« HAPPY BIRTHDAY JUN MATSUMOTO | トップページ | Beautiful World 2011/9/3 国立霞ヶ丘競技場 レポ ② ~みぃ。バージョン~ »

Beautiful World 2011/9/3 国立霞ヶ丘競技場 レポ ① ~みぃ。バージョン~

行ってまいりました、国立祭り。

棚からボタ餅、本当に、行けるとは思っていなかったコンサート。
連れて行ってくれたAさんに本当に心から感謝しています。ありがとう。
今日も今まさにコンサート中なんだなあ~…。



レポは、あくまでも、みぃ。の記憶と、みぃ。の主観の記事です。
コンサートを観て、みぃ。が思った事と、感じた事なので、それが正しいかはわかりませんし、完全二宮さん寄りです。MCなども当然一字一句完璧な訳ではありません。
何の偏りもないレポを読みたい方は後日発売されるであろう雑誌だとか、DVDをお待ち下さい。もしくは他のブログをご覧くださいますよう、心からお願い申し上げます。




ということで、初日レポ行きます。


後から聞いた話ですが、なんとリハーサルが本日30分程度のみだったとかで。
(1日に予定していた通しリハが中止、さらに台風の影響で演出なども急遽変更になったとか…。)それにしては素晴らしく楽しいコンサートで、ホントにありがとうのパチパチを嵐さんとスタッフさん、ジュニアやバンドの皆さんに、心から、送りたいです。

まずは産まれて初めてグッズに4時間半程並び…
(去年も待ち時間10分程度、今年に関しては0で既に購入済みだったのですが国立限定グッズを買いに行って来ました)
Love Rainbowと、ニノちゃんのソロはグッズに並んでいる時にリハが聞こえてきました。
ドームにはなかったフラッグもあって(色がファ●リーマート)、王冠マークだけかと思いきや漢字一文字の渋めの字体の『嵐』もありましたし、フラッグも色がグラデーションっぽくて可愛い。でも何しろ強風なのです。


暑さと、時折やってくる雨風、そして時折止まらなくなる咳(普通にしてるとそんなにもう出ないんですけど)に若干死にかけのみぃ。ですが不思議なもので国立の中に入った瞬間に元気に(笑)。

みぃ。の席は、「ホントに天井だよ、ごめんね」と何度も、お誘い頂いたAさんに言われていたのですが、入った瞬間から「この席、全然いいじゃーん」と思った聖火台近くのスタンド席。ステージはメインステージも、センターステージも、バックステージも全体が完全に見渡せる場所。オマケに今年は聖火台を使うらしいと、設営時に噂で聞いていたのですが、バクステから、聖火台にむけて、ムービングステージ有。意外と、全体が見渡せる席ってペンライトの光の波とか、あとステージとかもホントに全部見渡せるから楽しいんですよね。

台風の影響で強風が懸念されていたので、フライングはないだろうなあ、とか、もしかしたらタワーも無しかもしれないなあとか色々考えていたのですが、とりあえず、聖火台には来てくれるんだなあと。
スタンドに優しいコンサートも勿論あったけど、昨年のツアーではアリーナはおいしかったけどスタンドはポツーン状態だったという話を色んな方から聞いて、せっかく国立に当選してもスタンドだし、と凹んでいる声を今年、いくつか耳にしていて、それを聞くたびに「スタンドはスタンドで楽しいよ!」と慰めて来たのですが、(勿論、当選してコンサートに行けるだけで凄い事っていう想いはそう言ってる皆さんもちゃんとわかってるんですよ。こんなセリフは、落選された方にしたら憎たらしいくらい腹の立つ話だし悲しい話でしょうけど、でも、当選したらしたでやっぱり、少しでもいい席がいいなあって思ってしまうのは、そりゃあ人間ですから、仕方ないことだとも、思います。)今年は違うんだなーって思ったのでまず心の中でみんなに「良かったね!」と呟いてみました。聖火台の下を使うと席が結構つぶれてしまうので、入れるお客さんの数は多少減ってしまうのだけど、個人的にはこれはあったほうが絶対いいなあと思います。

