« 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/6/5 ③ | トップページ | わたくしごと。 『カリアゲが今、熱い!』の巻 »

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/6/5 ④

「VS嵐で、プラスワンが、はるな愛ちゃんだった時の放送見ました。ところで、大野さんと二宮さんは、少女時代をやってましたが、あれって練習する時間あったのでしょうか?それともぶっつけ本番であのクオリティーだったのでしょうか?ちょっと気になります。」






ニノ「まっ、でも、2、3分、こういう流れだって言う…、話を、されて。やった感じですね。」


STBY「ふんふん。」


ニノ「あれは。あっ!俺ね?」


STBY「はい。」


ニノ「まあ、嵐になって10…?2年?」


STBY「そうですね。」


ニノ「まあジャニーズ事務所に入って、15年。」


STBY「はい。」


ニノ「で、初めての事が起きたんだけど、こないだ。」


STBY「おお!」


ニノ「1週間で。2回、大野さんとご飯食べたんす。凄くないすか?」




※凄い!凄いよそれは!でもニノちゃん、大宮の少女時代の話、2行で片付けたね?そしてそこから勢いよく、話、とんだね?(笑)まあ、いつものことだけどsmile



STBY「そりゃ凄いっすね。それ、サシで、って事ですか?」


ニノ「うんうん?」


STBY「あぁ~。」


ニノ「人居て。」


STBY「人居て。えっ!?どうしたんですかね?」


ニノ「どぉ~したのかねっ?」


STBY「それは、どっちから誘ったんですか?」


ニノ「えーっとね、いやっ、それは、なんか、リ…、1回目は、リーダーと。」


STBY「ほお~。」


ニノ「Jが、2人でご飯食べてるって言うから。」


STBY「それもまたレアですね。」


ニノそうなのさ。それで電話掛かって来て。」 ←「そうなのさ」になんか萌えました。


STBY「はい。」


ニノ「『何やってんの?』って言うから、『いやっ、家に…、居るよぉ』て言ったら。」


STBY「はい。」


ニノ「『今、リーダーとご飯食べてるから、来ない?』って言われて。」


STBY「ほお~。」


ニノ「『あっ、じゃあ~行くよ』つって。で、行ったんすよ。」


STBY「はぇ~。はい。」


ニノ「3人で。」


STBY「ご飯…」


ニノ「食って。」


STBY「合流して。」


ニノ「飲んで。で、Jが、もう~酔っぱらって。」


STBY「はい。」


ニノ「で、うちに来るから、つって、うちに来て。」


STBY「はい。」


ニノ「2人で飲んで。」


STBY「はい」


ニノ「2人で飲む事って多いんすよ、Jと。」


STBY「(笑)そうなんですねっ。」 ←ん?何故笑う、STBYよ…


ニノ「そうなんですよ。Jと2人でって言うのはあるんだけどぉ~。」


STBY「へぇ~。」


ニノ「そこにリーダーが入って来るって言う、3人は…」


STBY「それ、相当レアですよ。」


ニノ「珍しかったっすね。」


STBY「うん。」


ニノ「3人きりっていうのは。」


STBY「へぇ~凄いなぁ。」


ニノ「それで。」


STBY「はい。」


ニノ「昨日ですよ。昨日、リーダーとご飯食べてたんですよ。」


STBY「ほお。それ、どんな流れですか?」


ニノ「それは。その…、2人とも知り合いが、居て…、2人とも知ってる知り合いが。」


STBY「共通の知り合いがね。」


ニノ「そうそうそう。で。この間、なんかどっかで飲んでた…、ご飯食べてたらしいね、みたいな事言われて。『時間あったら行こうよ』って言われて。で、その日、俺、ちょっと早く終わる感じだったから、『あっ、じゃっ今日行く?』つったら。『今日…、智とご飯食べるんだよね。』とか言って。でー『智も来なよぉ~仕事終わったらって言ってるから』つって、行ったら…、ちゃんと 3人で。」


