「フジテレビの名作」なんでね、ご本人曰く(笑)




ニノ「だっ、だっ、全部って…、言われんのが嫌でっ…、どこがって聞いてるんです、僕は。」


STBY「あぁ~成程。そうですねぇ~。どうでしょう?まっ、それぞれ役者さんの、演技がもう最高ですね。」


ニノ「はいっ。」


STBY「はい。」

| | トラックバック (0)

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/2 ③


キーワード→暗記


「私は、今年、受験生です。それで、受験に備えて、学校や塾で、学力テストをしますが、二宮くんは、映画やドラマなどで、台本を暗記する機会が多いと思うのですが、どうやって覚えてますか?教えて下さい。」





STBY「う~…ん……。わかる。なんか、一昨日ぐらいに、こんな話した記憶があるな、誰かと。台本ってどうやって覚えるんだろうねって。したら、その人は、台本を暗記するのではなく、なんつったかな?」


ニノ「大事だよ、その後。」


STBY「体…、体で覚える、みたいな事言ってたんですけど。」


ニノ「相葉くんですか?」


STBY「だったかもしれない。」


ニノ「嵐の人ですか?」


STBY「はい。」


ニノ「でも、嵐で、今台本読んでる人って、相葉くんしか居ないですよね。」


STBY「そう~、そうですね。だったかなぁ…。」


ニノ「あっ、でも、まっ、翔ちゃんも読んでるのか。」



※…この収録、一体いつなんだろうか。

翔ちゃんの神様のカルテはクランクアップ…してるし。
ZEROってまあ、台本はあるんだろうけど、ニュースだから、そんな何日も前に渡されたりしないだろうし…何?何?これ、何か来る?予想してなかったけどなんだ、翔ちゃん単発ドラマとか来るのかなあ…?それともやっぱりZEROのことかなあ???




STBY「どうなんですか?実際のところ?」


ニノ「僕は覚えてないです、台本。」


STBY「体で覚えてるもんですか?体で覚えるって難しいですよね?」


ニノ「そうですね。」


STBY「どういう事ですかね?」


ニノ「体で覚えるっていうのが、どういう事かって事ですか?」


STBY「どういう事か、ちょっと、よくわからず…。」


ニノ「どういう事なんすかね?僕は、セリフ覚えてないんで。基本に、的には。」


STBY「覚えてない!?」


ニノ「はい。」


STBY「どうするんですか?」


ニノ「大変ですよ、だから、毎回。」


STBY「えっ!?」


ニノ「朝行って。」


STBY「はい。」


ニノ「台本開けて。」


STBY「ええ。」


ニノ「わぁ~、もうこんっ…なページ、わっ、こぁ~んなセリフいっぱいあるわ、みたいな。ので、追われてます、ずっと。」


STBY「そこで覚えるわけですよね?直前で?覚えない?」


ニノ「おぼ…えないっすね。こういう雰囲気言えばいいんだなっていう…。」


STBY「あぁ~。なるほど。」


ニノ「雰囲気です。」 ←キッパリ。




※とか言ってますけど、脚本家がいる訳だし、あまりにも台詞が違ってたらいくらなんでもNGだろうから、ちゃんと台本通りの台詞を覚えて読んでるんでしょうけどね。
だってさすがに全部雰囲気だったら、台詞全部違っちゃうってことに(笑)






STBY「雰囲気。」


ニノ「だっ、フリーターとか、だから、ほとんど雰囲気でした、あれ。」


STBY「あぁ~、そぉ~なんすか!?」


ニノ「そう、そう、そう。だから、話の流れ、折っちゃいけないんで。」


STBY「はい。」


ニノ「その流れを確認してるだけです。あとは、も、全部。自分で。」


STBY「えーっ!知らなかった!」


ニノ「だっ、超~迷惑だと思いますよ。」


STBY「いやいやいやいやいや。」


ニノ「その、他の人はね。だっ、他の人は…。」


STBY「あ~。まあ~。」
 

ニノ「他の人はさ、ちゃんと、そのセリフを覚えて、ここが終わりだっていうので、自分のセリフが始まるから。」


STBY「う~ん…。確かにそうですよね。」


ニノ「うん。だっ、俺、凄いなって時々思いますよ。俺、だって、他の人のセリフなんて、覚えて、いぇ…ないから。あの…、ここら辺で終わりだろうな、みたいな。」


STBY「はぁ~…。じゃあ、セリフを覚えて来てる、相手の方は、逆に大変って事ですよね?」


ニノ「大変でしょうね。あいつが全然セリフを言ってくれないから…、んふふふ(笑)」


STBY「(笑)」


ニノ「んふっふふふ(笑)」


STBY「へぇ~…。」


ニノ「俺はねぇ~、もう~…」


STBY「そうですか。」


ニノ「うーん。だからぁ。………なんか、フリー…ター、ん時に。」


※なんか、ニノちゃん本人がフリーターだったときに、みたいで可愛い。


STBY「はい。」


ニノ「あの、お父さんに、面接の、受け答えの回答を、教えてもらうシーンがあって。」


STBY「うんうんうん、ありましたね。」


ニノ「それを、まっ、直人さんも、そんなにガッチリ入れてくるタイプではないから、その、ちょっと、入れ違って、セリフを、ゆっ…。その、まあ、雰囲気でゆったんですよ。その、ちゃんと台本通りではなくて。」


STBY「ええ。」


ニノ「で、それを丸暗記して、俺は言わなきゃいけないっていう設定だったから、次の週。」


STBY「う~ん。」


ニノ「それは、スゲェー時間掛かった、だから。」


STBY「逆に。」


ニノ「うん。」


STBY「ふぅ~ん。」


ニノ「だから、もう~丸暗記とか出来なくなってんだなって言う…。」


STBY「へぇ~!!そういうもんなんですね。」


ニノ「あれ、だから、こないだも…、えっ?一昨年になるのかな?」


STBY「うん?」


ニノ「舞台…。」


STBY「舞台。」


ニノ「やっ…。」


STBY「舞台はいつでしたかね?今年ぐらいですか?」 ←ええええっ?(笑)


ニノ「一昨年。2年前だよねっ。あの舞台とかも、もっ、最後の最後までセリフ覚えきれなかった。千秋楽まで。」


STBY「えぇっ!?」


ニノ「もっ、だっ、不安だったもん、ちょっと。」


STBY「いやいやいやいや。凄いですね、でもね。覚えてないのに、出来るって言う。」


ニノ「うん。だからぁ。俺、もう舞台とか出来ないかもしれない。」


STBY「いやいやいや、そんな事ないですよ。」


ニノ「んははははははっ(笑)」 ←結構な大爆笑


STBY「(笑)そんな事はないですけどぉ。」


ニノ「どうやって覚えてるんだろうね?俺も、それはね、知りたい。でも、やっぱ、反復練習は。必要なんじゃないかなぁ~っと思うよ?」


STBY「あぁ~。」


ニノ「なんか、若い頃の方が記憶力いいって言うけど、もうそれは多分ねぇ、才能です。」


STBY「う~ん。年行ってようが、若かろうが。」


ニノ「野際さんだって、いまだに、1回見れば1発で入るらしいよ。」


STBY「凄いですね。」


ニノ「凄くない?」


STBY「凄い。」


ニノ「いや、なんか、最近、セリフの覚えが悪くなって来たんですよ、っていう話を、なんかん時にしてて。」


STBY「ほお。」


ニノ「それでぇ、あっ、前…、出た時のゴチかな?か、なんかで話してて、江角さんと。『あ~なんか、セリフ覚えいいらしいね』みたいな話になって。で、『いや、もう最近、全然、もう覚えらんないっすわ』みたいな。『これ、なんなんすかねぇ~?』みたいな話したら、『それは別に…、なんか…、才能よ。』みたいな。」