勿論、「アリーナいいなあー」とか「最前列羨ましいー」というのは人間だからみぃ。だって思う事ですが、国立に関しては特に、みぃ。は、席にこだわりは無く。初めから7万人という事を思えば、入れる事で充分奇跡なので、むしろ天井席が当然くらいの感覚でした。ただ、暮れて行く風景だとか、風の匂いを感じられたらいいなあと思っていたので、曇りには少し残念でしたが、あとは全然気にしてませんでした、最初から。大体、自分の当選チケットではないので、もう、ホントに天井席で充分だよーと思っていたのに、札幌が1塁側と3塁側だったのですが今回はほぼ正面から観れて、それがみぃ。にとっては一番ラッキーな事でした。どんなコンサートでもそうですが、座席によってみえる風景ってホントに全然違うので、偶然にも全ての角度から観れて本当に、それはラッキーなことなんじゃないかなあと思いました。

開演前にグッズに並んだ時には時折激しい風や雨があり、天気が不安だったんだけど、席についた時にはほんのり日の光も射していて、Aさんと「後光がさしてるみたいだねー」「あそこから嵐くん達が登場するんじゃ…」なんて冗談をいいながら座席でまったりと始まるのを待っていました。同行のAさんも、既に今回のツアー、2回目だったので、「国立だからドームとはセットリスト違うだろうけど、まあ大体こんな感じだろうねー」な感じで(勿論ネタばれになっちゃうので周囲には聞こえないように)「今日はまったり観ようねー」なんて話していたんですが。

開演した瞬間に………

雨(笑)rain

どんだけひきが強いんだ、嵐さん。

みんな大騒ぎでレインコートを装着。
(みぃ。の周りはなんかタイミング良すぎる雨に爆笑してたけど。)




1.Believe


札幌では衣装が白で、王子さまチックだったのですが今回は真っ赤。
赤になんかめいいっぱいキラキラがついてました。
白もカッコ良かったけど赤もステキ。


登場はメインステージにあるセットからで、下から上がってきての登場だったんだけど、メンバーも、出てきて雨でびっくりしたに違いない。
(本当は空飛んでくるはずだったそうで…でも、それだと踊るとこ観れないから、この曲は踊って欲しいので、個人的にはこれで良かったかな~)

ここで言いたいのは…

出てきた瞬間、松本さんがっ!!!

激カッコ良かったこと。(いつもカッコいいですよね、J担さんにとっては…ごめんなさい)

いやあ、雨に濡れてセットがちょい崩れて、めっちゃカッコ良かったんですshine
松潤のことを一度もカッコいいなんて多分言った事がないんじゃないかと思われるお隣のAさんも、「カッコいい。」と言ってたし、コンサートのあと合流したニノ担のお友達も「確かにカッコよかった」と。そう、ホントにカッコよかったんですよぉ。

しかし、しかしですよ。

髪の毛が濡れてセットが崩れているのは他の4人も同じ。
翔ちゃんは風のせいかおでこ全開。(可愛い~)大ちゃんはあの髪型なので、雨風にやっぱり強いし、相葉ちゃんはサラストなのであまり変化なし。

そして我らのきいろの王子さまは、これまた髪の毛が濡れてくしゃくしゃで、もう、オープニングからいきなりの、エロ宮全開
くぅ~!!ダダ漏れのこの色気、どうしろと…
後ろくっついて拾い集めたいくらい、色気を振りまいております、この濡れ宮さん
今ならT・A・B・O・OもShake it!にも負けていません。もう、立ってるだけで、エローイ。

もう、わたくし、ひとり、悶絶しておりました。
Aさんに「エロ宮が!エロ宮が!」と思わず話しかけてしまいました…翔ちゃん見てたのに邪魔してごめんなさい。




2.Oh Yeah!