STBY「ほお~。」


ニノ「飯食う事になって。で、なんか、亀梨に。絵ぇ~描いてくれって頼まれたんだって。」


STBY「知ってますよ、その話。」


ニノ「で、昨日描き終わったらしいんですよ。」


STBY「あっ!ちゃんと描いたんだぁ~。」


ニノ「そいで、それを持って。」


STBY「はい。」


ニノ「電話…、なんか電話したんだって。」


STBY「ええ、ええ、ええ。」


ニノ「出来たよって言うのを。それ、11時ぐらいに電話したんだって。」


STBY「はいはいはい。」


ニノ「『出来たから、今日、渡したいんだけど』って、電話したの。」


STBY「はい。」


ニノ「そしたら、そん時は、もうねっ、8…、8時ぐらいだったんだけど、8時になっても1回も電話掛かって来ないと。」


STBY「はい。」


ニノ「ゆってんの。折り返しがないと。亀梨から。全然ない。でもね?夜、番組やってたし。」



STBY「やってますからね。」


ニノ「『それじゃないのかなっ?』っとか言っても、もうなんか…、『連絡がない』」


STBY「はい。」


ニノ「『連絡がない』つって。」


STBY「騒いで…。」


ニノ「うん、ずっと騒いでましたよ、昨日。」


STBY「(笑)」


ニノそれのやり取りだけです。昨日。」 ←それの『れ』が巻き舌でした


STBY「(笑)どうしたのかな?って。」


ニノ「うん。なんか…、好きな人を追っかけてるみたいだ、ってずっとゆってた。」


STBY「(笑)」


ニノ「で、雨降ってたしぃ。」


STBY「そうですね。」


ニノ「水彩だしぃ、んふっ(笑)もう、多分、早く渡したかった、んふっ(笑)んすよね、きっと。」


STBY「成程。そういう事ですね。」


ニノ「でもね、異常ーな、ほどの上手さでしたよ!」


STBY「へぇ~。出来が最高だった、って、いう事なんですもんねぇ~。」


ニノ「うん。」


STBY「早く見せたいと。」


ニノ「異常ーなほどの上手さよ、あれ、もらったら嬉しいだろうなっ。」


STBY「うんうんうんうん。いやぁ~そりゃそうですよ。」


ニノ「うーん。」


STBY「ねぇ~。」


ニノ「絶対そうだと思うわ。」


STBY「約束を守った訳ですね。」


ニノ「そうなのよぉ。」


STBY「ねぇ~。」


ニノ「だから、もし、これね、亀梨くん聞いてたら…」


STBY「はい。」


ニノ「是非大野さんに連絡して頂きたいんだよねっ。多分、大野さん、んはっ(笑)亀梨くんの携帯にぃ、見た事ない番号…の…、着信が残ってると思うんだよねっ?」


STBY「あ~。そういう事ですね。」


ニノ「それ、大野さんだから、是非、ねぇ、掛け直して頂きたい。」


STBY「(笑)」



※これ、もし本当に亀梨くんが大ちゃんの電話番号知らなかったのなら、絶対かけなおさないよね(笑)電話かかってこないってずっと言ってたっていうけど、だって芸能人でしょ、知らない番号からの着信なんて出ないんじゃないの?みぃ。は正真正銘一般人だけど知らない番号からの電話は絶対出ないもんな~(笑)
知らない番号でもちゃんと出る人もいっぱいいるけど、出ない人もいますよね?
絵を描いてもらう話をしているわけだから、番号知らないってことは無いと思うけどでも、メアド知ってるけど番号は知らないとかはありえるか…?うーん、どうなんでしょうね(笑)でも、その日渡せるとは限らないのに大ちゃんは絵をもって来たのね。(笑)




ニノ「もお~、出来あがってるから、絵は。」


STBY「(笑)成程」


ニノ「それだけは1つお願いしたいなって。はい。まあね、あえーこの【裏嵐】のコーナーでは、嵐への質問だったり、僕へのね、個人的な質問。どちらでもいいのでねっ、是非とも送って来て頂きたいな、と、いう風に思います。という事で。なんとぉ?7月の、6日!」


STBY「はい。」


ニノ「水曜日に、発売されます嵐さんのニューアルバム。」


STBY「Beautiful World」


ニノ「から、1曲。」


STBY「はい。お届けいたしますよ。」


ニノ「という事ですね。」


STBY「はい。」


ニノ「なので、聴いて頂きましょう。」




まだ見ぬ世界へ





※これがもうっ!!!!!

ネタばれになっちゃうので詳細は書きませんがめっちゃカッコいい。
中でも、危うく翔担になりそうなくらい(いや、それはないですけども。)翔ちゃんのラップがいいですよ~。翔ちゃん担のみなさん、これは期待していいと思います。びっくりした。





