« 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/5/8 ① | トップページ | 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/5/8 ③ »

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/5/8 ②

「私が戻りたいのは、先週の水曜日だ。 (ニノ「と。近場だな。」 その日は、部活も終わり、友達と喋りながら駅まで歩いていました。お腹が空いたので、パンを買って歩いていたんですが、階段を降りたら、まだある段差に気付かず、足を踏み外し、そのまま三段ぐらい落ちてしまいました。その後、病院へ行ったら、全治三週間の捻挫と言われてしまいました。出来る事なら、その日にもう1度戻ってやり直したいです。」





ニノ「なるほどなっ。」


STBY「う~ん。」


ニノ「大変だよっ?捻挫は。癖になっちゃう。」


STBY「ねぇ~?」


ニノ「うん。」


STBY「大変ですよ。」


ニノ「俺も、寝てて。次の日起きて。マッサージ行ったのよ。」


STBY「はいはいはい。」


ニノ「腰痛かったから。で、腰やってもらってたの、痛いなぁっと思って。でも、まっ、しょうがない、それはもう、ずーっと、もう、痛いから。」





※かわいそうだけど、なんかこの「しょうがない、それはもう」って言葉がね…みぃ。も凄く良くわかるなー。
みぃ。は腰椎と頚椎、両方とも椎間板ヘルニアを患っているのでよくなってもまたちょっとすると痛くなってあー、またずれたなーみたいな繰り返しなんで…
仕事で一日中ほぼずーっとPC触ってるのに家帰ってからもブログとかやってるので、そういうの、首に良くないよって先生にも言われるんですけどね…。なのでまあ、更新が止まってたら仕事が忙しいのか、首痛いのかなーと思ってて下さい。あ、でも心配はあんまりしないで下さいねheart04ちゃんと、駄目そうなら休むので…。『太く短く』ではなく『細く長く』でずっと続けていこうって思うので…ま、理想は『太く長く』ですね(笑)




STBY「うぅ~ん。」


ニノ「あっ、でも、とりあえず全身やってもらってたの。したら。『あれっ?』とかって言われて、マッサージの人に。」


STBY「はい。」


ニノ「『二宮さん、昨日何かしましたぁ~?』とかって言われて。」


STBY「ほお。」


ニノ「いやっ、なんも…、別に…寝てただけです、とか言って。たら、『二宮さん!右足首ねん挫してますよ』って言われて。」


STBY「(笑)えぇっ!?あらまっ。」


ニノ「びっ………くりした、それ。」


STBY「いやっ、そりゃびっくりしますよ。だって、前の日、何にもせずに、寝てただけですよね?」


ニノ「うん、寝てただけ。ホントに寝てたなって言う日だったの。だから、腰痛くて。1回も起きてないから。したら、なんにもしてないのに、足首捻挫してたの、右足首。」


STBY「あらまっ。」


ニノ「凄くない?」


STBY「凄いです、それは。」

※でもそれって、前日じゃなくて前々日とかに捻挫してたっていうことはないのかしら…???




ニノ「だっ、そうやって言われたらなんか急に痛くなって、右足首。あっ、なんかイテェ~なみたいな。」


STBY「う~ん。」


ニノ「なぁ~んにもしてないのに、なるらしいんですよ、捻挫って。」


STBY「へぇ~。」


ニノ「なんか、寝違えちゃった!みたいな事らしいよ。」


STBY「あぁ~、そういう…のも、捻挫って言いますよね?」


ニノ「うん。だからっ、知らない間に、寝てる間に捻挫になっちゃってさっ。」


STBY「どぉ~しよもないですよね?気を付けようがないですよね?」


ニノ「うん。でも、ね…、寝違えるっていうのも、なんか捻挫の1つなんだって。」


STBY「へぇ~。」


ニノ「びっくりした。俺、それ聞いて。」




※みぃ。もちょっと似たようなことがあって、ロシア行く前に腰が痛いなあーっと思って、飛行機10時間だしなーって、病院行ったんですね。で、そういえばここんとこ足も痛いんだよなーって思って先生に「なんか足も痛いんだけど腰かばって変な歩きかたをしたからですかねー」なんて言ったら「あれ?足捻挫してるよ」って言われて、そうしたらもう、そっから凄い「そういえば、結構痛いかもしれない…」って(笑)