STBY「ふぅ~ん。」


ニノ「なんか、江角さんが、昔、野際さんとやってた時は、なんか全然野際さん、やっぱ、1発で覚えてたんだって。」


STBY「凄いですね。」


ニノ「だからねぇ、もう、これはねぇ~、努力するしかないんだよ。」


STBY「成程。」


ニノ「暗記って。暗記もんは。」


STBY「暗記ものはね。」


ニノ「好きなもんは覚えるけどね。」


STBY「いやぁ~、なかなかねっ。」


ニノ「絶対、そうだと思うよ。」


STBY「う~ん。」


ニノ「そう、ただ、嫌いなもんって入って来ないんだよね。」
 

STBY「入って来ないですねぇ~。」
 

ニノ「頭に。だっ、勉強とかさ。」


STBY「う~ん。」


ニノ「第何代の将軍は誰ですか?とか言われても、多分、死ぬまで、それは答えらんないと思う。」 ←死ぬまでって…(笑)


STBY「そうですね。」


ニノ「うん」


STBY「入っててもすぐ抜けちゃいますね。」


ニノ「うん。」


STBY「忘れちゃいますもんね。」


ニノいやぁ~難しいんだよね。」


STBY「難しいっすねぇ~。」


ニノ「やっぱねぇ。反復練習だなぁ。その時だけって思えばね、覚えられる可能性もあるし。うん。俺のドラマと一緒だ。そん時だけって、んふ(笑)やればさっ。」


STBY「(笑)」


ニノ「んふっ(笑)覚えられるんだよ。大丈夫だよ。」


STBY「はい。」




Step and Go



※余談です。

みぃ。は暗記は得意です。
でも、『暗記』と『理解』は別なので、確かにニノの言うように、一度入っても、好きなものでなければ、どんどん忘れて行きますね。
学生時代、戦国時代とかは好きだったんだけど、江戸末期以降全く興味なくって辛かったなあ。世界史も、ヨーロッパは好きだったんだけどアジアとか興味なかったしなあ(笑)今でも覚えていることもあれば、ホントに試験対策にだけ暗記して、今ではすっかり忘れていることもいっぱいある。
記憶力はでも、今でも割といい方だと思います。だからコンサートのMCとかも結構覚えていられる。けど、人の顔と名前が覚えられないんですよ…。
だから、いつかここのみなさんとお逢いする時、一気に10人とかだったらもう、絶対無理だろうなあ(笑)


ニノちゃんは『雰囲気』っておっしゃってましたが、ある程度はセリフ覚えてないと雰囲気ですら言えないですから、やっぱりニノちゃんって、天才肌なんだろうな。
努力を全くしていないとは思わない、勿論陰で色々いっぱい努力もしてるとは思うけど、やっぱりある程度なんでも器用にこなせる人。
天才肌と秀才肌ってのがありますからね…。うーん。

| | トラックバック (0)

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/2 ②

シャッフルファイトキーワード




ニノ「そうだなぁ~…」


STBY「(笑)」


ニノ「この人だなっ、ペンネーム。『STBYが好きだ』!!」



※最近、こういうのなんか物凄く多いけど、本当に好きなのか、それとも読んでもらう為にこうなのか…わかりません。みぃ。は、別に多分、普通にしてたらSTBYどうのとは思わないと思うんですけど、どうも…STBYのびみょーな川柳だとか、日本語とか一般常識結構知らないところとか…割と、割と…みぃ。の波長には合わない感じなので、STBYを好きっていうのがちょっと理解不能です。が、まあ、人には好みがあるので…うん、まあ、そういう人もいるのよね…

STBY「ありがとーございます!」


ニノ「さんから頂きました。」



キーワード→「声」


「私はSTBYの声が好きです。初めて聞いた時、『あっ、この人いい声』と思いました。声も人によって、高いとか低いとか、いろいろ好みがあると思うんですが、
二宮さん、どんな声が好きですか?」





STBY「あぁ~、嬉しいじゃないですか。」


ニノ「ねっ。」


STBY「はい。」


ニノ「STBYの声が好きなんですって。」


STBY「成程ね。いやぁ~ありがたいですね、ホントに。」


ニノ「ねぇ~。でも、声って、やっぱ、印象つけますからね。」


STBY「声はそうですね。」


ニノ「相当。声が。いいと、なんでなんでしょうねっ、顔も良く…、想像してしまうあの…、考えってね。STBY、だから、多分、この…」


STBY「はい。」


ニノ「『STBYが好きだ』さん、の、中では、結構カッコいい…」


STBY「あっ…。いや、もうその通りですよ。」


ニノ「はいっ?」


STBY「はい?」


ニノ「ごめんなさい。な…、その通りってどういう事なの?」


STBY「いやいや、もうご想像通りですよ。」


ニノ「…ご想像通りって…、んふっ(笑)」


STBY「はい。」


ニノ「いやいや、そのご想像知らないでしょっ、あなただって。ねぇっ?」


STBY「いや、もう、多分、あのぉ…。ペンネームさんは。」


ニノ「ペンネームさんじゃないです。」


STBY「(笑)ペンネームさんじゃないかっ。」


ニノ「ペンネームさんじゃないです。『STBYが好きだ』さんですね。」


STBY「あっ、この方は、もう~、声がいいとね、言って頂いてるので。」


ニノ「うん。」


STBY「まあ~、ねっ。」


ニノ「STBYはね、『Love Rainbow』のね、メイキングとかに、映ってますよ。多分。」


STBY「映ってますね。ちょっと。」


ニノ「『Monster』とかも映ってるかなっ。」


STBY「映ってますか?」


ニノ「ねっ。多分。」


STBY「はい。すいません。」


ニノ「多分声は聞こえてくるんじゃない?Monsterとか。」


STBY「声はね、うん、そう、入ってます。」


ニノ「ねっ。それを喋って…、どこの…、んふっ(笑)人が喋ってるかを、探し当てれば、STBY、多分、見えると思うのでね。是非とも、持ってる人はね」


STBY「チェックしてもらいたい。」


ニノ「ねっ。」


STBY「はい。」


ニノ「STBY、映ってる、可能性あるからな。」


STBY「はい。」



※みぃ。は、究極の何かのフェチっていうのはないんですけど、男の人の外見だと、お尻と指とか手に凄いこだわりがあります。というか、指と手は、形ではなく質感。
触った時の、手の温度だとか、しっとりというかしんなりというか、みぃ。の手になじむ感じとかが凄く大事で、まあ、今までたった一人しかそういう人に出会えてないんだけど、ずーっと手を触りたくなります。そういう人。お尻にしても手の質感にしても、基本的に、付き合わないとなかなか見れない、触れない、ので、それが付き合う決め手とか好きになる決め手になる訳ではないんですけどね…。
あと、外見除きではもう、確実、声。
うちの母親曰く、みぃ。が今まで付き合った人で、3人位の声を聞いたことがあるのですが、全員同じ声だと言ってました(笑)だから多分、好きな声なんですよね、その声が。
ニノちゃんがキャンキャン言ってる声はともかく、(笑)ナレーションの声は結構好きです。が、厳密に好きな声かというと、ちょっと違うかもしれない。…で、ところで、ニノちゃんの好きな声は一体…???

| | トラックバック (0)

