« 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/30 ② | トップページ | Andoroid au 嵐さんCM »

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/30 ③

裏嵐





「この前潤くんのラジオで、嵐のカップリング人気投票みたいな企画をやっていて、リスナーが投票した結果、1位が『Still...』2位が『ファイトソング』3位が『僕が僕のすべて』でした。私は『いつまでも』に投票したのですが、ニノ君が投票するとしたらどのカップリング曲に投票しますか?」




※おんなじメール、みぃ。も送ったのにぃいいいいいいいいいいいいいいい…凹ニノちゃんは何故か読みながら「カップリング投票」のあたりで微妙に笑ってました。


ニノ「どうですか?」


STBY「僕ですか?」


ニノ「うん。凄い怖いこと聞いていいですか?」


STBY「はい。」


ニノ「『Still...』って何のカップリングですか?」


STBY「えーっとね、何だっけ?」


ニノ「ありがとーございます。」


STBY「はい。(笑)」


ニノ「成程ね。ちなみに『ファイトソング』って何の?」


STBY「ファイト、ソングは…」


ニノ「ありがとーございます。」


STBY「はい。」


ニノ「そっかぁー。…こういう事が起こるんだよね?」


STBY「はい。」


ニノ「潤くんのラジオとかは、まあ、そもそもの潤くんのポテンシャルが、やっぱ高いですから、こういうカップリング…、『あーそう!!』みたいな。」


STBY「うーん…。」


ニノ「『あ~果てない空のカップリングの曲なんだ』みたいな。こういうの多分、この、結果を、受けて…」


STBY「はい。」


ニノ「『この時代の、カップリングの曲が、やっぱいいんだ』みたいな。」



STBY「うんうんうんうん。」


ニノ「事、言えると思うんですよ。」


STBY「はい。」


ニノ「僕、もう…年代すら、も~、これ、この1、2、3位を…」


STBY「(笑)」


ニノ「新しい順に並べて下さいって言われても、わかんないもん!どれが…どれか。『僕が僕のすべて』って、auのCMソングですよね?」


STBY「そうですそうです。そうですね。」


ニノ「『ファイトソング』って…」


STBY「『ファイトソング』は、日本テレビの…、」


ニノ「『Gの嵐』のやつですよね。」


STBY「『Gの嵐』の。ですね。」


ニノ「『Still...』って…。」


STBY「はい。」


ニノ「よく、コンサートで、んふっ(笑)歌ってる曲ですよね?」



※ニノちゃんこの曲…好きって言ってましたよね?なのにこんな位置付け?(笑)




STBY「歌ってますね、はい。」


ニノ「うんうん、成程ねぇ~。」


STBY「僕は『ファイトソング』です。」


ニノ「あっ、ホントですか。」


STBY「はい。」


ニノ「わたしも『ファイトソング』かなっ。」


STBY「まっ、あの曲は、まあ、ずっと。あの嵐のままでいて欲しいなって言う…」


ニノ「んふふふふ(笑)」


STBY「感じが、僕はします。」


ニノ「あっはっはっは(笑)」


STBY「(笑)」


ニノ「わたしも、そういう、感じで、作ったとこありますんで。まっ、なんか、そういう事でしょうねっ?」


STBY「(笑)」


ニノ「(笑)『Still...』は『Happiness』のカップリング。『ファイトソング』は?」


STBY「あぁ~…『Love so sweet』」


ニノ「『Love so sweet』の初回限定版に入ってんだ。」


STBY「『Still...』、そっか。」


ニノ「凄い立ち位置ですね、そう考えると。初回限定版に入ってるのが『ファイトソング』って。なんか、随分思い切ろうとしたんすね。」


STBY「えっ?『Still...』、『Still...』がですね?」


ニノ「えっ?『ファイトソング』…」


STBY「あ~、『ファイトソング』…、あぁ~、えっ?そうでしたっけ?そっか。」


ニノ「『Love so sweet』って事は、『Still...』の方が新しいって事だよね?」


STBY「あっ、そっか、そっか。」


ニノ「へぇ~っ!!」


STBY「ねぇ!」


ニノ「うちでもやってみますぅ~?でも、うちで、はやめましょう~?」


STBY「うん。まあ~、ちょっと…」


ニノ「なんか、多分、こうなるんだろうなってのが、なんか、今、予測…」


STBY「うん、予想出来ますね。」


ニノ「出来たね。」


STBY「はい。」


ニノ「2人でやると、多分こうなるよね?」


STBY「うん、こうなります。」


ニノ「うーん。成程ねぇ~。」


※この2人ってホントに………(以下、自重)





