« 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/5/22 ① | トップページ | 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/5/22 ③ »

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/5/22 ②

ニノ「えー、ペンネーム『STBYって、もう結婚は考えていないんですか?』さんから頂きました。」


STBY「ありがとうございます。」


ニノ「どうなんですか?考えてないんですか?別に今、結婚してる…」


STBY「はい。」


ニノ「いやいや。」


STBY「えっ?」


ニノ「いやっ、『私は結婚してますよ。』って事じゃなくて。」


STBY「はい。」


ニノ「もう結婚は考えてないんですかって言われてんです。」


STBY「いやっ考えてないですね。」


ニノ「おお~、なんでですか?」


STBY「なんで!?」


ニノ「うん。」


STBY「いやっ……、全く…」


ニノ(言葉を遮って、しかも元気よく)キーワードは「後輩!」えー…。」





「この春、初めて後輩が出来ました。ですが、どういう風に接したらいいのかがわかりません。よく話しかけてくれる先輩がいて、その先輩が大好きなので、話し掛けてみようかなぁとも思ったのですが、タイミングが掴めなかったり、どんな事を話したらいいのかわからなかったり、どうしていいのか悩んでます。ニノ、教えて下さい。」





STBY「はい。どうですか?」


ニノ「学校の先輩…、を、先輩って呼んだ事あります?」


STBY「はい、ありますよ。」


ニノ「あぁ~あるんだ。俺、ないんですよ。」


STBY「ない?というのは?」


ニノ「俺、もう中1からジャニーズだったんで、先輩の事を、もう基本的に君付けで呼ぶ、習性がそこで…」


STBY「あ~。」


ニノ「もう、生まれちゃってて。学校…でも、みんなが『なんとか先輩』とか言ってる、のとかも、俺、1人で『なんとか君』とか呼んでたんですよね。」





※非常に…そっち系の先輩に目をつけられそうなエピだなあ~…(笑)
ちなみにみぃ。は、相方ちゃんには『○○先輩』ではなく、単に『先輩』と呼ばれてます。
最初は違ったのにな~なんだろうな~…まあ、確かに先輩なんだけども…





STBY「ほお~。」


ニノ「だから、俺、先輩と呼んだ事がなくて。まっ、仮に…、後輩もそうだよね。」


STBY「なんとか君」


ニノ「うん。でも、後輩っていう総称いるのかな?」


STBY「先輩に対しては言いますよね?何々先輩…」


ニノ「先輩に対しては、そうだよね?敬称としては付けるけどー。」


STBY「ねっ。なんででしょうね。確かに、後輩って、付けない…」


ニノ「付けない。」



※本日のベイスト、なんだかやたらとこういった話が多い…






STBY「付けないっすよね。どうしたらいいですか?」


ニノ「何が?」


STBY「いやっ、その、タイミングがわからないと。」


ニノ「うん。」


STBY「話…、したいけど、ねえ?なかなかきっかけがないと。」


ニノ「成程ね。今、話していいタイミングですか?って聞いてみたら?」


STBY「おお~、丁寧ですよね。」


ニノ「丁寧だろ?」 ←この言い方、めっちゃ萌えました。


STBY「はい。その…、先は、どうすりゃいいんですか?何をしたら?」


ニノ「タイミングだよ、つったら、話せばいいし。んふっ(笑)。」


STBY「(笑)」


ニノ「んっふっふふふ(笑)タイミングじゃないって言えば…」


STBY「あぁじゃあ、すいませんっつって。」


ニノ「じゃあ~すいませんって言えばいいんですよ。」


STBY「成程」


ニノ「いやっ、話すタイミングなんてないんですよ。」


STBY「うぅ~ん。」


ニノ「なんでもそうっす。おっきな声でー、喋り出すっていうのはー。タイミングですよね。」


STBY「うん。」


ニノ「タイミングを作る。」


STBY「あぁ。」


ニノ「自分で。それなりの話を、持っていて、みんながワーワー盛り上がっているけど、自分で話したいって時は、その場で、誰よりもおっきな声で、話を切り出すっていうのは…」


STBY「うん。」


ニノ「自分のタイミングを作る事になると思います。」


STBY「ほお~。成程ね。」


ニノ「バラエティーとかでは基本的にはそうですよね。」


STBY「あぁそうなんすか。へぇ~。」


ニノ「みんなで、全然知らない人と喋ってて、みんなでワイワイ。自分が喋りたいなと思った時は…」


STBY「おっきな声で。」


ニノ「うん。タイミングを探る…、事はね、出来ないんだから。初めて逢った人なんだから。自分でおっきな声で、」


STBY「発すると。」


ニノ「発…して、タイミングを作るっていうのは…」


STBY「成程。注目されると。」


ニノ「まっ、普通の人だったら聞いてくれますけどね?」


STBY「う~ん。」


ニノ「うん。余程向こうが話した…い…、事が、まだいっぱいある限りは。」


STBY「成程ねぇ。」


ニノ「うん。わたし、そうやってやってますけどね。」


STBY「ほおほおほおほお。なかなか。勉強になりました。」


ニノ「いやっいやっ、いいんです。いいんです。」


STBY「はい。」


ニノ「こうやって2人で喋ってるとね、タイミングなんてのは、もうそもそもないですから。」


STBY「そうですね。」


ニノ「普通に…」


STBY「はい。」


ニノ「合いの手になる時もあれば。自分が振って、自分が振られた側が、こう…主役になる時もありますけどね。まっ、色々ですからね。じゃあ続いて…」


STBY「はい、以上です。」


ニノ「これ、シビアですね。」


STBY「(笑)シビア!?」


ニノ「このコーナー、2枚で終わった事なんてありましたぁ?」


STBY「いやぁ、まあ、あの~結構いい話聞けたんで。また次回。」


ニノ「なんか…」


STBY「えっ!?」


ニノ「ディレクターみたいな立ち位置、んふっ(笑)に、なって…」


STBY「(笑)」


ニノ「なってますけど…大丈夫ですか?」


STBY「大丈夫、大丈夫」


ニノ「いいんですか?」


STBY「あぁ~いいですいいです。」


ニノ「わかりました、ごめんなさい」 ←ここちょっと自信無いですごめんなさい



『ラブレター。~いつだって逢いたくて~』 /ソナーポケット

|

« 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/5/22 ① | トップページ | 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/5/22 ③ »

嵐:ラジオ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296456/40109911

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/5/22 ②:

« 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/5/22 ① | トップページ | 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/5/22 ③ »