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/2 ①

『あけおめです!』




ニノ「はいこんばんはそして明けまして、おめでとうございます!嵐のKAZUNARI NINOMIYAです。ということで今日のオープニングの一言は『年末憂鬱』さんから頂きました。」



※恐ろしいほどさらっと、『明けましておめでとうございます』を流したよ、この人。




「私は年末が嫌いです。理由は年賀状を書くのが苦手だからです。字が下手糞なのでホントにやる気がなくなります」



ニノ「成程ね。…字が。ヘタクソだからか。…いいんじゃないの?ダメ?字ヘタクソっ…だと。」


STBY「いいと思います」


ニノ「読めりゃいいじゃない。」


STBY「そうです」


ニノ「ねえ。」


STBY「気持ちがこもってれば…」


ニノ「明けましておめでとうございます」


STBY「ぁああぁあ~ざいますっ…(笑)」


ニノ「…どうしたんすか?」


STBY「いやっ、すいません、明けましておめでとうございます」


ニノ「STBYは」 ←なんか、「えすてぃーびーわいわいは」と聞こえましたがcoldsweats01


STBY「はい!」


ニノ「1月。もう、なっちゃいましたけども。」


STBY「なっちゃいましたねえ」


ニノ「なんか。今年はこれやろうとか。そういう目標みたいな、2011年の目標みたいなのあるんですか?」


STBY「目標!」


ニノ「うん。」


STBY「そうですね~健康でいることが目標ですね」


ニノ「健康でいることが。あ、じゃあ去年は全然…」


STBY「いやいや去年も健康だったんですけど今年も健康維持」


ニノ「維持。」


STBY「はーい」


ニノ「他には。」


STBY「そうですねぇ…健康でいることですか?」


ニノ「はい」


STBY「はい」


ニノ「以外は。」


STBY「以外は。えー…………………あれ。次の、行かないんですか?」


ニノ「次のってだって、コーナーじゃないですから、だって。」


STBY「あっ」


ニノ「オープニング、ふっ(笑)ですから。」


STBY「『えー……』言ってる時に次の行くのかな、みたいな」


ニノ「いや、行かないですよ、今日。」


STBY「行かないですか」

ニノ「今年はずっと待ってみようかなと思って」


STBY「あー成程」


ニノ「はい」


STBY「じゃあ…今年の抱負はなんでしょう。(笑)」


ニノ「くははははは(笑)…今年の抱負?」


STBY「はい。なんか、なんかあります?」


ニノ「今年ですか?」


STBY「はい」


ニノ「いや。…」


STBY「とりあえず。」


ニノ「とりあえず。嵐の活動を。じっくりやろうかなーとは思ってますけど。」


STBY「そうですねー?」


ニノ「まあ去年ずっと一人で働いてたんで。」


STBY「ですね」


ニノ「はぁい。ま、今年は。ゆっくり嵐の活動を。楽しもうかなーって。ほんっと去年3ヶ月くらいしかやってないんだよ、嵐の活動を、僕。」


STBY「そうですよ。ずーっとねぇ、ロケ行って…」



※別にそんなこともないと思うけど…。一人仕事は多かったけど、だからって他の人がやってる嵐の活動をやってなかった訳じゃないから、嵐の活動を3ヶ月しかやってないっていうのはちょっと違うよねえ?



ニノ「1月からぁ。5月まで映画やって」


STBY「はい」


ニノ「8月から12月までドラマやってて」


STBY「確かに」


ニノ「だからその純粋に。なんもやってない時期って言うのは3ヶ月ぐらいじゃないっすかねえ。6,7,8の。ぉ…中ごろまで?だから。2ヶ月半ぐらい?しかやってないからぁ。まあゆっくりやろうかなあと、嵐の活動を。」


STBY「そうですね」


ニノ「はぁい。個人で働かずにね。相葉さんがドラマやるんでしょ?」


STBY「やりますね」


ニノ「ねっ。」


STBY「はい」


ニノ「だからそれをちょっとゆっくり。観よっかなぁ~!!まっ、年賀状とかはね、特に学生はまた逢っちゃうからね、学校始まれば。STBYは書くんですか?年賀状。」



※あれ?話が戻った(笑)珍しい…。


STBY「書き…ますよ。」


ニノ「あっ、そうなんだ。」


STBY「はい。」


ニノ「写真とか、つける派ですか?…あのぉ…」


STBY「つけない派ですね」


ニノ「あ、つけない派ですか。あれ困りますよね。」


STBY「あれちょっと(笑)どうしようかなあみたいな」


ニノ「ねっ。あの写真って選ぶの大変でしょうね。」


STBY「大変だと思いますけどねぇ」


ニノ「ねぇ。まあ、返した方がいいと思うよ、年賀状に関しては。」


STBY「礼儀ですからね」


ニノ「う~ん。さいぃあくねっ?」


STBY「はい」


ニノ「出さない、人でも。ま、貰ったら。返すぐらいはしないと。」


STBY「そうそう」


ニノ「ねっ。ちゃんと生きてんだよっていうのをね。」 ←そこっ?(笑)


STBY「そうですそうです。」


ニノ「知らせるためにもさっ。送った方がいいとは思うけどね。」


STBY「はい」



A・RA・SHI   ←まさかのこの曲原点回帰??

| | トラックバック (0)

ネンマツネンシノアラシ 1/1 ジャニーズカウントダウン

まず、嵐さんが映った瞬間に思ったこと。




…寒そうだなっ!!!


でもでもやっぱりもこもこしててもアイドルオーラキラキラ全開だよぉ。

        .+゚*。:゚+カワ(*´ω`)ノ【Ё】.+゚*。:゚+



年明け早々、なんだろう。

もう、今年もこの人たちについて行くんだなあってなんか妙に実感。


ニノちゃんのコート姿って基本、全部好きなんです。
撮影中のベンチコートみたいのも好きだし、Pコートもダウンもなんでも好き。
単純に寒いからみんなにコート着せてるってわかっていても、萌えてしまうわ。


紅白の記事に書きましたけど、ニノちゃんは、ガチガチに緊張している様子は全く見受けられませんでしたが、ホント、みぃ。の目から見て、よそいきだなあっておすましモードだなあって思っていたので、自分の庭に帰ってきてもう、パワーを抑えることなく、いつも通りのキラキラを出しまくるニノちゃんに叫び、緊張から解き放たれてぶわーって開放感を露わにしている嵐さん全員に思わずニヤリ。


それと、ニノちゃんがああいう場ではちょっと珍しくいっぱい喋ってたのも印象に残りました。大体ああいうところは翔ちゃんか松潤が喋るイメージが強くて。
で、しかも多分あれ、嵐さんをうつすカメラがあって、カウコンの会場を移してるモニターがあって。ついつい話しかけられるとモニターの方みて答えちゃうっていう。途中で気付いて自分たちを映してるカメラの方観て喋るんだけどまた視線が…(笑)こういうところもやっぱり可愛いのです。


めっちゃ寒そうな中、真夏の曲ってのもどーなのって思うけど、イントロからもうその開放感が半端なくて、めちゃめちゃ可愛かった(勿論全員)からもうなんでもいいのー。

あと、個人的に、空からの撮影って好きなんです、嵐さん。
ピカダブのPVも好きだったりする。
遠目に上から踊ってる嵐さん観るの結構好き。

ではまたもや箇条書きですがみぃ。的萌えポイントをどーぞ。




♪LOVE RAINBOW




・まずはイントロ。飛行機になり飛び続ける後ろ3人が可愛くって仕方ないのだが、二宮さんのあんよに、またしてもやられる。

…子供かっ!