3.言葉よりも大切なもの


札幌2日間では、両日とも、♪言葉よりも大切なものここにはあるから♪の『あるから』部分まで大ちゃんが唄いきってしまい、私たちには言わせてもらえなかったので不完全燃焼だったのですが、国立ではようやく私たちに唄わせてくれました。

「♪ここには~♪」


「あるからー!」


って。思わず「やっと言わせてくれたぁ~!!」とAさんと大盛り上がり。

が、しかし。

この辺りで気がついてしまった。
コンサートの楽しみ方は確かに人それぞれですし、禁止事項というわけではないので、文句は言えませんがみぃ。の周りの人々は、とにかく全曲、ずっと、最初から最後まで歌い続ける人が物凄く多くて。しかも後ろの小学生の姉弟がもうとにかくうるさくてうるさくて…。
(しかも大声で唄う上に間違える。CD通り全部唄う曲ばかりじゃないのに…。更にはメンバーも間違える。「松潤来た!」って、アナタ達、あれはニノちゃんです…そこ間違える?なんで?(笑))
C&Rとかじゃなくてホントにずっと唄い続けているので…
メンバーが唄うところと私たちが唄うところ、のかけあいの醍醐味とかがゼ~ロ~だったんですよね、ずっと唄ってるから。
「嵐さんの歌を聞きにきたはずがなんで…」っていうくらい激唄いで、ちょっと辛かったなあ。それと隣の子がもう、テンションあがりすぎちゃってうちわはバシバシぶつけてくるわ体当たりしてくるわで途中で集中できなくなっちゃって。夢中になるのは当然だけど、周囲に迷惑かけないようにお互いに気をつけましょう、うん。みぃ。も気をつけます。

さて、ここでまさかの挨拶。
いや、3曲目なので、そろそろ挨拶とわかっていても、この曲で挨拶ってあんまり似合わないなあと個人的に物凄く感じました。


「Hey、国立~!国立~!久しぶり~!逢いたかったぜぇ~! (このあとなんか言ったんだけど、若干噛んじゃって&逢いたかったぜぇのあとの皆さんの歓声っていうか「ギャー!!!」が激しくてよく聞こえませんでした。) 幸せになる準備は出来てるか?これから俺ら5人でお前ら7万人元気にしてあげよう!力いっぱい元気にしてやるよ!最後まで楽しんで行こうぜぇ」


いつもは普通に「幸せにしてやるぜ」なのに、「元気にしてあげよう」だったんです。貴重。



「いらっしゃいませ~っ!いらっしゃいませ~っ!…コンサートだねえ!………出来たぁーっ!!!楽しいねぇ!さぁ始めるか!まだまだ行けるか?まだ、まだ、ま~だ行けるか?OK最後まで思いっきり盛り上がってくれぇ!」


いつも、ここの挨拶の二宮さんはオトコらしいのですが、今日は今までみぃ。が聞いた中で一番オトコらしくて、濡れて乱れた髪と合わせて、ホントにエロス全開。
(さっきからエロスエロスと…初めてここを覗いた人はきっとみぃ。を変態だと思うに違いない。はい、変態です。)「さぁ始めるか?」のところがよく聞き取れなかったので間違ってるかもしれません~(泣)


相葉ちゃん、いつも通り「盛り上がってんの?」挨拶。最後やっぱり声カスカスになる(笑)


大ちゃんもいつも通り「ハァーイ?」 で 「国立祭りや!」

大ちゃんが関西弁出る時ってどんな時なんでしたっけ?んふ。探し求めいたモノに出逢った時とかでしたっけ?(笑)


翔ちゃんも「調子はどうだ?」「台風ですね」(みぃ。の周囲からはいいとも風に「そうですね」と声があがってました。)


この曲でC&Rで「もっと嵐」「あらっしー」をしたのですが、非常にやりづらかった(笑)だって伴奏がなんか可愛いんだもん。
でも、ここから次の曲へつながるんです。
嵐と叫んだ後に…