「GANTZの全米公開決定おめでとうございます。私は、今、アメリカに住んでいるので、絶対観に行きます。アメリカでは、吹き替えという事で、二宮さんの声が聞けないのが残念です。自分の映像が、英語で吹き替えられるって、どのような気持ちですか?不思議な感じですか?」




STBY「ほお。」


ニノ「アメリカ行っちゃうと、全部…」


STBY「吹き替えです。」


ニノ「吹き替えになりますよね。」


STBY「そうですね。」


ニノ「うん。やっぱ、あれなんじゃないですか?より多くの人に見て頂きたいから。」


STBY「う~ん。」


ニノ「喋れるけど、読めない人って多いじゃない?」


STBY「そぉですねぇ。」


ニノ「向こう。」


STBY「はいはいはい。」


ニノ「その…」


STBY「あぁ~確かに。あっ、そういうの話聞いた事あります。」


ニノ「その、育った環境に対して…」


STBY「はい。」


ニノ「その、育ってる環境ってのが、凄く大事な国なんでしょうねっ、あそこはね。だから、硫黄島とかも、全部日本語でやるのが、今回の最大の、強みだって言ってたんですけど。」


STBY「ほお。」


ニノ「アメリカで公開した時も、全然吹き替えでしたからね。」


STBY「う~ん。」


ニノ「だから、そういう人に逢ってみたいですよね。吹き替えして、んふっ(笑)、くれた人に。」


STBY「(笑)吹き替えしてくれた人に。」


ニノ「どうしよ?凄い声低かったら。」


STBY「いやっ、それは、まあ~、どうでしょうねぇ。」


ニノ「GANTZ。」


STBY「GANTZ、でも、どんな、ね、みなさん、反応、でしょうねっ。」


ニノ「ねぇっ。」


STBY「どうね…、どう思うでしょうね。見てねぇ~。感想とか聞いてみたいですね。」


ニノ「聞いてみたいよねぇ~。」


STBY「う~ん。」


ニノ「いちお、300…、30ぐらい。」


STBY「おぉ~、凄いっすねぇ。」


ニノ「まっ、でも日本でゆったら、100館とか、」


STBY「う~ん、ぐらいの、まぁ、まぁ、広いですからね、アメリカはね。」


ニノ「そうそうそう。単館みたいなもんですけども。まっ、そこでやる事に意義があるって言う風に、見出したのは凄いですよね。」


STBY「はい。」


ニノ「日本で、初めて、に、近いんじゃないのかなぁ?そうやって、公開するって言う…、っだっ、公開するって言う事が。今まで、なんか、プレミア…」


STBY「あぁ~。」


ニノ「試写会みたいのは、凄いあったと思うんですけど。」


STBY「はいはいはいはい。」


ニノ「それこそ、なんか、俺凄い覚えてんのは、ルーブル美術館で、あの…、『20世紀少年』とかやってたじゃない?」


STBY「う~ん。」


ニノ「CMとかで。も、あるけど、そうではなく…」


STBY「誰でもお金を払えば観に行けるという。映画館でねぇ。」


ニノ「環境が凄いよね。」


STBY「ですよねぇ。」


ニノ「どうなっちゃうんだろう~。まっ、楽しみですけどもねっ。」


STBY「はい。」


ニノ「是非ともね、えー、もう公開されていますから。」


STBY「そうですよ。是非ね。」


ニノ「うん。」


STBY「観て頂きたい。」


ニノ「と思っております。という事で、ここで1曲聴いて頂きたいんですけど。これは、嵐さんの新曲ですね?」


STBY「はい。2月の、23日に発売します。もう通算で35枚目ですよ。」


ニノ「えー、えっ?『バーテンダー』ってさ。」


STBY「はい。」


ニノ「『バーテンダー』って『バーテンダー』だよね?」


STBY「バーテンダー…、バーテンダーです、はい。」


ニノ「そうだよね?」


STBY「相葉くんのね、ドラマの。主演してます、バーテンダーの、主題歌にもなっておりますけども。」


ニノ「それも、そろそろ始まるって事ですね?」


STBY「始まります。」


ニノ「ねっ。」


STBY「まもなく。」


ニノ「いやぁ~待ちに待ったな。その、主題歌でもある訳ですね?」


