« 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/7/17 ① | トップページ | 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/7/17 ③ »

嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/7/17 ②

「私がちょっとイラッとする瞬間は毎朝あります。それは1ヶ月前に買った家のリビングにあるソファーなんですが、座る部分が、やたらとフカフカし過ぎで、座ると想像以上に自分がソファーにくい込んでしまうんです。バランスが上手く取れず、座っていても落ち着きません。ソファーを選んだお母さんも、『色はイイんだけどねぇ』と言って、最近では座った所を見た事がありません。(ニノ、笑いをこらえながら読んでます)和くんや、STBYさんも、買ったはいいけど、ちょっと、という物はありますか?ありましたか?」





STBY「成程」


ニノ「もっ、お母さん、ぜっ…たい的に嫌ってるやんっ!このソファー。」


STBY「(笑)」


ニノ「『色はいいんだけどね。』」


STBY「色はねっ。ちょっと柔らか過ぎる…」


ニノ「もっ、こんな事も、ホント言いたくないんだよっ、お母さん。」


STBY「そうですよ。」


ニノ「嫌いなんだもんっ、このソファー、絶対。座らない、んふっ(笑)って事は。」


STBY「(笑)そうですね?」


ニノ「でも、どうなんだろう?ソファーねぇ。大事だけどさぁ。」


STBY「別の快適な方法を見つけるってのはどうですか?」


ニノ「例えば?」


STBY「まあだからあのう…この方はねぇ~、ゆっくり、座って本を読むって言う…、のが、快適、じゃないっすか?そうじゃない、なんかこう~、」


ニノ「ぐっ(笑)」


STBY「ベットにしちゃう!」


ニノ「ぐっふっふふふふふ(笑)」


STBY「(笑)」


ニノ「今、俺、100パー言うと思ったわ。」


STBY「はい。ベット。」


ニノ「なんか、ひいたら?」


STBY「あ~あ~。」


ニノ「うん。…ソファーの上に。」


STBY「ソファーの上に、クッションとか…、ちょっと堅めのクッション。」


ニノ「うん。」


STBY「あぁ~、それいいかもしんないですね。」


ニノ「おばあちゃんちってそうじゃなかった?ねえ?」


STBY「(笑)そう…、そうですね。」


ニノ「なんか。」
 

STBY「はい。」


ニノ「キルト…だっけ?ねぇ?」


STBY「そうです。そうです。」


ニノ「もっ、全然わかんない…かな?わかるよねぇ?若い子だって。絶対、ひいてあるでしょっ?おばあちゃんち、ソファーって。クッション…」


STBY「クッション。」


ニノ「それでも、まあくい込んじゃったら、もう~最悪、畳しかないかな。先生が言えんのは。」


STBY「(笑)」


ニノ「ソファーの上に、もっ畳ひくしかないね。」


STBY「あ~、成程ねっ。」


ニノ「う~ん。夏だし。いいんじゃない?」


STBY「あぁ~、涼しいかもしんない。」


ニノ「ねぇ?」


STBY「そうです。」


ニノ「もうそれしかないなぁ~。でも、堅過ぎるのも、俺、辛いと思うんだけど。」


STBY「う~ん。」


ニノ「あの、若い時って、やらかいの、すげっ、嫌いじゃないすか?なんでも、かんでも。」


STBY「ふんふんふんふん。」


ニノ「かたいの駄目なんだよね。ソファーとかも。あんま…。床とかも、フローリングなんだけど、うち。もう…10分座ってらんないよね。」


STBY「へぇ~。」


ニノ「痛くなっちゃって。」


STBY「あらまっ。」


ニノ「だからね、やらかい方が。いいんだよね、俺は逆に。」


STBY「う~ん。」


ニノ「人それぞれだもんね。」


STBY「まあねっ。」


ニノ「物見て買えんのが、1番いいけどねっ。」


STBY「そうです。」


ニノ「でも、お母さんも、やらか過ぎる、つってるし。」


STBY「(笑)相当柔らかいんでしょうねっ。(笑)」


ニノ「もっ、すっ、座ることがないんでしょっ?」


STBY「ねっ。」


ニノ「う~ん。ちょっと、切ないね。売ってくんないかなっ。そぉ~んだけのソファーって、座ってみたくない?逆に。」


STBY「(笑)どんだけ柔らかいんだろっ、みたいな。」