4.A・RA・SHI



最後の♪For dream~♪で大ちゃんが声があんまり出なくて♪For♪というより♪フォッ♪になってました。



5.虹のカケラ~norain.norainbow~



ドームでは映像だった小人さん。
まさかのここではリアル小人さん登場です。
メンバーカラーの衣装を来た小人さんと、ブラスバンドのショートパフォーマンスのあと曲へ。
最後に風船を飛ばしたのですが、風にあおられて、こう、向かって右側に勢いよく流れて飛んで行きました。(しかも早い。)

ここでの衣装もドームと違う衣装。
専門用語使わずにわかりやすく言うならば、カーテンみたいな大きめの白い布を巻いた神様とかアラブの人みたいな衣装に、メンバーカラーのオーガンジー素材っぽいストールと、5色の虹色のストールみたいな感じのを使ってました。これ、みぃ。的にはすっごい可愛かったんだけど、相葉ちゃんの色がすっごく綺麗でした。翔ちゃんは赤と言うよりピンクっぽかった気がする。




6.Love Rainbow


ムービングで移動。
向かって左側が大ちゃんとJ、右側がニノと翔ちゃんと相葉ちゃん。


7.Summer Suplash!


翔ちゃんがお決まりの「夏だ夏だ夏だ~!」を言い始めた時に、逆側のムビステにいたJがね、なんか言ったんですよ。(多分「もっと盛り上がろうぜぇ!」とか「楽しんで行こうぜぇ!」的な事だったと思います。)イントロの4小節目位にホントに同時に言っちゃって(笑)
Jの方を振りかえって見て「ズコ―」な翔ちゃんと、その翔ちゃんを気の毒そうに見つめるニノちゃん。思わず笑っちゃいましたがそのあと無事「さまぁ~!!」「すぷらぁ~しゅっ!」は成功。

タイミング合わせてSplashでアリーナで水が噴き上がります。
そもそも今日は曇りだったので太陽は全く見えないのですが。夏っぽいというより秋っぽい気候になっておりますが、野外でこの曲を聴けて、夏を終わらせる事ができて、本当に、感謝。




8.ハダシの未来


バクステから、聖火台へのムビステ。




9.Crazy Moon~キミ・ハ・ムテキ~



…イントロ始まった瞬間、絶句。 ( Д)
 
…マジですか。 

…マジですか。 (0Д0ノ)
 
しかも、しかも。

聖火台でですか。 マヂデ!?Σ(;∀;ノ)ノ。o○



ここの読者様は恐らく、ブログを始めた当初から何度も何度も耳ならぬ目にタコができるほど、みぃ。がこの曲のダンスが何よりも大好きだということを目にしてきていると思いますが。

もう、この曲は今後せいぜいアクセントダンスでやるくらいだと思っていたのに。
5×10のDVDに収録されてるのだって途中でステージ移動しちゃうしさ…あれがどんなにみぃ。を凹ませた事か…「なんでーっ!!!」って叫んだんだから(笑)頼むからガッツリ踊ってよって思っていたこの曲を?

そんな逃げ場のない場所で…やるの?っていうことは最後までまさかガッツリ踊るの?


しかも、みぃ。の肉眼で見えるところで…

踊るの? 
( *゚Д゚)ホント!?ホント!?


ギャー!!!!!う、うれすぃ…(号泣)。

可動式ステージで踊るということはみぃ。の真横のラインを通るということ。
しかも、正面からではなく、真横もしくは後ろから観れるってどういうこと。
PVじゃ正面からだけど…真横!!!後ろ!!なんてすばらしい…。



…そして。ええ、もう、それはそれはガッツリ踊ってくれました。
そこの移動は斜め後ろから見るとそういう感じなんだ?とか
サビ前のキメのジャンプのあんよとか。
…鳥肌が立つくらい大好きな、サビの部分のニノちゃんのあのふりふりの手つき。
左右に振るところ。立てた親指、指さすところ、サビ部分あんよ全般。
途中のあの、翔ちゃん→J→ニノちゃん→と続くダンス。
ニノちゃんが2人の間にくわーっと入って行くところ。
最後の足さばき。

…ホントに、何もかも、全部、大好きな振りばかりで今、ここで記事を書いて思い出しても鳥肌が立つ位大好きな曲…。

それをエロ宮モードで踊るって!!!