・なんだかサラリーマンに見える大野智さん。サラリーマンのコートにはあんな襟に可愛いファーついてないけど。むしろレディースのコートか?あれ?



・年上年下コンビの後ろでステップ踏む3人。もう、毎回この曲でむずがゆくなるんだけど、ここ。二宮さんのステップが、可愛らしすぎやしませんか、ここ。80年代の女性アイドルの振り付けみたいなんだもん…。妙にキレがいいし。



・さっきまで緊張していた人と同じとは思えない松本さんのキラキラアイドルスマイル(余裕綽々バージョン)に、思わず可愛らしさを感じてしまう。絶対紅白、最後まで緊張してたよねえ、この人。ホント生真面目さん(でもそこが松本さんの美徳だと思うの。)



・ニノちゃんが前に!センターに!立ってるだけで可愛い。



・二宮さんの後ろの2人のダンスが…あれダンスっていうの?あそこってあんな振り付けだったっけ…としばし悩む。でも考えても思い出せないのはやっぱりいつも二宮さんしか観ていないからなんだと気付く。

うん、でも、もう、なんでもいーや。楽しそうだからね。


・お、お客さんが誰もいないのに…ふつーに煽り始める3人組。なんだ、ここは、嵐コンか?カウコンのお客さんを煽っているとも思えない(完全にカメラ無視してるからね)。うん、もう、紅白からの解放感で自分たちが完全に、楽しくなっちゃっただけだな、この人たち(笑)



・♪明日もずっとその先も~♪辺りの二宮さんがとにかく、とにかく、幼稚園児みたいで可愛い。

『明日も』の辺りの、煽りジャンプから普通に戻るところのステップ具合で揺れる身体だったりとか、そのあとのちょっと眉間にしわよせて、顔は真剣で、すっげー一生懸命手に力入れてふん、ふん、ってやる姿が大好き(…伝わるのか?これ)



・空の上のカメラに向かい、手を振る翔ちゃんに倣うにのあい。
年長者のやることはとりあえずやってみる。



・♪強く(そっと)絡む(指に)~♪らへんで、一瞬カメラを迷った翔ちゃんの目線。歌詞はもうちょっと色っぽいイメージなのに翔ちゃんの指の動きとお目目は色っぽさZE~RO~でした。子供か!(笑)←なんかくるみ割り人形みたいな表情でしたけど。



・しかし寒そうな松本さん。…熱、出てたりしないですよね?(BYしやがれ)



・♪時間を止めて~♪一時停止すると、ニノちゃん以外みんな手を伸ばしてるんだけど、どーも翔ちゃんと相葉ちゃんの手つきはお相撲さんのどすこい…



・そしてみんなより遅れて手を伸ばす二宮さん。



・次の瞬間のみぃ。→ +゚*。(゚x゚(゚д゚(゚Д゚)+゚*。



・ハイ、マジで♪時間を止める♪です、一時停止中です、もう、何分も。
後ろからのライトがまた。萌え。しかも後ろは黒一色。
そのお顔の角度といい、表情といい、年明け早々、もう、死ぬほど、オトコマエな二宮さん。カッコ━━━ヽ(´ω`)ノ━━━イイ!!!!!!!!


・そのあとの大野さんの♪2人♪の指が綺麗。



・これがホントにVSでいつもわちゃわちゃしている大宮と同一人物なのだろうか。
ああ、でもどっちも好き。


・しつこいけど、ホント、みんな、寒そうだな。いや、寒いって。寒いよ。屋上だし。


・ラストのとこの歌わない時のニノちゃんも好き。



♪Troublemaker



・カラフルでポップなセットが可愛い。


・スモークでなんも観えねぇ!とわちゃわちゃしている(多分)末’Sが愛おしい。


・二宮さんのおしりがーーーーーーーーーーーー!!!!
(別に、破けたりはしていません。)このパンツ、いいカタチ出してくれてる…と、お尻フェチのみぃ。さんが通ります。



・♪マスクかぶって♪のとこのにのちゃんのあんよのステップ、これもまた大好物の一つ。いい角度でした。



・果実かじった二宮さんを見れた!見れたよーう!!!!ヽ(>Å<`○●´>Å<)ノ



・♪TV~♪の風っこ。

だからね。あのね。みぃ。はね…
キラキラ笑顔のニノちゃんにもキューンってなるけど、究極の選択をするならば、こっちの、まぶしいものをみるような、ちょっと眉間にしわよせたような、オトコマエバージョンの方が、キューンってする訳で。

「もう、そんな真剣な顔してみぃ。のこと見ちゃいやーん!!」

ってTVにクッションとか投げたくなるわけよ。こういうのってさ。しかもその前にちょろっとこう前髪を人差し指で避けてさあ、もう、あんなの反則な訳ですよ。その人差し指もエロいんだってば。



・で、オトコマエバージョンの次は♪悩みの~♪から結構長くニノちゃんワンショット。キラキラスマイル。どこかへ飛んだの指使い。 ||電柱||ノ∀`*)。o○(゚+o。カッコィィ。o+゚)



・もうさあ。



・どうしろっていうのさーっ!!! o゜(p´□`q)゜o


・サビ前のなんとか戦隊みたいな5人のフォーメーションも好きです。


・あゆれでぃのところの翔ちゃんはしやがれの松本さんのコントの時みたいなおめめでくりっくりになってますけど、最近あれお気に入りなのかしら…。可愛いからいいんだけど。


・♪すいすい♪のところのニノちゃんのすり足、これもまた大好物。



・お次のあゆれでぃは頂きました、二宮さん。もう、キラキラ過ぎて「何も言えねー」(北島さん?) (うД´泣)ウゥゥ・・・


・どうぃどうぃの翔ちゃんが色っぽすぎる件についてはそのうち話し合おう。


・♪図々しいくらい♪の二宮さんのロックスターっぷりについてもそのうち話し合おう。


・いいよいいよ、あんよもお尻もいいよ。いい感じにムチムチだよ。


・ラストのポーズでうさぎになっている翔ちゃん。大ちゃんのポーズは…なんだろうか…
そしてなんか、全然書かなかったけど(ごめんね)いつ、いかなる時も、アイドルオーラを放ちまくっている相葉ちゃん。尊敬します。松本さんは髪型変えてからやんちゃな末っ子オーラ全開で、前より好きなの(笑)



・!!!!!またも事件発生   ゚+。*゚+。 Σ((*´□`ノ)ノカワイイ。+゚*。+゚


ワイプの松本さんの後ろで、やまたろうさぎが…。か、可愛すぎて………し、死ぬ…。
 Σd(ε∀εd驚.+゚*カワィ杉☆。:゚*




紅白のカメラアングルにも幸せ感じたけどカウコンもいいカメラアングルでした。
っていうか、これがカウコンだってすっかり忘れてたよ。Mステかと思ったよ。

紅白をONとするならカウコンはまるでOFF。
いつも以上にはしゃぐ5人が観れてすっごい幸せでした。


まあ、とにかく。


ニノちゃん、カッコよすぎる。


ィヵ酢━゚*・。.Σ((゚Д゚pq)).。・*゚─!!




| | トラックバック (0)

わたくしごと。1/2

 
 
おみくじをひいたら、『心を乱す出逢いがあるからじっくり思案せよ』的な事が書いてありました。
 
 
 
 
 
あ、やっぱりニノちゃんに出逢っちゃうのかな
 
それともニノちゃんじゃなくて、例えば翔ちゃんに告白されるとかかな。
 
いや、翔ちゃんに告白されたからといって心を乱されるか?…うーん…
 
STBY?
 