ニノ「もっ、お母さんまでも座らない、んだよっ?どこに座ってんだろうね?んふっ(笑)じゃあねっ。んっふっ(笑)下なのかなぁ?」


STBY「ねえ~。」


ニノ「カーペットとかひいて座ってんのかなぁ?まあなぁ~、その、好みって、大変だよなぁ、ホントに。まあ色々あるけどねぇ~。」




Joy 

裏嵐





「Beautiful World聴きました。1曲ずつに世界があって、Beautiful Worldって凄いピッタリなタイトルですね。自分の状況で、聴こえ方が違ってくるように思いました。嵐さんたちが側にいて、頑張れて、優しく見守ってくれてるみたいに聴こえます。大変な思いをされてる人たちにも、きっと届くと思います。特に、二宮くんの曲は、泣きそうになっちゃいました。いつも、なんかすっきりして、明日も頑張ろうと思います。素敵なアルバムをありがとう!」




STBY「ありがとうございます!」


ニノ「ありがとうございます!」


STBY「いやぁ、すばらしい…、メールですね。」


ニノ「うーん。」


STBY「ね?」


ニノ「でもねぇ~…、こんな事言うのも何なんだけど、Beautiful Worldが出て…」


STBY「はい。」


ニノ「これ、今ね、『きっと自分の状況で、聴こえ方が違ってくるように思いました』っ…て言うんだけど…今、HERE WE GO!とか聴くとねぇ。渋いなって思うんだよね。」


STBY「ほお~。昔のね?」


ニノ「なんつったんすか?今?」


STBY「ほお~っ。」


ニノ「ほお~。そうですねって…」


STBY「いやっ、昔のね、」


ニノ「昔の…」


STBY「曲、聴くと。いいですよねっ。」


ニノ「いやぁ、いいですよ。HERE WE GO! …の、次。なんでしたっけ?How's it going?」


STBY「かなっ?でしたっけ?」


ニノ「わかんない。」


STBY「うぅ~ん。」


ニノ「でも、多分、How's it going…、ん…、そこら…、その、ね、いいんだよねっ。」


STBY「いい曲いっぱい入ってますよ。」


ニノ「そうなんだよ。この間、翔ちゃんとも喋ってたんだけどぉ。」


STBY「はい。」


ニノ「まっ、でも、やっぱ、ベストはTimeなんだよねっ。」


STBY「あぁぁ~。」


ニノ「Timeが、名盤だって言う話を、本人たちは、ずっとしてた。」


STBY「はい。」


ニノ「Time…、そうだねっ、Timeかなぁ~?」


STBY「あの、黄色のジャケットですよね?」


ニノ「そう。なんか…、よくわかんないブタが…」


STBY「そうそうそう、ブタが…、ブタさん…、がね、いて。」


ニノ「居たやつ。」


STBY「はい。」


ニノ「あれぇ~、あれ、はぁ、名盤だったなぁ~~、Time。Time…、HERE WE GO!、How's …、うぅ~ん、ONE、と…、も良かったなぁ~。Beautiful World出て、何なんだけど。」



STBY「いえいえいえいえ。」


ニノ「うぅ~ん。」


STBY「ねぇ?」


ニノ「まっ、Timeだねぇ。」


STBY「はい、Timeね。」


ニノ「まっ、今回のも、聴いてて面白いけどね。面白見は凄いあると思います、今回の。アルバム。別に、いいとか悪いとか…、だからいいとか、だから悪いとかって事じゃなくて。凄い面白い、聴いてて。」


STBY「はい。」


ニノ「おめでとう。」


STBY「ありがとぉ~ざいます。(笑)」


ニノ「んふふ(笑)」


STBY「(笑)何がありがとうございますだって…」

|

« 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/7/17 ① | トップページ | 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/7/17 ③ »

嵐:ラジオ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296456/40872064

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/7/17 ②:

« 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/7/17 ① | トップページ | 嵐 二宮和也 BAY STORM 2011/7/17 ③ »