« ひみつの嵐ちゃん 2011/4/28 ② | トップページ | 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/4/17 ② »

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/4/17 ①



みぃ。がロシアに行っている間のベイスト、いつものお友達がUPしてくれましたので、遅くなりましたがUPさせていただきまーす。
いいお友達がいて本当にありがたいです。




みぃ。さんのお留守の間のBAY STORMの文字起こしを引き受けました友★です。

今回4/17のONAIR分、なんと期待していた音源が消えてしまうというトラブルに見舞われてしまいました。結局他の音源に頼り、ノイズ混じりの中から文字起こししているため、恥ずかしながらニノとSTBYのどちらの発言なのかすら聞き取れないことがあったり、言葉もあやふやなところがあります。
また、ところどころに入るSTBYの「あー、」とかあいづちはカットしちゃってます。
その辺どうかご了承下さいませ〜m(__)m





「いつも今が一番仲いいの」



ニノ「はい、こんばんは。嵐のKAZUNARI NINOMIYAです。今日のオープニングの一言はラジオネーム『智の釣竿』さんから頂きました。紹介しましょう。
えー、「この前リーダーがラジオで『友情』について、の話をしていた時嵐の話題になりその時、『今が一番仲がよくて10年以上どんどん仲良くなっている。ケンカはしないしお互いみんな大好き。』と言っていました。」と。「聞いていてすごく温かい気持ちになりました。そう言い切れる関係ってすごいと思いました」と。「ニノちゃんどう思いますか。」ということで。



STBY「うーん。」



ニノ「どう思います?」

STBY「いや、素晴らしいことですよ。」



ニノ「そうですよね。」

STBY「はい。言葉にですね、それを表現できるっていうのは。」



ニノ「言葉でね?」

STBY「はい。」



ニノ「はい。」

STBY「ど、どうですか。」



ニノ「そうですね、なんか、リーダーのラジオの報告が多いですね。」

STBY「多いですよね。ほんと。こないだもなんかありましたよね。」



ニノ「こないだもありましたね。」

STBY「何でしたっけ。魚…のものまね?とかね、してた」



ニノ「ね。けど、大丈夫ですか?みたいなメールですよね?」

STBY「う〜ん、何ですかね。」



ニノ「なんでなんですかね。」

STBY「ね。」



ニノ「なんか。」

STBY「何かあんのかな。」



ニノ「え、リーダーがラジオで、みんなのラジオに、一斉送信してね、とか言ってるんですかね。」

STBY「うっはははは。…そりゃないですよね。」



ニノ「なんでこんなにも…」

STBY「うん…」



ニノ「多いですね。他の人たちも多いのかなぁ。他の人たちの、まっったく聞かなくない?俺相葉くんのラジオの話なんて全く聞かないけど。」

STBY「聞かないすね。…いやでもね、この番組のぉ、メールは多いと、あの、結構いってますよ。他のメンバーの。」



ニノ「あ、他のメンバーのとこに?」

STBY「BAY STORMの。」



ニノ「感想メールみたいなの。」

STBY「なんか、…あぁ、こないだ二宮くんがこう言ってたとか。」



ニノ「あぁ、で、この番組のもいってるわけですか。」

STBY「いってますいってます。」



ニノ「じゃあまり、へんなこと言えない訳ですね。」

STBY「いや、へんなことは言ってないですけど。」



ニノ「STBYがこないだ、潤くんの悪口言ってたとかっていうか(STBY「え?」)そういうこととかいっちゃいけないってことですよね。」

STBY「え?いえ、言ってないです言ってないです。」



ニノ「え?」

STBY「え?悪口?」



ニノ「とかも、言っちゃいけないってことなんですよね。」

STBY「ま、仮にま、そう発してたら、言っちゃいけないですよね。」



ニノ「うっははははは…くくっ」




「縁を結いて」 堂本剛


どうか穏便に



ニノ「録りなおします?」

STBY「まぁ、そろそろね。」



ニノ「んー、さ、ひさびさですねぇ。『どうか穏便に』も。」

STBY「んー、ひさしぶりですよ。」



ニノ「ねえ。」

STBY「そうですね、ひさしぶりですね。」



ニノ「だいたい、いろいろとっときます?『戻りタイム』とかも。」

STBY「まぁ、次回ちょっとね。」



ニノ「ぁっとぉ…、『小部屋』と。あとぉ〜、…ま、『裏嵐』も作ってもいいですよね。別にも…サイアク?」



STBY「うん。」



ニノ「考えといて下さいね。」

STBY「考えて。」



ニノ「はい。」




私は中学の時ソフトボール部に所属していました。私の部では卒業する先輩方にみんなのメッセージが入ったボールを渡すのが伝統になっている。と。(STBY「へ〜」)私は去年その書いたボールを預かる係でした。そして卒業式の翌日一人だけ会えず、渡しそびれてしまいました。何回も後から渡しに行こうと思ったのですが私はその先輩の連絡先を知らないので、渡せずじまいでした。と。今はピアノの下の箱の中に入っています。ほんとにお世話になったのに先輩、ごめんなさい。と。




STBY「う〜ん。」



ニノ「これはまずいな。」

STBY「まずいっすね。」



ニノ「う〜ん、まずい。」

STBY「まずい。」



ニノ「誰かに聞いて渡すべきだよね。」

STBY「そう。そうですね。」



ニノ「顧問の先生とかさ。ね?」

STBY「ま、ね。なんかそう考えるとね。」



ニノ「はぁまずいな、これはぜったい。」

STBY「んはぁ。最近多いすね、なんかこういう。贈り物系の。季節ですかね。」



ニノ「時期、だからじゃないですか?(STBY「時期ですね」)時期もんですよ。やっぱり。旬なんでしょうな。ん〜。 こういうのいっさい無かったもんな。っんとになぁ。」



STBY「なんかねぇ、憧れますよ。でもね、僕も。」



ニノ「憧れますよ。まぁでも、あったんでしょうけどね。こういうことはね。学校でも、うちの学校でもね。」

|

« ひみつの嵐ちゃん 2011/4/28 ② | トップページ | 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/4/17 ② »

嵐:ラジオ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296456/39820878

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/4/17 ① :

« ひみつの嵐ちゃん 2011/4/28 ② | トップページ | 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/4/17 ② »