文字通り、『困惑』って意味では心を乱されそうだけど…いやいや、結婚してるし、仮に独身でも、うん、あり得ないあり得ない
 
 
なんだろう…
 
 
うーん。
 
 
昨日は大好きな街の1つ、神楽坂へ行ってきました。
 
 
 
かぶと蟹の雑炊を食べて来ました。
 
 
神楽坂というとやっぱりここのみなさんには拝啓、父上様の色んなシーンが浮かぶでしょうが、ほんとにあのまんまの街で、みぃ。は風情があって大好きなので時折、通りから一本入った路地なんかをうろうろしに行きます。←若干不審者です。
 
 
昨日はまだ正月休みで閉まってるお店が多かったんですが素敵な料亭を見つけたので行きたいなー
 
 
 
 
→入口がこの奥にあるみたい。
 
 
 
さて、新年の初夢話ですが。
 
 
皆さんすみません。
 
 
 
どうやらみぃ。はニノちゃんの嫁でした
←この暴走はやりすぎ?
 
 
しかも男女の双子が秋に産まれたばかり←いやーん幸せ
 
何故か翔ちゃんの彼女(年上の世界的有名なピアニストって設定でした)とマンションの部屋が隣で、しょっちゅう彼女と翔ちゃんは二宮家にご飯を食べに来ているご様子。
 
大晦日、紅白の司会でちゃんとした食事もなかなか取れないだろうとその日も二宮家にて朝ごはんを食べております、みぃ。、いい嫁
 
 
で、続きがあって翌日、二宮家ニノ母、みぃ。母、ニノ、みぃ。、双子ちゃんと、翔ちゃん(彼女が遠征中で会いに行くらしい)で海外旅行へ。成田で取材されてニノちゃんが『うちの奥さん一般人だから映さないでね』ってかばってくれました…
 
 
 
年明けいっぱつめからこの上なく幸せな妄想夢でほんっとスミマセン…でも超幸せでした。
 
 
娘を抱っこするニノちゃんは、もう、この世のものとは思えないほど素敵でした。みぃ。は息子を抱っこして、優しい優しい翔ちゃんはみぃ。のバッグ1つ持ってくれてました。
 
 
 
正夢、来い!
 
 
今年も絶対幸せな一年だ
 

| | トラックバック (0)

ネンマツネンシノアラシ 12/31 紅白歌合戦

母のような気持ちで観ていた今年の紅白。

ええ、もう、19:30に、出てきた嵐さんを観て「キター!!!」と叫んだのはみぃ。だけではありませんよね。

まず最初のあのお衣装。袴部分がキラキラキラキラ…。

ヤバーい、カッコいいっ…(ここ、身もだえ。) ★━━━キャo(>∀<)o━━━☆


なんかもう、歌番組の司会をやってる嵐さんが新鮮すぎます。
歌手の皆さんにインタビューしたり、曲の紹介をする姿がホントに新鮮。

「では、歌って頂きましょう」とか「歌のご準備の方をお願いします」とか。

普段彼らが言われていることを、言い、されていることをする、お姿。

例えばバラエティー番組でゲストさんを、真ん中に促すお姿とかとはまた全然違うので、こう、ホントにもう、なんだろう、不思議な感じでしたよ。

ニノちゃんがEXILEの時に「ホントに勢いがありますんで」みたいなことを言ってましたが、そのセリフを、嵐さんが言うのって不思議っていうか。


ハッキリ言って、ホント大変だよね。座る暇もなくずーっと、他の歌手の方が歌ってる時も横に立って手拍子したり。
30前後の男子がウタウッキーに真剣に語りかけるお姿。



…なんてミラクル。 ((´∀`))

そういえば事前番組で、ニノちゃんがすっごい真剣な顔してウタウッキーの小さいぬいぐるみ?をいじっている可愛らしいお姿も拝見しました。萌えるぜ。
 ★.:゚+。☆幸(uωu人)福★.:゚+。☆

だって表情は超真剣なんだもん。


もうホントに、時折詰まったり、緊張気味のメンバーが観れてこれはもう、ホント貴重な紅白だったんだけど、ニノちゃんはものすっごい流暢にやってたけど、よそいきモードでしたよねえ。うふ。もう、このあとのカウコンのキラキラアイドルっぷりが半端なかったんだよ。それに比べると紅白ではなんというか、大人でしたね(笑)
そう、よそいきモード。

でも、所々でいつもの嵐さんのわちゃわちゃぶり…をちっちゃくした縮小版で観れて、それはそれでまたニンマリ。ちょっと遠慮がちにわちゃわちゃしている姿が可愛いのなんのって。

(そういえばAAAの時、ニノちゃん一生懸命相葉ちゃんに喋ってるのに相葉ちゃんおすまししてましたね…(笑)力強く「頑張ってね」って送り出す松本さんも新鮮だったわぁ。)

怪物くんにはまさかのオオカミ男やドラキュラも登場でおおーっと。
まさか上島さん達、紅白で舞台に上がることになるとは思ったことなかっただろう。
フランケンは裏番組に出てましたね、多分…(笑)怪物ランドから応援してるはずだけど。
そしてNHK、神。横で一緒に踊っている嵐さんを映してくれてありがとう。
他の唄の時もちょいちょいあったけど、これは嬉しい。
だってなんかもう、歌いながら振り付けしているニノちゃん、もう、幼稚園児みたいなんだもん。幼稚園児がテレビの前で一緒に踊っている姿、もう、それにしか見えないんだもん。超真剣なんだもん…ヤバい、どっきゅーん。 興奮Σ(*´Д`)p[wヘ√レv─]q

終わった後の怪物太郎くんと嵐さんの絡みは嵐コンのようでした。
で、やっしーの松下さんへのツッコミ、あれ台本になかったんでしょうね。みんなちょっと、「!!」な感じの中、ニノちゃんが「シー」って指立てたのがもう、とんでもなく可愛すぎた。 (>艸<)

しかし、紅白って真剣に見たことないから、知らなかったんだけど、ゲゲゲの鬼太郎の唄の時に、踊りのところに、『砂かけばばあ』とか『ねずみ男』とか書いてあって、うけてしまいました。『●●ダンサーズ』とかじゃないんだ。そこにリアルを求めないんだ。
なんだ、NHKって意外と、ディズニーみたいじゃん。徹底してるじゃん、って。妙なところに感心してしまった年末でした。

しかし嵐を司会にしたのもあれだけど、なんか、色んな歌手のバックにAKBが…。
まあ、今年はホントに嵐とAKBと韓国勢ばっかりの音楽業界だったからNHKは上手く使ったなあって感じですね。

ところどころに萌えポイントはいっぱいありすぎて…
書ききれません。以下、超乱雑に。




・地デジカがやっぱり気になる二宮さん。


・ポルノグラフティの紹介時、「地方に行くと必ず」のあと、「タワーに上ってしまう」とつなげるところで松本さんの手つきが!!あれは何かこう…あれよね。一瞬なんか可愛らしい手の動きで萌えてしまった。なんとなく一瞬セリフ出てこなくなりそうだったのかなーとか。


・他のみんなのカメラ目線は気にならないのに、二宮さんのカメラ目線はこっ恥ずかしくてなんか目をそらしたくなってしまうみぃ。 ←完全に恋する乙女。


・翔ちゃんや大ちゃんは結構真面目な顔していることも多いのに、ニノちゃんは笑顔が多い。なんだろう。もう、もうもう、ホント、そんな優しい瞳でみぃ。のこと見ないで… ←ん???