もう、ホンットに一番好きなんです、これ。
頭の中でPV再生出来るくらい細かいところまで、もう、100回位は余裕で観てます。
あんな近いところで…そのダンスが観れたなんて、もう、ホントに泣きそうでした。
あ、なのでモニター一切見てないしニノちゃんしか見ていないのでチカヅキタイのところで悲鳴が起きてましたが…Jのアップでもあったかな?





10.Lucky Man



余韻に浸る間もなくこの曲。

…むむ。

Jがやっぱり今日、とんでもなくカッコいい。

…おや?

…そんなJが…

消えた。

キタキタキタキター!!


ペンライトを椅子においてスタンバイ。



11.Shake it!



イントロから70%位完璧な振り付けで踊り続けるみぃ。(爆笑)
若干周りの人がひいていたけど気にしない。(いや、ひいていたんじゃなく「この人ニノ担じゃないの?」な疑問の目だったかも…)
若干うろ覚えになっちゃってた部分が「ああ、この振りここだったっけ!」と思い出せて狭いながらもJ並にローリングローリングしてみました。隣のAさんが大爆笑してました…(笑)そして後ろの小学生が抵抗もなく唄いまくってましたが曲の意味わかってないよね?(笑)

しかし今日のJ様、札幌以上にローリングローリングがノリノリで(笑)
ひとつ歳をとった男はこうも違うのね(笑)特効のあと、さらにノリノリで激しさを増していくJ様にAさん爆笑…周囲は「キャー」っていうより「ヒャー!」、J担は「ギャー!」で面白すぎた。
最後のスクリーンへの笑顔も凄くて、いやあ、回を重ねるごとにパワーアップしてる。来年のオーラスではこの人、どんなダンスになっちゃうんだろうか…(笑)

宣言します。

DVD出たら確実に、これを一番最初に観ることでしょう(笑)
というかむしろ今すぐ復習して100%完璧に踊りたい…
でもDVD出て覚えた頃にはツアーは終わっているっていう…ね?
来年もソロ、これやってくれないかなあ。もう、ソロさあ、新しいのもいいけど、古いのからファン投票で選ぶとかたまには良くない?(個人的にはニノちゃんはGimmick Game希望。)


12.明日の記憶


ドームでもJソロの後はしんみりした曲でしたが今回も。
もうちょっとあの余韻にひたりたかった(笑)


13.僕が僕の全て

14.HERO

相葉ちゃんが途中で消えて、次、相葉ちゃんソロだなっていうのはわかっていたのですが、
ステージからニノがはける時に、肉眼で見える場所からはけていって。(下に降りて行って。)その時に、ニノがね、Everybody前進の振りあるじゃないですか、右手を斜め上にあげるやつ。あれをやりながら降りて行ったんですよ。
「ニノちゃん、それはフライングでしょ~次の曲(ソロ除く)ばらしちゃったね~」って思いつつ、でも物凄く可愛かったのheart01

→まだまだ続く。

|

« HAPPY BIRTHDAY JUN MATSUMOTO | トップページ | Beautiful World 2011/9/3 国立霞ヶ丘競技場 レポ ② ~みぃ。バージョン~ »

嵐:コンサート・イベント レポ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1296456/41500474

この記事へのトラックバック一覧です: Beautiful World 2011/9/3 国立霞ヶ丘競技場 レポ ① ~みぃ。バージョン~:

« HAPPY BIRTHDAY JUN MATSUMOTO | トップページ | Beautiful World 2011/9/3 国立霞ヶ丘競技場 レポ ② ~みぃ。バージョン~ »