STBY「そうですね。」


ニノ「嵐の新曲ね。では聴いて頂きましょう。」




Lotus




※なんか、ありそうでなかった感じなんだよね、この曲。

雰囲気的にはTruthっぽい感じなのかなあって、相葉ちゃんの番宣番組みたいなのでPVちらっと観た時に思ったんだけど、イントロとかAメロとか、なんか、なんだろう、ありそうで、でも、嵐にはなかった感じの曲かなーと思いました。(他のグループには絶対ありそうな感じがするんだけど。)Truthの『白』版って感じのイメージがあのPVといい、曲といい、っていうかホントにTruth?って思っちゃう場所があったりするんだけど、なんか、あんまりバーテンダーって感じがみぃ、にはしなかったのよね…?バーテンダーってみぃ。的にはやっぱり「夜」って感じなんだけど、割とこの曲、爽やかっていうか。歌詞とかも含めて…でもまあ、相葉ちゃんだから、バーテンダーになってもあんま「夜!」って感じじゃないのかな?
しかし相変わらず、AメロBメロからサビへの若干無理やり具合がジャニーズっぽい。「この曲明るい曲なの?暗めの曲なの?」って悩んでしまうっていう(笑)まあ、それも全然慣れちゃったけどさ。割とAメロBメロは迫る感じなんですけどサビはちょっとだけ爽やかな感じです。あ、勿論Still...とかみたいな爽やかさではないんですけど(笑)

あとは、まあ、あのPV一瞬見た時には、まさかニノちゃんのソロは今回はなくて「♪あ~♪」とかだけでMonster再びかとニノ担食事会の時、全員でびびっていたんだけど、ちゃんとソロパートありました。ああ、良かった。早くPV観たいです、ちゃんと。やっぱり踊って歌ってる嵐さんが、一番ステキだなあって思うので…でもまだちょっと先なんだよなぁ。

通常版のカップリングのサクラップも楽しみですよねぇ。
だってもうさあ、曲のタイトルからして楽しいもん。
うーん、カップリングに名曲揃いの嵐さんなので期待しております。
昨年もカップリングには本当に楽しませていただきました。





ニノ「なんか言いたい事ありますか?」


STBY「いやっ、もう、ねっ、ダンスチューンっていう感じですよね。」


ニノ「なんすか?」


STBY「ダンス…、ナンバーって感じですね。」


ニノ「あぁ~成程ね。」


STBY「はい。」




~ペンネーム大賞、お便りの宛先、新コーナーなどを頑張ってずーっと読み続けるニノちゃん。~




ニノ「あぁ~、すげぇ~かけ足した。はぁーっ。」


STBY「(笑)」


ニノ「じゃあ最後に。」


STBY「はい。」


ニノ「STBYから一言。」


STBY「一言。」


ニノ「頂いて。」


STBY「風邪をひかないように。みなさん。がんばって下さい。…一言…、まだ…ですか? 新曲、いかがでしたか?また来週。」


ニノ「ふっふっふふふ(笑)それ、僕言うんで。また来週は。」


STBY「あぁ~、そうです。」


ニノ「はい。」


STBY「そうです。」


ニノ「ごめんなさい」


STBY「はい。そぉですねぇ~…。」


ニノ「あれっ、んふふふっ(笑)新曲の発売日とか言わなくていいですか?」


STBY「あぁ~、そうです、そうでしたっけ?」
 

ニノ「はい。」


STBY「はい。2011年…」


ニノ「はい。と、いう事で、お相手は嵐の二宮和也でした。また来週。」

|

« 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/30 ② | トップページ | Andoroid au 嵐さんCM »

嵐:ラジオ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296456/38678126

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/30 ③:

« 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/1/30 ② | トップページ | Andoroid au 嵐さんCM »