・とにかくファンモンではガッツリ噛みすぎの翔ちゃん。その後の大野さんとのイチャイチャが神。


・『あとひとつ』というタイトルを聞いて『もう一歩』を想い浮かべた人はみぃ。だけではあるまい。


・3着目の衣装。クロのジャケットになんかこう、雪の結晶みたいなキラキラは可愛いんだけど、ニノちゃん、首元、ごつすぎ。もっとすっきりしたいよねえ。ニノちゃんは鎖骨だしてあげてください、スタイリストさん。巻物は似合うけど、あんな、雪国の小学生みたいにしないでください。色もちなみにあれはあまりニノちゃんには似合わない色です…。
もうちょっと淡いピンクの方が似合います…sad


・Perfumeとは一緒に踊ったしちょっと親しくなったのであろう、思わず後ろに入りこむ松本さん。こんなところで茶目っ気だしてくるとは…やるな。smile


・身長が低いので埋もれがちですが、やっぱり足が長い二宮さん。


・4着目の衣装については何も言うまい。


・ふるさと…。やっぱりニノちゃんのナレーションする声はステキすぎる。


・みぃ。母から「ニノってピッチが安定しているね」というおほめの言葉がでました。


・ニノちゃんと一眼レフってなんであんなにあんなに似合うの???


・ニノちゃんとコートって神。


・♪僕のふるさと~♪でのやまたろに萌え。


・小林幸子さん…っていうより、多分、『鶴』に対してものすっごい手を振っているニノ。そして連鎖反応。相葉ちゃん→大ちゃん(笑)


・「ニノ」 「ごろーちゃぁん」 に一瞬心臓が止まる。



・「これからニノって呼んでいい?」優しいごろーちゃんに思わず一瞬絶対「いいよ」っていいそうになったよね、ニノ(笑)「ぇ、い…是非とも宜しくお願いします」


・『流星』って聞いたらどうしてもやっぱり『流星の絆』なみぃ。です。


・去年同様中居くんが嵐さんを紹介。


・「カッコいいーカッコいいー」と出た瞬間に騒ぎまくり父親に鼻で笑われるみぃ。


・曲が始まる直前の、一人だけめっちゃ姿勢のいい笑顔のニノちゃん。
コンサートのワンシーンみたいです。既に楽しそうな松本さんの姿勢も見逃せません。


・Troublemakerでいつも思うコト。このイントロの時のニノちゃんの肩。これすっごい好きなの。そして相葉ちゃんの腰のひねり具合も気になるの。


・翔ちゃんと相葉ちゃん…ぐふっ。


・♪あゆれでぃ♪のとこのニノちゃん。NHKさん、ほんっとにほんっとにいい抜き方、ありがとうございますぅうううう (´∀`ノノ


・ここでもう我慢できなくなって「お、踊っていい?」と両親に許可を取って踊り出したみぃ。



・大野さんのフリがなんか…(笑)


・今年は早着替えなしでした。ちょっと楽しみにしてたのに。あれ?今の衣装は…5着目かな?


・は、花火はあんなふうに上に向けて手に持っちゃいけないんだぞっ…


・花火投げるニノちゃんに激萌え。松潤めっちゃふっとばしてませんでした?(笑)


・いつになくニノちゃんの後頭部が愛おしい。


・大ちゃんのMonsterの最初のところの指が凄く好きなのに、DAIGO手袋にはガッカリです…。まさか花火持つからかしら。


・やっぱりニノちゃんのここでのジャンプはホントに高い。揃うあんよが可愛い。


・松潤好きな母に思わず「次の松潤変なダンスするから見て」と言ってしまいました、ホントにごめんなさいshock


・おひとりだけ、あんよがあんよがあんよが………
『ぴょん』がガッツリ映ってました。ΣΣΣd(d゚Д`l|i((.+゚*天才的可愛☆。:゚+))


・そのアングルからは今までなかったよぉおおおお!!
いやーんいやーん(≧▽≦)


・あ。今日のおててぐるんぐるん、ちょっと手抜きだ。だってあんま怖くない…。


・NHKなのにあんなエロスな腰でいいんでしょうか櫻井さん。やっぱりあそこの翔ちゃんはホントーにエロいと思います。


・みぃ。の大好きなラストのおててパンってやってから踊るところ、正面から見たかったのになんでそこ後ろ…。しかも全体を映してくれ最初から…


・にしてもいやーん、やっぱりカッコいい。 ☆:*:・感。゚(゚ノД`゚)゚。動・:*゜☆


・母の一言、「やっぱり嵐は踊ってるのが一番カッコいい」う、嬉しい…。


・友人から「紅白見てる?」ってメール。あったり前だろー邪魔するんじゃない!と返事はスルー。


・6着目は恐らくラストの衣装であろう、白スーツ。


・やっぱりここまできても緊張しているように見受けられる松本さん。…そういうとこ、好き。



・ラスト。

ニノちゃん、頭に白いの乗ってるよ…(´・ω・)シュン…


・優勝旗を持つ大野さんとマイクを差し出す翔ちゃんに萌え。




終わった…終わったよ…

燃え尽きたよ…  (-ω-◎)


でもやっぱりニノちゃんって、なんでも器用にこなしすぎて大きな失敗がないな。
失敗するニノちゃんも観たい(基本Mだけど時々S)…。


クソ忙しい日常に、こんな大役が入ってきてホントに大変だったと思いますが、いい年末をありがとう。

…で、これ、どうやって編集したらいいの?もう諦めて全部残しておくしかないのか今年は…。


いやあ、ホント緊張あり、萌えドコロあり、なんだよ、産まれて初めて紅白、楽しかったです。ありがとう。

これさ、大変だし、カウコン出て欲しいから来年はなしでいいやって思う反面、最初から最後までずーっと嵐さんが観れるこの幸せ。これ、ちょっと癖になるなあ~

| | トラックバック (0)

ネンマツネンシノアラシ VS嵐 12/31 

 

これがもう、ただの総集編みたいなのじゃなかったんですよ…
正直、めっちゃ面白かった(笑)。『VS嵐スペシャル対策会議室』


まあ、大きな軸としてはフリーター、家を買う。チームの時の対戦を振り返りで流すのですが、その前の一言。


「なんか強かったんだよね。物凄い。フリーターチーム。」


「そりゃそうですよ」 ←ん?「俺が居るんだもん」、か?(笑)



ここでなんだか、めっちゃほくそ笑んでる大野さん。なんだろう。この笑いは。
更にもう一度、フリーターチームが強かったと繰り返す相葉さんに、この人がいいこと言った。



「ちがっ、や、やっぱね、俺らね、5人でひとつなんだなって凄いそういう時思う。」 ←いや、ホントいいこと言った。



「あーなんか凄いいい話、それ。」



「そう、あとね、敵なのか味方なのか途中わかんなくなんだよね。応援しちゃう。『おー!頑張れ!』みたいにさ」


「結局ね?嵐が好きだってことだよね」 ←二宮さん!オトコマエ。


「凄いいい話。ステキ。」 ←嵐にしやがれの八嶋さんの時のエチュードのあのキャラみたいな喋りですけど、若干…


「それがつまってるってことかな?」


年末にこの人たち、なんて…
いや、まさかこの最後の最後にこんな仲良しっぷりをみせて頂けるとは。

『ゴコイチ』なんだよ、うん、やっぱり。

更には


全員お揃いの赤のTシャツ。



「皆さんに気合を入れてもらうべくこの、VS嵐オリジナルTシャツ。用意させて頂きました


「あ、翔さんが?」


「はぁい、もう、そ、そういうことです」


「へ~ぇ。あ、そうなんですね?翔さん…」


「ま、スタッフの皆さんが用意して下さったんですけれども」


「くすっ(笑)…どっちですか?」


なんだろう、このやりとり。
ここで、「どっち?」って聞くのがニノじゃなくて松潤だったところに、なんか、ちょっとくすぐったさを感じてしまう。なんだろうか。

もう、みんな、疲れてんじゃないのかなっていうくらい、ゆるい。ゆるいよ。
翔ちゃん、いつも、カンペの見方がいつまでたってもさりげなくならないなあっていつも、ホントにいつも思ってるんだけど、今日は、酷過ぎるし。(オープニングでも「どこ見て喋ってるの?」みたいに言われてた)