ニノ「どうなんですか?評判は?」


STBY「いやぁもう…ねぇ~。皆さん…、評判…、いいと、聞いておりますけども。」


ニノ「みんなに、評判いいねって言われるんですか?んっふっふっ(笑)」


STBY「(笑)」


ニノ「んっふっふっふっ(笑)嘘でしょっ?!」


STBY「いやぁ~、もう~。」


ニノ「どういう評判が来てんのかなって聞いたんだけど。みんなが、いきなり評判いいねって言うんですか?それ、まだ、世に出てないモノに対して。」


STBY「(笑)」


ニノ「嘘でしょっ?」


STBY「いやっ、嘘です、それは。早く全部聞きたいっていう、声は、よく聞きますよ?」


ニノ「あっ、えっ、じゃ、これはちょこちょこ流れてるんですか?」


STBY「あのう~、そうですね…、ちょこちょこ流れる…」


ニノ「まあ、そうかぁ~、DVDとかには入るんですもんねぇ。」


STBY「そうです。そうです。ねえ~、DVDにはね、これのミュージックビデオが、入ってるって知ってますからねぇ~。」


ニノ「うん。」


STBY「皆さん、チェックして頂きたいなぁっと思ってますけど。」


ニノ「ああぁ~じゃあ~、別に、アルバムはいいから、DVDをチェックして欲しいって、事でいいんですね?」


STBY「まっ、まずはDVDチェックして頂いて、アルバムも、チェックしたくなります。」


ニノ「ふっ、ふっふっ(笑)なんのかなぁ~?ホントに。」


STBY「なります。なります。」


ニノ「えー、まあ~、お送りした曲は、7月の、6日に発売されます…」


STBY「はい。」


ニノ「嵐の、ニューアルバムの中から、♪まだ見ぬ世界へ♪でした。」




~ペンネーム大賞、お便りの宛先など~





ニノ「っという事で。」


STBY「はい。」


ニノ「ベイストーム、そろそろお別れの時間なのですが」


STBY「はい。」


ニノ「来る、7月6日に、発売される、嵐の。ニューアルバム『Beautiful World』の、二宮さんのソロ曲のタイトルがまだ決まっていないので。」


STBY「あっ。」


ニノ「今週も。」


STBY「そうですねぇ~?」


ニノ「ソロタイトル案。今週のソロタイトル案、言っちゃおう!」


STBY「言っちゃいますか。いきますよ!言います。『生きる』」


ニノ「ほお~……。これ何故『生きる』?」


STBY「これはですねぇ。」


ニノ「うん。」


STBY「あの~、頑張ろうって言う…意味ですね。」


ニノ「ぐふっ(笑)頑張ろうって意味?」


STBY「はい。生きる。」


ニノ「あれっ?STBY聴いたんですか?曲?」


STBY「まだ聴いてません。」


ニノ「まだ聴いてない上で」


STBY「そうです。」


ニノ「とりあえず出てると。」


STBY「…出てます。」


ニノ「はぁ~い、じゃあ、もう1個行きましょう。」


STBY「もう1個!?」


ニノ「はい、もう1個です。お願いします。」


STBY「もう1個行きます?じゃあいきます。……助け合い。」


ニノ「なんか標語みたいっすねぇ~。」


STBY「はい。」


ニノ「タイトルって言うよりかは。」


STBY「そうです。今回はちょっと…、標語…、こうなんか、人生的な感じ?ですか。」


ニノ「まっ、でも助け合いっていうのは、ちょっといいかもしれないですね。」


STBY「あっ、ホントですか?」


ニノ「タイトルで、絶対出て来ないじゃないですか?中途半端過ぎて。」


STBY「確かにそうですよ。」


ニノ「うん。」


STBY「そこがいいんですよ。」


ニノ「半端過ぎますもんね『助け合い』って。」


STBY「助け合い。なんか、そういうのがいいなって。なんか、こう、ストレートに、タイトルって言う事ではなく。」


ニノ「うん。」


STBY「助け合い?えっ?なんだろう?みたいな。」


ニノ「ぐふっ(笑)」


STBY「詳しくは…」


ニノ「まっ、まっ、助け合いなんでしょうねっ、それは。」


STBY「(笑)」
 

ニノ「それはわかりますけど。」


STBY「いやっ、まっ、そうなんですけどぉ~。」

 
ニノ「なるほどね。1、2、3、4…5、6…、じゃっ、来週も。」


STBY「はい。」


ニノ「あの、随時お願いします。」


STBY「わかりました。」


ニノ「出来あがったら…」


STBY「はい。」


ニノ「手挙げていただければ、そのコーナーにしますんで。」


STBY「あっ、お願いします。」


ニノ「お願いします。という事で、お相手は嵐の二宮和也でした。また来週~。」







※実は。いまさらですが。

先月みぃ。、ラジオでメール読まれたんです。ぐふっ。

まあ、どのメールかは秘密にしておきますが。
神様からの誕生日プレゼントかなあと勝手に盛り上がってました。
ラジオにメールとかって今までの人生で出したことって1回とかしかないと思うんだけど、いやあ、読まれるもんなんだなあ…びっくりした。

でも、まだまだ、神様からのプレゼントは続く…はず。

|

« 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/6/5 ③ | トップページ | わたくしごと。 『カリアゲが今、熱い!』の巻 »

嵐:ラジオ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296456/40284803

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/6/5 ④:

« 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/6/5 ③ | トップページ | わたくしごと。 『カリアゲが今、熱い!』の巻 »