「私が戻りたいのは、小学校の頃です。理由は、学校の給食が食べたいからです。私は、中学校からお弁当だったので、もうこれから給食を食べる事は出来ません。戻るんだとしたら、小学校の頃に戻って、おいしい給食を好きなだけおかわりをして食べたいです。
ニノちゃんは、給食の中で、1番好きだったメニューはありますか?私が好きだったのは、筑前煮やビビンバです。」







ニノ「ビビンバとか出たんだ。」


STBY「ほお~。」


ニノ「時代やなっ。」


STBY「ねぇ~?」




※みぃ。もビビンバって記憶にないなあ…
ちなみに好きだったのはきなこの揚げパン。あれおいしかったな~。


ニノ「うん。」


STBY「まあ確かに、筑前煮はおいしかったですね。」


ニノ「あっ、筑前煮とか出ました?」


STBY「だから、煮物ですよね?要は。」


ニノ「うん。」


STBY「なんか出ました、出てましたねぇ~。」


ニノ「へぇ~…。俺、も、そんなのも覚えてねぇ~やっ。」


STBY「何が好きでした?」


ニノ「きゅうしょ、く?」


STBY「カレーライスですか?やっぱり?」


ニノ「何にも覚えてないなぁ、給食…」


STBY「(笑)」


ニノ「何してたんだろっ?仮に…」


STBY「えっ!?」


ニノ「俺、中学校は、多分、給食だったと思うんだよなぁ。お弁当じゃなかった気がする。高校は自由だったからなぁ。」


STBY「あぁ~。お弁当だったり、食堂だったり?」


ニノ「食堂なかったから、外に出てた、みんな。」


STBY「あっ!そうなんですか?」


ニノ「うん。」


STBY「へぇ~。」


ニノ「近くの…」


STBY「お弁当屋さん?」


ニノ「ラーメン屋とか………えっ!?ダメなの?」


STBY「いやっ、そりゃ学校が認めてればいいと思いますよ。」


ニノ「うち、うち、そうだったよ。うん。」


STBY「ふうぅ~ん。」


ニノ「えっ?普通は食堂があんのか。」


STBY「まっ、だいったい、まあそういう所は食堂があって、まあ~パンだったりとかぁ~、なんか色々、カレーライスとかだったりね。」


ニノ「ああぁ~。近くにね、コンビニがあって、みんなそこか、その、ゲーセン隣りのラーメン屋さんか。」


STBY「おぉ~。」


ニノ「だったなぁ~?」


STBY「なるほど。」


ニノ「うち出て良かったからさぁ。で、休み時間とかも出て良かったんじゃない?」


STBY「へぇ~。自由な学校ですねぇ~。」


ニノ「うん。休み時間、出て、コンビニ行ってる人とか。…いたもん。」


STBY「ふぅ~ん。いいっすねぇ。」


ニノ「そう。」





※みぃ。の学校は始業から終業まで門扉が固く閉ざされていたので外出は出来ませんでした。食堂もあったんだけど、学園祭や調理実習の時しか使わず、教室でお弁当でしたね~。購買はあったので、そこでパンとかおむすびたまに買ってたような気がする。
まあ、高校生の時ってダイエットとかしてたから基本、お昼はリンゴかヨーグルトのみだったなぁ…。懐かしい…。




STBY「ねえ?」


ニノ「大変だよねぇ?でもねぇ~?あれ作る人たちも。何人分作るんだろっ?」


STBY「(笑)」


ニノ「あれ、学年によってメニューって違うんですか?一緒?」


STBY「どぉ~だろっ?いやっ、なんか、一緒…、まっでも、わかんないですね、最近は。違うのもあるかもしんないですねっ。」


ニノ「でも、一緒じゃないとやってらんないよね?作る方もねっ?」


STBY「まあ、大変ですよね。手間暇掛かりますから。」


ニノ「ねぇ?」


STBY「はい。」


ニノ「でっかいの何人前作るんだろうなっ?」


STBY「何人前でしょうねっ?」


ニノ「あの、1コの、でっかいヤツでやんでしょっ?…何人前入るんだろうねっ?あれ大変だよなぁ~?でもね、そういうの、あった…。なくなると食べたくなるもんだよねっ、意外とねE?」

|

« 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/5/8 ① | トップページ | 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/5/8 ③ »

嵐:ラジオ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296456/39947723

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/5/8 ②:

« 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/5/8 ① | トップページ | 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/5/8 ③ »