1/3のSPで対決する、松下奈緒さんの話。



「だってさ。今日の夜…ご一緒な訳じゃないですか。」


「まあある種、対決ですよね。」


「まあそう、対決する訳じゃない。その対決を終えて、もう3日後にはまた対決してる訳ですよ。」


「スゲー対決すんなあ」


「このペースで行くと、また6日、9日と対決…」


「3日おきにやんの?」


ええ、だからね、なんか、ぬるっとしてません?(笑)

深夜枠のようなこの空気。好きだ、好きすぎる。

そしてこの後です。

全国末’Sファンの皆様。お待たせしました。(だから、みぃ。はやまたろコンビ好きなんですけど…。でも、なんでだろう。末’Sって、ホントに萌えるんだよなあ。)


『嵐が選んだスーパープレイ&珍場面』


「ニノ。」


「ハイハイハイ!!!」



いちばん最初に指名され、まずね、ここの元気すぎるニノちゃんに一度、萌え。


「やっぱ…松本潤かな。」 ←フルネーム呼び。そして言い方がオトコマエ。

黙ってニノを見つめる松本さんの鋭い眼光。

「バンクボウリングかな、やっぱり。なんか、カリスマ性が、凄かったよね。」 ←再び言い方がオトコマエ。


この発言を受けて翔ちゃんが


「ここで赤倒してくれって時に倒してくれる安心感でしょ?」


「うーん。だっ、あそこだけ、『まっちゃん』って呼べるじゃん、俺達」 ←そこっ???(笑)


「あっ、そっか。」 ←納得するとこ?


そしてこのニノ→松潤へお返しするかのように、松潤が

「デュアルカーリングのニノ。」



なんて愛。そうさ愛。100%愛だね。

みぃ。の勝手な想像として、松潤はねえ、ダントツで翔ちゃんのことが好きなんじゃないかっていっつもなんか、思うんですよ、発言とかで。
勿論全員仲良しってのを前提にしてますけど、なんかやっぱり翔ちゃんなんだろうなあって思うところがあって。誰に絡むよりも嬉しそうに絡んで行くし、凄い良く見てるし。なんかツンデレの、デレの部分は翔ちゃんに、ツンの部分はあとのみんなに向いているような気がしなくもない。とか。
だからね、もう、ここは、…まあまあ、脚本があるのかもしれないけど、それでもやっぱり、お互いに末’Sが褒めあう姿って言うのはなんていうか…

もう、むずがゆいっていうか、こちょばゆい。 *´ω`人)キャワ。



相葉ちゃん→大ちゃんの フォーリングパイプのダブルキャッチ率。

成功率は
大ちゃんなんと80%。
ダブルキャッチ率4位の翔さんがここで、吠える。



「俺ね、一時ダブルキャッチバブルがあったの」


「それもう崩壊したんすか?」


「ああ、あの政権、崩壊しました」


で、今、相葉ちゃんに聞いて、大ちゃんのこと話したのに、なんで翔ちゃん、そこでまた相葉ちゃんに話ふるの?やっぱ疲れてる?(笑)


「俺……俺得意なゲーム何すか?」

とスタッフに聞く相葉ちゃんに、幼馴染のワンコが。


「相葉くんはあれじゃないの?『10秒チャレンジ』」

いや、10秒チャレンジって相葉ちゃんは2回やったけど2回ともダメだったはず…?みんな全然成功しないから(誰か成功したっけ???)得意なヒトはいないはずなんですが。

そしてここで判明したのが、バウンドホッケーのシュート成功率が実は相葉ちゃんが1位だということ。

でも、全てのゲームに言えることなんだけど、やる回数の多いゲームと少ないゲームがそれぞれみんなあるから、この率ってあんま当てにならないよね。1回しかやってなくて、それが成功した場合、10回やって8回成功した場合、それで100%と80%になっちゃう訳だから。まあそれでも、松潤の赤ピン率はやっぱり凄いなあと思うし、実際ニノちゃんのバウンドホッケーも上手だなあと思うし、言われてみれば大野さんのダブルキャッチも確かに多い。ただ、ゴメンなさい、バウンドホッケーは、ニノかと思ってたなあ。松潤も最近凄い上手いし。相葉ちゃん?って思ったけど、そうでした、神のような回があったんですよねheart04


「1発で決めますって言って決めた時もあった」


「あれかっこよかったな~」


「ね~。」 ←自画自賛?(笑)


「あれ俺多分中学生だったら好きheart01になってるね」



『嵐は座談会が面白い』と良く言われるって雑誌で言ってたけどホントに嵐はそのまま定点カメラかなんか置いて勝手に喋らせてたら、何もやらなくてもそれだけでファンは爆笑して楽しんでる気がするのよね。


ここで何故か、ちょっと話題が逸れて…。
あと一人、名前が出ていない人がいるのに、大変素晴らしい話題へ。

オープニングで怪しい動きをしている大宮コンビの話へ。
これは、みぃ。が番協に行った時に、オープニングトークでも実は触れていた話なんですが、ON AIRでは『VS嵐』の文字に消されて映らなくなってしまうので、映る位置に移動しているんだってニノちゃんが言ってまして。だからそれからはもう、毎週毎週頑張れと声援を送ってオープニングを観ていたんですが、まさかここで話題にしてくれるとは。



「まっ、ただあのね。放送では1回も触れてないけれどもオープニングでいっつも変な動きしてますね二宮さん。あと大野さん!番組見てる方気付いてるか。いや気付いてると思いますよ。『あの人達いっつもナニやってるんだろう』」


「もう戦いは始まってたんだよね。僕らの中では。みんな気付いてないかもしんないけど、オープニングとかもうCGで映ってないからね」


「もう想像の世界です」


「想像で動いてるの?」



しかもVTRを検証したところ、頑張ってる大宮よりも、相葉ちゃんの方がいっぱい映っていて。しかも毎回同じポーズっていう(笑)



「僕の位置あそこ特等席ですから」 

と、ちょっぴり自慢げな相葉ちゃんに、吹き出す大宮コンビ。


「…っていうか相葉さん。ふっ(笑)」


「…ふふっ(笑)」


「いっつも同じオープニング…」


そう、このオープニングの相葉ちゃん、何故か毎回同じポーズ。
今まで、オープニングってニノしか見てなかったから気がつかなかったけど…
ホントにいつも同じ。
相葉ちゃんのポーズを真似する大野さんが可愛らしい。


「だって今、3回映ったけど、なんか同ポジで衣装だけぽーんぽーんぽーんって……」


と、和んだところでいきなり真顔の大野さん。


「……翔くんって…」


「んっ?どうした?」  ←あーもう、この言い方!脳内で、恋愛妄想シミュレーション始まっちゃうよぉおおおお


み「…だって…」

和「んっ?どうした?」

み「好きなんだもんっ」

みたいな!みたいな!みたいなっ!!!!ヽ(≧ω≦)ノ



「…いやっ、な、なんかあっ…たかなと思って…」


大野さん、最後、めっちゃ声小さくなってます。


「俺ねえ。得意なの、このタイトルコール物凄い得意。」



ええええええええ!!!
しょ、翔ちゃんっ(爆笑)!!!



「ナイスボイス!ナイスボイス!」 ←ぎゃははは。相葉さん!やっぱり貴方は神です。


「そして?」


「んー……あとねえ、ジャイアントクラッシュのボタン押すの、凄い上手い」


だから!もう!翔ちゃん!(笑)
それを言うならクリフクライムの、くぼみにはまるのも凄い上手いよ?


「ナイスプッシュ!ナイスプッシュ!」 ←再び、神降臨。



「でまあ確かにジャイアントクラッシュのボタン押すのは一番なのかな?」



「80%位いってんじゃない?」 ←普通に答えてるし。




で、このあとホントに延々とナイスプッシュ場面が流れるんだもん、VS嵐スタッフ、ナイスすぎる。

でもVS嵐を観ていると、本当に翔ちゃんのこういうところが凄いなあって思う。

VS嵐のせいでなんとなくヘタレキャラになってしまった翔ちゃんだけど、実際は別にそんなに極端に運動神経が悪い訳でもないし。(高所恐怖症は仕方ない。)
なんだけど、こういうキャラを植え付けられても嫌な顔しないでいてくれる翔ちゃんって偉いなあって思うよ。ホントに。ニノに植え付けらてる毒舌キャラだとか、相葉ちゃんのおバカキャラだとか、各メンバーにそれぞれ色んな、こう、視聴者向け、一般層向けのわかりやすいキャラ設定みたいなのがあって、それを本人たちがどう思うか、担当がどう思うかはちょっと置いておくとして、わかりやすくこう、明示できるキャラがあるって言うのはやっぱりお茶の間に覚えられやすいというか。わかりやすくて入って行きやすいというか。
そんな中でキャスターなんかもやっちゃって慶應出のエリートのおぼっちゃまがこう、ヘタレなとこを見せるって姿は凄くいいバランスだと思うので、凄いありがたいなあと思います。
勿論、ニノ担がニノが変なふうに言われて凹むのと同じように翔ちゃん担の皆さんも嫌なのかもしれないんですけど…みぃ。自身はそんな翔ちゃんが物凄く好きだったりするので、やっぱりこういう場面では敢えてのオチキャラになってくれるのはありがたいなあと思います。



「あるといいですね。…この…新春スペシャルでも、ジャイアントクラッシュが。」


「ね。」




そしてラスト。
相葉ちゃんのTシャツの背中に、残り4人がメッセージを入れることに。



「気合入る言葉書いてよ?」


「そうだね」


「気合入る言葉ねっ。見えないからね俺。………どう?」


「待って待って、今書いてんだから」


「テンション上がるやつだぞ?わかってるだろうなあ?」


「わかってるよ俺らだってさぁ…」


「うん。勝ちたいでしょ?だって。」


「うん。」

延々にのあいトーク。
黄色と緑の文字がもう、みぃ。のバッグの色で嬉しい(笑)

そして出来上がったメッセージ。


『むこう行ってもお前らしく頑張れ!!』



『忘れないようにする』




『これからも仲間だと思ってるよ』



『元気でね』





…ん???




「俺転校しねーよ?」


「えっ?」


「俺転校しねーよ?」


「しねーの?」


「転校生じゃねーよ、俺」


「2011年?」


「2011年転校しない」


「話違うな…」


「俺転校もしないし引っ越しもしません。しません。関東地区に居ます。」


これなんとなくだけど…絶対…ニノちゃんが書き始めなんじゃないだろうか(笑)って思ってしまうなあ。もう、ホンット可愛い。なんて可愛いんだろう、この人達。



うーん、やっぱりこの人たち、ただこうしているのがもう、ステキな人たち。


ヤバい、SP前のトークだけでこんなに長い記事を書いてしまった…。
1/3のSP、一体何ページになるんだろうか…。
でもなーちょっとあの方苦手なんですよね。記事書く気失せないといいなあ。
まあまあ、大好きな金本さんが出るのでもう、ちょっと、できれば、金本&清原に挟まれた小さな大宮などのアングルを観て観たいのですが…。どうでしょう…。


って言ってたらぎゃああああああああああああ…

…ヤバい…

間違えた……

今、思いっきりコレ、消去しちゃったんですけど…


嫌ああああああああああああああああああああああああああ…



みぃ。的永久保存版なのに……………………


どなたかダビングしてあげてもいーよって方がいらっしゃったらお知らせください。ホント、何やってるんだろう、ワタシ。凹

| | トラックバック (0)

ネンマツネンシノアラシ GLOBAL TRACK CHART


昨年わかってたんですけど、新年にここに掲載したかった記事を一つ。


GLOBAL TRACK CHART ←コレ。

こちらは、アメリカ、イギリス等々のミュージシャンの売上チャート、日本のオリコンの世界版みたいなもんですね、ナショナルチャートです。


この36位に。



『Arashi - Boku No Miteiru Fukei
J-Storm Records Japan - 1,1 million copies』



誰が何と言っても。


嵐さんは凄い。

そして貢献してる私たち、エライ(笑)


数字なんてどうでもいいの。記録より記憶に残るアイドルであって欲しいの。

でもやっぱりこれは嬉しい。

| | トラックバック (0)

2011年、あけましておめでとうございます

A HAPPY NEW YEAR

今年もよろしくおねがいします。

上のごあいさつの配色。

ニノちゃんの名前にあるアルファベットだけ黄色です。
(厳密に言うとみぃ。のブログは背景色がピンクなので、黄色だと携帯から読むと超見ずらいので、黄色とオレンジの中間色を使用しておりますが。)

他のメンバーカラーは名前とは関係ありませんがたまたま均等に、こんなとこまで仲良く2回ずつ。よかった。


さて。


昨年、んー、すごい張り切って嵐活動した1年でした、みぃ。的に。
といってもたいしたことはしてないんだけど。
今年はもっと張り切って活動しますので、皆さん、宜しくお願いします。

今年はコンサートで、何箇所か行けたらいいなあ。(願望)
そしてコンサートを楽しむのは当然として、皆さんともお会いで来たらいいなあと(切実)思う訳で。
チケットが余るなんて奇跡は起きないでしょうが万が一余ったら当日でも自家用ジェットで飛んでいくか(嘘です)、泳いでいくので(これも嘘です)誘って下さいね。
そして♪いつかはあなたのすむ街へ行くかもしれません♪(…ん?あーみぃ。と同世代の人しかわかんないだろうな、この歌詞…。)


それにしても今年は産まれて初めて、紅白、すっごいしっかり観た年末でした。
父に、「紅白見るの?!」って言われました(笑)そりゃそーだ。その反応は正しい。


紅白の感想はまた改めます。


昨年、年末はコメントも返せず、記事の更新も少なめになっていましたが、今年はできるだけどちらも頑張ります。でも、全番組、全雑誌のフォローは不可能だし、コメントのお返事も全部にお返事しますとお約束はできないのですが、前向きに頑張ります。
なので、本当に、今年も、きっと昨年以上に変態ですが見捨てずにみぃ。と一緒に遊んで頂けたらと思います。


今年も、嵐さんにとって、ニノにとって、ここの皆さんにとって、幸せな一年でありますよーに。

| | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »